ちびネタ(陽乃多め)

皆さまこんばんは。毎日午後7時頃まではだいたい頭痛と闘っています^^;

 

 

バファリンプレミアムが効いたのか? 深夜の今、とても元気です。

 

 

さて、iPhoneの中に保存されている写真を(まとまりなく)放出しますね。

 

 

「晩ご飯」

IMG_3010

 

 

先ほど母の店で好物を平らげてきました。

IMG_3011

 

 

大根餅、トマ玉、豆苗、台湾タケノコをオーダー

IMG_3012

 

 

頼みすぎたかなと心配するも結局ぺろり……

IMG_3013

 

 

食べることは生きること。いい年して恥ずかしいですが、凹むとお袋の味が恋しくなりますね。まあ、客のひとりとしてお支払いしていただいていますけれど(笑)。店は満席で、ほかのお客さんは「おいしいおいしい」と楽しげでした♪

 

 

「おだちゃん」

IMG_1905

 

 

emi-goの病院のスタッフのおだちゃんに先日ノラスタのサインを求められました。個人で保護活動をがんばっているおだちゃん。清楚で美しい女性です。

 

本体は重いから表紙だけ持ってきたというおだちゃん。ふふ。わるかったね。表紙にメッセージを書かせていただきました。おだちゃんの笑顔はピカ一です!

 

 

「保護猫星太郎との2ショット」(6月14日)

IMG_1879

 

 

星太郎は現在、ノラスタガール703号室卒業生天音&ほたる家にお世話になっています。落ち着いたら家族募集を開始しますので応援よろしくお願いしますね。

 

 

「よるくんとうりちゃん」

IMG_1980

 

 

emi-goの病院が保護動物で飽和状態になるのを見兼ねてときどき私がかわりに保護譲渡をしています。そして力のある私のたいせつな友人たちも手伝ってくれるのです。「個人」の力は侮れません。子猫よるくんとうりちゃんはしじみの里親りょうちゃんが家族募集を担当します。

IMG_1983

 

 

黒猫は(黒いから)よるくんといいます。

IMG_1981

 

 

ピカツヤですね。

IMG_1982

 

 

さび猫はうりちゃん。ウリ坊に似ているのが由来だとか^^;

IMG_1992

 

 

親子3ショット。母猫も幸せになるようにみんなで考えていきます。

IMG_1997

 

 

「イボりん改めミポリン」

IMG_2004

 

 

emi-goの病院の看板犬として新たに加わりました。老犬ミポリンは元飼い主が「安楽死」希望で病院へ連れて来たところを、キレたemi-goが引き取ったのです。

 

「(犬を)楽にしてあげてほしい」

 

元飼い主はそうぬかしたそうです。ミポリンは別に苦しんでいないのに、超違和感。楽になりたいのは犬の世話から逃れたいあんたですよね? なんで最後まで偽善のセリフを吐くのでしょう。「(私が)いっぱいいっぱいだ」と言ったほうが潔い気がするのは私だけ? はじめイボりんにするって笑っていたのに、いつの間にかミポリンになっていました。イボりんじゃかわいそうだもんね(汗)。

 

 

「昭和の女、ハーブティーをゴクリ」

IMG_2995

 

 

昭和の女は「自分へのごほうび」が大好き♡ たいそうなことはできなくても、日常のささやかなぜいたくをしたがるものです(でしょ?)。先日出先で見つけた身体によさそうなハーブティーを自分に淹れてみました。隅から隅までポカポカです。

IMG_2998

 

 

「ストーカー高菜くん」

IMG_3016

 

 

私にひっついてくるタカナと犬語勉強中の私。どんどん仲よしが加速していきます。とうとうさぶがタカナに妬きはじめました。タカナのベストショット、動画はtwitterにこまめにUPしています。

IMG_2991

 

 

ボーロが3つほど入ったカリカリをもぐもぐ食べてごきげんのタカナくん

IMG_2987

 

 

