リリ子の未来2

さて、皆さまお待たせしました。3月31日へタイムスリップです。

 

 

リリ子宅のガレージに到着。乗用車が6台以上は入るでしょうか?

IMG_8932

 

 

シャッターを閉め切ってしまえば安全で広いドッグランになります。雨の日の運動場にいいですね。ふふ。中型犬サイズのリリ子が小粒に見える^^;

IMG_8929

 

 

ガレージ横のお手洗いには先代犬ハルくんのために設けられた足洗い場が

IMG_8935

 

 

ノーリードでOK! 共用のエントランスではなく個人宅です。すごすぎる。

IMG_9011

 

 

エレベーターに乗って豆さんの住居のある階へ

IMG_9010

 

 

どこもかしこも自由。すべてリリ子が使えるスペースです。

IMG_8940

 

 

画面の向こうから「私がリリ子になりたい」という声が聞こえてきそうですが、実は私もです。山積みにされた荷物は9割以上がリリ子グッズだと思われます。

IMG_9008

 

 

リリ子が腰を痛めないよう床に敷いたマットのあまりがたくさん……

IMG_8942

 

 

クッシング病の影響で常に多飲多尿のリリ子のために用意された巨大なトイレシーツ

IMG_8960

 

 

ダイナミックなトイレゾーン

IMG_8985

 

 

8匹の猫たちと暮らす豆さんちは猫トイレもいっぱい置いてあります。

IMG_8948

 

 

16歳まで生きた天国のハルくん、リリ子がお世話になります。

IMG_8970

 

 

ダックスについてお勉強するそうです(笑)。教科書が仰山ですね。

IMG_8961

 

 

お城に戸惑うリリ子

IMG_8946

 

 

どのベッドに入るか悩んでいました。

IMG_8962

 

 

お? ブルーのにする?

IMG_8979

 

 

似合うね。

IMG_8996

 

 

かわいい♡

IMG_8998

 

 

ごはんも

IMG_9002

 

 

おもちゃも選びきれません。写真に写っているのはほんの一部です。

IMG_8967

 

 

ひとつ口にくわえて玄関へ行ってコソコソ遊んでいたリリ子が印象的でした。

IMG_8971

 

 

遠慮しなくていいんだよ。病院やうちとちがってぜんぶリリ子のなんだから。

IMG_8975

 

 

左側の長い食器はダックス専用だそうです。こういうのがあるんですね。

IMG_8980

 

 

豆さんおいしい夕飯をごちそうさまでした。

IMG_8984

 

 

お仕事の合間に準備し、ひとつひとつあたためて出してくださいました。

IMG_8983

 

 

えっと、選べないね(汗)。

IMG_8991

 

 

おいしい紅茶を添えて

IMG_8990

 

 

残った食べ物は私がおみやげとして図々しくいただいて帰りました。猫砂、犬猫のおやつ、人間のお菓子、豆さんのおさがりの靴まですみません。リリ子にかかった医療費も過分にお支払いくださいました。どうもありがとうございます。

IMG_8992

 

 

リリ子、あなたのママは豪傑でいろんなものをお持ちだけど、責任感の強さ、懐の深さ、内面の豊かさがたまらなく魅力的な方なんですよ。リリ子ぜったい幸せになれるよ!

IMG_8994

 

 

お見送りしてくれたリリ子。ありがとう。近所だからちょくちょく会えるね。

IMG_9005

 

 

私を「お母さん」だと思っていたリリ子はこのあと、私といっしょに703号室へ帰ろうとしました。後ろ髪を引かれながら私はリリ子を制し、リリ子のリードを豆さんに渡したのをおぼえています。

 

 

保護譲渡活動の辛い瞬間ですね。

 

 

でも先週の夜に会ったリリ子は完全に豆さんの子になっていました。豆さんの姿が少しでも見えないと豆さんを必死で探すのです。犬は健気な生き物ですね。

 

 

もちろん私のことも覚えていてくれて甘えまくってくれました。嬉しかったな。

 

 

豆さん家の猫たちに遠慮しながら家庭犬として立派に振舞っているリリ子。天国の飼い主さん、見ていますか? emi-goの病院に預けられてから重い病気が見つかりましたが、リリ子は適切な治療を受け元気にしています。安心していただけましたか? 明日からはいよいよここにルナも加わります。

 

 

豆さん撮影のリリ子の写真

IMG_9017

 

 

豆さんより届いたリリ子の近況に関するメッセージ(卒業翌日)

IMG_0312

 

 

emi-goの病院にいた頃は「寝てばかり」だったリリ子。今とはちがいますね。

IMG_0305

 

 

豆さんちの可憐すぎる愛猫たち(全員豆さんが保護しました)

IMG_0313

 

 

※里親さんの了承を得て写真や文章をUPしています。

 

 

家族を得られる犬猫たちが一頭でも多く増えますように!

 

 

かつくん「Ⅹ274リリ子おめでとう。豆さんのお宅の下のフロアにはお姉さんご夫婦が住んでいて、家族が一丸となって犬猫たちを育てているそうです。人の手もじゅうぶん、スペースもじゅうぶん、愛情はじゅうにぶん! だね」

1-3483

 

 

 

スポンサーリンク





わたしたちのかけがえのない時間

本日はゲストを出やすい駅で車内にサッとおさめ

526sumomo (6)

 

 

 

 

保護猫すもものいるemi-goの病院へ向かいました。

526sumomo (14)

 

 

 

「いらっしゃいませ」

526sumomo (7)

 

 

 

すももちゃんのお母さんですか?」    「ですか?」

526sumomo (9)

 

 

 

しかしこの病院は保護動物多いなあ・・・・・・潰れないか心配

526sumomo (12)

 

 

 

「ぼくたち茨城県から来たんですよ 保護子犬です だれかー」

526sumomo (5)

 

 

 

 

「あ ママのママと タナベさんだ! みてみて~ これマイソファー」

526sumomo (4)

 

 

 

「emi-goに隠れ家つくってもらったの 広いおへやに おひっこしした」

526sumomo (16)

 

 

 

 

「おんぶーー」   「おっぱいーー」   「ママママ あのねっ」

526sumomo (3)

 

 

 

「あら 来たの? 子どもたちが騒ぐから気づきませんでした ごめんなさいね」

526sumomo (8)

 

 

 

すもも不妊手術終わったの? お疲れさま。あいかわらず、たいへんそうだね^^;

526sumomo (11)

 

 

 

でも快適な住空間になってよかったね。ふふ。おちびさんが窓から顔出してます。

526sumomo (2)

 

 

 

emi-goが撫で撫で

526sumomo (10)

 

 

 

あっティーさんも。敷物は家のニオイをおぼえさせるためにあっティーさんが持参したもの

526sumomo (13)

 

 

 

私もさわらせてもらいました。みんなにゴロゴロ喉を鳴らしてやさしい女の子です。

526sumomo (15)

 

 

 

あっティーさんはなにやらすももと話し込んでいました。あっティーさんが声をかけると律儀にお返事を聞かせてくれるすもも。家族ですし、女性同士、当然長話になってしまいます(笑)。

 

 

 

その横で私は保護子犬たちを嗅ぎまくり。里親募集中です。超かわいいですよ?

526sumomo (19)

 

 

 

記念写真は子犬たちを抱っこしてパチッと!

526sumomo (18)

 

 

 

目のまわりに肌色のテープを貼っているのが見苦しいので、遠くから撮ってもらいました。

 

 

 

すももを迎え入れると決めてから「顔をおぼえてもらいたい」との理由で毎週遠路はるばるすももに会いに通うあっティーさん。お仕事が忙しい中、脱走防止対策も厭わず進めてくださっています。すももはいい出会いを果たしたと思います。ステキな猫とステキな人、お似合いです♪

 

 

 

べべのごはんはemi-go、かりんとうはあっティーさんがおみやげにくださいました。

526sumomo (17)

 

 

 

ありがとうございました。すももと子猫たちはすこぶる元気に過ごしています。

 

 

前会ったときは子猫たちから片時も離れようとせず、終始「お母さんの顔」で必死に授乳していたすももですが、今夜はひとりでくつろぐ姿が顕著に見られました。人間に甘えたり、ごはんをがっついたり、すもも本来の性格、愛嬌を垣間見れて、あっティーさんも私もニコニコです。

 

 

 

母としてももちろんですが、単体としてのすももは、それはそれでとても美しかったです。

 

 

 

卒業まであと2週間ちょっと。かけがえのない時間を母子で過ごしてほしいと切に願っています。

 

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





10分更新 うちのお姑ちゃん

先日私は、年に一度か二度企画しているチチの両親への感謝祭を行いました。

 

 

 

両親が出やすいよう上野駅で待ち合わせすることが多いのですが、上野駅に向かう山手線の中でこんなもんを発見したのです。森絵都さんの「みかづき」の宣伝。ふふ。うれしい♪

osyuutome (13)

 

 

 

早めに着いたので、両親へ渡すささやかなプレゼントを選ぶことに。めがねコーナーにあった猫サングラスをかけ、キメています。こわい変態っぽい。

osyuutome (5)

 

 

 

予約した店に向かって歩いていると、ピンクの個人タクシーが目に飛び込んできました。

osyuutome (2)

 

 

 

 

つづいてマリオカートの大群が・・・・・・

osyuutome (4)

 

 

 

 

仰天・・・・・・なんか異様な風景。でもかわいい^^ どうか無事故でお達者で!

osyuutome (3)

 

 

 

今回は中華をチョイス

osyuutome (8)

 

 

 

めったにない機会なので好きなものを飲んでお腹いっぱい食べてもらいたいです。

osyuutome (10)

 

 

 

両親の誕生日、母の日、父の日をぜんぶ込めていますからね(笑)。

osyuutome (7)

 

 

 

 

姑ちゃんは「まあよく気の利くお嫁さんだこと!」とお世辞を言って誉めてくれました。

 

 

 

こういう前向きな言葉はすべて真に受けておきます。へへ。

 

 

 

チチと結婚するとき、姑ちゃんは内心複雑だったようで反対気味でした。けれど長い時間をかけ、お互いを知っていくにつれ、私たちはなんでも話せる仲になれたのです。

 

 

 

若輩者として嫁として行動で両親をたてるのは当然ですが、言いたいことを腹に溜めすぎず、私は両親に伝えてきました。チチを介してかばってもらうことをせず、自分の口、ときにはメールや手紙で直接やり取りしてきました。両親は最後にはいつも深い理解を示してくれています。

 

 

 

姑ちゃんは3人の子どもを育て上げたあと、ペットショップで出会ったアメショーのじゅんちゃん(16歳)と暮らしはじめました。子どもがみんな出て行ってしまってさぞさびしかったのでしょう。

 

 

 

姑ちゃんの心の隙間を埋めてくれたじゅんちゃん、ありがとう。

 

 

 

その後、埼玉県で譲渡活動している女性から保護猫たまちゃんを引き取り、3匹目のサンちゃんは数年前に姑ちゃん自身が外で保護したのです。現在はもちろん全員室内猫!

 

 

 

ちなみに嫁の私からは1匹も猫をもらってくれませんでした(爆)。

 

 

 

何年も前に一回だけ野良猫のことで電話がかかってきたのですが、当時私はてっきり、私の力を必要としているのだと勘違いし、現場に向かうことを考えたのですが、姑ちゃんは現場の住所を私にあいまいにして、捕獲方法のアドバイスだけを求めてきました。

 

 

 

さっそく捕獲箱をプレゼントすると、その箱で家のまわりも含め数十匹の猫をTNR。すごすぎ。

 

 

 

姑ちゃんは近隣に申し訳なさそうにコソコソとひとりでやっています。全額自腹。手術した子たちについては庭先でのごはんを保証し、面倒を見ています。みんなまんまるですよ。

osyuutome (11)

 

 

 

私がプレゼントした捕獲箱の近くでごはんを食べている地域猫さん

osyuutome (9)

 

 

 

上の2枚はだいぶ前に私が撮ったものですが、チチいわく、最近実家へ用事で行くと、家のまわりにコロコロに太った猫たちがたくさんいるんだとか。

 

 

 

チチと結婚したことを後悔した回数は数えきれませんが(あっちもかね?)、姑ちゃんのお嫁さんになれたことは私にとって幸運です。身内自慢してごめんなさい。

 

 

 

姑ちゃんは「個人」の力を身をもって見せてくれたすばらしい女性。

 

 

 

お父さんお母さん、ずっとお元気でいてください。

 

 

 

犬猫とは関係ない写真ばかりになりましたので、最後に本日のリル嬢のごはんシーンを

osyuutome

 

 

 

お母さんの作ったペースト食を食べてくれています。

 

 

 

ちゃんと食べた日は「白雪姫」と呼んであがめています。毎日なかなか辛い。

 

 

 

べべにも自作のペースト食をシリンジで与えています。3本ペロッと平らげてくれました。

osyuutome (12)

 

 

 

 

家族に感謝。家族はあたたかい気持ちにさせてくれる存在だから。

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





私を厳しく監視するきみ

「ねえねえ ほほさん それなあに?」

haiena (16)

 

 

 

「ぼき の ろーやんかな あ うみちゃ・・・・・・ どぞ」

haiena (13)

 

 

 

「ありがと♪ たべちゃおっと♪」

haiena (19)

 

 

 

とまあ、(保護猫海子に対して)紳士的なほほの姿を目の当たりにして間もない私ですが、本日はまったくちがうシチュエーションを目撃したのでお届けします。

 

 

 

大人げない15歳児と9歳児が登場します。

haiena (17)

 

 

 

近づくとハイエナと黒豹がすごい勢いでごはんを奪い合っていました。

haiena (2)

 

 

 

黒豹のごはんをハイエナが横取りしたのです。

haiena (4)

 

 

 

黒豹も負けじと食器に顔を突っ込んでいます。

haiena (20)

 

 

 

海子へゆずった無償の愛はハイエナには感じない模様^^;

haiena (8)

 

 

 

「あ も ちとしか ない・・・・・・」

haiena (6)

 

 

 

笑。この後黒豹はたんまりもらったのでご安心ください。

 

 

ハイエナちゃん、自分のごはんを食べてください。

haiena (10)

 

 

 

人のこと言えませんが、チチは毎日なにかしら買ってきます。この日は犬の抗がんに効くという情報をもとに、亜麻仁油とヨーグルトをぶら下げて帰ってきました。

haiena (18)

 

 

 

お、舐めてくれた!

haiena (15)

 

 

 

でもほとんど残してしまいました。亜麻仁油の量が多くて違和感があったみたいです。

haiena (12)

 

 

 

残った分は乳製品と油が好きな末娘リルがぺろっと平らげました。

 

 

まあだれかしら食べてくれたら満足です。

 

 

1日1回の制吐剤も欠かせません。病院にある分はすべて処方してもらったのですが、もともと在庫が少なくて心配でした。これがないとべべは食べ物をぜんぶ吐いてしまうのでストックしておく必要があるのです。多そうに見えるけど1箱に4錠しか入ってないからすぐになくなってしまう。ネットを徘徊して見つけたので即買いです。もとは車酔いに開発された薬ですが、嘔吐を止めてくれるならもうすがるしかありません。

haiena

 

 

 

べべの闘病は辛く険しい道のりです。近い将来、べべは今よりいろんな意味で自由がなくなるでしょう。まともに考えるのが恐ろしくなります。

 

 

だからこそ、いっしょに生きている時間を楽しく過ごす工夫をしていきたいです。

 

 

ここを訪れてくれる皆さまにウソの気持ちは言いたくない。強がりも。ありのままを書きたいです。皆さまがクスッと笑ってくれるような日常をめざして過ごしていきたいです。

 

 

それが天然キャラのべべにとっても、いちばんいい気がするし^^

 

 

 

このお方はハイエナであり、ストーカーですよ。

haiena (7)

 

 

 

ほかの部屋にいると常に視線を感じます。

haiena (9)

 

 

 

こうやって15年もの間、私は常に監視されてきました。

haiena (11)

 

 

 

べべと私の関係が【犬と人間】でなければ私は到底耐えられなかったでしょう。

haiena (3)

 

 

 

はいはい。そっち行くから。

haiena (5)

 

 

 

がまんの限界に達するとガラス戸を叩いて「来い」あるいは「入れろ」と要求します。

haiena (14)

 

 

 

強くぎゅっと抱いてそのまま自分の中に押し込んで、ふたりでひとつの物体になれたらいいのに。

 

 

今夜はべべを連れて女同士夜遊びに行きます。

 

 

もうすぐ運転手が迎えに来るのでそろそろ支度をはじめます。

 

 

では皆さま、来週もどうぞよろしくお願いしますね!

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





きみこそが

べべ以外の子たちがレパートリー豊富な食事をしている傍らで

 

べべはみんなをうらやましそうに眺め

 

ときには盗み食いをはたらきお母さんに叱られた上、下痢や嘔吐に苦しんでいたね。

kiminonawo (18)

 

 

 

べべがもうどうにもならなくなったら、そんときは好きな物をなんでも食べさせてあげる。

 

今はまだだめ。

 

べべは胃が半分ないでしょう? 命を賭して何度も大手術したんでしょう?

 

うらやましいのはわかるけれど、がまんしてね。

kiminonawo

 

 

 

ほぼ毎日言い聞かせてきた約束どおり、近頃は毒以外なんでも食べさせることにしました。

 

ときが迫って来たのです。いよいよ、どうにもならなくなったから。

 

なのにべべはあまり食べようとしません。

 

 

よだれを流しながらほしがっていたお肉もヨーグルトもチーズも。

kiminonawo (16)

 

 

 

「食べることは生きること」

 

 

そう言いつづけてきた私にとって、この現実こそたとえようのない悲しみです。

kiminonawo (13)

 

 

 

べべが宇宙上でもっとも好きです。

 

こうなってしまったからべべが惜しくて言っているのではありません。

 

べべが家族になってくれてから1日として欠かさず思いつづけてきたことです。

 

 

 

べべと私がまだお互いに若かった頃、私はそれまでの生活を捨て離婚を決意しました。

 

離婚前は物質的に恵まれていたけれど、べべ以外はぜんぶ要らなかった。

 

べべだけいてくれたら充分でした。

 

 

いわゆるバツ1だった私を支えてくれたのは、べべの存在。

 

私は会社のデスクにべべの写真を飾り、定時が近づくと胸が躍りました。

 

 

ワンルームでクマのぬいぐるみといっしょに私を待ってくれているべべを想像するだけで全身に痛みを感じました。べべに会えない時間は私にとって拷問に近かった気がします。

 

 

べべに出会ってから人生のなにもかもが変わりました。

 

 

実は、私のような人間にも命を慈しむ心がじゃっかん芽生えたのがいちばんの驚きです。

 

 

べべにぞっこんなのに、べべがいたからこそほかの犬猫たちに目が向くようになったなんて、矛盾する話だと思われるかもしれませんが、うまい説明文が浮かびません。

 

 

矛盾の中でべべにさびしさを植えつけたのも事実です。

 

 

でもそれが私の本心です。

 

 

 

昨日、クリーニング屋につき合ってもらいました。

kiminonawo (7)

 

 

 

耳が遠くなってきたから、お母さんの声、届くかな?

kiminonawo (5)

 

 

 

もし耳で聞こえないなら、心で聞いてほしいんだけど、べべいつもありがとうね。

kiminonawo (3)

 

 

 

クリーニング屋の前が子どものたまり場化し、べべの愛車を駐車できませんでした。

kiminonawo (11)

 

 

 

仕方なく端に入れてもらうことに。

kiminonawo (9)

 

 

 

べべは「かわいい」と言ってほしいのに、だれも近づいてくれませんでした。ちょっとガッカリ。

 

 

私は店の外でべべと洗い上がったワイシャツ類を待つことに。

 

 

 

さあ、帰ろ。重いからべべの車に載せてもらうね。

kiminonawo (14)

 

 

 

公園への寄り道。草や土を踏んでごらん。

kiminonawo (17)

 

 

 

いろんなにおいをかいでごらん。

kiminonawo (19)

 

 

 

べべも連れて入れるお店でべべの食べれそうなものをいくつか揃えて帰宅。

 

 

冷蔵庫や食品庫はべべの「食べれそうなもの」であふれかえっています。

 

 

べべが食べれなかったらムダを出さないようチチやほかのお子たちに与えています。

 

 

 

家に戻ったあと、鯛の入ったおじやを作ってみました。

kiminonawo (2)

 

 

 

ほんの数ヶ月前なら目の色を変え喜んでくれたでしょう。

 

 

けれどどこか自信がもてず、ミキサーで潰してみました。

 

 

 

これならどうかな? 一口だけでも、お願いべべ・・・・・・

kiminonawo (4)

 

 

 

お・・・・・・お皿舐めはじめた。興味があるようです。

kiminonawo (6)

 

 

 

ドキドキしながら見守ること3分。ゆっくりとですがべべ完食!!

kiminonawo (8)

 

 

 

べべすごいねえ。やるよね。

 

 

 

ちなみに食にうるさいリルはプイ^^;

kiminonawo (10)

 

 

 

リルが手をつけなかった分はタッパに戻して保存。もったいないもん。

 

 

 

最近のべべの変化にチチも苦しんでいます。今夜はべべを風に当たらせようという話になり、近所のスーパーまで行ってきました。

 

 

私が買い物をしている間、チチはべべを愛車から降ろし、少し歩かせてくれたようです。

 

 

ちなみに買ったのはこちら

kiminonawo (12)

 

 

 

消費が半端ない猫砂2袋。べべの飲めそうな犬用牛乳(結局飲んでくれなかった)。もも肉。

 

 

 

スーパーから出てきた私を、べべはよく見えない目で捉え、うれしそうにしっぽを振りました。

kiminonawo (15)

 

 

 

私はこれから起こることに耐えられないかもしれません。

 

 

べべが私の太陽です。

 

 

スポンサーリンク