もったいない 詠吉巣立つまでの4分の3

※blogを連続更新しています。遡ってお読みくださいね。

 

 

4回にわたって卒業レポートを書く予定のえい吉改め詠吉ですが、先日体調不良になり、里親きちこさん、ヒスさんとの通院がつづいたのです。熱発と食欲不振が見られたため、FIPの外注検査もしました。私は心配で気が気じゃなかったのですが、結果が出てFIPの可能性が否定され、詠吉のコンディションも徐々に戻りつつあるというのでつづきをUPします。よかった……。

IMG_4591

 

 

詠吉とのおよそ2か月の日々の中で私が無数に口にした言葉があります。

IMG_4554

 

 

 

「もったいない」

 

 

 

この一語は、何百、何千回も頭の中に強く浮かびました。

 

 

もし詠吉の命が保健所で消えていたら、その先に私たちが過ごした蜜のような時間はなかった。それは詠吉にとっても、私にとっても、詠吉に関わったすべての方、応援してくれた方を含め、「もったいない」ことだと思ったのです。

IMG_6034

 

(イラスト:山路さん)

 

 

病院にいた頃からまなちゃんは詠吉に会いに来てくれていました。

IMG_4580

 

 

お世話になったemi-goの病院を出て703号室に移動した日の詠吉

IMG_4775

 

 

キャリーに入れるの大変だったんですよ(笑)。

IMG_4779

 

 

わが家のケージにて

IMG_4999

 

 

よろしくね♪

IMG_5002

 

 

かたいつぼみだった詠吉は、徐々に自分を咲かせていきました。

IMG_5067

 

 

ふふ。一輪の花のように大きく開花していったよね。

IMG_5075

 

 

怒る、戸惑う、怯える、前へ出ようとしては後ろへ下がる。

 

 

振り返れば詠吉の取ってきた態度や行動にムダはひとつもありませんでした。ぜんぶ詠吉にも私にも必要なことばかりだったのです。

 

 

詠吉が私を試すときは私が詠吉に気持ちを伝えるチャンス。詠吉と仲よしになりたかった私は、ありったけでぶつかっていきました。不思議と怖くはなかったです。

IMG_5068

 

 

人間と正しくつき合うための過渡期にいた詠吉。気がつくと詠吉に拒絶され殴られる回数が減り、次第に詠吉は私に期待の眼差しを向けてくれるようになりました。

IMG_5059

 

 

一筋縄ではいかなかったけれど、うれしかったな。

 

 

言葉が通じない相手に心が通じる、これ以上の喜びを私は知りません。

IMG_5784

 

 

私が安堵したのは言うまでもないけれど、実は詠吉が一番ホッとしたのかもしれないね。

IMG_5785

 

 

肩に力を入れて生きるのはしんどいもんね。

IMG_5792

 

 

誤解が解けたあとの、やさしい詠吉

IMG_7314

 

 

近くでそっと見守ってくれる詠吉

IMG_7613

 

 

がんばり屋さんの詠吉

IMG_6261

 

 

外耳炎の通院

IMG_6288

 

 

この日は偶然にも私の誕生日で病院でみんなにお祝いしてもらって幸せでした。

IMG_6394

 

 

emi-goケーキありがとう。犬用のお皿とお箸でケーキをいただきます^^;

IMG_6271

 

 

みいさんは山口県から殺処分を逃れてやってきた子犬たちの撮影中でした。

IMG_6266

 

 

ほほが亡くなったあと、保健所の殺処分のリストにいた詠吉の写真に目を留めた山路さんからのメッセージにはこう書かれていました。

 

「ほほちゃんのように病気や障がいを持ちながらも飼い主さんに一生けんめい看てもらえる猫がいるいっぽうで、健康な体を持っていながらも、殺処分のカウントダウンに乗る子がいるのは理不尽です。なんとかして助けてやれないものですかね?」

 

 

勝手ながら私は山路さんも「もったいない」と感じていらっしゃったのかなと解釈しました。

 

 

だってそうでしょう?

 

 

命の終わりを決めるのは自分自身であってよそから強制終了させられるものではないですよ。

IMG_6317

 

(イラスト:山路さん)

 

 

人も犬も猫も生きるために生まれてくるのです。

IMG_7400

 

 

生きるために痛いことや苦しいことを我慢するのです。

IMG_7616

 

 

生きるという本能が、私たちを強く逞しくし、生き物として磨き上げるのです。

IMG_7615

 

 

私は生きたくても生きられなかった病気の犬猫たちをたくさん見てきました。

IMG_7608

 

 

だから生きられる子には生きてほしいです。それが自然の摂理です。

IMG_7606

 

 

生きている子たちの安住の地を増やしていきたいですね。

IMG_7607

 

 

詠吉ともいのご対面♡

IMG_7552

 

 

ふたりともちょっと緊張?

IMG_7553

 

 

詠吉は身体を張って私に教えてくれました。

IMG_7335

 

 

バチあたりにもったいないことをしてはいけない、と。

IMG_7530

 

 

詠吉に誓って私はこれからも、命を粗末にしないひとりでいる所存です。

IMG_7739

 

 

詠吉ありがとう。

 

 

詠吉のお宅の紹介は次回以降にします。お楽しみに♪

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





もいのご縁が決まりました

皆さまこんばんは。703号室より吉報です。

1moiode (9)

 

 

この度我が家のキラキラスターもいが良縁に恵まれました。

1moiode (4)

 

 

多くの方のハートを鷲掴みにした萌えビジュアルと

1moiode (6)

 

 

まっすぐでやさしい性格のもい

1moiode (2)

 

 

もいは4月下旬あたりの卒業となります。

1moiode (3)

 

 

また写真を載せるのでよかったら会いに来てくださいね。

1moiode (5)

 

 

もいに数多の家族希望とあたたかい応援をありがとうございました。

1moiode (8)

 

 

もいは幸せになりますよ!

1moiode (7)

 

 

さて、ではお茶会の様子をちょこっと♪

1moiode (10)

 

 

もいの家族となってくださるのは最初にメールをくださったご夫婦

1moiode (14)

 

 

本当に素敵な雰囲気のおふたりでさぶもこねこねしてもらって満足げでした。

1moiode (11)

 

 

人間用のおやつ、猫たちへのおやつ、それにべべ、ナナ、ほほに春らしいピンクのお花をプレゼントしてくださったのです。どうもありがとうございました。

1moiode (18)

 

 

お花はさっそく玄関に飾りました♪

1moiode (19)

 

 

猫との暮らしを考えはじめた頃はペットショップへも行ったそうですが、「保護猫」の存在を知ったあとは保護猫を迎えることをお決めになったとのこと。

 

 

しかしなかなか赤い糸が見つからず、2年が過ぎてしまいました。そんな中、ペットのお家でもいを見つけ、私へお問い合わせをくださったのです。

1moiode (16)

 

 

もいは鉄板の愛嬌で、里親さんの間を行ったり来たり。スリスリゴロゴロを大披露。里親さんをあっという間にメロメロにしてしまいました。超小悪魔です♡

1moiode (15)

 

 

もいちゃん攻めるねえ(笑)。私、要らなかったほどですよ^^;

1moiode (12)

 

 

里親さんとお話している2時間の間、もいは自然に振舞っていました。

1moiode (17)

 

 

譲渡会では保護動物の実際の生活ぶりがわからないという方もいるので、そういう方には「お見合い」ができる個人がおススメです。里親さんはお宅の間取り図のほか、プリントアウトされたお家の写真も持参してくれたので脱走防止の具体策などをお話しすることもできました。

 

 

双方が安心できるのはたいせつですよね。

 

 

里親さんの先代猫さんの写真を拝見しました。もいと瓜二つです!

1moiode (13)

 

 

もい、よかったね。おめでとう♥

1moiode (20)

 

 

お茶会のあとは電池切れでスヤスヤです。

1moiode (1)

 

 

卒業レポートが溜まっています。詠吉、リリ子、そして間もなくもい。703号室は透明性を重んじるので必ずUPします。1週間以内に詠吉とリリ子のお宅紹介をしますので少しお待ちください。

 

 

終の棲家を得られる犬猫たちが一頭でも増えますように。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





死のにおいの先に、生の香りがあるとしたら

知性さま、猫砂をありがとうございます。消耗品は助かりますね♪

222222222 (1)

 

 

頭痛がするとツイートしたらあいちゃんのママさんからプレゼントが!

222222222 (14)

 

 

あっためるのがいいんですよね。ありがとうございました。

 

 

ソウルメイトのMWさまより大量のシーバとちゅーる、チチと私へのクオカード、あたたかいお手紙、ナナの命日に供物料が届きました。いつも感謝です。

222222222 (15)

 

 

さて、ポチが間に合わずサイン本が買えなかったとのツイートをチラホラ目にして身の置き所がないといった心境です。一生けんめい取り組んできたのですが、急に自信がなくなってきました。いろいろと言い訳を書きたいけれどかっこ悪いからやめます。小心者はドキドキですよ。

 

 

反面、10年ぶりの出版を決意してよかったとも思います。次回があるとしたらまた10年後かもしれません。それまで私が生きていたらの話ですけど^^;

 

 

「ノラ猫あがりのスターたち」略して「ノラスタ」。インスタに響きが似ていることに気づき、ニヤニヤが止まりませんでした。ぜひ波及させたいです。

 

 

もはやマイノリティではいられません。

 

 

ノラ猫たちは幸せになるべき、が猫を愛する人たちの共通認識にならなければ!

222222222 (11)

 

 

何回もくどいんですけど、保護猫もいは山口の保健所時代ノミだらけでした。

222222222 (5)

 

 

aiさんが手持ちのフロントラインをつけてノミを駆除してくれたのです。

222222222 (13)

 

 

保健所の小さなケージの中でもいは職員さんやボランティアさんにスリスリゴロゴロ

222222222 (10)

 

 

もともと人が大好きなのもあるとは思うけれど、人に甘えるのがもいなりの処世術だったんじゃないかな、とも。 健気ですよね。

222222222 (12)

 

 

そのもいも今じゃ引く手あまたの大人気ガール。1日で20件のお問い合わせが舞い込んできました。メッセージをくださった方は皆さま素敵な方ばかりで、私は本当に胃が痛くてたまらなかったのです。まだその渦中ですけれど……。

222222222 (9)

 

 

不思議ですよね。同じ猫なのに考えれば考えるほど解せないです。

222222222 (8)

 

 

「案内してやる人間」がいれば、もいは終の棲家に行ける。家族の寵愛を受けるお姫さまになれるのです。もいだけでなく、どの犬もどの猫もそうなれる。

222222222 (7)

 

 

死のにおいの先に、生の香りがあるとしたら、絶望の先に、希望があるとしたら

222222222 (6)

 

 

それはとんでもなくすばらしいことです。

222222222 (4)

 

 

ふつうは逆だもん。

222222222 (3)

 

 

かつてのもいのようなスター候補が日本にはあまたいます。非業の死を遂げる犬猫たちが一頭でも減るように行動していきたいですね。

222222222 (2)

 

 

お知らせ:家でもバタバタでメール画面と向き合えていません。もい関連のメッセージは明日の夜必ず返信します。それから、本日ブログをもう一記事更新する予定でしたが、時間の関係でできないです。口ばかりでごめんなさい。

 

 

明日は「フォスターアカデミーベーシックプログラム猫座学」の講師をつとめるのですが、犬座学がつづいたので猫座学の進行を忘れてしまいました^^; 毎度代表の滝川クリステルさんのインスタを見た方が必ず参加者にいるので、これから犬猫のために何かをはじめたい、という方向けに内容を考えています。今回は昔の修了生や講師陣も私の話を聞きに来るとあって少しビビっています。

 

 

にもかかわらず、まだ何にも手をつけていない状況。はあ、夜がんばります。

 

 

※もいの写真はすべてみいさんより

 

 

皆さまよい週末をお過ごしくださいね。つらつらと失礼しました。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





具なしカレー、ほか

知性さんいつも機能的なプレゼントをありがとうございます。ペコリ。

gajgjao (2)

 

 

ほかにも届いていますが、またの機会に自慢させてくださいね。

 

 

さて、最近私は楽天セールで大量のジャワカレーをポチリました。

gajgjao (3)

 

 

これまでレトルトカレーはほぼ買ったことがなかったのですが、小腹が減ったときなどにいいかなと思ったんです。しかしこのカレー……具が見当たりません。

gajgjao (4)

 

 

ソースにすら見えるのが悲しい。

gajgjao (7)

 

 

1食100円未満で味はまあまあ。なら仕方ないか。自分の中で折り合いをつけましたよ。

 

 

「ウチ 黒缶 好きっちゃ」

IMG_8477

 

 

「お得」「セール」のキーワードに目がない私は、スーパーの安売りがどうしても気になります。たまにごほうびに与える黒缶が安かったのでみんなに買ってみました。

aa (1)

 

 

いちばんほしがっていたのはリリ子さん。ダーメ! 犬は犬用を食べましょう。

gajgjao (5)

 

 

リリ子が何キロになっているのか毎日知りたくてたまらない私ですが、抱っこしていっしょに体重計に乗る勇気が出ず、通院の日が待ち遠しいです。14キロからはじまったリリ子の減量。次は12キロ台前半になっているといいな。命に関わることなので私も真剣に取り組んでいきたいです。

 

 

そうそう。リリ子は先日茨城県からemi-goの病院へ来たあつこさんにもなでなでしてもらったんですよ。リリ子はみんなに愛嬌を振りまいて忙しく生きています。

gajgjao (9)

 

 

あつこさんの保護猫深幸(みゆき)ちゃんのセカンドオピニオンでした。

gajgjao (12)

 

 

扁平上皮癌と闘う深幸ちゃん

gajgjao (13)

 

 

すっかり人になれ患部以外はピカピカの女性です。

gajgjao (11)

 

 

オペで治る希望もあるそうです。

gajgjao (1)

 

 

ぶちゅ♡ がんばってね。

gajgjao (10)

 

 

あつこさんは病院の待ち時間の長さに驚いていました。遠路はるばるお疲れさまでした。

 

 

最後に、えい吉グッズをお求めくださりありがとうございます。手の空いたときにお礼のお手紙のゴージャスバージョン(自分比)を書いてみました。本当はお名前もお入れしたかったのですが発送をにゃん太さんにお任せしているのでできないんです。でも愛はたっぷりねっちょり込めています。

gajgjao (6)

 

 

明日は昼から野島さんと打ち合わせ。5月の発売をめざしています。

gajgjao (8)

 

 

15章にさまざまなスターたちが登場します。皆さまの記憶にある子も、たぶんない子も。企画の段階からキャストに悩んできました。ノラ猫あがりのスターたちに皆さまの贔屓のスター猫ができるとうれしいです。どの子か教えてくださいね。ではこの辺で失礼します。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





703号室 親ばか ひな祭りの会

皆さまこんばんは。悪寒で昼間横になっていました。のんびりしている時間はないので自己嫌悪がヒシヒシ。なら起き上がったほうがマシだと今パソコンに向かっています。そうしたら本の表紙関連のデザイナーの李さんから表紙が届いたのです。びっくりのよさ。李さん謝謝。最高です。

 

 

本の制作で価格とページ数の問題を抱えているのですが、私はどうしてもハードカバーにこだわりたいのです。李さんの表紙ならハードカバーの価値が十分にある。

 

 

一文字でも多く削りコストダウンをめざしますが、うまく削減できなかったらごめんなさい。十年に一度の出版ですので(笑)、皆さまどうか買ってください。

 

 

一年かけて私なりにがんばってきました。どうか切なるお願いです。

 

 

さて、本日はひな祭りですね。先日703号室を巣立ったスターたちのステージママらがわが家に集結しました。「703号室 親ばか ひな祭りの会」とのことです。

oyabakakai (5)

 

 

女性が集まればお花とケーキはお決まりですよね。ありがとうございます。

oyabakakai (2)

 

 

ケーキはみなさんからで

oyabakakai (3)

 

 

花は宇宙旅行中のほほをイメージしてあっティーさんがプレゼントしてくれたのです。

oyabakakai (18)

 

 

今はほほの絵の横に飾らせてもらっています。

oyabakakai (9)

 

 

ほかにもたくさんのプレゼントをいただきました。

oyabakakai (4)

 

 

私も出先で見つけた桜のちょこっとしたお菓子をみなさんに配りましたよ♡

 

 

春が待ち遠しいです。

 

 

参加者は全員703号室の卒業生と暮らしています。

oyabakakai (12)

 

 

あっティーさん(すもも)、きーやんさん(ポテチ、コテツ)、ちかたん(リリ)、妹(まめ、福)。里親さん同士が仲よしなのも703号室の特長♪

oyabakakai (10)

 

 

あっティーさんがササっと作ってくれたアボガドのサラダ

oyabakakai (13)

 

 

妹が出前を取ってくれたもちもちのピザ

oyabakakai (15)

 

 

全員で料理やお菓子を持ち寄ってホームパーティを開催します。ゴージャスでしょ?

oyabakakai (11)

 

 

ホストたちも張りきってくれました。

oyabakakai (6)

 

 

リルはえい吉のママきちこさんが編んでくれたマフラーでおめかしです。

oyabakakai (7)

 

 

リルいいね。似合う似合う!

oyabakakai (8)

 

 

でもお母さんはここにべべとナナとほほにもいてほしかったです。べべとナナとほほもお母さんの微々たる活動を支え、卒業生たちの面倒を見てくれたのですから。

 

 

末娘のリルにプレッシャーをかけて申し訳ないけれど、リルはずっと生きていてください。じゃないと703号室が萎んでしまいます。

oyabakakai (19)

 

 

ステージママらが小物で猫への愛を表現していたのがかわいかったです。

 

 

きーやんさんは黒猫の髪ゴムを

oyabakakai (14)

 

 

あっティーさんは猫の顔のバッグを

oyabakakai (16)

 

 

ちかたんもA4サイズの猫全身バージョンのバッグを持っていました。

oyabakakai (17)

 

 

あの……私もですよ^^ 私はリアル猫の出産シーンを見せつけてやりました。

oyabakakai (1)

 

 

「私、実はコミュ障かもしんない」

 

 

やっとの思いで打ち明けたのにちかたんからは「知ってる」と一蹴されてしまいました。あっティーさんは私を「珍獣」と呼びます。あまりうれしくないです。

 

 

作り上げてきた(つもりの)ペルソナが見事に剥がれているんですかね?

 

 

まあ、もしよろしければこれからもどうぞおつき合いください。

 

 

そして本当はよくしゃべる妹が、毒舌トークでみなさんを引かせていないか心配でオドオドする姉です。大丈夫でしたか? 姉妹揃って強烈ですみません。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク