ほたるスマイル

関東は冷たい雨が降りましたね。

 

 

私は仕事の打ち合わせの帰りにフラッと行きつけの台湾料理屋へ

 

 

メニューを凝視しながら悩む悩む……

 

 

いや別に「なにを食べようか」と胸を躍らせていたわけではないのです。

 

 

むしろ逆。正直ぜんぶ食べ飽きてしまいました。

 

 

10分かけ選んだのがオエツェン(牡蠣の卵とじ)

tibitaru (10)

 

 

 

お味はまあまあ「まるっ」。

tibitaru (4)

 

 

 

ここ最近気候が不安定ですね。昨日は着る服をまちがえて心療内科へ向かう途中寒さに震えました。天気予報を見ない原始的な人間ゆえ自業自得とも言えます。

 

 

病院の待ち時間は本を読みながらやり過ごしています。

tibitaru (9)

 

 

 

病気と闘う子どもたちの書いた詩集が心に迫りました。

 

 

さて、703号室内は平和です。ナナの病状も大きな変化なし!

tibitaru (1)

 

 

 

お子らのお世話に手がかかるので、夕飯の献立を考えるのが億劫です(という言い訳)。先日いいことを思いつき、精神的にだいぶ救われました。もううちは春まで「鍋」でいいや。キッチンのガスコンロで煮込んじゃえばさらに楽!

tibitaru (7)

 

 

毎晩鍋です。文句は言わせません。栄養バランスを考えてのことですから。

 

 

変わっているかもしれませんが、私は食べることへの執着が薄いです。どちらかというと飢えに強いタイプ。満腹より飢えているくらいのほうが体の調子がいいのです。かれこれ25年間以上ほぼ1日に1食しか食べていません。

 

 

鍋なら1食でバランスのいい食事を摂れますね。最高!

 

 

 

「えー? 不思議~! 生きる楽しみ半減じゃないですか!」

tibitaru (12)

 

 

 

「ぼくなんか隙あらば食べたいですけどね」

tibitaru (11)

 

 

 

そうだね。ポテチは食欲の塊みたいな男だからね。日に日にまんまるに^^;

 

 

「あの」

tibitaru (8)

 

 

 

「わたしは食べるのも好きですが……」

tibitaru (15)

 

 

 

「あそぶのはもっと好きです」

tibitaru (16)

 

 

 

ほたるはすごい勢いで飛びまわっています。

tibitaru (13)

 

 

 

犬も怖がらないし、高い場所にもジャンプしてのぼります。

tibitaru (17)

 

 

 

なんなんですかね? 拍子抜けですよ。

tibitaru (3)

 

 

 

特別なケアなどいっさい要りません。

tibitaru (2)

 

 

 

はじめは落下したら危ないと心配のまなざしを向けていたのですが、落下しません。どこかから降りるときは手を使って距離をはかってから飛ぶのです。

 

 

大胆に見えて実は慎重でとても聡明です。

 

 

「ほたる かわいいでち」

tibitaru (14)

 

 

 

うん。ほほが面倒を見てくれてるね。やさしくしてくれてありがとう。

 

 

保護されてからずっとemi-goの病院の小さなケージの中にいました。たまにフリーの時間があったようですが、忙しいemi-goには限界があったと思います。

 

 

手前味噌ですが、我が家のレギュラーメンバーがほたるにあたたかく接してくれるので、ほたるは恐れるものなしで快活に生きています。

tibitaru (5)

 

 

 

ほたるの笑っているような顔を眺めていると、私は幸せな気持ちになります。

 

 

じっとしていないから捕まえて写真を撮りました。

tibitaru (6)

 

 

 

うまく言えないけれど、命っていいですね。

 

 

無限の可能性を感じるのです。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





譲渡活動を交えた雑談

数日間モヤモヤ心が晴れませんでした。先ほど豆さまへのコメントのお返事を書き終え、リセットすることに。ツイッターにも書きましたが、この話題を今後はいっさい出しません。

 

 

私は、田辺アンニイと申します。本名です。どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

さて、本日は話題満載。ネタがギュギュっと詰まっています。

 

 

猫の譲渡活動の(私独自の)考え方や(私独自の変わった)やり方についても過去記事を振り返って触れます。よかったら遡って読んでみてください。

 

 

卒業生サスケ&このは&景虎家よりプレゼントが届きました。

1rase (6)

 

 

 

ちゅーるは消費するので助かります。ありがとうございました。

 

 

と、ここで、卒業生サスケ&このは&景虎の近況写真を

1rase (3)

 

 

 

三毛猫このはが景虎を尻に敷いているのがよくわかる^^;

1rase (2)

 

 

 

このは&サスケは兄妹で、ふたりとも私が近所で保護しました。

 

 

ふたりの卒業記事はこちら→「Day of happy rain/幸せの703号室」

 

 

703号室時代、このは&サスケは同期の「景虎(いせやん)」と相性がよかった。このは&サスケがセットで先に巣立ち、景虎(いせやん)があとを追う形で、同じお宅へ里子に行ったのです。

 

 

景虎(いせやん)の卒業記事→「おれ 景虎2/幸せの703号室

 

 

近所で保護した(いせやん)は特別な卒業生。なにが特別かって?

 

 

半端なく人なれしておらず、半年間触れず、彼のいる部屋に入ることすら勇気がいるほど屈強。数匹それ関連で印象深い卒業生はいますが、彼の人間不信度はまちがいなく、703号室卒業生の中で3本指に入るほどでした。彼に触るために私は睡眠導入剤とコンタクトの洗浄液を手に挑んだのです。

 

 

読んでほしいのは私の大好きなこの記事です。

 

「カップル誕生/幸せの703号室」

 

 

その彼が家族とメロメロに……ふふ♪

1rase (4)

 

 

このは&サスケ&景虎(いせやん)に加え、里親さんは自ら保護した子猫とも暮らすことに。現在里親さん宅には4匹の猫たちがいます。里親さんはご自身のキャパシティを真剣に考えている方なのでご安心くださいね。

 

 

いいでしょ? 幸せになれる犬猫が増えていますね。

 

 

過去記事を探すのって意外とたいへんなので、お時間のあるときにでも関連過去記事を読んでくださるとうれしいです。ぜんぶ繋がっているので。

 

 

 

「キャパシティ」

 

 

さあ、この言葉が出てきました。私もキャパシティと対峙しています。

 

 

キャパシティを語るには、面積、人手、時間、経済面は外せません。

 

 

いっぱい飼ったはいいけれど、狭い家でコミュニケーションをとる時間もなく、トイレ掃除をする余裕もなく、犬猫が病に倒れても病院へ連れていくお金すらない。それでは犬猫のQOLが高いとは言えないです。そうですよね?

 

 

自分のキャパシティと向き合うのはほんとうに重要です。

 

 

多頭の我が家も常にそれを痛感しています。特にみんながシニア齢だし。

 

 

 

2月末に私は兄弟猫サク(楽)&セスを保護しました。

rase

 

 

 

サク(楽)とセスは苦労を共にし、うちでもくっついたり離れたりの仲。

 

 

 

譲渡活動をしていると、兄弟セットで里子に出すことを喜ばれます。

 

 

最初に紹介したこのは&サスケも兄妹

 

 

セットで出したときは大勢が祝福してくれました。

 

 

サク(楽)とセスもセットならそれに越したことはないでしょう。

 

 

ただ、サク(楽)とセスの人なれ度合いは格段に差があり、黒猫セスのほうが先に譲渡できる状態になると私は踏んでいたのです。

 

 

そして黒猫セスが703号室を巣立ちました

 

 

里親さんは、セスの譲渡後、兄弟のサクも迎えようと何度も家族会議。けれど、猫初心者の自分たちの生活や環境を熟考し、当面はセスを幸せにするほうにウエイトを置く結論を出したのです。ぜんぜんまちがっていないのに、なぜか私に「ごめんなさい」と仰り、私のほうが恐縮したほどです。

 

 

 

セスの近況写真をどうぞ↓

1rase (1)

 

 

 

かわいそうな猫ですか?

1rase (17)

 

 

 

お膝独占。キャットタワーも買ってもらってやりたい放題です。

1rase (16)

 

 

 

新しいソファで爪を研いでもご家族はにっこりあきれ笑い

1rase (15)

 

 

 

写真が上手なお嬢さんの力作の数々です。

1rase (14)

 

 

 

いっぽう兄弟のサク(楽)は、セスが卒業したあと、1週間鳴きつづけました。

 

 

私は数えきれないほどサクに謝りました。ごめんね。ごめんね……

 

 

 

でも、卒業ホヤホヤのサク(楽)はこうして生きています。

1rase (5)

 

 

 

画像は里親さんより拝借。段ボールに入っている黒猫は兄弟のセスではありません。里親さん宅の先住猫ハピリくんです。サク(楽)はかわいそうでしょうか?

 

 

「兄弟セット」ここに重点を置くのはまちがいではないと思います。保護主なら、だれもが「仲よし」を一緒に送り出したい。私もそうです。

 

 

しかし私の言いたいことも皆さまに伝わると信じ、セスとサク(楽)の画像を載せました。サク(楽)の卒業記事はしばらくお待ちください。

 

 

理由は単に卒業記事を書くエネルギーと時間を確保してからお送りしたいのです。ナナことバンビちゃんが騒いで騒いでなかなか集中できなくて(苦笑)。

 

 

 

最後に、楽しかった写真を数枚!

 

 

だいぶ前になりますが、大網直子さん太田康介さん山路徹さんが母の店に来ました。大網さんとは話をすべきことがあり、気力を振り絞って参加

1rase (12)

 

 

 

大網さんと山路さんから亡くなったべべのお花をいただきました。太田さんと奥さんのあきこさんからも別途お花が届きました。ありがとうございました。

1rase (13)

 

 

 

集合写真では笑ってる風ですが、実際は1時間も遅刻し、そのあとメソメソで、みんなに心配され申し訳なかったです。けど行ってよかった。

 

 

 

月命日を経て、ほんのちょぴっとですが、心が平穏になってきています。

1rase (7)

 

 

 

ありがとうね。べべもあまぱんもかわゆい。

1rase (11)

 

 

 

で、昨夜また声をかけていただいたので、今度は前より元気に行きました。

1rase (10)

 

 

 

私の右側の高石さんとは「はじめまして」ですが、理知的で素敵な方。よろしくお願いします。

1rase (9)

 

 

 

KISS

1rase (8)

 

 

 

人は「こうだ」と一概に括れなくて、複雑なのに単純でもあり、みんな発達途中で問題を抱えながら生きているのかもしれませんね。光もあり闇もあり、合う部分も合わない部分も然り。人生は勉強の連続で、私も10代、20代、30代に経験してきたことを40代の今、いい意味で活かせるよう努力中です。生きていることは尊く、生きているからこそ苦楽が存在するんですよね。

 

 

 

まとまりのない文章になってしまいましたが、お読みくださりありがとうございました。皆さまにとっていい一日でありますように。

 

 

 

スポンサーリンク





ごま家訪問とみいさんの根性を

※ブログ連続更新中。下の記事もご覧ください。すみません書きたいこといっぱいで!

 

 

パソコンが危ない感じになってきております。新しいのを買わないと。

 

 

とりあえずチチのノートパソコンを借りましたが、キーの位置がなれません。

 

 

少し前になってしまったのですが、卒業生ごましおんちに遊びに行った日のことを

IMG_4623

 

 

 

ごましおは昔ひどい交通事故に遭い、emi-goに頼まれ私が里親探しをした猫。

 

 

 

マイ太郎さんの卒業猫瑠璃ちゃんの里親さんが、手術を乗り越え前向きに暮らすごまの姿に目を留めてくださり、瑠璃ねえの弟分としてごまは703号室を巣立ちました。

 

 

 

以来、年に1度の割合で里親さん宅に集まっているのですが、今回はみんなが忙しく、約2年ぶりの再会になってしまったのです。

 

 

 

やあ瑠璃ねえ、久しぶり。やっぱ隠れるよね?

1kurata (15)

 

 

 

「臭い!! あなただれですか?」

1kurata (16)

 

 

 

ああ。大根餅持ってきたの。その匂いかなあ?

 

 

 

「クンクン……ちがいます 大根餅のニオイじゃなくてハハは獣臭がします」

1kurata (11)

 

 

 

※手前の白黒猫が703卒業生ごましおで、奥のキジトラが先住瑠璃ねえさん

 

 

 

ごまちゃんあんたひどいことゆうね。お涙お涙の再会はナシか。まあ隠れるのは「すっかり家猫」の証拠。一目会えたのであとは勝手にくつろいで帰りますね。

1kurata (6)

 

 

 

リラックスの図。これはあくまでイメージ画像を撮るために取ったポーズです。

1kurata (8)

 

 

 

母作の大根餅を切ってこんがり焼きます。大根餅は私の大好物

1kurata (13)

 

 

 

ごま家のキッチンでお料理コトコト

1kurata (10)

 

 

 

里親さんがパスタを茹でてくださいました。

1kurata (7)

 

 

 

うーいい! 静かな環境で瑠璃ねえとごましおは本当に幸せ

1kurata (9)

 

 

 

在宅で働く里親さんは猫たちのそばに長くいられます。このたび感動したのは「人側の急病や突然死の話」。お一人暮らしの里親さんには後見人のKさんがいますが、ほかにも万が一に備え、いろんなことを準備しています。そのひとつが、「自宅に猫がいます」というカードを書き持ち歩くこと。わが身を振り返っても、できそうでなかなかむずかしい。

 

 

愛情の形は人それぞれかもしれないけれど、里親さんの穏やかな表情と責任感漂う言葉を見聞きしながら、私はごましおをお渡ししてよかったと心から思いました。

 

 

 

ごまは不審者(私)を前にめちゃくちゃ逃げようとしていますけど……

1kurata (3)

 

 

 

 

じゃーん! ランチ完成!

1kurata (14)

 

 

 

私の持参した大根餅もテーブルに上がりました。みんなおいしいって言ってくれてうれしかったです。作ったのは母で、私は焼いただけですけど。

1kurata (12)

 

 

 

 

出してくださったお野菜が新鮮で全部めっちゃくちゃ甘いのです。

1kurata (5)

 

 

 

あまりの旨さに入手先を伺ってみると、なんと里親さんの仕事関係の商品だとか。

 

 

大げさ抜きに本気でおいしかったので、情報を貼り付けておきますね。

 

 

「天晴れ北陸」「旬のカラフル野菜セット」

 

 

ごちそうさまでした。スイーツのようなグリーンピースを、私はうまれてはじめて食べました。ズッキーニーを生で食べたのも初体験です。

 

 

 

さて、しょっぱいものを食べると、次は甘いものを欲してしまうのは人体の謎

1kurata (18)

 

 

 

ということで、デザートを担当したマイ太郎さん、ケーキいただきます。

1kurata (4)

 

 

 

ふふ。ニコニコしてる。マイ太郎さんのテンションが高くなりました。

1kurata (2)

 

 

 

仕事でお疲れモードのマイ太郎さん。ダイエットの話をしながらケーキをペロリの矛盾。体が糖分を欲しているってことですよ。

 

 

 

ごまの里親さんからは夏にぴったりのゼリーを

1kurata (17)

 

 

 

マイさんからはラスクと、先日はアマーへの心遣いをありがとうございました。

1kurata

 

 

 

ごまの里親さん、ごま&瑠璃ねえ、また来年か再来年お会いしましょう。楽しみにしています。それまでお体をたいせつにしてくださいね。

 

 

 

最後になりましたが、保護猫サクについて

IMG_5153

 

 

 

なかなか「ご縁が決まりました」の報告ができなくてごめんなさい。べべやお子たちの体調の変化と、保護猫ポテチ、十香が加わり、私自身が自由に動けません。今回ブログに登場した「ごま家訪問」は、実は約1か月前のできごとです。たった1か月ですが我が家はあの頃と状況が一変。

 

 

しかし私は、べべたちの病気を免罪符にせず、サクに合った良縁を結びたいです。読んでいて歯がゆい部分や見苦しい部分もあるでしょうけれど、皆さまが見守ってくだされば心強いです。

 

 

サクの動画をツイッターに載せましたのでよかったら見てやってくださいね。私の表現が誤解を生んでいる可能性がありますが、サクは普通にさわれます。ただ、普通にさわれるようになるまで「1か月程度」大目に見てほしいのです。それだけです。

 

 

よく写真を撮りに来てくれるみいさん。かれこれ10年以上つきあっていますが、みいさんの存在が、私の励みになっています。

 

 

数年前、みいさんちには2匹の「さわれない保護猫」がいたのです。

 

 

家族募集ができる状態になるまでもだいぶ時間がかかり、実際募集を開始したあとも2匹にマッチするお問い合わせが来ませんでした。来る日も来る日も保護猫たちをブログにつづるも、月日ばかりが経ち、2匹には気の毒なほど声がかからなかったのです。そばで見ていた私は「みいさん心折れるだろうなあ」とヤキモキしていたのですが、みいさんは淡々と2匹のことを書きつづけました。

 

 

保護主としては、やさぐれ、落胆し、あせるんです。世間から見放されたようなさびしさ。保護猫に申し訳ない気持ち。私にも何度も同じ経験があるからわかります。

 

 

けれどみいさんは募集をやめませんでした。だれもがみいさんの保護猫に飽きていたとしても、みいさんはやめませんでした。

 

 

そして保護から2年後、2匹はそれぞれ素敵なお家に旅立ったのです。2年ですよ2年。

 

 

すごい根性です。尊敬します。

 

 

くじけそうになるとき、私はみいさんの2匹「愛ちゃん夢ちゃん(仮名)」を思い出し、自分を鼓舞しています。だから大丈夫。私が絶対にサクをいい場所に連れていきます。サクを譲渡するために私はサクを保護しました。サクは素晴らしい猫です。

 

 

 

LOVE

 

 

 

 

スポンサーリンク





自由化のお嬢さん

ビーフンをおぼえてからビーフンばかり作っています。冷蔵庫の残り物で済んだ夕飯♪

tty (11)

 

 

 

 

「ハハ~ ビーフンって猫食べちゃいけないんですか?」

tty (12)

 

 

 

「人間はメニューが豊富でいいですね」

tty

 

 

 

「ぼくなんかありきたりの食生活です かわり映えしないお皿眺めてため息・・・・・・」

tty (4)

 

 

 

いやサクおまいがっついているよね? 眺めるもなにも一瞬で胃袋の中にインでしょ?

tty (10)

 

 

 

 

昼、ひとりでねこじゃらしを転がしながら地味に遊んでいたサクを見ていたら胸がチクチク

tty (8)

 

 

 

すぐにいっしょに遊びました。ごめんね。どうしたって全部はかなえてあげられない・・・・・・

tty (9)

 

 

 

でもなるべく心を配るね。明日サクの掲載写真を決めようと思います^^

 

 

 

話は変わって、昨夜、ナナが床で大量のおしっこを・・・・・・

 

 

と、そこまでは日常茶飯事。もはや見慣れた光景です。ですが昨日はおしっこの上で寝てしまったんです。発見したときにはナナのお腹側はメチャクチャに濡れている状態でした。

 

 

足腰が悪いナナはおしっこまみれになっても立ち上がれずクンクンピーピー。カラーをつけ抱っこで風呂場へ連行。カラーなしだと噛まれるのです。ついでに私もおしっこでビチャビチャに^^;

 

 

お母さんはナナとお風呂に入ることにしました。お母さんが服を脱いでいる間に運子の方もスッキリした模様です。やるねナナ!

tty (2)

 

 

 

お風呂はカラーなしで入れました。ゴシゴシ洗っても噛まれなかったので調子に乗って犬用コンディショナーもつけてみたところ、今ふわっふわでいい香りを漂わせています。

tty (13)

 

 

 

正直、歳を取っていろんな意味で「自由化」したナナとの暮らしは大変です。

nana

 

 

 

ブログには書いていないこともたくさん起きています。皆さまにナイショだから書かないのではなく、キリがないから書いていないんですけどね。きれいごとじゃ済まないときもあります。tty (5)

 

 

 

けれど私は、ナナという犬と家族になれたことが誇らしくてたまりません。

tty (6)

 

 

 

うちのお子たちは、「犬」や「猫」なんですが、そんなのとうに超越して、私たちは同じ形で結ばれています。家族だからわかり合えるし、私たちはとても似ています。

 

 

そうそう。べべ公もがんばっていますよ。夕方薬を取りに大巻先生の病院へ

tty (7)

 

 

 

パーキング代をケチって車から電話したらTさんがおつりと薬を持って笑顔で出てきてくれました。ピースしてるかわいいなあ。ありがとうございます。これで300円浮いた♪ やったね!

 

 

べべは約10年間、多種類の薬を飲んでいます。現在はバキソ、ウルソ、ガスター、プロナミド、フラジール、セレニア、マイトマックスの7種類を。もはや内科的アプローチに頼るのみですが、べべに処方されている薬がほんとうにべべに合っていて、薬のおかげで生き長らえています。

 

 

ありがたいことですね。また2週間後も薬を取りに行くのを目標にケアをしていきます。

 

 

 

最後の話題はウオーターサーバー。このたび我が家もついに導入したのです。里親さんのお宅でよく見かけるので、うちにもほしくていろいろと検討していました。

 

 

 

じゃーん! 超薄型。スタイリッシュ。中身は富士山の高い場所の天然水(軟水)

tty (3)

 

 

 

お水、お湯はもちろんのこと、なんとウオーターサーバーで私の大好物「炭酸水」が作れるという優れもの。炭酸水ですよ? すごくないですか? これまで私はスーパーでお水や炭酸水を買っていたのですが、2リットルのボトルが重くて持ち帰るのが苦痛だったんです。うー悩みが解決。うれしくて何枚もウオーターサーバーの写真を撮ってしまったほどです。

 

 

届いてから延々とミネラルがたっぷりの天然水で炭酸水を作っては飲みまくっています。

 

 

 

あー、そうこうしているうちにお風呂の時間だ。ここだけの話、頭洗うの面倒くさいです。まあ昨日も洗っていないので洗うしかないんですけどね。では皆さまおやすみなさい。

 

 

 

おまけ画像【今日の保護猫ポテチ】

poe

 

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





10分更新 宝物のワンカット

10分更新をまめにしていきます。更新までの間隔が短いので、ぜひスクロールしてくださいね。

 

 

 

本日こちらは雨でした。強い風もゴーゴー。雨が好きと仰る方もいますが、私は苦手。雨だと気分が滅入ってしまうのです。午前中、チチにブランチを作って母の店へ

79hue (2)

 

 

 

ピンチヒッターでランチのお手伝い

79hue (3)

 

 

 

途中満席御礼となり、ドタバタ忙しかったです。コテツのママさんもご来店くださいました。

 

 

 

バイト代に2000円(交通費込み)をもらって帰宅。店までの交通費だけで(往復)1000円近くかかるので実際は時給250円といったところ(笑)。まあないよりはいいか^^;

 

 

 

午後私にプレゼントが届きました。素敵な靴が2足!! 豆さまありがとうございます。

19397046_976722839134122_6563222823290293074_n

 

 

 

夏らしいですね。無地の服が多いので活躍しそうです。ペコリ。

 

 

 

そうそう。先日受けたリルの血液検査の結果が返ってきたんです。車をぶつけられたあの日。その後車は相手方の保険をつかって無事に修理を終えましたし、リルもコレステロール値がじゃっかん高い以外はとくだん問題がないとわかり、心底ホッとしています。よかったー!

 

 

 

秋で14歳になるリル。食が細いのはやはり繊細な性格のためだったんですね。

IMG_4988

 

 

 

ちなみにコレステロールオーバーはチチと私のせい。食べてほしくてついつい無塩バターやら油をトッピング。これからはちゃんと気をつけていこうと思います。

 

 

 

お気に入りの1枚。あれリルちゃんベッドのサイズおかしくない?

79hue (4)

 

 

 

ふわっふわのやわらかい毛並み。撫でるとクセになるんです。

 

 

 

これもお気に入り。みいさんが撮ってくれたべべ公16歳の誕生日会のワンカット

79hue

 

 

 

べべの顔がすごく穏やか。やさしい目をしているでしょ?

 

 

写真を撮ったときからもうすぐ5カ月経とうとしています。16歳の誕生日を目標に闘病をがんばってきたのに今もまだいっしょにいれるなんて、よくよく考えるとまるで夢のようですよ。

 

 

改めてべべに感謝。そばにいてくれてありがとう。

 

 

 

最後に、保護猫サク坊にも登場してもらいましょう!

79hue (5)

 

 

 

ねえねえサク、サクってお顔が小さいよねえ。もしかして頭も小さめ?

79hue (6)

 

 

 

「なにが言いたいのですか? ぼく骨格はスマートなほうですが 脳みそはぎゅうぎゅうの シワシワです!! ハハ 知らないの?」

79hue (7)

 

 

 

ふふ。そうだったそうだった。近日中にサクの目線でサクの1日に密着取材してみようかな?

 

 

 

サクは(703号室内で)顔が広いから結構多忙のご身分ですよ(笑)。お楽しみに♪

 

 

サクは家族募集中です。ちょっとでも気になる方はどうぞお問い合わせください。

 

 

 

さあ、そろそろナナとリルのお散歩の時間です。

 

 

ではまた元気よくお会いしましょう。

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク