トロンと春ちゃん夫妻に会いました

今日は慢性腎不全組(ナナ、あまぱん、さぶ)の皮下補液に使うグッズを買いにemi-goの病院へ行きました。おまけにemi-goの病院の開業1周年のプレゼントマグカップも図々しくもらってきたという。慢性腎不全はケアが非常にたいせつなので、必要なものを切らさないよう気にしています。

IMG_9606

 

 

 

そして通院のいちばんの目的はこのファミリーに会うこと

IMG_9579

 

 

 

記憶に新しい方もいるのではないでしょうか?

 

 

 

私の旧友で先日私が保護猫「トロン」を譲渡した春ちゃんりんちゃん夫妻

IMG_9568

 

 

 

病院にたくさんの差し入れの飲み物を手に、わざわざ遠くからトロンのワクチンに来てくれたのです。春ちゃんとりんちゃんは律儀な方なんですよ。

IMG_9563

 

 

 

トロンを知らない方はトロンの卒業記事をご覧ください。

 

 

姫、相変わらずかわいいよのう♪

IMG_9582

 

 

 

ワクチンがんばったんだって?

IMG_9571

 

 

 

えらいねえ!

IMG_9565

 

 

 

あら? 色っぽい顔つき

IMG_9550

 

 

 

「大きくなりましたかね?」と聞かれたんですが、うーん微妙……

IMG_9556

 

 

 

もちろん健康的に育っているんですが、小粒なのでまだまだ小さい雰囲気

IMG_9555

 

 

 

きょうだいのちゃま之介といい、ほんとうに美形の兄妹です。

IMG_9554

 

 

 

愛嬌も満点

IMG_9551

 

 

 

ハッピー兄とだいぶ仲よくなったトロン。いっしょにお留守番をしているそうです。

IMG_9576

 

 

 

りんちゃんとトロンと

IMG_9561

 

 

 

不妊手術も中島先生の病院で行う予定なので、また写真を撮って載せますね。

IMG_9583

 

 

 

春ちゃんりんちゃんトロンにエネルギーをもらいました。感謝!

 

 

病院には5頭の子犬がいます。前来たときの約半数に減りました。

IMG_9602

 

 

 

emi-goが仕事の合間に絶えず家族募集をつづけてきた結果です。尊敬ですよ。

 

 

 

ナナの子犬時代と激似の女の子

IMG_9585

 

 

 

ぽんぽこりんのお腹で愛想がいいのがたまらない。

IMG_9598

 

 

 

連れて帰りたくなる衝動に駆られます。非常に辛い(笑)。

 

 

病院の看板犬、シニアのタロウ。前の飼い主さんが亡くなり、emi-goの病院に引き取られました。テリトリーにしている座布団付近を歩くと噛まれます^^;

IMG_9593

 

 

 

こちらも長年苦労をしてきた看板犬のボボボ

IMG_9592

 

 

 

頭になんかついてます。ウケる。

IMG_9591

 

 

 

まわりを見渡せば、人の庇護を求めている犬猫がいっぱいいます。

 

 

私たちは迷わず駆け寄る人でいたいですね。

 

 

私は犬猫たちの幸も不幸も熟知しています。光も闇も。

 

 

そしてどのような行動を取れば、彼らが確実に明るい未来に向かえるのか、その手段もよくわかっています。願わくばより多くの方が私たちの不変の友である犬猫たちに本質的な視線を向け、差別区別することなく、友を取り巻く問題のさまざまを熟考し、受け止め、惜しみない情へと変換させ、愛を彼らの不足した環境にがっつりと投げ入れてほしいです。彼らは必ず応えてくれます。

 

 

愛と愛は呼応し合い、やがて広義的にも狭義的にも世界を変えるでしょう。

 

 

私はまず、自分の世界を変えたいです。

 

 

私の世界を、隙間なく愛で塗りつぶしたい。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





2 ちゃま之介家内部へ潜入

さて、皆さまお待たせしました。時間が空いてしまったのですが、秀多改め「ちゃま之介」のお届けの日の様子をUPします。写真満載ですよ。

IMG_9204

 

 

 

やんちゃなちゃま之介はご主人専用部屋から徐々にエリアを拡大してもらう予定

IMG_9185

 

 

 

ちゃま之介をあやしているのは、週1で遊びに来るという、奥さんのお姉さん

IMG_9210

 

 

 

そう、例の縁結びのパンツをよこぼりさんにプレゼントしてくれた方!

IMG_9201

 

 

 

並べてニヤニヤ笑う一同

IMG_9202

 

 

 

ふふ。小さいスターをみんなで囲んでいます。

IMG_9197

 

 

 

よかったねちゃま之介^^

IMG_9196

 

 

 

ちゃま之介はご主人とあごひげの位置がおそろい。これも運命を感じたひとつ

IMG_9203

 

 

 

よこぼり家の子になるために生まれてきた? ってくらいしっくりきてます。

IMG_9193

 

 

 

ささ、せっかくですので、環境も見ていきましょう。

 

 

【安全対策】ですが、よこぼり家は内廊下のマンションゆえ、万が一ちゃま之介が外に出ても、ダダっとどこかへ走り去る可能性は低いです。

IMG_9212

 

 

 

しかしよこぼりさんは念には念をと、玄関に格子扉を設置してくれました。

IMG_8942

 

 

 

これ奥さんの手作りですって。ウソでしょ~? 短期間でササっと! 奥にはリビングへ入るための扉もあるので、ほんとうに安全なんです。わかりますよね?

IMG_9214

 

 

 

換気用の窓も2面が対策済み

IMG_9158

 

 

 

 

そして、ぜったいに出さないベランダにも万が一出てしまったときを考え隙間を埋めたそうです。ベランダもふつうのお宅のベランダとは造りがちがいます。

IMG_8992

 

 

 

手を加えてくれた箇所のひとつひとつによこぼりさん夫妻の愛情、責任感、正しい想像力を感じ、私は安心の極みの中でちゃま之介の命を託せました。

IMG_9156

 

 

 

キッチンの一角に隠れてしまった先住「ぶー太郎」くんを探すよこぼりさん姉妹

IMG_9164

 

 

 

あ、はじめまして。ぶー太郎くん。目がくりくりで女の子みたいなんですけど

IMG_9168

 

 

 

めちゃくちゃたいせつにされているぶー太郎くん

IMG_9166

 

 

 

家じゅうにたくさんの猫グッズがさりげなく置かれています。

IMG_8938

 

 

 

リビングは奥の扉を閉めてしまえば2室として使えるレイアウト

IMG_9174

 

 

 

健康管理に必要な猫の体重計

IMG_9160

 

 

 

リンゴのオブジェ

IMG_9180

 

 

 

猫のオブジェ

IMG_9179

 

 

 

先代猫の「ひろこさん」発見。ひろこさん、すばらしい一生でしたね。

IMG_9178

 

 

 

よこぼりさん(奥さん)のお母さまはセンスがよく、おもしろい方。右の猫さんは「紙」でできているのですが、3匹作り、娘たちに1匹ずつ里子に出したそうです。だからお姉さんちにも同じ猫がいるらしいです。ユーモア度が高い。

IMG_9177

 

 

 

そんなお母さまから、私もうれしいプレゼントをいただきました。

IMG_9218

 

 

 

猫の部分は「ネコヤナギ」を使っています。うー私の名前つき! もう、感動して泣いちゃったですよ。この活動の酸いも甘いも思い出して……

IMG_9221

 

 

 

誓約書にサイン後、ちゃま之介にかかった医療費を過分にお預かりしました。後輩保護猫たちのフード代にあてさせていただきます。ありがとうございました。

IMG_9217

 

 

 

以下はすべてよこぼりさんが撮った近況写真。はじめはたいへんなこともあったようですが、ぶー太郎くんとちゃま之介は日に日に距離が縮まり、仲よしに!

IMG_9097

 

 

 

ちまっとしたふたつの背中が萌える。

IMG_9108

 

 

 

トイレを覗く黒いの

IMG_9100

 

 

 

ゆるーい♪

IMG_9063

 

 

 

キリっと

IMG_9067

 

 

 

箱入り息子

IMG_9064

 

 

 

猫はこたつが似合いますね。

IMG_9062

 

 

 

ぶーちゃんのベッド取られちゃったの?

IMG_9061

 

 

 

ぶーちゃんのごはんも取られちゃったか……

IMG_9059

 

 

 

「へへ ぽっくん やりたい放題」

IMG_8965

 

 

 

おでこの白いのは粉です。模様じゃありません。

IMG_9008

 

 

 

勝手に256-っっっっっっっっっの検索も

IMG_9011

 

 

 

「父ちゃん “結果なし”でした!」

IMG_9010

 

 

 

ちゃま之介くん、心身のびのび成長していくのはどんなに楽しいでしょう。なにをしても愛されて、なにをしても許される。未来がワクワクしますね。私はよこぼりさんと出会い、ぶー太郎くんやちゃま之介のように暮らせる猫を1匹でも多く増やしていきたいと強く思いました。

IMG_8966

 

 

 

よこぼりさん、ご家族の皆さま、ぶー太郎くん、このたびはちゃま之介との良縁をありがとうございました。これからも末永くよろしくお願いします。

 

 

 

LOVE!

 

 

 

かつくん「x259ちゃま之介、卒業おめでとう。不思議な空気感が漂うおうちだね。そしてとってもあたたかい雰囲気にぼくも心がほっこり。よこぼりさんのお母さまがハハへくれたプレゼントは今、703号室のリビングに飾られています」

1-3483

 

 

 

 

スポンサーリンク





1 ちゃま之介を結んだ毛糸のパンツ

皆さまこんにちは♪

 

 

本日は今週の目玉、黒猫「秀多」改め「ちゃま之介」の卒業レポート。ちゃま之介はトライアルを経て正式に「よこぼりちゃま之介」になりました。

IMG_0015

 

 

 

私は里親よこぼりさんのインスタにワクワク胸が躍っています。

 

 

私自身もインスタを地味にやっていますが、好きな写真をたまにUPする程度。ちゃま之介のインスタは私のツボにかなりハマっています。

 

 

どうです? インスタ映えってこういうことかなと(笑)。

IMG_9202

 

 

 

保護猫と暮らすワクワクを再度教えてもらった気がします。

 

 

 

では、よこぼりさんとちゃま之介の出会いを整理していきましょう。

 

 

 

まず私が黒猫兄妹を保護譲渡するいきさつとなったこの忘年会は外せませんね。

 

 

忘年会で会った旧友の春ちゃん夫妻が保護猫を迎えたいと私に相談してくれたのがきっかけで、私は春ちゃん夫妻に合いそうな子をemi-goに依頼。

 

 

結果、黒猫兄妹を私が手掛けることになったのです。

 

 

春ちゃん夫妻は迷った挙句、女の子の「トロン」を家族に。でも兄猫ちゃま之介(秀多)のワクチンにも立ち会い、たくさんかわいがってくれたんですよ。

IMG_8729

 

 

 

トロンの卒業記事に詳細が書かれています↓↓↓

 

「1 トロンに春が来た/幸せの703号室」

 

「2 トロンがハッピーに!/幸せの703号室」

 

 

 

トロンが巣立ったあと、私は残る兄猫(秀多)を急いで家族募集サイトへ掲載

IMG_8486

 

 

 

仲よしだったふたりを離してしまったことに胸が少し痛んだのです。

IMG_8452

 

 

 

トロンは新境地でケロッとしていましたが、ちゃま之介(秀多)はわが家でさびしそうで……

 

 

えーい! さぶお願い! 大らかなさぶ兄をケージに投入!

IMG_9149

 

 

 

くっついて歩けるような先輩猫のいるお宅がいいかな?

IMG_8897

 

 

 

ちゃま之介の家族募集にあたり、漠然と先住さんのいるお宅を考えていた私

IMG_8742

 

 

 

子熊風のちゃま之介には数々のお問い合わせが来ました。

IMG_8315

 

 

 

希望者さんは素敵な方ばかりでしたが、中でも異様に光るご家族に私は目が留まったのです。印象は「ほんとうに猫が好きなんだ」、「ご自分の愛猫を自慢に思っている」、「律儀で心の広いご夫婦」、「内容がわかりやすく、かつ文面がきれい」など。

 

 

 

この時点ではどちらかというと里親よこぼりさんの「キチンと感」に心が奪われていたんです。「人として信頼できる」のはもっともたいせつなことですから。

IMG_8310

 

 

 

そしてemi-goの病院でのお見合いで実際にお会いし、ちゃま之介(秀多)のトライアルが決定!

