たわしの不妊手術を終えて

皆さまこんばんは。本日は保護猫たわしの不妊手術でした。

 

 

偶然にも安藤さんの保護猫たちも去勢手術が入っていたので、少しおしゃべりを

IMG_1399

 

 

もふもふ譲渡祭では運搬を一手に引き受けてくださりありがとうございました。

 

 

ボボボの散歩をしていたemi-goと3人で(距離を取って)しばし談笑

IMG_1398

 

 

お天気でよかったね♪

IMG_1396

 

 

チャポポもいました。元気?

IMG_1393

 

 

猫舎にいた安藤さんの保護猫助さん&格さん

IMG_1409

 

 

手術が無事に終わりました。お疲れさまふたりともがんばったね。

IMG_1410

 

 

助さん格さんは現在家族募集中です。気になる方がいたら仰ってくださいね。

 

 

たわしもえらかった。この一枚は麻酔から覚めつつあるところです。

IMG_1411

 

 

開腹の結果、たわしは卵巣及び子宮、そして腎臓がひとつしかないことがわかりました。

 

 

中島先生が追加でエコー検査してくださったけれど、やはり腎臓はひとつしか見当たりません。

 

 

稀ですが、先天性の奇形ではないか? とのこと。

 

 

結果を聞いて、たわしが外猫で終わらなくて本当によかったと思いました。

 

 

そして改めてたわしが愛おしくなりました。

IMG_1413

 

 

みんなそれぞれにちがうので、私はたわしの「持っているもの」も「持っていないもの」も好きです。なにがあろうと、なにがなかろうと、すべてはたわしの個性。

 

 

たわしの細胞の一個一個まで……それがたわしのものなら、それだけで充分です。

 

 

あるもの、欠けているものでたわしを判断しません。

 

 

しかし子宮や卵巣はいいとしても、シニア期になったら腎臓は注意が必要ですね。中島先生に年に数度の検尿や血液検査を勧められました。私も同感です。

 

 

まあ、でも生き物ですから、そうでなくても老齢になったら注意をするのは当然ですよね。

 

 

昼間は病院で軽く狼狽したのですが、今は晴れ晴れしています。

 

 

私の目の前のたわしは元気に生きているから。

 

 

明日お迎えに行ってきますね。あたたかいまなざしで応援してくださる皆さまに感謝して。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





その猫

※ブログを連続更新しています。

(web日記としての記録、及び個人の感想)

~自分にとっての3.11~

原発付近や被災地となった場所はとてつもなく甚大な被害を受け、私は胸をバクバクさせながら悲しい日々を過ごしました。日本が壊れていく…どうしよう、と。

「被災地に比べたら自分なんか……」


という遠慮を持ちつづけ、やり場のない気持ちを抱えていたのも事実です。

あの日私は長年少しずつ集めていた食器がほとんど割れ、家中がガラスだらけになりました。

 

 

リサイクルショップをまわって入手したもの。アンティークショップで偶然出会えた一点もの。それらは私にとって貴重な財産でした。

 

 

余震の恐怖の中、ひとり粉々のガラスを片づけ、保護犬猫たちを一部屋に集め、彼らの安全のことばかりを考えていました。彼らを生かすことを考えていました。

 

 

キャパと責任の重さとの対峙。守る手は私の一本の右手と一本の左手だけ。

 

 

(チチは会社にいて身動きが取れなかったのです)

 

 

頭数の多さに私自身が押しつぶされそうでした。余裕をもって行動すべきだと痛感したのです。何ごとにも「余白」が必要だと。ぎっしりではいけないんだと。

 

 

震災のあとは震災で感じた恐怖を誰かに話すことを恐れていました。

 

 

「あなたなんか、まだいいわよ! もっと大変な人がいるのよ」

 

 

そう笑われるのがわかっていたから。

 

 

でも、批判を覚悟で本音を書かせてもらうと、各々が自分の人生を生きている限り、「不幸の大小」はほかと比較できないし、すべきではなかったのです。

 

 

私の味わった苦悩に周囲から自粛を求められる空気がつらかった。息が詰まってしまう。

 

 

私はあれ以来ほとんどTVをつけなくなりました。うまく言えないのですが、「モード」や「風潮」や「こうあるべき」に興味が完全に失せてしまったのです。

 

 

もし、当時、私の隣に家が全壊した方がいたとして、あるいは、ケガをした方がいたとして、そこにおにぎりがひとつしかないとしたら……私はひとつしかないおにぎりをその方々に譲ります。お腹が減っていたとしても、潔くおにぎりをあきらめます。

 

 

しかし、自分の行動の全てを自分で選択したいのです。

 

 

ほかの人から「そのおにぎりを食べる資格があなたにはない。より困っている人にあげなさい」と干渉される筋合いはありません。

 

 

善意ってなんですかね?

 

 

押しつけられるものではなく、自分の内側から自然に湧き上がるものじゃないですか?

 

 

3.11の日にうちのマンションの下でガクガク震えていたノラ猫の姿を私は忘れません。あの怯んだ目を、今でも思い出します。まちがいなく、その猫は私より弱者でした。無力な存在を近くに見つけて、いても立ってもいられませんでした。

 

 

けれど先述のとおり、自分の家の犬猫たちのことだけで精一杯になり、その猫をどうすることもできませんでした。私はその猫を見捨てることしかできませんでした。しかしだからこそ、近いうちに迎えに行こう、保護しようと自分に誓ったのです。

 

 

猫のためではなく、自分のために。

 

 

日常を取り戻してから間もなく、縁あって私はその猫をスカウトしました。

 

 

その猫と暮らし、その猫を終の棲家に見送ったあと、私の中の3.11に、ほんの小さな、ペン先でちょんとつけた点くらいの大きさのピリオドが打てました。

 

 

1日遅れましたが、被害に遭われた方に改めてお見舞い申し上げます。

 

 

私の信頼する里親さん宅で腹出して寝ているのが、その猫「いっきゅう」です。

IMG_0800

 

 

つらつらと失礼しました。

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





リルからのプレゼント

※ブログを連続更新中。遡ってお読みくださいね。

 

 

本日は午前中からバタバタの1日でした。

 

 

リルを大巻先生のもとへ送り届け、その足でチチの仕事部屋へ

0rirurn (9)

 

 

愛する大家さんに少しでもきれいな状態でお返ししたいから必死こきました。保護猫すずらんがいくつもの段ボールを破壊してクローゼットは紙くずだらけ^^;

 

 

当面毎日通って掃除だな。

 

 

仕事部屋の掃除ばかりで703号室の手入れが行き届かず、居心地が悪い……。

 

 

そういえばチチはボクシングをやっていたんだっけ。懐かしい。

0rirurn (10)

 

 

いったん帰宅後、仕事のメールやにこくんの応援blogを書いてリルのお迎えへ

 

 

703号室のリビングもトイレットペーパーがめちゃくちゃに。ああもったいない!

0rirurn (8)

 

 

「ごめんなさい」

0rirurn (6)

 

 

現行犯逮捕された保護猫たわし。かわいい罪でチュウの刑に処してやりました。

0rirurn (7)

 

 

そうこうしている間にリルのお迎えの時間が迫ってきたので再び家を出ました。

 

 

とその前に、卒業生ポテチ&コテツ家へ寄ってシッターの打ち合わせ♪

 

 

ポテチは相変わらずベッドの下で石状態(笑)。

0rirurn (12)

 

 

次男坊コテツはずいぶん社交的になったよね。

0rirurn (11)

 

 

ポテチもコテツも私が近所で出会ったFIVキャリアの成猫。思い入れの深い卒業生たちです。三男坊のヤマトは里親きーやんさんが保護し、乳飲み子から育て上げたのですよ。

0rirurn (14)

 

 

数えきれないくらい会っているのに必ずシャーされるという。まあ、この顔がたまらないのですよ。

0rirurn (13)

 

 

ヤマ坊、私といっしょにお留守番をがんばろうね♡ 会えてうれしかった。

 

 

コロナウイルスの影響でシッターのお仕事にいくつかキャンセルが出て困っていました。旅行がキャンセルになっているからしょうがないですよね。でも、労働者には正直つらいものがあります。

 

 

登壇予定だった2つの講義も無期限に延期。一生けん命準備したのに、はあ……。

 

 

そんな中、新規のお仕事の依頼をいただき、ありがたい限りです。

 

 

ポテチ家をあとにした私はリルの待つ病院へ急ぎました。

 

 

やあリル、お疲れさま

0rirurn (15)

 

 

リルはドッグドッグを受けたのです。

0rirurn (2)

 

 

やれることをぜんぶやってくださいとお願いしたのですが、結果を聞くまで内心バクバク。特に腎臓の数値と心臓の状態が気がかりで仕方なかったです。

 

 

「もうすぐ17歳には見えません。股関節も肺も……何もかもが若いです」

0rirurn (3)

 

 

「かろうじていえばSDMA検査結果の数値が微妙に高い以外は、悪いところはありません。すごいなあ、いや~ 若いですよ! 若い! 17歳近くには見えない」

0rirurn (5)

 

 

大巻先生の話を聞いて泣きそうになった私。ホッとした。よかった。

0rirurn (4)

 

 

大巻先生の奥さんにブラッシングしてもらうリル

0rirurn (1)

 

 

お世話になりました。ありがとうございます。

 

 

ドッグドッグの明細はこちら(大巻先生が超音波を小型犬の値段にしてくれた♪)

IMG_0811

 

 

今の私には決して安くないですが、リルの健康状態がわかって大満足です。

 

 

この検診はお母さんからリルへのプレゼント。そしてリルからはもっと大きなプレゼント(検査結果)をもらってしまいました。やった!!

 

 

とはいえ、リルは老齢なのでいつ急変するかはわかりません。

 

 

検査結果が良好だったということに安心しすぎずケアをしていこうと思っています。

IMG_0812

 

 

天国の高菜くん、妹のリルはまだこっちでがんばりますよ。

IMG_1511

 

 

リルは高菜のように毎日を精いっぱい生きていくそうです。

IMG_1512

 

 

 

万物に感謝♥

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





幸福の延長(シッター日記:ももとさくら家)

※ブログを連続更新中。遡ってお読みください。

 

 

※長いです。ごめんなさい。

 

 

先日私は卒業生もも&さくら家で3シッティングしてきました。

IMG_8859

 

 

お仕事のことをぜんぶ書けているわけではないのですが、折を見てなるべく放出しています。タイムラグがありますが、よかったらおつき合いくださいね。

 

 

にくきゅうのおせわ屋というHPをチチが作りました。これまで受けてきた方は私に直接ご連絡いただいて大丈夫ですが、新規の方はこちらからお願いします。

 

 

屋号はチチと相談しながら決めたのです。

 

 

「ペットシッター」より、もっとマルチな意味合いを持たせています。

 

 

というのも私ね、昔保護犬ゴンタを看取ったのですが、正直ゴンタは若かった私をもってしても、高菜の10倍辛かったです。重度の認知症と多尿多飲のゴンタは絶えず旋回し、排泄し、掃除しても洗濯してもうちは常に昭和の公衆便所の臭いがして、家じゅうがめちゃくちゃの状態でした。

 

 

2年2か月の介護生活で、心身共にゆったりとくつろぐこともできず、私自身が極限まで追いつめられていた記憶があります。血管肉腫と闘いながら生きていてくれたゴンタはかわいい。しかし1日でもいいから、定期的にだれかにゴンタを丸投げしたかった。本当にそうしたかったです。

 

 

当時私は会社員だったチチにゴンタの世話を頼むこともほとんどしませんでした。疲労困憊ですごく消耗したし、ひとり孤独感に苛まれることが多かったです。

 

 

犬も猫も高齢化社会なので、きっとかつての私と同じ境遇で悩んでいる方がいるでしょう。「にくきゅうのおせわ屋」はそういう問い合わせにも対応していきたいです。ちなみにロゴはゆちゃんに仕事で依頼しました。何種類も作ってくれたのでおいおいブログで自慢させてくださいね。

 

 

おっと。脱線しすぎた失礼っ!

 

 

「話なが~い」

IMG_8603

 

 

「飽きちゃった」

IMG_8602

 

 

もも姫、ごめんごめん^^;

IMG_8601

 

 

もも(海子)は703号室を巣立って3年半経つのに、見てください。私に甘えてくれるんですよ♡ ももはノラ猫あがりのスターたち(ノラスタ)にも登場しています。

IMG_8604

 

 

里親さんと仲よくさせてもらっています。もふもふ譲渡祭にも遊びに来てくださいました。

 

 

里親さんは私から成猫のさくら(かえ)を迎え入れ、2姫とのラブラブ生活を謳歌中。昨年は外で行き倒れていた腎不全末期のあんずくんを迷わず引き取り、家族として天国へ見送った方です。

IMG_5599

 

 

あんずくん、束の間だったかもしれないけれど、いっぱい愛されて幸せだったよね。

 

 

次女さくら姫も元気です。打ち合わせのときの一枚♪

IMG_8517

 

 

リビングでお留守番をがんばったももとさくら

IMG_8622

 

 

セキュリティーがハイテクかつ最新で、人にも猫にも安心のおうちです。

IMG_8643

 

 

3回目に撮った写真。前夜の運動会の様子がまぶたに浮かぶ(笑)。

IMG_8641

 

 

オシャレだなあ……

IMG_8594

 

 

私がプレゼントしたもふもふ譲渡祭のカレンダーを飾ってくれていました。うれしい!

IMG_8595

 

 

(※もふもふカレンダーほしい方いますか? 15冊くらい残っています。ノラスタを私から買ってくれたらプレゼントにつけちゃう。ほしい方は連絡ください。笑)

 

 

日光浴を楽しむももと、ドームベッドに引きこもるさくら

IMG_8608

 

 

ごはんはそれぞれ別室で食べました。

IMG_8613

 

 

完食のももも、数粒残しながらも一生けんめい食べたさくらも、どちらもえらかったです。

IMG_8609

 

 

吐き戻しもせず、ちゃんと消化してくれてホッとした。

IMG_8618

 

 

ママにしか懐かないさくらも、立派に乗り切ってくれてありがとう。

IMG_8647

 

 

食の細いさくらがそれなりにべてくれたのがなによりでした。

 

 

そっとしておいてほしいさくら姫にはしつこくせず、かわりにグイグイ来てくれたもも姫とはたくさんお話しました。動画を貼りつけておくのでご覧ください。

 

 

もも、保護猫海子時代のこと、もう忘れちゃったかもしれないけれど、ほら、うちにほほって黒猫がいたでしょう? 重い水頭症と闘っていたほほが、もものこと大好きで、もものあとを追いたくて、ももがいたからほほが再び歩けるようになったんだよね。

IMG_9093

 

 

あの時期、奇跡を呼び起こしてくれたのはまちがいなくももだったと思う。

 

 

ほほのことを思い出すのは私にはとてつもなくキツい。毎日蓋してる。

 

 

会いたくてどうしようもなくなるのが怖い。

 

 

でも、終の棲家でキラキラ生きているももを眺めていたら、ふとほほがもものそばに現れた気がしたの。ももの幸福の延長線上に、ほほを一瞬見つけた気がした。

 

 

もも、703号室時代、ほほを尻に敷いていっしょに遊んでくれたよね。

IMG_9092

 

 

もものそばでほほがどんなに満足げで得意げだったか、私は絶対忘れません。

 

 

犬猫は喜びと痛みを教えてくれる存在です。

 

 

人と人の絆を深め、縁を繋いでくれる存在です。

 

 

私にとっては、いなくてはならない存在です。

 

 

 

LOVE

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





もふもふ譲渡祭プレゼント先2

皆さまこんばんは。遅くなって申し訳ありません。

 

 

もふもふ譲渡祭プレゼント先の第二弾をUPします。(前回はこちら

IMG_8271

 

 

余談ですが、本日もふもふ譲渡祭でご縁を得た保護猫ふぅちゃんのお届けだったのです。

 

 

本当に多くの方とともに有意義なイベントを行えて幸せでした。

eee (2)

 

 

楽しかったし♡

eee (1)

 

 

ふぅちゃんはトライアルですので、正式譲渡の暁にはブログに卒業レポをUPします。ふぅちゃんは入院中の保護主さんにかわり私が譲渡責任者になっています。

 

 

さて、私が預かっていた残りの一口(10万円分のAmazonギフト券とブロードライン)は大阪のチャトミちゃん、関東のまなちゃんのふたりで折半しました。

 

 

それぞれ0.5口(5万円ずつ+ブロードライン)を元旦に宅配便で送付済!

 

 

関西のチャトミちゃんはひとり暮らし。フルタイムで働きながら保護譲渡活動を10年以上つづけています。私とは10年来の古いつき合い。これまでにあまたの保護猫たちを譲渡してきた方です。そんなチャトミちゃんが1年4か月もの間、前のめりで「家族募集」をしているウインクのルミエルくんと

IMG_8908

 

 

FIVキャリアのルイくんは、twitterでも気にかけてくれる方がいますよね。

IMG_8909

 

 

おうちにはほかにも保護猫がいるし、元保護猫たちを家族として引き取って暮らしているチャトミちゃん。外猫たちのごはんやTNRもがんばっています。律儀で正義感の強い女性です。

 

 

もふもふ譲渡祭バザー担当のまりおさん(卒業生ゆきちゃんの里親さんでご自身も個人で外猫の保護譲渡活動をしています)は、バザーのバタバタでくじけそうになったとき、チャトミちゃんにプレゼント物資を贈ることをイメージして乗り切ったそうです。その話をチャトミちゃんに伝えたのですが、はじめは断られてしまいました。みなさんの善意を受け止めていないのではなく、ひと言でいうなら「私なんかが……」と恐縮していた感じです。まあチャトミちゃんらしいけど。

 

 

でも私もまりおさんと同じ。チャトミちゃんにプレゼント物資を贈りたかった。お友だちだからではありません。清くあろうとしているし、正しくあろうとしているからです。それにチャトミちゃんの「原則自己責任で賄う」、「身の丈を超えない」姿に芯の強さと数々の苦悶も感じ取れます。

 

 

いったいどれだけのパワーでルミくんとルイくんの家族募集を継続してきたのだろう? 一生けんめいやっているのに結果が出せないと消耗し、やさぐれそうになりますよね。痛いほどわかる。

 

 

現実、高額な保護猫たちの医療費のほかに保護猫たちのQOLを維持するためにかかった費用や里親募集のために作ったチラシ代や消耗品のお金などを挙げると私の胃が痛くなるほどです。しかもチャトミちゃんは猫を保護して終わりにしていない。毎日毎日いい譲渡をしようと継続して努力しています。受け取ってもらうために石頭をかなりの時間をかけて説得しました(笑)。チャトミちゃん、みんなの熱い思いなので、遠慮せずにフードや猫砂でも買ってね。

 

 

もふもふ譲渡祭にチラシで参加したチャトミちゃんの保護猫ルミエルくんとルイくんを譲渡担当のみいさんたちが品よくプッシュしている姿にも私は胸を打たれました。

 

 

いいご縁が繋がりますように。

 

 

そしてもうひとりはまなちゃん。まなちゃんちには現在保護猫チェスと

IMG_8910

 

 

ポチャまんじゅうが在籍中。チェスは家族募集のステージに立っています。

IMG_8911

 

 

 

チェスとポチャまんじゅうはまなちゃんと私が保護したので、実在感、可視感はたっぷり。保護から譲渡にいたるまで、私はまなちゃんの努力も目の当たりにしています。ときどき保護猫たちに関する相談にも乗っています。まなちゃんは良縁を得るためにいつも真剣に悩んでいます。しかし、よく会っているまなちゃんは私に近すぎる気がして当初はチャトミちゃん一本でいこうと考えていました。

 

 

ところがチャトミちゃんが首を縦に振らない。

 

 

そこでまなちゃんに打診し、最後にはふたりで仲よく分けてもらう形に落ち着いたのです。実はその過程でまなちゃんにも振られ、私がちょっぴり淋しい思いをしたという^^;

 

 

チャトミちゃんとまなちゃんの恐縮する理由も私は理解しています。

 

 

けれど今回は「個人」を応援する趣旨で開催したイベントなので、受け取ってもらえてよかったです。あと、共催のemi-goのほうの3名のすばらしい個人の方もいらっしゃるので、近日中にその方たちのことも簡単にご紹介させてください。

 

 

皆さまのおかげで全部で4口(合計6名)の方にもふもふ譲渡祭のプレゼント物資を渡すことができました。どうもありがとうございました。

 

 

(※ルミエルくん、ルイくん、チェス、ポチャまんじゅうの写真はチャトミちゃんとまなちゃんより拝借しました♡)

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク