真央シッター

濃い1日でした。

 

 

朝からほぼ1日中休みなしで動いていたので今とても眠いです。

 

 

嬉しかったできごと♡

maositta

 

 

出版社の野島さんに新しい切り口で二章を投げたんです。私なりの挑戦でした。

 

 

私の性格を熟知している方ならおわかりかもしれませんが、私は頭の中の考えをあまり人に相談しません。口に出した瞬間に割とまとまっていることが多いのです。方向性を誤っていたら二章分が無駄になると心配でしたが、野島さんのメッセージを拝読しホッとしています。自由にやらせてもらっているので迷いもありますが、残り一章まで来ましたよ! 早く終えたい。

 

 

ノロノロですが春の出版をめざしてがんばります!

 

 

もうひとつよかったのは外猫を1匹スカウトできたこと。その辺はまた整理してお伝えしますね。かわいい若姫を皆さまよろしくお願いします。

 

 

若姫といえば……卒業が決まっているマイ太郎さんの保護猫真央が体調を崩したので先ほどお見舞いへ行ってきました。だいじだいじにされているまおまお♪

maositta (10)

 

 

超絶キュートです。

maositta (1)

 

 

明日からはバイトとして共働きの忙しいマイね―宅へシッターに伺います。

maositta (9)

 

 

おひざ娘の真央はマイねーに甘えまくり

maositta (8)

 

 

遅い時間にもかかわらず夕飯をごちそうになるという(ヤバい太るな)

maositta (3)

 

 

でもまあ、糖質制限ダイエッターのマイねーが出してくれるのはヘルシーなものだから大丈夫かな? パンも糖質制限用のですよ! おいしかったです。

maositta (4)

 

 

昼間emi-goの病院に頼んで真央に合う薬の入った点滴を作ってもらいました。

maositta (6)

 

 

皮下点滴中の真央。通院のストレスがないのがいいと思います。

maositta (7)

 

 

検温すると解熱剤が効いてじゃっかん体温が下がっていました。マイね―がad缶を指につけて食べさせています。真央には里親さん、マイねー、大巻先生、中島先生がついています。私も一生けんめいケアします。

maositta (5)

 

 

里親さん手作りの猫袋に入ってぬくぬくの真央

maositta (2)

 

 

幸せの塊のような女の子をキラキラのまま里親さんにバトンタッチするマイね―の姿をイメージしながらお世話していきますね。私は日中3時間程度いる予定です。

 

 

では皆さまおやすみなさい。明日もいい日でありますように。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





2018年703号室を彩ったスターたち

皆さま

 

 

昨年末に間に合わなかった「2018年卒業生一覧」をお送りします。

 

 

時間的な余裕がなくサラッとになります。ごめんなさい。Twitterやインスタグラムをやっている里親さんもいるので、気になる子がいたらフォローしてくださいね。また最近は滞り気味ですが、私のtwitterでも卒業生たちの写真を流していきます。全員元気にしていますのでご安心を♡

 

 

※それぞれの名前をクリックすると卒業記事のリンクに飛びますので、どんなお宅に行ったかわかります。なお、年末に巣立ったハリは未着手なのでハリは後日たっぷりとお伝えします。

 

 

2018年1月10日 トロン(emi-goの患者さんが地元で保護)

258 toron

 

 

 

2018年1月20日 ちゃま之介(emi-goの患者さんが地元で保護)

259 tyamanosuke

 

 

 

2018年2月12日 ポテチ(私が近所で保護。FIVキャリアの成猫)

260 poteti

 

 

 

2018年4月21日 もも(私が近所で保護した成猫)

263 momo

 

 

 

2018年5月22日 ローズ(私が近所で保護した成猫→片目摘出手術)

261 roze

 

 

 

2018年6月13日 まる(emi-goが山口の保健所から保護。出戻りを経て私が譲渡)

262 maru

 

 

 

2018年6月16日 コテツ(私が近所で保護。FIVキャリアの成猫)

264kotetu

 

 

 

2018年7月31日 あさひ(私が近所で保護した成猫)

265asahi

 

 

 

2018年8月25日 ひー(まなちゃんが保護した子猫)

266hii

 

 

 

2018年9月5日 ベルベット(同区内で保護された子猫)

268berubetto

 

 

 

2018年9月5日 ニコ(同区内で保護された子猫)

269nico

 

 

 

2018年9月14日 チョビ(703号室卒業生きちこさん宅が保護した子猫)

267tyobi

 

 

 

2018年10月26日 まある(あつこさんより依頼)

270maaru

 

 

 

2018年12月29日 ハリ(emi-goの病院からの依頼→片足切断)

271hari

 

 

 

2018年は前年に亡くなったべべを引きずったまま、ナナと別れ、ついにはほほまで失ってしまいました。正直、もう二度と経験したくないほど辛い一年でした。勘弁ですよ。そんな中でも合間合間に笑顔が溢れ、やる気のスイッチが多少入ったのはひとえに卒業生と里親さん方のおかげです。私はズタボロかもしれませんが、14匹のうちのスターたちはキラキラ輝いているでしょう?

