ハットリくんの家族募集をはじめます(交流会のお知らせも)

「ハハ~ おなかすいたっ」

01hoa (6)

「お皿になにか食べるものをいれてください」

01hoa (8)

手にシーバを持っている私にどんどん寄ってくる保護猫ハットリくん(推定1歳)

01hoa (9)

近っ……それじゃあいい写真撮れないよお(号泣)。

01hoa (7)

ここ数日、カメラやiPhoneでハットリくんをパパラッチしまくりの私。

動くものを撮るむずかしさを改めて痛感した次第であります。

01hoa (5)

はい、言い訳がましくてごめんなさい。

01hoa (4)

ハットリくんは三本しか足がありませんが、超自由に飛びまわっています。

01hoa (10)

ハットリくんの軽やかさやたくましさを皆さまにお伝えしたいです。

01hoa (3)

「ちぇっ ハハはカメラ持っているとしつこくじらすのです」

01hoa (2)

おまいどんだけ食べたいのよ?

おやつで釣りながら目線をいただこうとがんばっている健気な保護主です。

保護猫ハットリくんは家族を求めています。生活はすべて難なくできます。

ハットリくん関連で私のいちばん好きなブログの記事をはりつけておきます。少しでもハットリくんに目を留めてくださる方はクリックしてお読みください。

「大木の幹/幸せの703号室」

ハットリくんの動画も出てきます。いたってふつうの猫ですからご安心ください♪

703号室には甘ったれの保護猫リタ(推定2~3歳)♀と

01hoa (15)

距離がなかなか縮まらない保護猫すずきち(推定1歳、本名すずらん)♀がいます。

01hoa (1)

どのスターもキラキラ輝いているのでごひいきに♥

さて、いよいよ日曜日に迫った「703号室交流会」の地図が完成しました♡

日時:11月25日(日)17:30-20:00

場所:ヴィーノボーノ(表参道)

キャンセルが出るとキャンセル代を取られますので体調管理に気をつけてぜひ参加してくださいね。参加者の皆さまにお会いできるのを楽しみにしています。

当日は不手際があるかもしれませんが幹事を中心に精いっぱい準備しました。飲み物や食事をとりながら和気あいあい交流する会です。ラフな心でいらしてくださいね。

幹事カノンママの愛を感じる地図をご紹介します。

01hoa (12)

01hoa (13)

 

 

ふふ♪ いいでしょう。読んだときクスっと笑ってしまいました。方向音痴でどこに行くのも不安ドキドキの私も大船に乗った気持ちでいます。ありがたい!

 

これで迷子は出ませんね? 万が一危ないと思われた場合には遠慮なく連絡ください。

 

 

最後に最近の「ありがとう」を!

 

先日大阪から母の店に食べに来たチャトミちゃんが母と私におみやげを持ってきました。チャトミちゃんありがとう。おいしかったです。保護活動の活躍見てるよ!

01hoa (17)

 

 

榮先生からは大量の猫砂が届きました。ありがとうございました。助かります。

01hoa (14)

 

 

母の店に食べに来てくださったこずえさんはメッセージと「ほほくんへ」とお釣りを置いて行かれたそうです(笑)。こずえさーんありがとうございます。

01hoa (16)

 

 

「ありがとござまち」

01hoa (11)

 

 

あたたかい方々に囲まれる日々に感謝しています。目下保護猫ハットリのご縁探しを目標に歩いていきます。リタも今年中に家族募集しますね。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





Color

濃い週末でした。

 

土曜はフォスターアカデミーベーシックプログラム犬座学の日

minnakita (2)

 

 

ひとりお休みしましたが、出席してくださった皆さまは熱心な方ばかりでした。今回は珍しく男性もいました。滝川クリステルさんに直接誘われて参加したそうです。

minnakita (3)

 

 

私の講義は約二時間半、一度も休憩を取らないのでみなさん辛かったと思います。スパルタでもいじわるでもないんですよ。気がつくと講義が終わっているのです。

minnakita (4)

 

 

共有したい情報が多いので一気に話しても時間が足りません。講義が終わると私もヘトヘトでやたら甘いものが食べたくなります。お互いに真剣ですからね。

 

 

急ぎ足で自宅へ戻り片づけをしました。夜はゆちゃん、まなちゃんのお泊り会!!

minnakita (5)

 

 

考えてみれば私は幸せ者です。

 

 

50代の友だちにも遊んでもらえるし、30代の友だちとも仲よくしてもらえて。世代を超越した交流は刺激的ですね。いろいろ勉強にもなります。

 

 

楽しかったできごとは少しずつUPするとして、とりあえず今週の目標を!

 

 

保護猫ハットリの家族募集サイトへの掲載!

minnakita (11)

 

 

今年は個人で譲渡活動をがんばる女性たちのバックアップをたくさんしましたが、自分の保護猫はのんびりペースになっています。いかんね^^;

 

 

703号室スターたちにもスポットライトを当てなければなりません。ハットリは終の棲家でクリスマスを過ごしてほしいので鼻息荒くがんばりますっ!

 

 

犬猫の写真を撮っていると背景が写りこみますよね。黒白のハットリに赤のマットがよく似合っていて鮮やかでいい感じ♪ 思わずハッと見入ってしまいます。

minnakita (12)

 

 

こちらはチェックのドームベッドに籠城している保護猫リタ

minnakita (6)

 

 

ちゅーるで釣ってみました。「秋」の雰囲気が漂っているでしょう?

minnakita (9)

 

 

ちなみにこの部屋の壁はイエロー。キジトラのリタに馴染んでいます。

minnakita (8)

 

 

お嬢、ちゅーるはおいしいかい?

minnakita (7)

 

 

ふふ。鼻につけちゃって♡

minnakita (10)

 

 

茶トラの保護猫すずらんは寝室に入り浸り。

 

 

すぐベッドの下にもぐってしまうので家庭内野良にならぬよう1日1度ちゅーるでおびき出しています。人間不信のすずらんでも環境は気に入ってる模様。グチャグチャだけどオレンジ系の布団カバーとすずらんの毛色がゴージャスでしょ? 横には面倒見のいいさぶ兄が寄り添ってくれています。

minnakita (1)

 

 

保護猫たちにはそれぞれ色があって接していると楽しいです。

 

毛色がそれぞれなのは当たり前ですが、性格もまた彩り豊かですよ。

 

人間と同じですね。

 

皆さまはどんな色がお好みですか?

 

 

 

スポンサーリンク





カゴの中のきみ

メイちゃん&ちび太くんのママさんからプレゼントが届きました。

faiea (1)

 

 

 

うわ! いつもありがとうございます。必要なものばかりなので本当に助かります。

 

 

さて、本日は百香改め「もも」の卒業レポートを書くとお約束していたにも関わらず、別件でバタバタしていてもう少しお時間をいただくことになりそうです。

 

 

次回は必ずUPしますね。ももちゃんのことを忘れちゃった方のためにリンクもはりつけてお送りする予定です。なんせトライアル開始は4月下旬だったので^^;

 

 

「ハハ~ 約束は守るためにあるのです」

IMG_3011

 

 

 

「わかりましたか?」

IMG_3012

 

 

 

う、うん。おまいに言われると心外だけど、まあ……そうだよね。

 

 

じゃあ皆さま、かわりにうちのあまぱんでもご覧ください。

faiea (3)

 

 

 

里子としてあまぱんをわが家に迎え入れて10年半が経ちました。

 

 

当時、推定3歳程度とされていた成猫あまぱんですが、白髪の多さからすると、もっとシニアかもしれません。ね? 白い毛が目立つようになってきたでしょ?

faiea (2)

 

 

 

でも性格はおっとりで、いちばん子どもみたいです。見てこれ↓

faiea (8)

 

 

 

どう考えてもサイズちがうよ?

faiea (6)

 

 

 

お客さまが来たときに出している「お菓子のカゴ」。目を離した隙に不毛なことをやってるし。あまぱん、体の半分も入ってないです。せまくないのかな?

faiea (5)

 

 

 

「……」

faiea (7)

 

 

 

うわ、目も完全にイッちゃってる。どうしよう。

faiea (9)

 

 

 

よい子のみなさんはマネしないでくださいね。このあとカゴが壊れてしまいました。

faiea (4)

 

 

 

「あま兄 困るよなー」

faiea (11)

 

 

 

そうだね。あまぱんもさぶも個性豊かで(笑)。

 

 

ふたりともいっしょう懸命病気と闘っています。がんばり屋さんですよ。

 

 

あまぱんとさぶの腎臓の数値や形状からすると、きっと慢性的にだるさを感じているにちがいありません。けれどあまぱんもさぶも決して弱音を吐かないのです。日々の投薬や点滴もグッと堪えています。私の自慢のお子たちです。

 

 

先日、闘病グッズをオトナ買いしました。セミントラ10本が財布に打撃……

faiea (12)

 

 

 

しかしこれらをひとつずつ空箱にするのは快感です。

 

 

あまぱんとさぶが生きている証だから。

 

 

ナナが逝ったあと、家に大量のおしめが残りました。おしめをつける主がいないのが余計に悲しかったので、ほとんどを即emi-goの病院へ持って行きました。

 

 

医療グッズやフードは「未来」を思い描かせてくれる精神のかけ橋。

 

 

消費するたびにありがたみを感じます。

 

 

「老」や「病」とは末永くつき合っていきたいです。いくらでも、いくらでも。

faiea (10)

 

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





花と人生

皆さまこんにちは。ブログに書きたいことがいっぱい溜まってしまいました。

 

 

本日は2回にわけ更新する予定。間に家事やもろもろを挟むので2回目は夜になりますが、お時間のある方はぜひ読んでくださいね。

 

 

 

先日私はあまぱんとさぶを連れ東大病院へ

 

 

あまぱん→慢性腎不全の経過観察

さぶ→膿胸及び慢性腎不全の経過観察

 

 

キャリーを手にすると室内で雲隠れするふたり(笑)。ついでにほほも隠れます。猫は病院が苦手ですね。でも強いストレスはかかっていないようです。

 

 

慢性腎不全の治験の総評はナナも含め担当医米澤先生がレポートを作成中。2月のはじめには出るので、出次第皆さまにお知らせします。少しお待ちください。

 

 

研修医小島先生による問診と基礎的な診察

IMG_8872

 

 

 

あぱまんじゃっかん体重が減少

IMG_8871

 

 

 

つづいてさぶ

IMG_8877

 

 

 

さぶも体重がじゃっかん減少(泣)。

IMG_8875

 

 

 

さぶは近ごろ自発的な食欲が出てきたのでシリンジ食を極端に減らし、さぶの食べるペースを見守っていたのですが、痩せてきたのでこれからはあまぱんもさぶも自発的食欲+(足りない分は)シリンジ食を栄養補給していきます。併用ってやつですね。

 

 

さて、あまぱんとさぶを小島先生に預け、私は待ち時間の1時間半を東大農学部の敷地内で過ごすことに。疲れ気味なので車内での昼寝と迷ったのですが、風が気持ちいいのでトマトジュースを片手に「敷地内ブラブラ」を選択。

IMG_8879

 

 

 

ゆっくり歩き、深呼吸。空を仰ぐと心が癒されます。晴れっていいね。

IMG_8937

 

 

 

弥生講堂まで足を伸ばしてみました。ん? 中でなにか催し物やってる?

IMG_8935

 

 

 

ガラス越しに見える花々に誘われ、受付へ。部外者の私も記名すれば入って写真を撮っていいそうなので行ってみることにしたのです。

IMG_8909

 

 

 

賞を取った花たち

IMG_8905

 

 

 

見事な咲きっぷりです。

IMG_8932

 

 

 

それぞれに個性があり

IMG_8907

 

 

 

華やか

IMG_8896

 

 

 

凛としていて

IMG_8887

 

 

 

上品かつ

IMG_8894

 

 

 

清楚

IMG_8900

 

 

 

生け花としての命は短いけれど

IMG_8920

 

 

 

生きているんですね。

IMG_8893

 

 

 

この花たちの「生」にめぐり会えたことがうれしいです。

IMG_8906

 

 

 

たとえやがて枯れるとしても、精いっぱい咲き誇る瞬間があるのがうらやましい。

IMG_8917

 

 

 

私もそうやって生きていきたいな。

IMG_8914

 

 

 

賞を取るようなゴージャスな花じゃなくてもいいから(笑)。

IMG_8928

 

 

 

一輪一輪を堪能

IMG_8918

 

 

 

仲間が集まるとさらに迫力が出ますね。

IMG_8891

 

 

 

似たもの同士だったり

IMG_8890

 

 

 

コラボレーションだったり

IMG_8881

 

 

 

鉢に根づく者も

IMG_8888

 

 

 

花は人生に似ているなあ、としみじみ。

IMG_8886

 

 

 

おっ。ゆったり眺めている間にお子たちの検査終了時間が迫ってきました。

 

 

 

トマトジュースを腹に流し込みブレンドコーヒーも注文。必ず寄る動物慰霊碑へ

IMG_8941

 

 

 

敷地内の猫たちのところへも

IMG_8940

 

 

 

地域猫(東大敷地内の猫たちは全員TNR済)には会えませんでしたが傘に覆われた猫用防寒ハウスを発見。人々の親切がこうして外猫を守っているんですね。

IMG_8939

 

 

 

名を呼ばれ前田先生と小島先生が揃って登場

IMG_8944

 

 

精密検査の結果を聞き(前と変わらずです)恒例の写真撮影。なんと前田先生が自分からピースサインをしてくれたので、私も調子に乗って真似しました。

IMG_8942

 

 

 

前田先生はうちのほほの「後見人」。

 

 

もしチチと私がふたり同時に事故死などをしたら、いちばん若いほほの未来が心配です。けれどほほ好きの前田先生が私たちの死後、ほほを前田先生のご自宅で育てると約束をしてくれました。

 

 

(まあ可能性は低いですが)ほかにも私とチチが同時に死んだ場合、うちのお子らが困らないよう、後見人をそれぞれに立てています。みなさまはどうでしょう? 責任という言葉は限りなく重い。

 

 

あらゆる場面を想定しておくのもわるくないですよね。

 

 

私は常に遺書を更新しながらしたためています。

 

 

死を意識してこそ、生のありがたみを実感できるようになりました。40を過ぎたころからなんとなくそうなったのです。私には守りたいお子らがいるので死にたくはありませんが、万が一守れなくなった場合に、私の代わりに守ってくれる人が必要です。前田先生ならほほを安心して任せられます。

 

 

ありがたい限りです。

 

 

しかし簡単には死にませんのでご心配なく。

 

 

うっ……重い話で終わってしまいましたね。

 

 

夜またお会いしましょう。次の主役は保護猫ポテチです。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





ハハの鼻歌 ポテチより

「みなさまこんばんは。703号室保護猫ポテチです。家族募集中です。(ペットのおうちに)デビューを果たしたものの、ぼくにはひとつもお問い合わせがきません」

15 (8)

 

 

 

「まあそんな早く家族が決まるとも思ってないからいいのですけど、本音はやっぱりさびしいです。703号室はまあまあ快適だよ。でも仮の家だからぼく自分の家と自分の家族がほしいのです。ぼくにもいつかきっと見つかりますよね?」

15 (3)

 

 

 

「ハハが夜、ぼくの部屋でぼくを撫でている間、リビングで音がしたので行ってみたらこうだったそうです。あれ? イスの位置、向き……」

15 (6)

 

 

 

「おそらく老犬ナナちゃんがなぎ倒したんだろうと予想したハハ。

 

ほら、ナナちゃん写真の奥に写ってるでしょ? ほとんど自力では立ち上がれないけれど、いったん立つとパワフルな女性に変身するのです」

15 (4)

 

 

 

「ちょうどこのとき、ちび黒猫“秀多とみじゅ”のきょうだいの放牧タイムでもありました。だけどふたりとも体重が800gしかないミニチュア猫だから重いイスを倒すのはムリっぽいよね……まあ、ナナちゃんでまちがいなさそうです」

15 (1)

 

 

 

「秀多とみじゅは地味に追いかけっこしたりかくれんぼしたり、楽しそう」

15 (2)

 

 

 

イスは元の場所に戻せばいいだけ。それよりポテチ、音にびっくりしなかった? だいじょうぶ? 

 

 

ポテチは強い男の子だから平気だよね♪

 

 

 

「はい。ぼく地獄みたいな場所で生き延びてきたんですよ。音くらいじゃビクともしません。いや実はちょっとはビクっとしましたけど、大したことありません」

 

 

 

「ハハは今日すごく笑って帰ってきました。ニコニコニコニコ。ハハにはナイショですが、目じわがいちだんと深かったです。いいことがあったらしいです。“秀多か、みじゅか”……自作の鼻歌と交互でこの言葉を繰り返していました」

15 (5)

 

 

 

「ぼくにはなんのことやらさっぱりです。でもハハがうれしそうならそれでいいです。ぼくもなんだかうれしくなりました。ぼくに家族が決まったら、ハハは鼻歌を歌いながら“ポテチ! おめでとう”とぼくに言ってくれるでしょうか?」

15 (7)

 

 

 

「ぼくもハハもその日を信じて待ちますね。ひきつづき応援してください」

 

 

 

LOVE♥

 

 

スポンサーリンク