陽乃のご縁が決まりました

皆さまこんばんは。毎日暑いですね。体中から汗が噴き出て溶けそうな日々を送っています。ブログネタがかなり溜まっていますが明日いくつか更新したいです。

 

 

さあ、本日は703号室の吉報を♡

 

 

先日、よっちゃんが新幹線で遠路はるばる703号室に遊びに来てくれました。SNSを通じて知り合ったよっちゃんはうちの交流会にも参加したりと、いつも応援してくださっている女性。前々からのデートの約束が叶ってよかったです。

farifao (2)

 

 

そんなよっちゃんをメロメロにしたのが保護猫陽乃(ひの)

farifao (6)

 

 

なんと陽乃のお嫁入りが決まりました♪

farifao (9)

 

 

よっちゃんありがとう!

farifao (10)

 

 

陽乃にはほかにもお声がかかっていましたが、弱視かつ涙目になることが多いため、目薬や医療ケアが欠かせません。emi-goとも相談し、胃が痛くなるほど悩んだのですが、職場から即自宅に戻れる環境にあり、猫の飼育歴の長いよっちゃんにお願いしようと決めたのです。

farifao (8)

 

 

よっちゃんは16年前に保護猫の家族募集サイト(いつでも里親募集中)で当時2歳だった成猫あーちゃん(多頭飼育崩壊現場よりレスキューされた猫さん)を迎え入れ、あーちゃんが18歳でお星さまになるまで延々と寵愛していた一途な方。あーちゃんといっしょに闘病をがんばっていたよっちゃんの姿に私も胸を熱くしていたひとりです。だから陽乃を大切にしてくれるのはまちがいないです。

farifao (7)

 

 

今、よっちゃんは脱走防止対策やお家の中の断捨離中。ふふ。終わり次第陽乃をお届けします。8月後半には我が家を巣立つので皆さま卒業記事をお楽しみに!

 

 

ひのちゃん、お気に入りのハンモックもお嫁入り道具にするからね♥

farifao (11)

 

 

おめでとう。幸せになるんだよ。

farifao (4)

 

 

よっちゃんたくさんのおみやげをありがとうございました。重かったでしょうに……

farifao (3)

 

 

先代あーちゃんのおさがりフード、さぶにありがたくつかわせていただきます。

 

 

よっちゃんが撮ってくれた写真(疲れ顔がひどかったので隠しました^^;)

InkedIMG_3564_LI

 

 

高菜も撫でてもらえてご満悦でしたよ。日に日にホスト役が板についていく高菜です。

 

 

残り時間、陽乃を大事にお預かりしますね。

farifao (5)

 

 

保護猫たちは元気にしています。黒真珠に興味のある方はいませんか?

IMG_3782

 

 

アピールしなきゃと焦りつつ、あまぱんの体調や黒猫の写真が苦手なこともあってなかなか手がまわっていません。あー、がんばらないと!

 

 

もしどなたかいたらぜひお問い合わせくださいね。よろしくお願いします。

 

 

ではこの辺で失礼します。陽乃のご縁を皆さまが祝福してくれるとうれしいな。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





ミシュランレストラン

卒業生ゆきちゃんの里親まりおさんが大量のプレゼントを贈ってくださいました。

IMG_3473

 

 

まりおさん、天国の康ちゃん、ありがとうございます。まりおさんはゆきちゃんを迎え入れたあと、個人で譲渡活動をつづけています。私の尊敬する女性です。

IMG_3474

 

 

ほかにも届いていますがまたの機会に自慢させてくださいね。

 

 

さて、パソコンに取り込んだまま、ブログにUPしていない写真がありました。

rr

 

 

先日、まーさんがミシュラン一つ星レストランでごちそうしてくれたのです。

IMG_3320

 

 

いやはや、席につくまでがたいへんでした。2時間並んだという……

IMG_3307

 

 

お手頃価格でおいしいものが食べられるとあって、大人気のようです。

IMG_3316

 

 

家族はみんな点心が大好き

IMG_3318

 

 

いつもは「作る側」の母もご満悦!

IMG_3312

 

 

ふだん貧相な食事になりがちなのでここぞとばかりに卑しく食べました。

 

 

ちなみに家で気楽に食べれるお気に入りはこちら↓

IMG_3198

 

 

野菜をたっぷり入れて麺と煮込んで食べています。

 

 

「よかったな」

IMG_3343

 

 

はい。なかなかいけますよ(笑)。

 

 

ご心配をおかけしているあまぱんは明日東大へ通院します。

IMG_3485

 

 

正直、よくないです。今、病状を書くと涙がこぼれるのでやめておきますね。

 

 

かわりに留学中の保護猫すずらんの写真をどうぞ

IMG_2874

 

 

7月7日にチチの仕事部屋へ移動し、チチとみっちり人馴れ訓練中

IMG_3452

 

 

703号室から車で5分の距離なので私もちょいちょい顔を見に行っています。いっぱい写真や動画を撮っていますのでまた載せますね。

IMG_3454

 

 

超近所とはいえ、すずらんの生活圏を移動するにあたってここに書ききれないほど私なりにさんざん悩みました。チチも私も真剣に模索している、ということだけはつけ加えておきますね。日中ずっとチチといるすずらんは、多頭で手がまわらない703号室より確実にQOLが上がっています。大人ですから、ブログに書きたいこと、書きたくないこと、書けること、書けないこと……いろいろあるのですが、たいせつなのはすずらんが元気にしていること、がんばっていること、私たちが諦めていないこと、に尽きます。それだけが皆さまに伝わるのを信じて。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





足りないものがあれば補う/うちのあまぱん

差出人不明のちゅーるのプレゼントがAmazonより届きました。ありがとうございます。どなたさまが送ってくださったのでしょうか?

IMG_3415

 

 

金曜、あまぱんは東京大学動物医療センターへ行きました。

IMG_3424

 

 

お世話になっている前田先生はかれこれ長いつき合い

IMG_3425

 

 

先生の声が穏やかなのであまぱんも落ち着いています。

IMG_3443

 

 

血液検査の結果、懸念していた腎不全はむしろ数値がよくなっていたのですが、予想通り貧血が深刻。直ちに輸血が必要なレベルだったのでお願いしました。

IMG_3421

 

 

赤血球が極端に少なく、形も歪。「壊れている」という表現が正しいと思います。

IMG_3423

 

 

片側の鼻の穴から青っ洟が出るのも気がかりだったので、腫瘍を疑い、鼻の周囲のレントゲンも依頼。ほかにもいくつかの検査をしました。

IMG_3440

 

 

結局、鼻の腫瘍は否定され、本当にホッとした次第です。

 

 

青っ洟の原因として考えられるのは、老齢ゆえ、唯一抜き残している犬歯(昔、犬歯以外を全顎抜歯手術済)からばい菌が入り、膿が出ているのではないかということ。

 

 

あまぱんの体力では犬歯を抜く手術ができないため、抗生物質(コンベニア+バイトリル)で様子を見るしかありません。拭いても拭いても膿が出てきますが、できるだけこまめに洗濯をし、消毒を繰り返すしか方法がないのです。

IMG_3419

 

 

輸血前、クロスマッチしても亡くなる可能性もあるとの説明を受けました。しかしほかに選択肢がありません。水分が足りなければ水分を補い、血が足りなければ血を補う。たとえ根治がむずかしいとしても、QOLを維持させるために足りないものを補うのが私の役目だと私は信じているのです。

 

 

なんだって補いたいです。足りないものを補いたい。

 

 

輸血に5時間かかるというので、病院付近で待機することにしました。万が一容体急変の知らせを受けてもすっ飛んでいける距離にいたかったのです。

 

 

お迎えに行く約束の21:30に再び東大へ(※停車しています)

IMG_3433

 

 

年季の入ったプレートをまじまじ見ながらチャイムを押しました。

IMG_3434

 

 

通された夜の無人の待合室。ひとりだと不安が頂点に達します。

IMG_3435

 

 

気晴らしにちょっと歩いて見つけたほっこり

IMG_3438

 

 

東大病院らしい気配りです。

IMG_3437

 

 

11年半前に保護主ぷくぷくさんから託された年齢不詳のまんまるだったあまぱん。本名は「あまた」ですが、贅肉がぱんぱんだったので「あまぱん」と呼ぶようになったのです。いつも全力で「メシくれ」を主張していたあまぱん。やさしいあまぱん。我慢づよいあまぱん。ほほにもさぶにもいじめられたあまぱん。保護猫たちにとってこれ以上ないくらい心の拠り所役をつとめてくれたあまぱん。

 

 

回想すればするほどどうしようもなくあまぱんが愛おしくなりました。

 

 

「お母さんはあまぱんの近くにいるよ。あまぱんを待っているよ」

 

 

そう声に出して気づきました。

 

 

静寂の待合室の向こうのICUに、あまぱんの命を繋ごうと動いてくれている前田先生、岡本先生、画像診断の先生方、そしてあまぱんに血を分けてくれた尊い猫さん、私といっしょにあまぱんの無事を祈ってくれている皆さまがいることに。

IMG_3439

 

 

しばししてあまぱんとの再会が叶いました。

IMG_3441

 

 

ふふ。実は縁担ぎの勝負服でキメて行ったんですよ。

IMG_3446

 

 

にっこり。先生たち、夜分遅くまでありがとうございました。

IMG_3447

 

 

あまぱんは今、肝臓に問題があるのではないかと疑われています。

 

 

次の通院は(この日の)1週間後の金曜日。くわしい検査を控えています。

 

 

通院にかかった金額は輸血を含め87,810円+駐車場代2,500円。合計9万円を超えていますが、微塵も惜しくありません。当然、払える限り払います。

 

 

翌日、あまぱんがごはんを催促してくれました。うれしかったなあ♡

IMG_3468

 

 

鼻からは絶えず膿が出るし、体重は一番元気だったころの半分ですが、私にとってはキラキラのお子です。かわいくてしょうがないです。

IMG_3361

 

 

事情を知らない方に誤解されるのは悲しいので自分の意思をつけ加えますが、私は意味のない延命治療はしません。そもそも意味のない延命治療が我が家の環境でできるとも思いません。

 

 

あまぱんの声を聞くように、どこが悪いのか、なにに苦しんでいるのかを知り、足りないものがあれば補いたい、ただそれだけです。

IMG_3363

 

 

できることは全部やる。

IMG_3368

 

 

すっかり深夜ですが、今夜も補液をしてあまぱんと寝ます。

IMG_3372

 

 

心配してくださった皆さまに感謝して。

 

 

おやすみなさい。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





キビ坊

皆さまこんにちは。本日の主役は岡山県から703号室に来た卒業生ミラクル改めキビ坊です。申し訳ありませんが(なんと)5月17日にタイムスリップします。

IMG_1058

 

 

ちゃんと書きたいので長くなります。ごめんなさいね^^;

 

 

まずは私がキビ坊の保護譲渡を引き受けたいきさつをお読みください。

 

「ミラクル2(リレー)/幸せの703号室」

 

※キビ坊の ハンサム写真は「ミラクル1/幸せの703号室」をご覧ください。

 

 

①岡山県のあさみさんちの庭→あさみさんちのケージへ

IMG_9619

 

 

あさみさんが面倒を見ていた地域猫時代のキビ坊の強烈なエピソードをひとつ!

 

 

脚を怪我したキビ坊をあさみさんが地元の病院へ運んだ際、到着前にキャリーバックから脱出し、なんと(2キロの道のりを)自力であさみさんちの庭へ帰ったそうです。キビ坊は強い意志の持ち主ですね。ミラクルという仮名の由来もここからきているとのこと。話を聞いてキビ坊が車に轢かれなくてよかったと思いました。

 

 

②岡山県よりemi-goの病院へ

IMG_0690

 

 

キビ坊をあさみさんから託され病院まで運んだのは山路さん

IMG_0594

 

 

その節はお疲れさまでした。キビ坊、よく来たね♪

IMG_0592

 

 

山路さんが描いたHGA48のキビ坊(ミラクル)イラスト。そっくりでかわいい!

IMG_1543

 

 

私の手が空くまで数日病院で預かってもらいました。

IMG_0606

 

 

emi-goとは持ちつ持たれつの関係で12年つき合っています。長いでしょ?