 

 

トリミング室で私がおふたりに話をしている間じゅう、ご主人は顔がこわばっていたので、この際ざっくばらんに聞いてみることに。

 

 

私「ご主人さまは(秀多が加わることについて)大丈夫ですか?」

 

ご主人「……(緊張顔)」

 

奥さん「扶養家族が増えることに対して(夫は)真剣なんだと思います」

 

私「あ、なるほど……」

 

ご主人「……(口元が少し緩む)」

 

 

なんかうまく言えないけれど、ご主人の様子を見て、私は初心に返りました。命だもんね、命の譲渡だもん、流れ作業じゃないんだよね。

IMG_8309

 

 

 

あたり前なんだけど、こなれてくると置き去りにしがちになる原点。

 

 

私が取り組んでいるのは「命をアンカーに託す」活動。譲渡活動の重みをいっそう実感したお見合いでした。ちゃまお疲れさま。よくがんばったね!

IMG_8308

 

 

 

よこぼりさんはちゃま之介にぴったりの方です。よかったね。

IMG_8307

 

 

 

しかしそもそもよこぼりさんはなぜあまたいる保護猫たちの中から黒猫秀多(ちゃま之介)を希望してくれたのでしょう? たしかインスタでも「白黒猫が好き」と。

 

 

秀多はほんのり白毛が入っているけど、黒猫の部類ですよね?

IMG_8487

 

 

 

闘病の末亡くなった先代「ひろこさん」も、現在いっしょに暮らす「ぶー太郎くん」も白多めの白黒猫。秀多とは雰囲気がちがう気がするんだけど……

IMG_0022

 

 

 

よこぼりさん「先日姉にもらった毛糸のパンツが秀多くんとおなじ柄で……」

IMG_9200

 

 

 

え、はい?

 

 

 

なんでも、よこぼりさんは昨年11月ころから2匹目を考え、日々「ペットのおうち」を閲覧。そんなある日、よこぼりさんのお姉さんが黒猫の腹毛をモチーフにした毛糸のパンツを突如プレゼントしてくれたんだそうです。

 

 

パンツをもらった瞬間よこぼりさんは首を傾げ、「ああ(うちにはこういう柄の子いないのになんで……)」とだけ心でつぶやいていたのですが、年が明けペットのおうちに掲載されていた子熊に、思わず見入ってしまったとのこと。

 

 

あのパンツと同じ子が!!

IMG_0024

 

 

 

よこぼりさんは白黒の子とまた縁があればと考えていたようですが、お姉さんにもらった毛糸のパンツの模様と秀多が一致し、運命を感じたんですね。

 

 

クスクスと笑えるかわいいエピソード。

 

 

ちなみにちゃま之介(秀多)のあごひげはご主人とおそろいです。

 

 

顔出しOKをいただいているので、後半にて!

 

 

いい意味ですごい不思議なオーラを放つよこぼりさん一家。

 

 

私のイメージだと、ご家族や周りやおうちの環境すべてが「安全な遊園地」。

 

 

猫にはたまらない魅力の終の棲家ですし、あたたかい場所であることは付け加えるまでもありません。よこぼりさん、どうもありがとうございました。

 

 

次回はちゃま之介となった子熊家の内部へ潜入します。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





2 トロンがハッピーに!

さて、みじゅ改め「トロン」の卒業レポのつづきを。まだお読みでない方は一つ下の記事から遡ってお読みください。※ブログを連続更新中です。

 

 

トロンに会ってからというものの、りんちゃんは1日も早くトロンと暮らしたいと、即準備に掛かりました。で、完成したのがこちら↓ 玄関の脱走防止柵!

IMG_8958

 

 

 

実物の強度を確かめていただけないのが残念ですが、頑丈かつよくできていたので驚いた次第です。2LDKの春ちゃんちにはもちろんリビングに入る際の扉もありますが、りんちゃんは春ちゃんが閉め忘れたら困るからと作ったのです。

IMG_8982

 

 

 

二重の安心ですね。ちなみにチチが出入りするとこんな感じ。チチは身長181cmの中年太り体型。真ん中にはちゃんとカギがついています。

IMG_8985

 

 

 

りんちゃんすごい~!  こっちは掃き出し窓↓

IMG_8933

 

 

 

実は春ちゃんもりんちゃんも掃き出し窓を開けません。都心のマンションゆえ、外気を入れて換気をせず、24時間換気扇をまわす生活をしています。けれどもし万が一開けたときのことを考え、わざわざつけてくれたのです。ありがたい限りですよ。ほんとうに素晴らしい友だちです。

 

 

 

「ここ わたちんち?」

IMG_9016

 

 

 

きょうだいの秀多(仮)と離れもっと大騒ぎするかと思いきや意外とへっちゃらのトロン。別室に用意されたケージの中でくつろいでいました。大物ですね。

IMG_9001

 

 

 

トロン、はじめはハッピー兄が入らないお部屋からスタートね!

IMG_9017

 

 

 

トロンのケージが置かれている部屋には多くのトロフィーが……

IMG_8955

 

 

 

春ちゃんは本格的にサーフィンをしています。胸筋が発達するわけだ(笑)。

IMG_8967

 

 

 

 

お? 生ハッピー!! ハッピーはじめまして。あなたの写真は春ちゃんに会うたびにさんざん見せられてきたけど実物もかなりイケてるね♪ ハンサム~!

IMG_8978

 

 

 

ハッピーが写ってませんが、チチもハッピーを少しなでなで

IMG_8975

 

 

 

体がチーターのような模様で懐っこく物怖じせず、かっこいいハッピーです。

IMG_8992

 

 

 

トロンのいる部屋が気になるご様子

IMG_8973

 

 

 

5分も経たないうちに、仕事を抱えているチチは私を置いて先に帰宅することに。チチの帰る前に、3人で集合写真を撮ってもらわないと! 先にハッピーと

IMG_8970

 

 

 

つづいてトロンと

IMG_8980

 

 

 

スッピンのりんちゃんは「半顔出し」。メイクなしでも美人だからいいのに。

 

 

 

春ちゃんちはもちろんペット可。清潔でセンスのいいお宅です。

IMG_8968

 

 

 

部屋のあちこちに猫グッズが紛れ込んでいます。

IMG_9000

 

 

 

トイレの形がいいね。 ※現在はトロンも使えるようになっているそうです。

IMG_9002

 

 

 

爪とぎ。うちも同じやつ買おうかな?

IMG_8998

 

 

 

トロン用に新調されたキャリーバッグ。私のと色ちがいです。

IMG_8966

 

 

 

ん万円出して作ってもらったという“ハッピーぬいぐるみ?”。りんちゃんがひと言、「似てませんよね~」。う~ん……たしかに微妙かも……でもかわいい!

IMG_8996

 

 

 

春ちゃんとハッピー

IMG_8994

 

 

 

ハッピーの医療証明書も見せてくれました。すべて保存しているそうです。

IMG_9006

 

 

 

ハッピーはペット保険(7割型)に入っているとのこと。トロンも加入します。

IMG_9009

 

 

 

あ!! これうちにもあるっ!!

IMG_8969

 

 

 

「もしかしてケイタにもらったの?」と聞いてみたところ「はいっ」だって。

 

 

以下の記事をぜひご覧ください。

 

「窓に貼る猫の巣ほか/幸せの703号室」

 

 

旧友Air Buggyの原口常務が私にプレゼントしてくれたのです。

 

 

ふふ。原口常務春ちゃんにもプレゼントしたんですね。重宝させてもらってます。

 

 

ハッピーは超溺愛されています。春ちゃんちはハッピー中心の生活

IMG_8991

 

 

 

だからトロンも安心して渡せますよね。春ちゃん夫妻だもの!

IMG_8987

 

 

 

トロン、うんと幸せになってね。愛をいっぱい浴びているハッピー兄はきっとトロンを家族として、仲間として、受け入れてくれるよ。がんばって!

IMG_9015

 

 

 

春ちゃんりんちゃんにトロン分の医療費をお預かりし、ペットシーツやおいしすぎるケーキをプレゼントしていただきました。ありがとう。

IMG_9018

 

 

 

譲渡から13日経ちますが、数日前からこのようになっています。

IMG_8930

 

 

 

そしてぜったいに観てもらいたい動画をはりつけておきます。悶絶必至!

 

 

 

ね? ニコニコしちゃうでしょ?

 

 

自分の誕生日にこれを送られてきた私は、うれしくてたまりませんでした。

 

 

春ちゃん、りんちゃん、ハッピー、トロン、ありがとう。

 

 

サイコーです♪

 

 

 

かつくん「x258トロンおめでと。やさしい家族の一員になれたね。ハハも舞い上がってるよ。ハハに大きな力をくれてぼくからも感謝。ハハは丁寧に自信を持って犬猫たちに向き合っていきたい、それをトロンに教わったと言っています。ハッピー兄と末永く楽しく暮らしてください。LOVE」

1-3483

 

 

 

スポンサーリンク





1 トロンに春が来た! 

大雪の中、ひとつ歳を取ってしまいました(苦笑)。ブログを連続更新中です。どうぞ遡って読んでくださいね。本日はみじゅ改め「トロン」の卒業記事!

 

 

すべては年末に参加した忘年会からはじまったのです。

 

 

(↑リンクをポチっと読んでください↑)忘年会の席で私を見つけるなり、愛猫ベンガルの「ハッピー」自慢をしてきた友だちの春ちゃん。古いつき合いです。

 

 

春ちゃんは現在、中野にあるもっつん本店もっつん2号店もっつん新井薬師店の3店舗のオーナー。奥さんのりんちゃんは同じく中野で「ブリス」というビューティサロンを経営。ふたりとも努力家。自らの力でがんばってきた根性のある夫婦です。

 

 

ハッピー自慢の延長で、春ちゃんは「譲渡会」へ行ってみたいと話しました。ハッピーに友だち猫を増やしたい。保護猫も検討している、と。私は譲渡会を開いていないので、「行ってみたら?」とすすめる程度でいったん話を終えたのです。

 

 

でも、春ちゃんは2匹目とハッピーの相性を慎重に考えていて、ハッピーの脅威となるような体の大きな猫さんではなく、できれば3~4か月の子猫を希望しているとのこと。オトナの猫も好きだから相性さえ合えば構わないとも言っていました。うーむ。この時期子猫少ないんだよなあ。でもハッピーが成猫を受け入れるかどうかは未知数。なら、やっぱ無難に子猫がいいなあ……。

 

 

譲渡会で開催者と折が合わなければ、春ちゃんはブリーダーに再び行く可能性もある。

 

 

それじゃヤダ。たとえ1匹でもいいから春ちゃんに「保護猫」を迎えてほしい。そうたくらんだ私は、春ちゃんに希望の毛色を聞いてみることに。

 

 

特に希望はないとしながらも、選べるなら茶トラか黒猫がいいと。

 

 

ほう。茶トラか黒猫ね。(メモメモ)

 

 

後日私はemi-goに電話。茶トラか黒猫の3か月くらいの保護猫がいないか聞いてみました。いたらもちろん、春ちゃんりんちゃん夫妻に紹介するつもりで。

 

 

数日後、emi-goから連絡が。

 

 

「田辺さん!! めっちゃくちゃかわいい黒猫の兄妹が保護されました」

 

 

保護したのはemi-goの病院の患者さん。その患者さんは自分で里親探しをするためにemi-goにいろいろ相談していた心ある方で、決してemi-goに丸投げをしようとしていたのではありません。私は保護経緯や保護した方のお人柄に好感をおぼえ、私でよければ預かる旨を間接的に申し入れました。

 

 

それがトロンと秀多(仮)です。(左:秀多 右:トロン)

IMG_8719

 

 

 

春ちゃんが興味を持ってくれるといいな。まあ仮にダメでも私が譲渡しよう。春ちゃんのキャパはあと1匹。だから兄妹は離れ離れになる。けど良縁を結べるなら「セット」に固執しなくてもいいや。

 

 

子猫たちが703号室に移動してくる直前に私は春ちゃんに電話をかけ、留守番電話にメッセージを入れたのです。「黒猫のおちびさんがいるんだけど、興味があったら折り返して」と。ついでに病院で撮った2匹の写真も数枚添付

IMG_8311

 

 

 

さあ、どうかな? 電話来るかな?

IMG_8312

 

 

 

翌日、キラキラの電話がかかってきました。覚えている方いますか?

 

 

春ちゃんは黒猫2匹に会いたいとのこと。さっそく年始の1月5日にアポを取り、うちにいたトロンと秀多を連れてemi-goの病院へ!

IMG_8709

 

 

 

春ちゃん夫妻は2匹と遊び、おやつをあげ、ワクチンや爪切りを見守り、中島先生の話を聞き悩みまくり。トロンと秀多のどちらにする? いっそ2匹とも迎えてしまう? それじゃハッピーが孤立しない? どっちを選ぶべきか……

IMG_8717

 

 

 

そりゃもう真剣そのもの。

IMG_8716

 

 

 

とりあえずいったん気持ちの整理も兼ね、私のポリシーをゆっくり伝えようと3人で近所のファミレスへ。春ちゃんりんちゃんごちそうさまでした。

 

 

脱走防止対策や誓約書8項目の内容を含め、ふたりが納得してくれるか。

 

 

結果、ふたりとも清々しい快諾。さっそく脱走防止対策に取り掛かるとのこと。

 

 

問題はトロンにするか、秀多にするか、あるいは2匹いってしまうか!

 

 

一同は再度病院へ戻り、トロンと秀多の顔を見て考えることに

IMG_8752

 

 

 

「りんちゃんがわたちをだっこしてくれたの」

IMG_8747

 

 

 

むろん、秀多も抱っこしてもらいました(笑)。

 

 

春ちゃんがひと言。

 

 

「女の子のほうがりんに(顔が)似てるから女の子にする?」

IMG_8736

 

 

 

「女の子はさっきからずっと私と目が合ってる」とりんちゃん。

IMG_8735

 

 

 

熟考したいとのことで、次の日に回答をもらうことに。でこの記事に繋がります。

 

 

ちびたち、お疲れさま。ふたりとも立派だったよ♪

IMG_8701

 

 

 

1日経って結論を聞くと、「女の子に決めました」ときっぱり!

IMG_8483

 

 

 

「え? わたち?」

IMG_8455

 

 

 

そうだよ。

IMG_0004

 

 

 

あなたトロンって名になるんだって

IMG_0035

 

 

 

おめでとうトロン♪

IMG_0026

 

 

 

いっしょに育った秀多とは離れるんだけど、ハッピー兄がいるおうちに行くの。

IMG_0008

 

 

 

だからひとりじゃないんだよ。

IMG_0025

 

 

 

トロンは遊び好きで

IMG_0016

 

 

 

好奇心旺盛の

IMG_0011

 

 

 

おてんばだけど

IMG_0014

 

 

 

おトイレもちゃんとできるし、賢い子だよね^^

IMG_0013

 

 

 

秀多は私が必ず幸せにするから、安心して新しいおうちをエンジョイしてね。

 

 

春ちゃん、りんちゃん、このたびはありがとうございました。

IMG_8754

 

 

 

春ちゃんに「保護猫」を譲渡した喜びは2つあります。

 

 

一つ目はこの記事に全部書きました↓↓↓

 

「トロンの譲渡を昔の自分に見せてやりたい/幸せの703号室」

 

 

二つ目は春ちゃんの無意識の宣伝に期待してのこと。春ちゃんりんちゃんの人脈は半端じゃありません。春ちゃんは絶えずハッピー自慢をあちこちで繰り広げています。だからトロンのこともいずれ自慢するでしょう。トロンは保護猫です。春ちゃんに憧れる人や、春ちゃんの周囲の猫好きが「保護猫」に目を向けてくれる可能性は非常に高い。これこそが私のいやらしい計算です(笑)。

 

 

1月10日に巣立ったトロンはすでにハッピー兄とベタベタの仲よしになっています。本日私のフェイスブックに「誕生日おめでとうございます」のメッセージとともに、ハッピーに毛づくろいをするトロンの動画が送られてきました。

 

 

次回、春ちゃん家に皆さまをご招待いたします。

 

 

つづく

 

 

 

スポンサーリンク