ほほが11歳になりました

通院をがんばった夜、703号室ではほほの11歳のお誕生日を祝いました♪

 

 

MIHOさんがほほにケーキとほほの好物のしらすを買ってきてくれたのです。

11hoho (5)

 

 

 

MIHOさんいつもありがとう。

 

 

全員揃っているのですが、べべナナがいないので数が少ないです。

 

 

犬はリルだけになってしまいました。

11hoho (2)

 

 

 

ちょっとさびしいホームパーティ

11hoho (3)

 

 

 

「ハハ~ ぼくが張りきりますよ」

11hoho (4)

 

 

 

うん。元気なあさひがいるから、シーンと静まり返ることもないしありがたい。あさひ、うち、前はもっと賑やかだったんだよ。こんなにガラーンとした家じゃなかったの。

 

 

時間は容赦なく流れているのを感じます。戻れないのが辛い。

 

 

あ、本日の写真はすべてMIHOさんの提供です。

 

 

「あさひにゆうひ」と名づけられた一枚

11hoho (6)

 

 

 

光をまとったあさひが神々しく見えます。

 

 

通院で精魂尽き果てたあまぱんとさぶは端っこのクッションで寝ながら参加

11hoho (12)

 

 

 

無精な主婦? によるスーパーのお惣菜を並べただけの食卓。サラダをお皿に盛っただけでMIHOさんが褒めてくれました(笑)。いやいや、ふだんはもっとできるんです。

11hoho (1)

 

 

 

MOHOさんはビール、私はお水でほほに祝杯をあげました。

 

 

MIHOさんはほほを我が子のように心配してくれます。

11hoho (13)

 

 

 

ほほの不調な姿を見て胸を痛めてくれました。驚かせてごめん。治さないとね。

 

 

ほほ、またふつうに歩いたり走ったりジャンプができるようになるといいね。

 

 

 

でももしできなくなったとしても、ほほが生きていてくれたらそれで充分。

11hoho (7)

 

 

 

お薬の量が増えちゃったけど、ほほはえらいからがんばれるもんね。

 

 

好物のしらすを前にクンクン。興奮気味のほほ

11hoho (8)

 

 

 

はいお待たせほほ、「いただきます」しよう。

11hoho (9)

 

 

 

一心不乱にシラスを堪能するほほ

11hoho (10)

 

 

 

ほほとの11年は、お母さんにとって黄金の奇跡です。誕生日おめでとう。

11hoho (11)

 

 

 

これからもよろしくね。

 

 

しらすを貪るほほをMIHOさんが動画に撮ってくれました。食べるほほが超かわいくて萌えますのでよかったらどうぞ。親バカですがこんなに立派なお子がいてお母さんは幸せです♡

 

 

 

ほほや、ほほ~。生きていてくれてありがとう。ほほは最高です。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





Chikakoさんちへ

GW皆さまいかがお過ごしですか? 私は超貝になりたい日々を送っています。

IMG_1868

 

 

 

昨日は家事に勤しみました。かなりがんばったほうです。洗濯物にいたっては通常クリーニングにお願いするレベルの服まで自分で洗い、色移りをさせてしまい、ハイターに漬け、白かったはずのブラウスを白に戻す作業のついでにミクロの汚れとも徹底的に戦いました!

 

 

 

「ハハ~ 現実逃避の一種じゃないんですか?」  「まちがいないな」

IMG_1871

 

 

 

確かにあさひの言うとおり。でも家じゅうがスッキリして気持ちいいでしょ?

 

 

 

さて、本日は楽しかった女子会の様子をお送りします。

IMG_1708

 

 

 

卒業生リリの里親chikakoさん宅にて開催。参加メンバーはchikakoさん(右)

IMG_1774

 

 

 

みいさん

IMG_1695

 

 

 

マイ太郎さん

IMG_1724

 

 

 

すももの里親あっティーさん

IMG_1770

 

 

 

(リリの父猫)ポテチの里親きーやんさん

IMG_1771

 

 

 

保護猫2匹と暮らすゆちゃん

IMG_1775

 

 

 

そしてゆちゃんと服の色が被った私の7人と

IMG_1698

 

 

 

ホスト猫レオじい(唯一の男子だ!)

IMG_1728

 

 

 

隠れてばかりのリリの総勢9名!

IMG_1741

 

 

 

大勢集まるとみんな気を遣い合い「おみやげ合戦」になります。そこで仕切り屋の私からの提案で「ひとり一品持ち込みプラン」にさせてもらいました。

IMG_1754

 

 

 

マイ太郎さんに私がリクエストしたのはチリコンカン。なんと給食レベルの量を作ってきてくれました(笑)。タッパ持参で伺った私は大量にお持ち帰り。マイねーありがとうございます。手づくりピクルスはchikakoさん、きーやんさんはお惣菜系、みいさんはおまんじゅう、おばあちゃんっぽい料理(名前なんだっけなあ?)はいちばん若いゆちゃんがキッチンで焼いてくれました。

IMG_1742

 

 

 

ちなみに私はデパートで買ったチーズケーキを持って行っただけです^^;

IMG_1702

 

 

 

無精で不器用なの。ごめんなさい。

 

 

 

中でもいちばん目を引いたのはあっティーさんのこれ!!

IMG_1753

 

 

 

みんな唖然……

IMG_1776

 

 

 

パンでできた猫の顔の蓋を開けると、サンドイッチがずっしり詰まっていました。

IMG_1760

 

 

 

見てこのデカさ。尋常じゃないですよ。

IMG_1670

 

 

 

こりゃもう写真パチパチ撮るしかないでしょう。猫パンが主役ですね。

IMG_1750

 

 

 

それにしてもレオじいはおりこうだなあ。さすがフランス生まれのお紳士

IMG_1751

 

 

 

テーブルセッティングを邪魔しないのがすごい。

IMG_1714

 

 

 

まあ、じゃっかん興味を示してはいましたけど……

IMG_1717

 

 

 

「嗅いでいるだけですから」

IMG_1746

 

 

 

chikakoさん自慢のお子ですね。

IMG_1687

 

 

 

いっぽう内弁慶のリリはお決まりのソファ下への籠城

IMG_1721

 

 

 

みんなリリを一目拝もうと必死です。

IMG_1664

 

 

 

マイねー、いい写真お願いしますね~♪

IMG_1653

 

 

 

「あー 撮られちゃったか……」

IMG_1718

 

 

 

リリは隠れるタイプなので、そっとしておくことに。中年女性(みなさん失礼)7名はレオじいを交えランチ&お茶&談笑を満喫です。

IMG_1648

 

 

 

はじめまして同士も多いのに、みんなごくふつう……。

IMG_1773

 

 

 

「話が尽きることはないのですね」

IMG_1651

 

 

 

レオくんそうなの。ごめんなさいね。私口から先に生まれてきたもんですから。

 

 

 

「いつになったら帰るのかしら?」

IMG_1674

 

 

 

リリ、まだしばらくはいると思う。

 

 

 

リリがキッチンで悪さをしないよう新たに取りつけられていた柵

IMG_1704

 

 

 

オーダーしてから3か月待ったそうです。肉球の取っ手がキュート♥

IMG_1705

 

 

 

明るいうちにセルフタイマーで集合写真

IMG_1762

 

 

 

企画してくれたchikakoさんに感謝感謝です。

IMG_1710

 

 

 

解散間際にゆちゃんに肩ツンされ振り向くと、ごく自然に「はい」と手渡されました。え? なんだろ? えええ? ナナだ!! ナナが笑ってる!!

IMG_1679

 

 

 

特殊塗装関連のバリキャリのゆちゃんが描いてくれたナナですよ。最高!

IMG_1677

 

 

 

ほんとうにうれしいサプライズプレゼントでした。ゆちゃんありがとう。

 

 

今度街に出る機会があったら、この絵に合う額を買って飾ります。

 

 

 

そして私からのリクエストに応えてくれたあっティーさんによる「ローズ」も♪

 

 

 

chikakoさんも1曲

 

 

あっティーさんもさらに1曲

 

 

 

「あっティーさんありがとう」

IMG_1863

 

 

 

感動の演奏!! みなさんのおかげでたいへん有意義な一日を過ごすことができました。猫が結んでくれた素晴らしいご縁だから、猫たちにもありがとう。

 

 

私個人の感覚ですが、薄汚れた路上よりは室内で安全に暮らしていける猫が増えるほうが見ていて安心できます。自分がめざすよりよい社会にたった一歩でも近づけるよう、これからも休み休み、でもよいしょと起き上がってはまた必ず歩きつづけたいです。

 

 

大河の一滴でもハチドリのひとしずくでもいいんです。一握り、いやひとつぶの砂でもいいんです。なにもできないよりは。ゼロよりは。

 

 

レオくん、リリ、お騒がせしました。のんびり生きていってね。

IMG_1761

 

 

 

※写真はみんなでごちゃまぜ提供。ごちゃまぜシェア!

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





703号室忘年パーティ ポテチより

「みなさまこんばんは。家族募集中の保護猫ポテチです。ぼくがメインで出るのにアクセスが減ったらぼくのせいみたいでかなしいです。ぼくなりにがんばっていっしょうけんめいお話します。みなさまぼくに会いにきてくださいね。おねがいします」

IMG_8491

 

 

 

「この前ハハがちゅーるを手にぼくに耳打ちしたのです。ハハ、なんですか?」

IMG_8498

 

 

 

ポテチごめん。あのさあ、中掃除の最中だから掃除機をガンガンかけるし、実はお客が来るの。私のファミリーが。年に1度だけうちに集まるの。いい?

IMG_8493

 

 

 

「え? うるさい音と大勢の人……静かで照れ屋のぼくはゆううつです」

IMG_8496

 

 

 

「でも、年に1度だけですよね? ならお客さんを歓迎してあげてください」

IMG_8495

 

 

 

ありがとう。理解力あるなあポテチは。ちゅーる食べようね♪

IMG_8494

 

 

 

「ハハは黙々と中掃除。特に抜け毛に神経を使ったようです。気管支ぜんそく患者が2人(ハハの母と妹)。703号室で発作を起こされたら面倒だそうです」

IMG_8421

 

 

 

「こんなにスッキリ片づけるのは“お茶会”と年末のみ。ハハ、記念写真撮ってました」

IMG_8420

 

 

 

「ファミリーがハハんちに来るには理由があります。703号室のテーブルが異様に長く、お料理がたくさん並べられること(2m20cm)。一定の人数を招くスペースがあること。ハハの集めた多くの“食器”を有効活用できること」

IMG_8419

 

 

 

「みんな集まってはたらいてゴージャスな食卓に変身させました」

IMG_8431

 

 

 

「台湾の親戚に写真を送ると言い、娘たちとやたら写りたがるハハの母」

IMG_8438

 

 

 

「さぶくん入りの集合写真。ちなみに前年の忘年パーティは天国のべべちゃんの背中が写っていたらしい。リンク張りました。ほんとうにべべちゃんいるね」

IMG_8439

 

 

 

「ハハの妹が13秒の動画を作りました」

 

 

 

「おいしそうなものばかり。ぼくもブリのお刺身のおすそわけをもらったよ」

IMG_8435

 

 

 

「猫好きのマーさんと。それにしてもさぶくんのホスト力の高さはすごいなあ」

IMG_8445

 

 

 

「5時に開始したパーティは9時前にはおひらき。ぼくにようやく静寂が戻りました。ぼくはずっとひとりで外で生きてきたから騒がしいのはまだとくいではありません。けど、ぼくもぼくのペースでいろんなことに挑戦しています」

IMG_8475

 

 

 

知ってるよポテチ。ぜんぶ知ってる。ポテチありがとうね。

 

 

ポテチの勇気ややさしさや忍耐力の強さをこれから皆さまに徐々にお話ししていこう。ポテチはえらい。ポテチは最高! ポテチはポテチのままでいいの。

 

 

 

「うんっ」

IMG_8479

 

 

 

「※ 結局ハハの母は喘息の発作が出ていそいそと帰ったとさ」

 

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





カレーパーティー

昨夜は我が家にお客さまをお招きしたのです。

morr (19)

 

 

 

森絵都さんご夫妻とのお約束でした。

 

 

実は1月にお会いしたとき、チチが唯一の得意料理「スパイスから作るカレー」を振る舞うと森さん夫妻に豪語。内心冷や汗で聞いていた私ですが、反面楽しみでもありました。半年経ってようやく実現。でも、大丈夫かなあ? 森さんは何回もうちに遊びに来てくれていますが、ご主人さまは2度目なので、多頭の生活に引かれないか勝手に心配で^^;

 

 

おもてなし下手の私は、気分が落ちつかず、あたふたあたふた・・・・・・

 

 

家の掃除だけでいっぱいいっぱいになり、森さんに数度「言い訳メール」を送るという。

 

 

私と同じく、愛犬スウちゃんハクちゃん(2頭とも元保護犬)のケアや闘病をしている森さんは「アンニイさん大変でしょう。外で食事にしませんか?」と提案してくれたのですが、ひさびさにべべたちに会ってもらいたいし、チチもやる気だったので予定どおりお越しいただきました。

 

 

「わたし オシャレしたよ」

morr (11)

 

 

 

当日の昼のキッチン

morr (13)

 

 

 

できた!!

morr (22)

 

 

 

ターメリックライスを炊き、チチのパートは準備完了。あとは私がひたすら掃除掃除掃除・・・・・・

morr (20)

 

 

 

この状態にもってくるのに必死でした。横で見ていたチチに「やるときはハンパじゃないね」と苦笑されたほどです。だって片づけているそばから8頭が散らかしていくのですから、エンドレスですよね。多頭の方、闘病介護の子を抱えている方ならおわかりいただけると思います。

 

 

家を掃除することに夢中で、そういえば料理のことは深く考えていなかったけど、いくらなんでもカレーだけじゃあっという間に食べ終わってしまいます。

 

 

「だよな」

morr (3)

 

 

 

ママ~! 助けて!

morr (2)

 

 

 

母が大量の台湾タケノコと18年物の紹興酒と自家製の大根餅とビーフンの材料を手に登場。たのもしい。ありがとう。母の料理の才能がうらやましい。

 

 

私もチーズ、ドライフルーツ、(簡単な)サラダ、ジャーキーなどを用意したので、料理はいちおう足りるかな? チーズ、カレー、大根餅・・・・・・あり得ない組み合わせだけどもういいんです。

morr (9)

 

 

 

森さん夫妻が席についてすぐ、あろうことか母がぜんそくの発作を起こし、妹に付き添われ病院へ(点滴後完全復活しました)。森さんとご主人さまにもさんざん心配をおかけしましたが、付き添った妹が笑顔で戻ってきたのでみんな一安心。さあ、食べて飲みますか!

morr (25)

 

 

 

飽きることなくおいしくありつづける台湾タケノコ。タケノコネタがしつこくてすみません。

morr (14)

 

 

 

チチのカレー。ズッキーニとジャガイモが合います。

morr (4)

 

 

 

森さんのご主人さまのお話がおもしろい。物事に対するリアクションもおもしろい。

morr (23)

 

 

 

話を聞くのも、話すのもうまい。冗談も通じるしマジメな話もできる貴重な方です。

 

 

 

べべやお子たちがそばを通るたびに、名を呼び、身をかがめる森さん

morr (12)

 

 

 

「おれらみんなリラックスモードだったよな」

morr (15)

 

 

 

ナナちゃんもこの通り

morr

 

 

 

「森さんおれよりあま兄派だけどな」

morr (24)

 

 

 

さぶ、森さんは昔からあまぱんがかわいいって。さぶは新参者でしょ?

 

 

けどさぶのこと、美形だって言ってたよ?

 

 

 

「あ まあじゃあ ありがとうな」

morr (7)

 

 

 

人数が多いので、次第にテーブルの料理がスカスカに・・・・・・

 

 

キッチンに目をやると、母の作りかけの「ビーフン」の材料が。私は妹を呼びつけ(適当におだてて)ビーフンを作らせようと目論みました。だって私は作ったことがないから。

morr (27)

 

 

 

ところが、妹も私同様、ビーフンを作ったことがなかったのです。

 

 

 

ビーフンがグチャグチャになる寸前に、トイレに立った森さんが助け船を出してくれました。

morr (21)

 

 

 

私たちはただ見物しているだけで、あとは森さんに丸投げ・・・・・・

morr (5)

 

 

 

へへ。完成。私が作ったんじゃないんですけどね。

morr (18)

 

 

 

味つけがおいしくてビックリ!

 

 

森さんはただののんべぇじゃなかったんですね。ビーフン、ペロッと売り切れです。

 

 

 

ワインと

morr (10)

 

 

 

水ようかんありがとうございました。母の分まで恐縮です。

morr (17)
 

 

時間はあっという間。いっそ泊まっていってほしかった。

 

 

 

うちが居心地悪いんじゃないか、ナナがお客さまを威嚇してしまわぬか不安だったのですが、終わってみるとたのしいひとときだったんだなあとしみじみ。自然体なお二人のおかげです。

morr (26)

 

 

 

ナナもお接待役ありがとうね。お疲れさまでした。

morr (6)

 

 

 

そういえば、途中からチチの姿が見当たらなくなり、森さんたちがお帰りになる際に、チチにもひと言あいさつをさせようとチチをさがしたら、なんと保護猫ちゃた幸のいる部屋でいびきをかいて寝ているではありませんか。常識外の「抜け感」に閉口。恥ずかしいですよ。

 

 

 

なわけで昨日はサク坊をあまり相手にできなかったので、本日たっぷりひいき中!

morr (8)

 

 

 

明日は東大病院でのほほの診察。そして週末にはちゃた幸、すももの卒業を控えています。

 

 

「動」の1週間になりますが、今週もどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





サク、セスをならそう! と 毅然たる愛

外は雨が降っています。寒いです。

 

 

ひさびさに予定がない私は(チチを荷物持ちにして)ドラッグストアに行くつもりでしたが、近所にドラッグストアがないため(車もないため)断念。

 

 

お天気だったら犬たちの長い散歩もできたのに残念です。

 

 

うちはふだん私ひとりなので犬猫たちと触れ合う時間が足りず、自己嫌悪に陥ることしばしば。

 

 

特に過渡期の保護猫サクとセスに申し訳ない気持ちになります。

 

 

 

あまぱんがやさしいのであまぱんに子育てをお願いすることも

IMG_1301

 

 

 

あまぱん、いつもありがとう。

 

 

これからはもっとサクとセスに向き合う時間を作ります。サク、セス、よろしくね。

 

 

そんな我が家にとって、お客さまの存在はありがたい。

 

 

 

卒業猫クー太の里親MIHOさんが木曜遊びに来てくれました。おやつやおもちゃを持って

1niti (4)

 

 

 

みいさんもゆず七味と十穀米の素をおみやげに遅れて参加。ふたりともありがとう。

 

 

 

おもてなし下手ですが、私はマイママさんを見習いランチを作ることに

1niti (20)

 

 

 

ポテトサラダはしょっぱかったかも。毎度同じにんじんの炒め物^^; 油はコレステロールゼロのを使っています。ちなみにマヨネーズも卵不使用のもの。卵好きには辛い感じ。

1niti (26)

 

 

 

ナスを炒めようとしています。

1niti (9)

 

 

 

お行儀のわるさはご容赦ください。

1niti (15)

 

 

 

へへ。「マイママさんを見習い」とか言えない手抜きさ(汗)。トマトは切っただけだし・・・・・・

IMG_1302

 

 

 

キンパはMIHOさんが買ってきてくれたもの。ごちそうさま!

1niti (21)

 

 

 

炭酸水でいただきます。

1niti (5)

 

 

 

簡単で質素なものばかりなのにMIHOさんもみいさんもおいしそうに食べてくれて感謝。たいせつな方を亡くされ気落ちしているMIHOさんに私からささやかなプレゼント(ワイングラス)を渡しました。お米を送ってくれたお礼でもありますけど。気に入ってくれてよかったです♪

 

 

みいさんもMIHOさんもサクとセスを撮ってくれたのですが、みいさんのは今度自慢します。

 

 

 

MIHOさんがiPhoneで撮ったサクとセス

1niti (23)

 

 

 

 

ド緊張のサクは怯えさせないよう1枚だけ

1niti (12)

 

 

 

なれている方のセスが中心です。ふふ。2頭身?

1niti (24)

 

 

 

ほほとのセスの黒黒コンビ。ほほは長期ステロイドを投与している副作用で毛色が変わってしまいました。最近は黒猫じゃなくて、茶色猫になっています。

IMG_1283

 

 

 

「ハハ~ ぼくにもごはんください」

1niti (18)

 

 

 

走りまわっていたセスを捕まえ撮ってもらった1枚

1niti (2)

 

 

 

 

「かくれんぼ中ですので ぼくに話しかけないでください」

1niti (6)

 

 

 

 

MIHOさんコレクションをお送りしました~! ペコリ

 

 

 

余談ですが、「デザート」のことまで頭がまわっていなかった私。食後無性に甘いものが食べたくなり、お客さんを家に置いてひとりスーパーへ。こんなにいっぱいの「お宝」をGET!!

1niti (27)

 

 

 

翌日東京へ戻ったチチも食べたので、4人分で合計431円。MIHOさんとみいさんに呆れられるかとビクビクだったのですが、ふたりとも喜んでくれました。「えらい! お得!」って。

 

 

 

なんでも器に盛れば美しく変身するのです。

1niti (14)

 

 

 

MIHOさんに言われてショックだったのは「べべちゃん痩せたね」のひと言。私は毎日べべ公を見てるから視覚が麻痺していたかもしれません。言われてみるとたしかに痩せた気がします。

1niti (3)

 

 

 

たいせつにしないとなあ・・・・・・

1niti (11)

 

 

 

MIHOさんみいさん、いい写真をありがとう。またみんなを撫でに来てね。

 

 

 

「タナベさん あの話 しないのですか?」

1niti (8)

 

 

 

 

しますします。

 

 

 

実葉はあと1週間ほどでマイママさんちを巣立ちます。

 

 

約半年間、実葉を娘のようにかわいがったマイママさん。実の母のようにマイママさんにベッタリの実葉。幸せになるための卒業であることはまちがいないのですが、はじめは実葉、きっと戸惑うでしょうね。けれど聡明な実葉なら新居でものびのびと生きていけると信じています。

 

マイママさんがお茶会の日に希望者さん(里親さん)に話していた言葉をご紹介します。

 

「実葉ちゃんはとにかくかわいいんです。がんばっていろんなことを乗りこえてきて・・・・・・実葉ちゃんはすばらしい子。神さま(おてんとさまという意味)はちゃんと見ていてくださっているもの。でもだからこそ、私はいっしょには暮らせないわ(←ここまでは穏やかな笑顔)

私はひとり暮らしですし、この年齢(70代半ば)でしょ? まだ若い先の長い実葉ちゃんを引き取るのは・・・・・・逆に無責任です(←毅然とした口調に)

実葉ちゃんなら幸せになれると思うわ♪(←涙ぐみながらやさしくほほえんで)」

 

 

話を聞きながら、その言葉と言葉の行間に背筋がピンと張りました。

 

 

愛の表現方法は人それぞれですが、マイママさんの言いたいことが、私はほんとうによくわかったのです。マイママさんは目に見えている「今の」実葉のみならず、まだ出会ってもいない「未来の」実葉までもを胸の中に入れ、かわいがってくださっている、と。

 

 

 

深謝

 

 

 

スポンサーリンク