 

 

2019年はどんな出会いがあるのか楽しみです。

 

 

私の手は弱者を擁き磨き上げるために使い、私の足は丹念に磨いたスターを終の棲家へ送り届けるために使いたい。思考も心も目も、すべて赤い糸を向いていたい。

 

 

これからもどうぞよろしくお願いします。

 

 

LOVE♡

 

 

 

スポンサーリンク





ぼくは飛ぶ、そして跳ねる

ほほへ

 

 

榮先生からほほへお花が来たよ。きれいだね。

0tuaoiar (18)

 

 

豆さんからは甘くておいしい巨大な梨が……

0tuaoiar (5)

 

 

その名も「にっこり梨」

0tuaoiar (4)

 

 

ポストカードを買ってくださった方が5名もいて、合計8セット投函した。

0tuaoiar (19)

 

 

 

いろいろありがたいね。

0tuaoiar (3)

 

 

そうそう。お母さん、今日にっこりの半日だった。

 

 

703号室スターのハットリ主宰のお茶会だったの。

0tuaoiar (15)

 

 

ねーたんがクッキーを持って遊びに来てくれたので朝からみんなでワイワイ♪

0tuaoiar (7)

 

 

まずはトライアルだけど、ハットリは希望者さんと良縁が繋がりそうです。

 

 

里親になってくださるのはコスモさんのお母さん。

 

 

娘のコスモさんと力を合わせてハットリを育てていきたいとのこと。お母さんもコスモさんも先住猫1匹と暮らしているんだって。仲よくなれるかな?

0tuaoiar (9)

 

 

 

天国で暮らす先代の猫さんたち。慢性腎不全と本気で闘い、18歳と19歳まで長生きしました。本当に溺愛されていました。お母さんがほほを愛するように。

0tuaoiar (8)

 

 

飼育環境を把握するためにお家の写真を見せてほしいとお願いしたら、わざわざプリントアウトしたものを持ってきてくれたの。清潔で広々としたすばらしいお宅だね。

0tuaoiar (11)

 

 

そして間取り図も……お母さんうれしかったな♡ 安心できるもの!

0tuaoiar (10)

 

 

ねーたんとお母さんはハットリのおかげでゴージャスなお茶菓子をプレゼントしてもらったよ。お母さんもほほみたいにまんまるになってしまうかもね。

0tuaoiar (16)

 

 

ほほ、ほほがいなくなったリビングでハットリとすずらんは毎晩追いかけっこをしています。お母さんはやんちゃなふたりに目がまわりそうです。

0tuaoiar (6)

 

 

ハットリはずいぶんお兄さんらしくなってきました。すずらんの面倒も率先してみていて偉いです。ほほみたいに立派な紳士になれる素質が高いと思う。

 

 

人見知りも克服したよ。ほらほほ! ハットリが里親さんに甘えてる。

0tuaoiar (13)

 

 

前はソファーの下から出てこなかったのに、すごいよね。ハットリ成長したよね。

0tuaoiar (12)

 

 

 

里親さんはハットリに惚れたんだって。端正でハンサムで大好きなんだって。

 

 

ほほが生きているときからハットリに会いたいって言ってくれていたんだよ。でもほほの入院と重なってしまって、里親さんはずっと待っていてくれたの。

 

 

沁みるよね。お母さんにはもったいないやさしさです。

 

 

ほほ、里親さんは新しい猫じゃらしを用意してきたの。猫じゃらしに目を輝かせるハットリと笑顔で猫じゃらしを振る里親さんの姿にお母さんはハッとした。

0tuaoiar (14)

 

 

里親さんが三本足のハットリを「かわいそうかわいそう」しに来たんじゃないってわかったから。お母さんはうれしくなった。にっこり。

 

 

里親さんは最初から最後までハットリを特別な目で見なかった。

 

 

お母さんの伝えたいことが里親さんに伝わっている気がしてホッとした。

 

 

この世の中はキラキラしているね。あったかい方がいっぱいいる。

 

 

ここにほほがいてくれたら、お母さんの近くにほほがいてくれたらもっと心強かったのに。

 

 

ねーたん、ありがとう。

0tuaoiar (17)

 

 

ほほ、あまぱんもさぶもリルも元気です。お母さんはべべ、ナナ、ほほが恋しい。

0tuaoiar (1)

 

 

ねーたんちの保護猫真央も家族募集中です。応援してくださいね。

0tuaoiar (2)

 

 

ハットリの家族募集を応援してくださった皆さまに愛と感謝を込めて!

 

 

豆さんの「にっこり梨」はみんなでわけ合いました。

 

 

※twitterに本日のお茶会の動画を載せています。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





元気色の花束

昨日私はみいさんを助手席に乗せ、マイ太郎さんのお宅へ向かいました。

IMG_3655

 

 

①ねーたんのお誕生祝い

②ねーたん家の家族写真撮影(みいさん)

マイケル兄の膿胸克服快気祝い

④保護子猫真央の撮影(みいさん)

 

行事がギュギュっと詰まっています♡

 

 

メインのプレゼントはマイケル兄の毛色をイメージした花束

IMG_3653

 

 

ほらね? 色合いがピッタリでしょ?

IMG_3656

 

 

「あそびにきたの?」

IMG_3666

 

 

保護子猫真央は鼻血ものの爆発的な愛嬌。募集がはじまったら大人気まちがいなし!

IMG_3715

 

 

マイねーが準備してくれたランチ

IMG_3667

 

 

じゃーん! 私が撮った自慢の1枚目! いい感じでしょ?

IMG_3670

 

 

あまりのおいしさにみいさんはおかわり。そして鍋に残った分は私がねだってタッパで持ち帰ったという^^; ふふ。チチの夕飯のメインにさせてもらっちゃった。

IMG_3677

 

 

食後はおてんば真央の撮影タイム。ちびは動きがはやいからみんな必死……

IMG_3680

 

 

病み上がりのマイ兄はドームベッドの中から傍観していました。

IMG_3678

 

 

イクメンはっちゃんも真央の元気さに引き気味です(笑)。

IMG_3708

 

 

「わたち楽しいもん♪」

IMG_3662

 

 

別室に避難していたご主人のにーたんを呼んで家族写真を!

IMG_3683

 

 

みいさんが真剣に撮っていたのできっとキラキラの仕上がりになるでしょう。

 

 

最後の一枚は私が乱入し、いっしょに写りました。おとなげなくてすみません。

IMG_3713

 

 

カメラを2台持ってきたみいさん。撮影に夢中のみいさんが素敵な表情をしていたので思わず私はもう1台のカメラでみいさんの横顔をパチパチ。見て!!

IMG_3716

 

 

透明感がハンパじゃないでしょ? どうですか? 超お気に入りです。

 

 

私にもこんなかっこいい瞬間があるのかなあ?

 

 

ねーたんがマイ兄と私をiPhoneで撮ってくれました。

IMG_3700

 

 

(首絞めてないよ)いつまでも元気でいてね。

IMG_3718

 

 

さあさ、再び小腹が減ってきたので二次会へ突入します。

IMG_3712

 

 

私とみいさんからのロールケーキ、写真撮り忘れたけど私が東京駅で買ってきたオレンジとレモンのチョコ菓子などを広げ、カフェラテといただきました。バースディソングも欠かしません。食べ物のあるときだけリビングへ来るにーたんと4人でモグモグ。ねーたん、マイ兄、おめでとう♥

IMG_3711

 

 

猫のパッケージがかわいいコーヒー、紅茶などを添えねーたんにUnicefのメッセージカードをプレゼント。このカードは地球にやさしい紙を使っている上、Unicefへの支援にもなるんです。最近ハマっていて外出のたびに大量に買っています。

IMG_3720

 

 

おしゃべりに花を咲かせながら女性同士で誕生日を祝い合う。これが近年の恒例となっています。日ごろ口にするのが照れ臭い「感謝」を伝えるいい機会ですね。

 

 

真央の首飾りがうらやましかった私はねーたんにお願いして作ってもらいました。

 

 

はっちゃんがモデルさんをしてくれているこれです↓

IMG_3719

 

 

はっちゃんが似合うんだから黒白柄のハットリにも似合うよね。

 

 

ねーたんありがとうございました。

 

 

ねーたん家の真央と、703号室のハットリ、すずらん、リタをどうぞよろしくお願いします。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





しのちゃんと繋ぐ赤い糸1

皆さまおはようございます。

 

 

7月14日のblog記事で紹介した現役東大生のしのちゃんを覚えているでしょうか?

 

 

若い芽/幸せの703号室

 

 

Twitterにはちょろちょろ流していたのですが、先月私はしのちゃんと「譲渡」をコラボしました。今回は卒業記事を簡単にあわせてしのちゃんの活躍ぶりをメインで紹介させてください。卒業生になったのは「ベルベットくん」と「ニコちゃん」です。

 

 

しのちゃんが取り組みやすいようにemi-goが保護子猫2匹を病院に入れてくれたんです。この兄妹は多頭飼育崩壊現場で産まれてしまった子たち

IMG_0023

 

 

 

ベルベットくんもニコちゃんも疥癬とコクシジウムを持参してやってきました。

IMG_0025

 

 

 

劣悪な環境下をよく生き延びてえらい。生命力の強い子たちです。

IMG_0031

 

 

 

私はしのちゃんを途中の駅まで車で迎えに行き、いっしょにemi-goの病院へ。車の中で概要をササっと。到着早々、しのちゃんと子猫たちのご対面です。

IMG_0719

 

 

 

そこへミニーちゃんのアロハシャツを着た強力な助っ人が登場♡

IMG_0721

 

 

 

みいさんには超感動です。名古屋に単身赴任中のご主人としちゃんが帰ってきているというのに、みいさんがわざわざ時間を捻出して来てくれたんです。

 

 

 

しのちゃんとみいさん

IMG_0727

 

 

 

ありがとう。私ももちろん写りましたよ。鉄板ですから!

IMG_0036

 

 

 

みいさんのおかげで躍動的な写真がわんさか撮れました。

IMG_0038

 

 

 

子猫たちの無邪気で愛らしいありのままの姿

IMG_0028

 

 

 

これは私じゃ無理だな^^;

IMG_0019

 

 

 

よりよい譲渡を目指す方は聞いてください。

IMG_0015

 

 

 

「アピール用写真」は侮れません。

IMG_0017

 

 

 

重要です。

IMG_0008

 

 

 

ちまっとまあるくなるニコちゃん(女の子)

IMG_0003

 

 

 

ニコちゃんが追うのはお兄ちゃんのベルベットくん

IMG_0001

 

 

 

ニコちゃん(左)の毛色はゴールドに光っていますね。

IMG_0020

 

 

 

ベルベットくんと比べると、椅子が大きく見えちゃう……

IMG_0004

 

 

 

太陽のキラキラをまとって

IMG_0049

 

 

 

外の世界は刺激的?

IMG_0051

 

 

 

ふふ。小さい背中ですこと♪

IMG_0014

 

 

 

写真が一段落すると、次は休憩時間中の無人の待合室へ!

 

 

譲渡のイロハをしのちゃんに伝えました。しかし、パパっと話して終わるようなもんじゃないので、このときは家族募集サイトへの掲載方法だけを簡単に説明。しのちゃんに投げてやってみてもらいます。私があーだこーだと窮屈な枠を作るより、まずは自分で考えながら実践してほしかったのです。

IMG_0044

 

 

 

しのちゃんは時おりスマホでメモを取りながら話を聞いてくれました。

IMG_0005

 

 

 

自分の思考で主体的に動くことが能力のアップに繋がると思います。

IMG_0054

 

 

 

しのちゃんは東京大学を卒業したら獣医の道へ進む女性です。

IMG_0016

 

 

 

頭がキレるだけでなく、慈悲の心があり、礼儀正しくつつましい女性なので動物にとっても人にとってもプラスにはたらいてくれるにちがいありません。

IMG_0050

 

 

 

私にできることは、褒めて、信じること。あとはちょっとしたサポートかな?

IMG_0039

 

 

 

子猫たちの仮名もしのちゃんにつけてもらいました。そして写真選びも掲載用の文章もしのちゃんが考えたのです。私は軽くアドバイスし、添削したのみです。

IMG_0032

 

 

 

まだ子猫用の首輪すらブカブカね、あなたたちは(笑)。

IMG_0012

 

 

 

こんな使い方もできちゃいます。

IMG_0041

 

 

 

「あのね わたしはニコちゃん」

IMG_0029

 

 

 

「ニコニコ暮らしていきたいの」

IMG_0024

 

 

 

「ぼくベルベットくん」

IMG_0040

 

 

 

「男の子ですが……」

IMG_0007

 

 

 

「おくすりはキライです」

IMG_0045

 

 

 

中島先生の指導のもと、しのちゃんにコクシジウムの薬をやってもらいました。

IMG_0033

 

 

 

さあ、しのちゃんがんばって!

IMG_0021

 

 

 

「わ、動くからむずかしい」

IMG_0047

 

 

 

「じっとしててね」

IMG_0013

 

 

 

「あー飲めました」

IMG_0048

 

 

 

「苦かったね、ごめんね」

IMG_0030

 

 

 

持ち上げてみると、子猫たちは羽のように軽い。

IMG_0011

 

 

 

けれど体の隅から隅まで命が詰まっていることを、しのちゃんは知っています。

IMG_0006

 

 

 

つづく

 

 

 

スポンサーリンク