「それゆけ、陽乃(ひの)ちゃん」

4536C77C-3368-4C5D-B028-3516B1695319

 

 

ただひたすらに愛らしいひのちゃんに夢中の私

06483829-0427-4607-8689-B3BCB1CFB051

 

 

実ははじめて会ったときからメロメロだったのです。

IMG_1852

 

 

病院時代のひのちゃんとのラブラブ写真

IMG_1855

 

 

emi-goが撮ってくれました。

IMG_1862

 

 

かわいくてきゅんきゅんしちゃうね♥

FE59C01D-8A37-46DF-A6FE-2C81A519CD85

 

 

オペ室に設置された小さなケージの中のひのちゃん

IMG_1844

 

 

保護当初ボロボロだった上、弱視で生活苦をにじませていました。

IMG_1998

 

 

emi-goのおかげで美に磨きがかかり

IMG_1845

 

 

しっかりとした体型の女性に……

IMG_1872

 

 

環境的に病院じゃ窮屈だと思い、我が家に連れ帰ったのですが……

IMG_1895

 

 

「ハハ~ 見て~ わたし 男たちを手玉に取りました」

IMG_2994

 

 

「白いのはわたしの“守衛さん”」

IMG_3021

 

 

「ここにはわたしの生命を脅かすものがないにもかかわらず やたら守ってくれています」

IMG_3022

 

 

走るわ遊ぶわ鳴くわよう食うわで、私の持つ儚いイメージを裏切りまくりのひのちゃん。はいはい取らない取らない(苦笑)。それだれも取らないから心配しないで!

CA6CC8FC-1411-4DFB-AA85-100E6DB31EC1

 

 

ひらりちゃんいわく“お魚をくわえたほごねこ”だそうです。うまい。まんまだ。

856B4188-B131-4B40-9259-7C538C45855E

 

 

捕獲箱内であんなに泣きそうな顔をしていたのがウソのような快活さ。ひのちゃんはノラ猫がスターになれることを実証しにうちの事務所に来ました。目に入れても痛くないほどプリティーです。

 

 

どなたかひのちゃんと暮らしてみませんか?

 

 

陽乃と黒真珠は随時里親募集しています。どうぞお見知りおきください。

 

 

ツラツラとちびネタを並べて失礼しました。おやすみなさい。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





キビ坊+タビ坊

※blogを連続更新中!

 

 

お待たせしました。頭痛がじゃっかん去ったので先ほどのつづきを書きます!

 

 

①6月7日、キビ坊のお届け

IMG_1486

 

 

キビ坊と私。市川家までふたりきりのドライブ。移動には神経を注ぎ、洗濯ネットとキャリーバックの二重使いで慎重に運びました。1時間弱で到着♪

IMG_1510

 

 

キビ坊、新しいお家だよ。

IMG_1509

 

 

慣れるまで時間がかかると思うけれど一歩ずつね!

IMG_1500

 

 

短期間だったのに、こんなに心のこもった脱走防止対策を施してくれた市川さん

IMG_1481

 

 

見てください。上部の隙間まで鉄の網で完全に塞いでくれたのですよ!

IMG_1520

 

 

掃き出し窓にも専用の柵が取りつけられていました。

IMG_1479

 

 

隙間もがっつりガードされています。

IMG_1483

 

 

感動のひと言に尽きますね。キビ坊はパニックに陥りやすいタイプなので、きちんと考えてくださったことが私にとってどんなに安心に繋がったか……。

 

 

感謝の気持ちでいっぱいです。キビ坊用にケージも用意してくださいました。

cache_Messagep243080

 

 

どこでもとりあえず石のように固まるキビ坊(苦笑)。

cache_Messagep243081

 

 

まあ、徐々にね。 ※私はほかの服も持っています。

IMG_1545

 

 

②チャチャちゃん

 

 

清潔で快適なお家の中には先代猫チャチャちゃんの面影がいっぱい♡

IMG_1517

 

 

作家さんが作ってくれた「チャチャちゃん」

IMG_1518

 

 

チャチャちゃんのメモリアルスペース。写真、絵、そしてご友人から寄せられたチャチャちゃんへのお手紙と市川さんへのお手紙。読んで鳥肌が総立ちでした。

IMG_1519

 

 

子猫の頃からシニア齢まで家族の中心にいたチャチャちゃん(写真は市川さんより)

IMG_1627

 

 

市川家の愛の中で一生を全うした超幸福の猫さんです。

IMG_1629

 

 

会ったことはないけれどチャチャちゃんのやわらかい雰囲気が写真を通じて伝わってきます。

IMG_1630

 

 

チャチャちゃんを病気で失った市川さんはキビくんに出会うまで精神的にきつかったそうです。そりゃそうですよね。仲よしで相思相愛なのですから。

IMG_1628

 

 

チャチャちゃんとキビ坊は同じ性格ではありませんが、市川さんとお父さまはキビ坊の個性を尊重しながら向き合ってくださっています。

IMG_1512

 

 

ちょこっと添えられたお父さまの手がいいですね。

IMG_1497

 

 

③お手紙、プレゼント、キビにかかった医療費などをありがとうございました。

IMG_2361

 

 

遅い時間にいただいたあたたかい紅茶が身に沁みました。ごちそうさまでした。

IMG_1488

 

 

プレゼントに入っていた「すっぽんの煮こごり」

IMG_2909

 

 

先日温そうめんにして豪勢な晩ごはんをいただきましたよ。味が上品かつ元気が充電された気がします。とてもおいしかったです。ありがとうございました。

IMG_2910

 

 

④タビ坊フォスターのその後

IMG_2879

 

 

譲渡後、キビ坊のオドオド、ビクビクグセがなかなかよくならず、ふと出てしまったキビ坊をケージに戻そうとした際に手を噛まれてしまった市川さん。何度も話し合い、私から2匹目のフォスターになることを提案させてもらったのです。

 

 

前に書いたとおり、猫が好きなキビ坊のために天真爛漫で怖いもの知らずのタビ坊を投入し、弟分にする作戦♡ 賢いキビ坊はタビ坊の行動を学習するにちがいありません。まずは「フォスター(預かり)」からお願いすることにしました。

 

 

結果、こういうことになっています。(タビ坊の写真、動画は市川さんより)

 

 

そしてもちろん、正式譲渡です!

 

 

キビ坊に並んで、子猫タビ坊も市川家へお婿入りしました。キビ坊はタビ坊の出現以降、明るくのびやかになり、自分から市川さんの近くへ来ることも増えたんだとか。

IMG_1499

 

 

ちっこいタビ坊のおかげですね。タビ坊もおめでとう♪

IMG_2669

 

 

キャー! すごくうれしいです。

 

 

キビ坊とタビ坊の近況は市川美絵さんのJFNラジオSeasoning(月~木)やツイッターで見られます。私も楽しみにしているひとり。市川さん、お父さま、今後ともどうぞよろしくお願いします!

 

 

善き方への命のバトンタッチは最高ですね。素敵なご縁に深謝です。

 

 

※譲渡レポートは里親さんの了解を得ています。

 

 

かつくん「Ⅹ281キビ、282タビおめでとう。市川さんの動画を観てほっこりしました。外見もそっくりだし名前も似てるし、いいきょうだいですね。岡山県出身のキビと東京都生まれのタビ。縁あって揃った保護猫コンビ。市川家で末永くお幸せに」

1-3483

 

 

 

スポンサーリンク





前のめりフォスター(市川家、タビ坊)

先週木曜日、麦&とろろ家から帰宅し、お子たちの世話を終えた私は、emi-goの病院へ。最近私が考えている譲渡についての新しい“見解”を実践するためです。

rrrr (2)

 

 

正式譲渡とトライアルのいずれにも属さない「フォスター(預かり)となり、先住動物との相性が合えば正式譲渡へ移行する」という考え方。預かり先でご縁になればうれしいし、仮にご縁に至らないとしても私のような個人活動をしている者にとって、フォスターの存在は助かります。

 

 

トライアル=お試し飼育

 

 

のどこかライトな言葉の感覚が苦手だった私は、「前向きなフォスター(前のめりフォスター)」なるものを思いつき、胸にスッと落とし込んだのです。

 

 

前回書いた月太郎とamalさんと同様、今回ご紹介する「タビ坊」も同じ方法でやってみようと思った次第です。保護子猫タビが向かう先は卒業ホヤホヤのミラクル改めキビ家。キビとの相性次第ではタビは市川さんのお子になるということです。

rrrr (4)

 

 

タビは4きょうだいでさまよっているところを心ある女性(emi-goの病院の患者さん)に保護され、emi-goが譲渡を任されていました。そのemi-goに私はタビの命の赤い糸を託されたのです。先に巣立った成猫キビが環境の変化に戸惑い、ビクビクしていると市川さんより相談を受けていた私は、「緩和剤」として無垢で怖いもの知らずの子猫をキビの弟分として投入するプランを提案。私たちは何度も話し合い、子猫タビの天真爛漫さに期待することに決めました。

rrrr (11)

 

 

タビくん、大役を任せてごめんね。よろしくお願いします。

rrrr (12)

 

 

保護主さんと共に病院に来ていたタビのきょうだいたち

rrrr (9)

 

 

ちゅーるでだまして

rrrr (7)

 

 

ワクチンを打つという(笑)。

rrrr (8)

 

 

残る3きょうだいも近日中にそれぞれ終の棲家へ旅立つそうです。おめでとう!

rrrr (6)

 

 

タビきょうだいを保護したやさしい女性とタビのフォスターとなる市川さんが病院で直接あいさつを交わす瞬間に立ち会うことができました。いいねえ!

rrrr (10)

 

 

タビ坊、眠くなっちゃった?

rrrr (5)

 

 

お菓子についていたリボンをつけてオシャレさせました。かわいいでしょう?

rrrr (1)

 

 

2匹飼育ははじめて、と話していた市川さんですが、キビタビとの楽しい日々を想像しながら(まずは2週間)向き合ってくださるそうです。柔軟な思考を持つ素敵なお父さまと責任感の強い美絵さんのもとでタビは生きていきます。

rrrr (14)

 

 

成猫キビと子猫タビがうまくいくよう皆さまもいっしょに見守っていただければ幸いです。私も市川さんのJFNラジオseasoning(シズニン)でキビ&タビの話題に触れるのをウキウキしながら拝聴します♪ 皆さまもよかったらぜひ♡

rrrr (13)

 

 

市川美絵さんTwitterアカウント→@miememe (キビ&タビネタ多めです)

 

 

美絵さん、タビの医療費とキュートなプレゼントを病院と私にありがとうございました。

rrrr (15)

 

 

ミラクル改め成猫キビの卒業記事は今週中に必ずUPしますね。お楽しみに!

 

 

病院を閉めたあと、中島先生、emi-goにラーメンをごちそうになりました。

rrrr (3)

 

 

もう、完全に家族的な存在です^^;

 

 

PS ふふ。ミニタビくん、いいお仕事っぷりですわね♪ (写真は市川さんより)

IMG_2598

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





③麦ととろろ家へ(麦がんばれ)

※blogを連続更新中! 遡ってお読みください。

 

 

郵便局へ行ったあとは、ホームセンターで買い物を済ませ、あれこれ家事をやりました。布団も丸洗いしましたよ。気持ちいいですね。午前中はタカナがおとなしくて助かりました。

 

 

予備のタカナおしめも入手できてホッとしています。

ganbari (4)

 

 

タカナくん、いつも清潔をめざしましょうね♪

ganbari (1)

 

 

猫のトイレも3つほどガシガシ洗いました。きれいになるとさぶたちも喜びます。

ganbari (9)

 

 

私は家が汚いと凹むタイプゆえ、最近はベコベコだったのです。丁寧に手入れをしながら暮らしてきたつもりなので、住んでいる間はとにかく磨かないとね!

ganbari (18)

 

 

あまぱんは猫なのに手を貸してくれませんでした。

ganbari (2)

 

 

「おれら 寝るのがしごとだから」

ganbari (3)

 

 

まあ、そうだね。邪魔しないだけでもありがたいと思うことにします。

 

 

実は今、麦のことでドキドキソワソワしています。

 

 

麦ととろろはみいさんとコラボで譲渡したたいせつな卒業生。703号室時代の麦

ganbari (6)

 

 

きょうだいのとろろ。麦たちはダンボールに入れられ、捨てられていたのです。

ganbari (5)

 

 

※5年前の卒業記事はこちらをお読みください。

 

 

少し前に里親きえさんより「麦の片目がおかしい(目が出っ張っている、眼振もする)ので、東大病院へ行きます」との連絡をもらい、先日前田先生にも麦のことをお願いしていたのです。昨日は首飾りのプレゼントを手に、麦ととろろの顔を見てきました。

ganbari (14)

 

 

とろくん、よーく似合ってるね♡

ganbari (15)

 

 

ハンサムすぎる!

ganbari (13)

 

 

ママ大好き娘の麦には女の子らしいピンクをチョイスしました。かっわいい!

ganbari (12)

 

 

ネイリストのきえさんとおしゃべりしながらネイルを変えてもらいました。「これぜったいアンニイさんぽいよね」ときえさん。はい。もろ私好みの版画ネイルです。

ganbari (7)

 

 

シールじゃないのがステキ♡ シワシワの手が若返った気がします。

 

 

麦のことを心配したきえさんとご主人は、数日前に仕事を休んで東大病院へ下見に行き、MRI検査の本日もご主人は半休を取ったそうです。麦もとろろも家族にめちゃくちゃ愛されているのです。

 

 

同年代のきえさんとはいろんな話をしますが、昨日はなぜか「メダカ」と「タニシ」の話題がメインでした。きえさんはたくさんのメダカを育てています。

 

 

ノラスタ(ノラ猫あがりのスターたち)もお買い上げくださいました。

ganbari (11)

 

 

「ぼくの実家のおはなしです」

ganbari (16)

 

 

とろくん宣伝ありがとう^^

ganbari (10)

 

 

きえさん、エコでオシャレなワインボトル用の保冷バッグをありがとうございました。

ganbari (17)

 

 

麦の目の件できえさんと朝からさんざん連絡を取り合っているのですが、最新のラインには「あらゆる検査を終えたけれど、脳腫瘍や神経の異常が見つからなかった」と書かれていました。しかし残念ながら麦の片目はすでに失明しており、原因不明の病と向き合っていくことになったのです。

 

 

麦一家が平安で健やかでいられるよう精いっぱい祈ります。そして麦ととろろを大事に育ててくださっているきえさんに改めて「ありがとう」を捧げます。

 

 

がんばれ!

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





①あたたかい方々と

知性さん、定期的に消耗品のプレゼントをありがとうございます。

OYABAKAKAI (11)

 

 

「知性さん ぼくからもありがとう」

OYABAKAKAI (12)

 

 

emi-go、良質なフードをありがとう。こんなことしなくていいんだからね。

OYABAKAKAI (13)

 

 

「emi-goちゃん ぼく月太郎! 元気にしているよ」

OYABAKAKAI (16)

 

 

さかえ先生、猫砂とおやつをありがとうございました。

OYABAKAKAI (10)

 

 

「さかえ先生 また遊びに来てな」

OYABAKAKAI (9)

 

 

皆さまおはようございます。

 

 

深夜12時すぎに寝たのですが先ほどふと目が覚めてしまい、そのまま寝るのは惜しい気がして起き上がりました。とにかくブログの更新と家の掃除とお子たちとのイチャイチャを堪能したくて。

 

 

外に出るのも好きですが、実は家の中にこもっているときがいちばん幸せです。

 

 

とにかく荒れ放題だった家をきれいにしたくて必死です。

 

 

さて、数日前にミラクル改めキビの里親市川美絵さん率いるJFNシズニンのメンバーの方々が母の店にお越しくださいました。ワイワイ台湾タケノコを食べたのです。

OYABAKAKAI (14)

 

 

キビの卒業記事が未着手ですが、1週間以内に書きますね。

IMG_1259

 

 

シズニン月曜日の定番ゲストの山路さんもいらっしゃいました。山路さん、いつもご利用ありがとうございます。山路さんファンの母が超喜んでいます。

OYABAKAKAI (15)

 

 

若いスタッフの方がいらっしゃるとあって、私はまなちゃんにプレゼントでもらった一張羅を着ていきました。腹周りが緩いデザインも気に入っています(笑)。有能なスタッフに囲まれいいお仕事をしている美絵さんがキラキラとまぶしいです。麗しい外見とは裏腹にまあ食べる食べる。男らしい一面を見て惚れましたよ。今度格闘技教えてください。みなさんほんとうにありがとうございました。

 

 

そして山路さん、先日はノラスタを女優の浅田美代子さんにもお渡しくださりありがとうございました。※写真は山路さんより拝借しています。

IMG_1746

 

 

書いたはいいもののどう売ればいいのかわからなくて正直悩んでいたのです。

 

 

だからこそ周りの素敵な方々の応援が心と身に沁みますね。

 

 

昨日は母からの電話にほっこり♡

 

 

「追加でノラスタを5冊買うから持ってきて。店にあった分をぜんぶ売ったから」

 

 

だそうです。

 

 

「ありがとうママ、助かります」

 

 

素直に礼を述べると、「ママがコマーシャルしてあげる」と。

 

 

母の高度な言いまわしに吹き出しそうになった私。ふふ♪

 

 

703号室のたいせつな里親さんたちもあたたかく接してくださっています。

OYABAKAKAI (6)

 

 

週末はリリの里親ちかたん、すももの里親あっティーさん、ポテチ&コテツの里親きーやんさん夫妻にお招きいただき、旧友たちとの約束をキャンセルして(みんなごめん)「親バカの会」に参加。この日は埼玉県のみいさんち付近のしまむらで買った1200円のPASTIMEのロゴが入ったTシャツをチョイス♪ しまむらファッションのコスパのよさを宴で延々と語りつづけるという……。

OYABAKAKAI (5)

 

 

みなさんにごちそうになった上に、きーやんさんもずくとお菓子をありがとう。

OYABAKAKAI (7)

 

 

めちゃくちゃおいしかったです。

 

 

私も日ごろの感謝を込めみなさんにお手紙とささやかなプレゼントを渡しました。

 

 

里親さんたちとはうわべではない魂の交流ができていると自負しています。

 

 

ありがたいことですね。

 

 

毎日がバタバタと過ぎていきます。

 

 

「個人」なりに一匹でも多くの縁を繋ごうと

OYABAKAKAI (3)

 

 

保護された赤ちゃん猫たちのことを考えたり

OYABAKAKAI (4)

 

 

赤ちゃん返りしたタカナのお世話に追われたり……

OYABAKAKAI (17)

 

 

ここに書ききれないほど仰山の用事をこなしています。

OYABAKAKAI (8)

 

 

いいこともそうじゃないこともあるけれど、犬猫たちと善き方たちの良縁を繋いでいけるライフワークに充足感をおぼえています。このライフワークを維持するために必要な生活力を得る努力をしつつ、一歩一歩楽しみながら進んでいきたいです。

OYABAKAKAI (1)

 

 

昨夜、emi-goの病院の小さな保護猫は冒頭の市川美絵さんのお宅へ向かいました。

OYABAKAKAI (2)

 

 

2週間、市川さんがフォスター(預かりをする方)となってくださるのです。

 

 

詳しくは近日中にお伝えします。「タビ」と名づけられたので覚えてくださいね。

 

 

皆さまのやさしさに感謝して

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク