レオじいをたずねて

皆さまこんばんは。今日もあっという間に終わってしまいました。

 

 

冷えたかと思えば急に火照る……モコモコウェアとキャミソールの間を行ったり来たり。

 

 

更年期のホットフラッシュがつらいこの頃です。ふぅ。ブログに書きたいことを溜めこんでいるので6月30日にタイムスリップさせてください。

 

 

みんなで卒業生リリの里親ちかたんちにお邪魔したのです。

 

 

メンバーはちかたん夫妻、あっティーさん、きーやんさん、マイ太郎さん、MIHOさん、ゆちゃん、まなちゃんと私。みいさんは風邪で来られませんでした。

IMG_2552

 

 

※ みいさん、ブログにノラスタの感想ありがとう。本当にうれしかった。

 

 

私はクタクタになるまで繰り返し一生着ようと誓って買った一張羅を着ていきました。はい出た出た猫のサマーセーター(笑)。これしか持ってないの? て頻度で登場していますね^^; 衛生面は大丈夫。ちゃんとお家クリーニングで洗ってますから!

06BEC4E6-DF79-4E78-B021-1AED3B7B0310

 

 

ちなみにちかたんは紺を

IMG_2652

 

 

あっティーさんはピンクを購入

IMG_2766

 

 

いいなうらやましい。昭和の女は気に入ると色ちがいでほしくなりますよね。

 

 

かなり濃い感じになると思いますが、いつかみんなでお揃いしたいです。

 

 

ホームパーティの主役はレオじい♡

IMG_2594

 

 

現在腫瘍と闘っています。背中の大きな腫瘍を掻き壊さないよう、かわいいお洋服でガード。女性たち(私ら)の心を掴んで離さない16歳のイケメン王子です。

IMG_2577

 

 

レオじいは人見知りのリリとは対照的。輪の中心にいるのがお好きなタイプ

IMG_2563

 

 

みんなのお話を一生けんめい聞いている顔がたまらなく萌えます。聡明ですよ。

 

 

ちかたん夫妻がこれでもかというほどたいせつに育てている姿が胸に迫ります。

IMG_2551

 

 

腫瘍がレオじいに意地悪をしないよう祈ります。どうかこのまま、このまま。

 

 

持ち寄り式の食事会なので参加するほうも気楽に伺えますね。

IMG_2546

 

 

私は和菓子を持参。ゆちゃんのシャインマスカットがキラキラに光っています。

IMG_2574

 

 

洗い物が減るように、とあっティーさん。

IMG_2567

 

 

キュートな猫皿やカップを持ってきてくれました。白はアザラシですね?

IMG_2569

 

 

ぜったいこういう写真を撮られる私。行儀が悪くてすみません。

IMG_2585

 

 

私の下にいるのはマイ太郎さん。隠れん坊リリの写真を狙っているのです。

IMG_2560

 

 

虐待していませんからね。3秒だけぎゅー&ちゅーさせてもらったのです。

IMG_2587

 

 

このあとリリはダッシュで逃げて行きました。リリの性格はわかっているのでメンバーはレオじいに群がって満足していました。猫の性格もいろいろですものね。

 

 

ワイワイすること3時間。レオじいに負担をかける前に退散した私たちを玄関で名残惜しそうに見送ってくれたレオじいの姿がずっと脳裏に焼きついています。

 

 

玄関まで来るのはめずらしい、とのこと。そうを聞くとなおさら愛おしいです。

 

 

なぜかゆちゃんのバッグの上からどこうとしなかったレオじい

IMG_2580

 

 

中の物を取る際、レオじいに平謝りだったゆちゃんにクスクス笑わせてもらいました。

 

 

ご主人に全身で甘えるレオじい。じーんとしちゃうね。

IMG_2558

 

 

シャイなリリは入っていませんが、素敵な家族写真を♪

IMG_2565

 

 

これからもレオじいのペースでのんびりと生きてね。

 

 

ちかたん猫缶を、あっティーさんお手紙とamazonギフトカードありがとうございました。

IMG_2774

 

 

7月は仕事以外のお出掛けをセーブして真剣に勉強します。

 

 

そしてなるべくあまぱんやお子たちのそばにいたいです。

 

 

あまぱんはコンベニア注射(精密検査の結果コンベニアがあまぱんに合うと東大の前田先生に言われています)を打っているにも関わらず、風邪の症状がひどくて追加で別の種類の抗生物質を飲ませないとコントロールできないかもしれません。大きな腫瘍を抱えているものの、正直レオじいのほうがツヤツヤであまぱんより断然若く見えました。うちのあまぱんはいったい何歳でしょうか?

 

 

自分勝手ですが、私は今年はだれも見送らないと固く決めているのでできることを精いっぱいやっていきます。もちろん、お子たちのQOLは無視しません。

 

 

ちかたん、みなさん、活気あふれるひとときをありがとうございました。

 

 

レオじい、おだいじに♡

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





しじのの家へ一泊旅行♡

※本日2度目のブログ更新です。よかったら遡ってお読みください。

 

 

土曜、兼ねてより楽しみにしていたしじのの家への旅が実現しました♪

 

 

といっても夕方6時から次の日のお昼までの3分の2日の小旅行ですけれど。

 

 

「クサい。あんたニオイがすごいわね」

0sn (4)

 

 

しじみさんお世話になります。あの……しじみさんの譲渡責任者は私だよ? つまりしじみさんは広義的にはうちの卒業生のおひとりでもあるのよ? わかってる?

 

 

チチが留守番してくれました。ありがたい。保護猫たちはチチにおやつをたくさんもらったにちがいありません。みんなうるさいお母さんが不在でのんびりと羽を伸ばせたんじゃないかな?

 

 

りょうちゃんのブログにも私が泊まった日のことが書かれていました。

 

 

ノラスタ(ノラ猫あがりのスターたち)の宣伝もしてくれて感謝です。

 

 

りょうちゃんちの本棚でノラスタ発見! うれしくてパチッ

0sn (12)

 

 

ふふ。やっぱりボリューム感たっぷりですね。チチにもなぜ辞書並みの厚さにしたのかと聞かれました。しかし私からしたら自分の17年のノラ猫スカウト活動のほんのひとつまみなのです。

 

 

ところで、しじみ&ののこ城は居心地のよさがハンパじゃありません。

0sn (7)

 

 

なんでもデキるりょうちゃんのお料理をいただきました。超おいしかった!

0sn (9)

 

 

食後にはフルーツとおはぎのデザートまで

0sn (6)

 

 

一瞬ハグさせてくれたののこ

0sn (10)

 

 

ののこは家族にしか自分を見せない忠猫タイプ。シャイなので、基本はりょうちゃんが抱っこしているのを私が近くで堪能させてもらうスタイル。ののこの譲渡にも私が噛んでいるんだけどな^^;

0sn (15)

 

 

「うちの猫らの愛想が悪くてごめん」

 

「いやいや私の獣臭がすごくてごめん」

 

 

の会話を終え、お風呂に消えたりょうちゃんですが、戻ってきて歓喜の声をあげてくれました。へへ。やるでしょう? りょうちゃんのいない間にツンデレのしじみさんを手なずけてしまいました。下僕になった心境で必死に撫でましたよ。

0sn (14)

 

 

「さわらせてあげる」

0sn (13)

 

 

15分以上しじみさんとイチャイチャさせてもらえた私。いや~ 興奮した~!

 

 

深夜までりょうちゃんとダラダラトーク。ゆちゃんにプレゼントでもらったお気に入りのポーチをバッグに変身させてほしいとお願いし、置いてきました。

0sn (11)

 

 

その間に703号室卒業犬の訃報も。12年半前に譲渡した(当時2歳すぎ)の成犬ジャックがリンパ腫闘病の末亡くなったのを里親さんにラインで聞いたのです。

0sn (3)

 

 

ジャックは前の飼い主からひどい扱いを受け、心を閉ざしてしまった犬。保護時代はジャックに本気で噛まれたこともあります。けれどすべてを承知で家族として迎えてくれた里親さんのおかげで14歳10か月まで幸せに生きたのです。

 

 

ジャックの死は悲しいけれど、12年もの間里親さんの相棒として暮らしたジャックは今ごろ天国でほほえんでいるのではないでしょうか? 私はそう思います。

 

 

合掌。ジャック、お疲れさまでした。

 

 

話はりょうちゃんちに戻りますが、私のいる間もAmazonや楽天から届く届く……

0sn (5)

 

 

良質な猫フードが仰山。「緑イ貝」の効能やすばらしさについて力説するりょうちゃんがかわいかったです。しじみさんとののこはいい家族に恵まれましたよね。

0sn (8)

 

 

夜な夜なしじののを膝に乗せ、PC画面を開き、「どれにする? なんでも買ってあげるよ? どれがほしい?」などと囁いているそうですよ。怪しすぎます。

 

 

私にもおすそ分けをくれました。黒真珠、白まんじゅうあたりが喜びそうです。

0sn (1)

 

 

ぐっすり眠ってストレス発散で気分爽快!

 

 

すっかりお世話になりました。また行っていいですか?

 

 

帰宅後の1枚

0sn (2)

 

 

猫の写真が多めになっていますが、犬組のリル、タカナ兄妹も元気です。

 

 

老犬介護の話も今度したいな。

 

 

では明日も仕事で朝が早いのでこの辺で失礼します。おやすみなさい。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





寺子屋

※本日3回目のblog更新です。遡ってお読みください。

 

 

先日関西在住のチャトミちゃんが703号室に泊まっていきました。出張で東京に来たんです。5月下旬には山口からaiさんが一泊するし、ゆちゃんとまなちゃんはしょっちゅういるし、我が家は寺子屋状態(笑)。でも一世代年下の方々とワイワイ騒げて楽しい。

16 (15)

 

 

じゃーん! 怪しすぎる格好でチャトミちゃん登場!

16 (16)

 

 

嫁入り前のみなさん、ここに入り浸っていていいのですか?

16 (3)

 

 

ほうれん草鍋を食べながら30代の麗しい女性たちが猫の話に花を咲かせています。おもしろいのでしょうか? 保護猫もいと保護犬ルナも入って女子の集合写真

16 (2)

 

 

この日はノラスタが刷り上がったとあって、応援団長の安藤さんがうちの下まで買いに来てくれました。せっかくなので全員で安藤さんとお会いすることに……

16 (1)

 

 

安藤さん、よろしくお願いします。

 

 

それからUPするのを忘れていましたが、前回家の下までいらしたときはケーキと紅茶をごちそうさまでした。うちにきーやんさんがいたので、きーやんさんと遠慮なくいただきましたよ。安藤さんその節はありがとうございました。

16 (12)

 

 

キュートでおいしかったです♪

16 (11)

 

 

これは前のパジャマパーティの写真ですが、人が来ると甘えん坊の保護犬猫たちは大喜び

16 (14)

 

 

卒業生リリ子もずいぶんかわいがってもらったよね。

16 (13)

 

 

あとまわしになりがちの保護部屋にチャトミちゃんが長時間いてくれました。延々と保護猫リタにブラッシングをしてくれていたのです。助かる。感謝^^

 

 

ムダ毛とサヨナラして艶ピカになったリタはずっと鏡を凝視(ほんと!)

16 (7)

 

 

リタの姿を前に、「まめにブラシをかけてあげればよかった」と猛省した私。

 

 

あれからリタ嬢をちょくちょく磨いています。

 

 

それにしてもリタあなたさあ……

16 (10)

 

 

フットワーク軽すぎ。いいかげん降りなさいよ!

16 (9)

 

 

律儀なチャトミちゃん、仕事で沖縄帰りのゆちゃん、まなちゃんからおみやげをもらいました。みんなまとめてパチッ。どうもありがとうね。

16 (8)

 

 

早く寝ようと心に誓っていたのに結局明け方までペチャクチャ……

 

 

寝室組はまなちゃんとチャトミちゃん

16 (5)

 

 

リビング組はゆちゃんと私にわかれて就寝です。

16 (6)

 

 

翌朝、超低いテンションのまま女子3人を車に乗せみいさん宅へ。みいさんにバトンを託して私は家に帰りました。3人はみいさんちでカレーをごちそうになって7匹の猫たちと戯れたそうです。あなたたち、超、猫好きね?

 

 

ニコニコガヤガヤ。しかし譲渡活動をやるときはそれぞれ真剣です。

 

 

オンとオフのスイッチを持っている方との交流は有意義で刺激的。

 

 

明日もゆちゃんとまなちゃんが来ます。いっそいっしょに暮したほうが早いかな?

 

 

では皆さまおやすみなさい。よいゴールデンウィークを♡

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





リリ子のお茶会

皆さまこんにちは。早くブログでもお知らせをと思いながらも日が空いてしまいました。この度保護犬リリ子のご縁が決まりました。リリ子を見守ってくださった皆さま、ありがとうございます。

1ririoota (5)

 

 

また、リリ子と同じお宅の出身のルナ(5歳)についても病院と私で連携を取って良縁を結ぼうと思います。リリ子同様太い赤い糸をさがしますね。

1ririoota (2)

 

 

リリ子がくるとあって、リビングのラグをおしっこ防御仕様にしたのですが、一度もここでおしっこをされていません。リリ子はきちんとトイレトレーニングされています。リリ子の随所に前の飼い主さんからもらった愛が垣間見れます。

1ririoota (3)

 

 

それを新しいお母さんは引き継いでくれることになりました。

1ririoota (9)

 

 

新しいお母さんは私の友人でいつも助けてくださっている豆さんです。

1ririoota (6)

 

 

豆さんは愛犬ハルくんを16歳で失い、以後数年ハルくんロスに苦しんできました。昨年の夏に、いつか中高年の犬を家族として迎えたいと私に話していたのです。

1ririoota (7)

 

 

今回私は豆さんに思い切ってリリ子とルナについて打診してみました。

 

 

はじめ私は5歳のルナをすすめたのですが、豆さんは13歳のリリ子に心を寄せてくれました。13歳はオトナだからオトナ同士つき合いやすい、だそうです。

 

 

13歳、12.9キロ(今日現在)、肝臓の数値が高い、クッシング病……客観的に見ると性格のいいリリ子をもっても非常にハードルの高い保護犬です。特に年齢と薬代に目玉が飛び出るクッシング病は厳しいですよね。現にリリ子はちゃんとおトイレできるものの、クッシング病特有の多尿多飲でおしっこの量がハンパじゃありません。

 

 

でも、豆さんはぜんぜん気にしないんだそうです。むしろどうケアしていくか真剣そのものでした。リリ子はぜったいに幸せになると信じています。

1ririoota (8)

 

 

豆さんがたくさんの食べ物を持ってきてくださいました。

1ririoota (10)

 

 

おいしすぎたゴージャスなメロンケーキ

1ririoota (11)

 

 

かわいいちぎりパン

1ririoota (12)

 

 

紅茶の中に入っているお花も豆さんからのプレゼントです。

1ririoota (13)

 

 

3時間半私たちはリリ子の未来について話し合いました。リルとリリ子と4人でお散歩にも行ったんです。肌寒かったけれど楽しかった。リリ子よかったね♡

1ririoota (14)

 

 

リリ子の前のお母さんは最後までリリ子とルナを心配していました。

 

 

病床から中島先生に電話をかけたこともあったそうです。

 

 

明るく朗らかなリリ子とそっくりのやさしいお母さんで、猫を保護し高額の医療費を払い、手厚い看病を経て天国へ見送ったこともある方です。

 

 

リリ子は自慢の素敵なお母さんに育てられたお子です。

1ririoota (1)

 

 

豆さんと私は、リリ子のお母さんのことを自分に置き換えて考えました。

 

 

リル、あまぱん、さぶを残して旅立たなければならないとしたらどんなに心配か。

 

 

だからこそ豆さんはリリ子と暮らしていきたいんだそうです。

 

 

リリ子の首輪には小判型の小さなお守りがぶら下がっています。天国のお母さんがリリ子につけてくれたプレゼント。お母さん、リリ子はまだこちらでがんばるので、見守っていてくださいね。豆さんのお宅なら安心できますよ。私が保証します。

1ririoota (4)

 

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





703号室 親ばか ひな祭りの会

皆さまこんばんは。悪寒で昼間横になっていました。のんびりしている時間はないので自己嫌悪がヒシヒシ。なら起き上がったほうがマシだと今パソコンに向かっています。そうしたら本の表紙関連のデザイナーの李さんから表紙が届いたのです。びっくりのよさ。李さん謝謝。最高です。

 

 

本の制作で価格とページ数の問題を抱えているのですが、私はどうしてもハードカバーにこだわりたいのです。李さんの表紙ならハードカバーの価値が十分にある。

 

 

一文字でも多く削りコストダウンをめざしますが、うまく削減できなかったらごめんなさい。十年に一度の出版ですので(笑)、皆さまどうか買ってください。

 

 

一年かけて私なりにがんばってきました。どうか切なるお願いです。

 

 

さて、本日はひな祭りですね。先日703号室を巣立ったスターたちのステージママらがわが家に集結しました。「703号室 親ばか ひな祭りの会」とのことです。

oyabakakai (5)

 

 

女性が集まればお花とケーキはお決まりですよね。ありがとうございます。

oyabakakai (2)

 

 

ケーキはみなさんからで

oyabakakai (3)

 

 

花は宇宙旅行中のほほをイメージしてあっティーさんがプレゼントしてくれたのです。

oyabakakai (18)

 

 

今はほほの絵の横に飾らせてもらっています。

oyabakakai (9)

 

 

ほかにもたくさんのプレゼントをいただきました。

oyabakakai (4)

 

 

私も出先で見つけた桜のちょこっとしたお菓子をみなさんに配りましたよ♡

 

 

春が待ち遠しいです。

 

 

参加者は全員703号室の卒業生と暮らしています。

oyabakakai (12)

 

 

あっティーさん(すもも)、きーやんさん(ポテチ、コテツ)、ちかたん(リリ)、妹(まめ、福)。里親さん同士が仲よしなのも703号室の特長♪

oyabakakai (10)

 

 

あっティーさんがササっと作ってくれたアボガドのサラダ

oyabakakai (13)

 

 

妹が出前を取ってくれたもちもちのピザ

oyabakakai (15)

 

 

全員で料理やお菓子を持ち寄ってホームパーティを開催します。ゴージャスでしょ?

oyabakakai (11)

 

 

ホストたちも張りきってくれました。

oyabakakai (6)

 

 

リルはえい吉のママきちこさんが編んでくれたマフラーでおめかしです。

oyabakakai (7)

 

 

リルいいね。似合う似合う!

oyabakakai (8)

 

 

でもお母さんはここにべべとナナとほほにもいてほしかったです。べべとナナとほほもお母さんの微々たる活動を支え、卒業生たちの面倒を見てくれたのですから。

 

 

末娘のリルにプレッシャーをかけて申し訳ないけれど、リルはずっと生きていてください。じゃないと703号室が萎んでしまいます。

oyabakakai (19)

 

 

ステージママらが小物で猫への愛を表現していたのがかわいかったです。

 

 

きーやんさんは黒猫の髪ゴムを

oyabakakai (14)

 

 

あっティーさんは猫の顔のバッグを

oyabakakai (16)

 

 

ちかたんもA4サイズの猫全身バージョンのバッグを持っていました。

oyabakakai (17)

 

 

あの……私もですよ^^ 私はリアル猫の出産シーンを見せつけてやりました。

oyabakakai (1)

 

 

「私、実はコミュ障かもしんない」

 

 

やっとの思いで打ち明けたのにちかたんからは「知ってる」と一蹴されてしまいました。あっティーさんは私を「珍獣」と呼びます。あまりうれしくないです。

 

 

作り上げてきた(つもりの)ペルソナが見事に剥がれているんですかね?

 

 

まあ、もしよろしければこれからもどうぞおつき合いください。

 

 

そして本当はよくしゃべる妹が、毒舌トークでみなさんを引かせていないか心配でオドオドする姉です。大丈夫でしたか? 姉妹揃って強烈ですみません。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク