わたしは抜糸を終えました(ローズ)

なかなかブログに向き合う時間が取れず、ネタばかりが溜まっています。

 

 

本日うれしかったのは

tonnto (6)

 

 

 

出先で安くて新鮮な野菜たちに出会えたこと!

 

 

袋いっぱいに詰め込んでもなんとお値段は1,050円! あまりにも財布にやさしい。低価格の理由を伺ってみると、お兄さんがこう返してきました。

 

 

「え、うちにはこれが適正価格ですが?」

 

 

いいねえ!!

 

 

 

「ハハよかったですね」

tonnto (1)

 

 

 

センターの保護猫あさひ坊。イケてますね。今月中に家族募集サイトへの掲載をめざしています。あー写真をがんばらないとなあ。手足が長くハンサムですよ。

 

 

 

「ぼくは頭が大きいのがじまんです」

tonnto (2)

 

 

 

うらやましい。ジャイアンは脳みそがたっぷり詰まっているんだろうね。保護猫ジャイアンの未来も私の肩に乗っているんだよなあ。命は限りなく重いです。

 

 

 

さて、先日保護猫ローズの抜糸へ行ってきました。

 

 

 

「やだーーー」

tonnto (3)

 

 

 

中島先生糸をチョキチョキ

tonnto (4)

 

 

 

病理検査の結果も出て、腫瘍はすべて確実に取り除けたことが明らかになりました。加えてローズは血液検査の結果がとてもいいので、言い方が適切かはわかりませんが、「ふつうの片目の猫」として考えていただければまちがいないです。

tonnto (5)

 

 

 

「みなさんわたしをこわがらないでね」

tonnto (7)

 

 

 

ちょこまかちょこまか。ちょこまかちょこまか……

 

 

短い手足でリビングをせわしなく走りまわるローズの姿を見て、さっき思いっきり泣きました。理由は不明ですが、私にとっていい涙だった気がします。

 

 

何ごとも見る角度で変わってくる。ローズがそう教えてくれたのです。

 

 

あさひもジャイアンも格別な存在ですが、ローズはなんていうんだろう。

 

 

別次元にいます。

 

 

生きるって、ほんとうに苦楽の塊ですね。

 

 

たまに自分が不感症だったらいいのになあと切実にねがうことすらあります。

 

 

今、私がもっとも欲しているのは保護猫たちの「良縁」。

 

 

この1日でいろんなことが起きました。

 

 

できごととできごとの合間を縫いながらやっと深夜を迎えています。ブログを書こうかやめようか迷ったのですが、だれかひとりでいいから、だれかの目にもしかすると、あさひやジャイアンやローズが留まるかもしれない。その希望を胸にキーボードを叩いています。

 

 

私のスターたちに心を寄せてくださる方が必ずいると信じることで、私は息をしていられるのです。いい猫たちばかりです。アピール不足で申し訳ありません。

 

 

明日が皆さまにとっていい一日でありますように。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





サングラスレディに昇格しました、ほか

先週~今週はナナの食欲不振に喘いだ1週間でもありました。

nanasumairu (11)

 

 

 

冷蔵庫の残り物でペースト食を作ってみる

nanasumairu (15)

 

 

 

ほんのりオレンジの着色の正体はにんじんとサーモン

nanasumairu (13)

 

 

 

 

サーモンは認知症にもいいんですよね。ナナを助けてください。祈りを込めて煮込みました。

 

 

 

ちょうどいい温度に冷ましスプーンで与えてみたところ、お皿の半分近くまでがんばりました。

nanasumairu

 

 

 

残りは冷凍し、食べてくれそうなときに少しずつ出そうと思います。

 

 

 

自宅での点滴もクリア

nanasumairu (17)

 

 

 

 

本日のお昼過ぎに、頼んでいた腎臓フードが到着。これはナナごはんのベース

nanasumairu (6)

 

 

 

腎臓食だけだとプイするので、猫のかつおバー(老猫用)を半分裂いてカリカリに混ぜます。かつおバーはスーパーで入手。たまにプレゼントをいただくこともあり、重宝しています。

 

 

 

さっきひさびさにごはんを完食した姿を見て小躍り。食べてくれてありがとう。

 

 

 

3年前の春に撮ったナナ

nanasumairu (9)

 

 

 

にっこり笑って最高にかわいい♪

nanasumairu (7)

 

 

 

私のたいせつなたいせつな娘で、我が家にいなくてはならない存在です。

 

 

 

お次は昨夜のできごと

 

 

うちのあまぱんが激しく鳴いてごはんを要求したので、仕方なく起き上がり与えてみたところ、サッと横取りに来たサクにあっけなく譲ってしまいました。どうしてこんなにやさしいんだろ?

nanasumairu (2)

 

 

 

サクが食べている間、なぜか板の上をペロペロ舐めていたという^^;

 

 

 

「あ・・・・・・なくなちゃった」

nanasumairu (3)

 

 

 

空の食器を見つめ、背中をまるめているのがかわいそうでサクをケージに入れて再度補充。

 

 

 

あまぱんいいヤツです。

 

 

ぎゅっと潰してしまいたくなるほどに愛おしくて。

 

 

 

 

そしてご心配いただいている私の顔面問題ですが、また病院へ行ってきましたよ!

nanasumairu (4)

 

 

 

右目側の糸が外れてしまったので、部分麻酔をかけ再度縫ってもらいました。悲惨(涙)。

 

 

もともとまばたきがしやすいよう、緩めに縫っているんだそうです。なるほどね。

 

 

 

安静にするよう注意され、意気消沈で帰宅。

 

 

途中で古い八百屋を発見し、ぬか漬けを大量買い(250円)。気をよくした私は、古いインド料理屋にてサモサ2個(1個100円)、老舗風の豆腐屋さんでおから(130円)を仕入れ、満足♪

 

 

 

ぬか漬けの野菜を洗って切り、早めの夕飯をいただきました。安い上、魅力的^^

nanasumairu (16)

 

 

 

食べ合わせの気持ち悪さはスルーでお願いします。

 

 

 

栄養面はいちおう私なりに気をつけていますが、基本「食べたいもの」を食べたいので、ぐちゃぐちゃの相性になってしまうのです。こういう組み合わせチチに出したら怒られますけどね。

 

 

 

ふだん簡単自炊が多いので飽きてしまいます。

 

 

 

自分で作った食事ほどそそらないものはないですね。

 

 

 

「目 だいじょうぶですか?」

nanasumairu (14)

 

 

 

 

「あんま動きまわらないほうがいいですよ」

nanasumairu (8)

 

 

 

ちゃたが私の腕でフミフミするからマッサージを受けているようで気持ちがいいのです。

nanasumairu (12)

 

 

 

 

じょうずだね。おかげで腕のコリがほぐれたよ。どうもありがとう。

nanasumairu (10)

 

 

 

 

直木賞作家森絵都さんの傑作「出会いなおし」を読みながらちゃたとイチャイチャ・・・・・・

 

 

 

ぜいたくすぎる。いいんでしょうか?

 

 

 

 

サク坊も元気です。これもヤラセ写真じゃなく、サクが自分からやってきたんです。

nanasumairu (5)

 

 

 

 

ツンの一面があるからこそ、デレッとしたときメチャクチャ萌える。

 

 

 

うちのお子たちはなんでこんなに逸材揃いなんでしょう?

 

 

 

たいへんなこともあるけれど、一日に何度も何度も幸せを感じます。

 

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





黒いぼく

今日は愛車とのお別れでした。次の車が来るまでの約10日間、我が家は車が使えません。

 

 

お子たちが急病にならぬよう祈るばかりです。

 

 

愛車とのお別れを見越して、ここ数日はいつもに増してドタバタ。買い物へ出かけたり、自分の薬やべべとさぶの薬を取りに大巻先生の病院へ行ったり。コインパーキング代(300円)をケチり、ナースオノさんに外まで薬を持ってきてもらうという^^; ありがとうオノさん!

kuro (11)

 

 

 

ああ、ほんとうにさようならだ、そう思ったら無性に淋しくなってきた。せめてお腹いっぱいになるようガソリンを入れてバイバイするか―――。

 

 

 

・・・・・・いやっ、給油はガリバーに任せ、もうこのまま出発しよう。

kuro (10)

 

 

 

引き渡しを済ませ、徒歩30分かけ帰路へ。天気がよくて幸いです。

 

 

 

歩きすぎて軟弱な肉体と精神が萎えかかった頃、ふらっと寄ったスーパーにて安い野菜を発見。救われた気分になりました。そうだそうだ、おてんとさまはちゃんと見てくださっている。

kuro (2)

 

 

 

 

色とりどりで胸が躍ります。ほかにもゴチャゴチャ買ったからやたら重かったけど。

 

 

 

さて、703号室の保護猫サクとセス。実葉同様私にとっては愛おしい存在です。

kuro

 

 

 

徐々に彼らのアピールもしていきたい。

kuro (12)

 

 

 

サク(黒白)はまだ時間が必要ですが、セス(黒)はサクと比べると性格が穏やかです。

 

 

 

でもね、セスも「逃げ癖」はついています。

 

 

 

たとえば私がとっさに手を出すと、反射的に身を交わすのです。

 

 

 

サクとセスは実葉とはちがう処世術で生きてきました。

 

 

 

実葉は敢えて人に甘え媚を売りながら生きてきたタイプですが、サクとセスは人と距離を取ることで本能的に自己防衛をしてきたんだと思うのです。

 

 

 

ずっと人が怖かったんだよね。

kuro (5)

 

 

 

 

人のやさしさをサクとセスに言葉で説明できたらいいのですが、彼らは言葉ではなく私の行動を見ています。近道はありません。一歩一歩、私の身で彼らに語りかけるしかないですよね。

kuro (4)

 

 

 

 

セスは凶暴性ゼロなので、人と環境に完全に慣れたらいいキャラクターになるでしょうね。

kuro (6)

 

 

 

 

キリリ。うん。ハンサム^^ でもまっ黒なんだもん。写真がむずかしいよ。

kuro (7)

 

 

 

ツイッターにあげたセスの動画の私の声は、セスに向かって必要以上に「黒い! 黒い!」を連発していますが、あれはこういう意味なんです。

 

 

 

かわいいのになあ。(部屋が暗いし)セス本体も黒いからきっとだれにもわかってもらえないだろうなあ。残念だなあ、セス超かわいいのになあ。

 

 

 

「なるほど ぼく実は ハハに腹が黒いと批判されているような気がしてなりませんでした 腹毛は黒いですが 腹の中は空っぽです ぼく お腹すきやすいです あと 黒いですけど影のような存在でもありません どちらかというと 日向の似合う男です」

kuro (9)

 

 

 

うん。はいはい。わかったわかった。セスの長い話は今度ゆっくり聞くね。

 

 

 

フリータイムデビューを果たしたサク坊

kuro (8)

 
セスだけフリーになっているのをうらやましそうにケージから眺めていたサク。ふびんになりちょっとだけ放牧してみました。セスを馴らすために今心を鬼にしている最中ですが、セスのQOLを考えると「ガッチリ」とか「キッチリ」とかはしなくていいのかなと。

 

 

 

日々ベストに近づくために模索しています。

 

 

 

明日は私よりカメラのうまい人が遊びに来るので、その人のサクとセスの写真に期待しながら手作りランチをふるまいましょう。冷蔵庫の中には昼間仕入れた野菜たちが控えています。

 

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





お母さんの日 ほか

じきに実葉がこのブログの主役になります(写真:マイ太郎さん)。皆さまよろしくお願いします。

rirurururu (16)

 

 

 

保護猫かえはトライアルの旅に出ました。トライアル前にかえのかわいい写真を撮ったので次回自慢しますね。かえのあたらしい名前もおいおい発表します♪

 

 

かえを送り届けたあと、運転しながらも私は眠くてたまりませんでした。意識が遠のくのを自覚したほどです。仕方なく車を路肩に停め15分熟睡。したら眠気が消え、疲れも半減~♪

 

 

比較的睡眠時間の短い私は、「眠る」ことのたいせつさを改めて噛みしめました。

 

 

元気になったところで一度帰宅し、お子たちの世話をサッと済ませスーパーへ

 

 

1日遅れだけど、妹婿タカにバレンタインのプレゼントを渡さねば! ワイン好きなタカとチーズやお菓子が好きな妹の喜ぶ顔を想像しながら選びました。

rirurururu (10)

 

 

 

妹からチチにドラムのカフスをもらったのです。チチ昔ドラムをやっていたので。

rirurururu (13)

 

 

 

私も10年ほど前にプードルのカフスをプレゼントしたことが

rirurururu (19)

 

 

 

つけるの恥ずかしがっていたけど何回か使ってくれた気がします^^;

 

 

もうサラリーマンじゃなくなる日が近いですが、シャレたカフスは思い出になりますものね。

 

 

私がタカに渡しに行ったのはちょうど夕飯時。妹夫婦がお腹をすかせているかと思い、妹家で簡単なごはんを作ることに。お肉は妹家にあった「いただきもの」。切ったお肉を妹お気に入りのアフリカ製のライオンのお皿(ほしい)に盛り、マスタードをかけメニューに加えてみました。

rirurururu (7)

 

 

 

妹の自撮り棒でパチ

rirurururu (17)

 

 

 

簡単なものばかりなのにタカ坊がやたら感激していたのがかわいそうだった。この家の夕飯はいつもほんとうにヒドいのです。サラダだけ、とか、納豆ごはんだけ、とかね。

rirurururu (4)

 

 

 

バレンタインといえば北京のまーさんにもセール品のシャツをプレゼント。超喜んでくれました。

rirurururu

 

 

 

なぜか母が履いているベージュのズボンも買わされた。もちろんセール品でございます。

rirurururu (24)

 

 

 

私も1枚買ったもんね。セール品(半額)のシースルーのシャツ。フリフリ感とネイビーと白が昭和っぽくて気に入りました。服はながーくながーく大事に着ているのでこれもそうします。

rirurururu (21)

 

 

 

MWさまからもバレンタインのプレゼントが。クオカード、お手紙、チョコ、ご支援などありがとうございます。emi-goに通院の話を聞いています。保護猫たちの不妊手術お疲れさまです。

rirurururu (2)

 

 

 

うちの家族はいい年してみんな甘えん坊。保護活動の用事がつづいて家族を放置するといじけます。自分でいうのもなんですけど特に母と妹は私への依存度がやや強く、ひさびさに電話をかけると「どなたさまですか?」と冷たくあしらわれることも。妹からはいやがらせラインがたまに届きます。面倒くさいなあと思うこともあるんですが、やっぱり家族だし、好きです。

 

 

数日後に帰ってくるチチにもちょこっとしたプレゼントを買いました。セール品の。

 

 

で、木曜の本日は「お母さんの日」と決めて、在宅ワークを放棄。パソコンを開かず、外出せず、掃除のあとは家でお子たちと話す、撫でる、遊ぶに徹しました。

 

 

たまにそうしないと自分をリセットできないし、お子たちとの生活を堪能できないし、なにより「比較的手のかからない子たち」に手がまわらなくなるのです。

 

 

手のかかる子たちは目につきます。通院、点滴、投薬、シリンジ給餌をしなければならないから。けれど気づくと最低限のことだけを淡々とこなしている日も多く、反省ばかり。

rirurururu (6)

 

 

 

うちは最近少しずついろいろなことが変化しています。

 

 

たとえば私が出かけるとき。一度認知症のナナが本気でべべの首を噛んでしまい、べべが危なかったので、べべはひとり寝室のお留守番となりました。

rirurururu (11)

 

 

 

保護猫たちがいるときは、必ずケージに入れてから家を出るようにしています。

 

 

そういう意味でも、私の目が外を向いていたり、私の外出がつづくと、お子たちは生活が制限され、ふびんなんですよね。

 

 

今朝、リルは朝ごはんを20分かけてようやく完食。カリカリがキライで困ります。

 

 

 

「犬の食うもんなんか!」

rirurururu (23)

 

 

 

よし。お母さんが冷蔵庫の残り物で末娘リルの好物を作りましょう!

rirurururu (3)

 

 

 

ニンジン、シャケ、大根、冷凍ごはん、お肉、亜麻仁油のおじや。ダシもしっかりとりましたよ。

rirurururu (8)

 

 

 

呼んでも降りてこないから仕方なくベッドで食べさせています。横着者でわがままです。

rirurururu (14)

 

 

 

3分で完食。食べてくれてうれしいなあ。

 

 

心に余裕を持つと日常のささやかなシーンがちゃんと中に入ってきて、刻まれるんですよね。

rirurururu (20)

 

 

 

末娘リルは13歳には見えないあどけなさです。ふふ。

rirurururu (22)

 

 

 

前に撮った写真ですが

rirurururu (12)

 

 

フワフワのリルと

rirurururu (9)

 

 

 

シャンプー後リビングに逃げたスカスカのリルをごらんください。

rirurururu (15)

 

 

 

ちがう犬みたい^^

 

 

最後に、どーでもいいことですけど、ここ数日の私の夜食や夕飯写真を!

 

 

正月2キロ太った私。1キロは戻ったのですが、あとの1キロがどうしてもむずかしい。

 

 

なのに夜食がやめられない。夜中は腹が減ってどうしようもないのです。

 

 

そこで考えたのがこのメニュー。もやしのナムルとパプリカ、きゅうり、にんじんのサラダ

rirurururu (25)

 

 

 

ごま油が入ってるけど、まあいいでしょう。これ食べてりゃ太らないでしょ?

 

 

で、今夜の夕飯はこちら

rirurururu (18)

 

 

 

またもやにんじんの量が異常ですね。いいのいいの。にんじんが好きなんですよ。炊飯器でシャケがゆを炊き、多く作りすぎたパプリカ入りのサラダ(これにもにんじんが)を平らげました。

 

 

私は昔から食べ合わせや量のバランスがおかしいとほうぼうで指摘されています。ツイッターにも書いたんですが、キムチとコンスープとアップルパイとか、紅茶を飲みながらお鍋とか。そうめんとグラタンとか。変だという自覚はあるのですが、食べたいものを食べるのがいちばんかなと思うのです。今ひとりの時間が長いから、やりたい放題ですよ。

 

 

へへ。毎日がとても楽しいです。

 

 

くだらない内容で失礼しました。

 

 

週末ゆっくりコメントのお返事を書きますね。

 

 

ではではまたお会いしましょう。

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





ソイルの家族募集をはじめます

保護猫ソイルの希望メールをくださっている方へ

ソイルに対しお問い合わせくださりありがとうございます。私は犬猫たちの世話にくわえ在宅で仕事をしておりますので、メールに目を通し、お返事を書くのが明日以降になるかもしれません。少しお時間をいただければと思います。どうぞよろしくお願いいたします。またツイッターやブログで順次かわいい姿を載せていきますね。

 

 

保護猫ソイルの家族募集サイトの記事を書く予定でしたが、連日長時間パソコン前に座って眼精疲労が溜まっているので本日はサクッとブログだけ更新します。

 

 

ソイルは家族募集をはじめます。みなさま応援してくださいね。

5

 

 

 

仮名 ソイル

月齢4~5カ月

性別女子

ウイルス検査FIV、FeLVともにマイナス

ワクチン済み

体重1.8キロ

 

 

性格は快活。元気。でも弾けすぎていません。明るくやさしいタイプです。保護時の警戒心が完全に取れ、人間を信頼し絶えずベタベタしてきます。私のあとをくっついて歩いていますよ。

 

 

犬も猫も大好き。いっしょに仲よく暮らせます。トイレはもちろん失敗しませんし、おとなしくケージに入っていられます。お留守番は半日程度なら難なくできます。爪とぎも決められた場所でのみやっています。爪切りは楽勝。はじめて猫と暮らす方にもオススメできます。

 

 

健康状態はすこぶる良好。私はこれまで一度もソイルの体調面を心配したことがありません。

 

 

まわりのおとな猫たちの心根がいいから、ソイルは純真で素直なレディに育っています。

 

 

どうせなら子猫から育てたい。だけどあまりにも小さい子は不安。

 

 

そんなおうちにもピッタリ。我が家ではまちがいなくもっともミニサイズゆえ子猫の愛らしさをしばらく堪能できます。逆に骨格がしっかりしつつあるので儚いだけの存在でもありません。

 

 

家族として迎えるにはこの月齢の猫がいちばんいいんじゃないかな?

 

 

 

5キロのあまぱん(黒白)と並べてみました。サイズ感がわかりますかね?

mottainai (9)

 

 

 

親猫から受け継ぐ体質や気質もあるでしょうが、私はやはり「育っている環境」が心身の生育に多大な影響を与えると考えています。うちはご存じのとおり多頭です。不自由やがまんを強いてしまうときも多いのですが、だからこそソイルはいろんなことを学習している気がします。

 

 

私も「数が多いから手がまわらないのは仕方がない」を免罪符にしないよう努力しています。

 

 

なによりも、お友だちの扱いに慣れているうちのお子たちや、先輩保護猫満天、かえが全力で育児に協力してくれているので、ソイルがまっすぐにスクスクと成長しているのを感じます。

 

 

親バカのひいき目ではなく、ソイルを客観的に観察して得た結論ですよ!(笑)

 

 

信じてください。

 

 

ソイル、家族を得てうちを巣立って幸せになりたいですか~?

 

 

 

 

「はーいっ!」

mottainai (10)

 

 

 

よーし。じゃあいっぱい写真を載せてアピールしようね。未来のご家族の目に留まるように。

 

 

ソイルに対するお問い合わせをソイルともども心待ちにしています。

 

 

どうぞよろしくお願いします。ペコリ。

 

 

ソイルの写真は日々の更新に出ています。よろしければスクロール↓して読んでくださいね。

 

 

 

そうそう!

 

 

今夜は自分のごはんを作るついでにあまりもので手作り犬猫ごはんを作ってみたのです。

mottainai (3)

 

 

 

右のガスコンロで人間用のミネストローネを。左のガスコンロで犬猫のおじやを。

 

 

冷蔵庫に入っている冷凍ごはんを使って定期的に作っています。簡単です。

 

 

うちは老犬ばかりなので、ミキサーにかけドロドロのスープに仕上げました。

mottainai (4)

 

 

 

茅の屋の減塩ダシ、冷凍ごはん、にんじん、キャベツ、ジャガイモ、マッシュルーム、ササミを大量の水で煮込むだけ。食べさせる直前にオリーブオイルや亜麻仁油を少したらします。

 

 

 

みーんな大喜び! 大成功! おかわりする者続出です。

mottainai (8)

 

 

 

特に少食のリルとさぶがおいしそうに食べてくれたのはうれしかったなあ。べべも勢いよく食べました。満天、かえ、ソイルにいたっては皿まで平らげそうな勢いでした。もともとこれは「犬ごはん」ですが、猫たちにもおやつ程度にちょこっとあげています。

 

 

 

ふふ^^ 同じ写真をマンガ風にアレンジ

mottainai (7)

 

 

 

そうこうしているうちに人間用も完成~! 野菜がたっぷり入っています。

mottainai (5)

 

 

 

家で犬猫たちとおしゃべりをしながら料理をするのは幸せですね。

mottainai (6)

 

 

 

もし犬猫と暮らしていなかったら、話し相手がいなくてさびしかったと思います。

 

 

 

べべ、ナナ、リル、ほほ、あまた、さぶ、保護猫満天、保護猫かえ、保護猫ソイル、うちにいる子たちは全員私にとって無二の存在です。いつもいつも、とても感謝しています。

 

 

ありがたい人生ですね。

 

 

みなさまもよい明日をお送りください。

 

 

みいさんが撮ってくれたゴージャスな花を添えて

mottainai (11)

 

 

 

LOVE!

mottainai (2)

 

 

 

 

 

スポンサーリンク