IMG_0605

 

 

病院へ会いに行ったときに撮ったもの。緊張していますね。

IMG_0599

 

 

③5月21日、キビ坊が703号室に来ました。

IMG_1053

 

 

慎重でシャイなキビ坊

IMG_1083

 

 

(山路さん紹介の)市川さんとのお茶会が入っていたため、とにかくちょっとでも人に慣れてもらいたいと、こまめにコミュニケーションを取るよう心がけました。

IMG_1426

 

 

くつろぎ中のキビ坊

IMG_1145

 

 

景色に同化するキビ坊(笑)。

InkedIMG_1338_LI

 

 

食事はケージにて

IMG_1086

 

 

好き嫌いなくなんでも食べるおりこうさん

IMG_1087

 

 

最近気難しくなってしまったさぶとも共生してくれて助かりました。

IMG_1396

 

 

さぶ兄と仲よくごあいさつ

IMG_1157

 

 

人に対しては一拍置いた雰囲気のキビ坊

IMG_1028

 

 

完全に信頼するには時間がかかるかな?

IMG_1155

 

 

人との距離のはかり方を考えあぐねている様子のキビ坊

IMG_0918

 

 

大丈夫だよ、と言葉をかけてもすぐには理解できないよね。

IMG_0917

 

 

安心したり

IMG_1412

 

 

不安になったり……

IMG_1393

 

 

気持ちが行ったり来たり。キビ坊は今、過渡期なんですよね。

IMG_1392

 

 

このまま譲渡していいのか、ありのままのキビ坊を受け入れてもらえるのか……いろいろと悩みました。だからこそ包み隠すことなくすべてを市川さんに見てもらおうと考えたのです。

IMG_1391

 

 

④5月27日、キビ坊のお茶会

IMG_1038

 

 

岡山県に縁を感じている市川美絵さんが山路さんのSNSに載っていたキビ坊の写真を見て運命を感じ、同居するお父さまとふたりで会いに来てくれたのです。

IMG_1043

 

 

シャイな主役を尻目に張りきるあまぱん

IMG_1040

 

 

フォローのつもりなのか、「自分自分」アピールなのかはわかりません。

IMG_1046

 

 

あまぱん、マッサージしてもらってよかったね。

IMG_1045

 

 

市川さんの意思は固く、話し合いの結果、キビ坊は市川家の一員となることが決定。ゆっくりじっくり時間をかけて馴染ませていく形になります。キビ坊、がんばるんだよ。

IMG_1039

 

 

⑤キュートなプレゼント

IMG_1152

 

 

市川さんより保護猫たちへちゅーるのおやつとおいしい紅茶をいただきました。

IMG_1076

 

 

ありがとうございました。「しおり」としても使えるんですって。いいですね。

IMG_1154

 

 

キビ坊の岡山の母あさみさんもプレゼントを送ってくださいました。

IMG_1075

 

 

あさみさんありがとうございました。一部はキビ家に渡しましたよ。

IMG_1818

 

 

⑥譲渡前のキビ坊(注意事項)

 

 

ある夜、ふと目に飛び込んだシーンに凍りついた私

 

 

ウォっ……

IMG_1160

 

 

リビング掃き出し窓の脱走防止柵(1m80cm)を乗り越え網戸を破こうとしていたキビ坊。仰天。すぐさま窓を閉め、隙間を塞いで市川さんに連絡

InkedIMG_1162_LI

 

 

キャリーバッグから脱走した過去を持つキビの「隙の狙い方」は半端じゃありません。正直、いろんな意味で近年の保護猫たちの中でいちばん危なっかしいです。

 

 

キビ坊が脱走防止柵を乗り越えようとしている画像を送ると、市川さんは即脱走防止策を強化すると返してくれました。保護動物たちの安全が第一の私にとって、この上ないありがたいお言葉です。

 

 

6月7日、キビ坊がうちを巣立っていきました。短い間だったけれどお世話をさせてもらえて幸せのひと言に尽きます。後半はキビ坊の終の棲家をご紹介しますね。

 

 

長文を読んでくださった皆さまに感謝です。

 

 

つづく

 

 

スポンサーリンク





マルクおめでとう2

※blogを連続更新しています。遡ってお読みください。

 

 

さて、マルクのお輿入れは5月22日。終了後別の用事が入っていた私は電車で伺いました。マルク家は山手線のとある駅から徒歩数分という立地のよさなので電車のほうがスムーズです。

IMG_0818

 

 

おとなしくしていてくれたおかげでスイスイ楽々。おりこうなマルクです。

 

 

「ハハ~ ここは?」

IMG_0874

 

 

「着いたの?」

IMG_0873

 

 

はい^^ お母さんに抱っこしてもらっているでしょう? マルクのお城だよ!

IMG_0865

 
ベルニくん、ソルトくんと暮らしている里親さんはもともと安全対策が完ぺき!

IMG_0834

 

 

玄関はこのとおりです。

IMG_0885

 

 

一部しか撮れませんでしたが、ほとんどの開口部に柵などがつけられていました。

IMG_0839

 

 

保護主側としてはありがたい限りです。

IMG_0843

 

 

オシャレなカーテンをめくると……

IMG_0837

 

 

窓ロックも使い、きちんと脱走防止されていました。

IMG_0844

 

 

キャットタワーにのぼるマルクを想像してニマニマ♪

IMG_0835

 

 

「だれですか?」

IMG_0855

 

 

ふふ。長男兄発見! マルクが妹としてお世話になります。よろしくね。

 

 

里親さんちは屋上まで入れると4F建ての分譲の戸建て。建築士を入れて自由に設計したとのこと。階段が多い造りは上下運動が好きな猫にはたまらないですね。

IMG_0828

 

 

マルクは3Fの空き部屋(マルクルーム)からスタートします。

IMG_0825

 

 

かわゆい専用ケージ

IMG_0830

 

 

うらやましい環境だねえ。私がマルクになりたい……

IMG_0883

 

 

到着早々、大物マルクはさっそくお水をグビグビ

IMG_0832

 

 

すごいねあなた……どこででも生きていけるわ♡

IMG_0869

 

 

ちなみにこちらはマルク部屋の腰高窓

InkedIMG_0821_LI

 

 

鉄網を窓の格子に連結させてあるからすんごい丈夫なの↓

IMG_0819

 

 

大きく開かないよう、ロックも併用しています。みなさん考えますね~!

IMG_0822

 

 

マルクが落ち着いたところで、人間たちは再び2Fのリビングへ

IMG_0852

 

 

譲渡の手続きと楽しいティータイム(ごちそうさまでした)

IMG_0854

 

 

里親さんがノラスタをお求めくださっていました。嬉しすぎます。

IMG_0860

 

 

サイン本の完成

IMG_0858

 

 

マルクにかかった医療費のほかプレゼントをありがとうございました。

IMG_2161

 

 

先住兄さんたちとの馴染ませ方については私もいくつかアドバイスしましたが、結局は里親さんの想像力や柔軟性が必要不可欠です。(里親さん、先住兄さんたち、マルクの)家族が一丸となって一歩一歩確実にほんとうにがんばりました。

IMG_1164

 

 

里親さんから送られてくる写真を見て私はいつも思っていたんです。

IMG_1430

 

 

こういう方こそ保護猫と暮らすべきだ、と。

IMG_1682

 

 

皆さまも同感ではないでしょうか?

 

 

写真や文章では伝えきれませんが、なんというか責任感の塊のようなお人柄です。

 

 

清潔で恵まれた環境のもと、マルクはのびのびと育っていくでしょう。

IMG_1815

 

 

末っ子として寵愛されていますよ。

IMG_1163

 

 

遊びにきたお母さまに撮ってもらったという一枚(笑)。いいですね。最高♡

InkedIMG_2760 - コピー_LI

 

 

※卒業記事については里親さんの了解を得ています。

 

 

派手なことはできなくても、私も確実に日本を変える活動をしています。譲渡レポートが私のようなどこにでもいる「個人」の胸に響き、行動の勇気となることを願って。

 

 

LOVE

 

 

かつくん「Ⅹ280マルクおめでとう。動きが激しいから写真が撮れないって里親さんが嘆いていました。天真爛漫にお兄ちゃんたちとワイワイ飛びまわってね」

1-3483

 

 

 

スポンサーリンク