心のケガと保護した責任

皆さまこんばんは。内側に闇を抱える40代です(苦笑)。

 

 

最近絶不調で、MIHOさんにもらったべべナナクッションを抱っこの日々。自分でもつくづく「病んでるなあ」と思ったりします。なんだろうね? 超キツい。

1kiryoku (8)

 

 

 

決めたスケジュールをこなせないイライラ感は半端じゃありません。

 

 

あ、ほかの方に当たったりはしないですよ。あくまでも自己完結の焦燥感です。

 

 

昨日は心療内科通院日でした。お世話になっている斉藤先生に胸中を相談し、薬を変えることにしたのです。ひと昔前だったら精神的な病は隠すべき時代だったかもしれないけれど、現代を生きる者としては身体のケガ同様、心のケガがあってもいいんじゃないかと。

1kiryoku (3)

 

 

 

私は宇宙でいちばん好きなべべと活動の源であるナナを失ったのですから、そんな簡単じゃないです。未だ毎日毎日襲ってくる喪失感に太刀打ちできません。

 

 

うー、とにかく早く元通りになりたい。

 

 

萎んでいる最中、テンションの上がるプレゼントが届きました。

 

 

キャー!! emi-goより宮崎産のマンゴーが♪

1kiryoku

 

 

 

卒業生すもも家よりおいしいお魚の切り身が……

1kiryoku (2)

 

 

 

すもも1周年おめでとう。あっティーさんに出会えてよかったね。

1kiryoku (1)

 

 

どうもありがとうございました。

 

 

 

もしなにも抱えていなければ落ち込みたいだけ落ち込んだりできるのかな?

 

 

そうしたら少しは楽なのかもしれない。

 

 

うちにはリル、ほほ、あまぱん、さぶと保護猫あさひがいます。

 

 

たいせつにしなければならない存在があるからこそ、立ったり転んだりを繰り返しながら前進しているけれど、ときどき詰まってしまうと辛く感じる。

1kiryoku (6)

 

 

 

「まあおれがそばにいるから元気出せよ」

1kiryoku (7)

 

 

 

うん。そうだね。家族がいてくれてありがたい。

 

 

 

「ぼくは留学先でちゅーる漬けの日々を送っています」

1kiryoku (4)

 

 

 

ふふ。実はジャイアンは703号室にいないんですよ。

 

 

どこへ行ったかな?

 

 

家に招き入れた時点で、たとえ私の体調がさらに悪化しても、百香、ローズ、ジャイアン、あさひの保護猫4匹はぜったいに終の棲家へ案内しようと固く誓っていました。ローズ、百香につづき、ジャイアンもいいお知らせができるようがんばります。そしてあさひの家族募集も努力します。

 

 

保護した責任を取る、ということの難しさを痛感することもありますが、私の問題と彼らの将来は別物ですので、両者をきちんと分けていきたいです。それが私流の「愛の形」ですから。

 

 

留学先でのできごとは、落ち着いたら触れますね。

1kiryoku (5)

 

 

 

ジャイアンの明るい未来を私と祈っていただければうれしいです。

 

 

保護猫百香の卒業記事は今週中にUPしますね。百香は長期トライアルを経て、このたび正式譲渡が決まりました。応援してくださった皆さまに感謝です。

 

 

晩安!

 

 

スポンサーリンク





ワープ

「今日は おれんちの秘蔵っ子を紹介するな」

11waapu (11)

 

 

 

「なんかすごい技を披露してくれるらしいぞ」

11waapu (12)

 

 

 

とその前に、プレゼント自慢♪

 

 

だいぶ前になってしまいましたが、豆さまよりたくさんのお洋服が届きました。

11waapu (2)

 

 

 

ベーシックかつ実用的なものばかり。豆さまありがとうございました。

 

 

 

みいさんMIHOさんからはナナの絵が。そっくり……

11waapu (10)

 

 

 

ナナのやさしさ、老犬特有のやわらかい雰囲気が滲みこんでいます。

 

 

右耳、右目、と左耳、左目のちがいにも感動。みいさん、MIHOさんありがと。

 

 

 

「あのねえみなさん」

11waapu (8)

 

 

 

「秘蔵っ子はぼくだよ」

11waapu (9)

 

 

 

「ぼく最近 いろんな意味で成長したし 変化してるの」

11waapu (13)

 

 

 

「できなかったことがひとつずつできるようになったよ」

11waapu (1)

 

 

 

「ハハからはだいぶ明るくなったねってほめられる」

11waapu (7)

 

 

 

「心は閉じているよりも開いているほうが楽なんだね」

11waapu (5)

 

 

 

「ぼくねえちょっと別次元にワープしてみようかと」

11waapu (6)

 

 

 

「いやいや寅さんみたいに外に旅をしに行くんじゃなくて」

11waapu (15)

 

 

 

「そろそろぼくの居場所をさがしてみるつもり」

11waapu (14)

 

 

 

「あて?」

11waapu (3)

 

 

 

「さあどうだろ まだ“ジャイアン”を脱ぎ捨ててもいいかなってところだから」

11waapu (16)

 

 

 

「ペチャクチャペチャクチャ よーわからんっし」

11waapu (4)

 

 

 

というころで、ジャイアンは挑戦の一環として「チェンジ&ワープモード」に入るらしいです。

 

 

だれもが次のステージに歩み出る姿は美しいですね。今後もジャイアンにロックオンしていきますので、あたたかく見守ってください。

 

 

え? 意味不明? いいのいいの。そのうちね♪

 

 

 

犬と猫がみーんな幸せになりますように。

 

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





明日まるは巣立ちます

さっき撮った写真

1sotuma (15)

 

 

 

あまぱんは私よりかごバッグが似合うので、これはもうあまぱんにあげます。

1sotuma (14)

 

 

 

シニアでひとまわり痩せてしまったあまぱんですが闘病をがんばっていますよ。

1sotuma (1)

 

 

 

保護猫たちも元気です。代表として撮りたてのジャイアンをつけて♪

1sotuma (13)

 

 

 

おしゃべりする声が甲高くて女の子みたい。

 

 

ジャイアン、あさひの幸せについても探求中ですので、見守ってくださればうれしいです。

 

 

さて、いよいよまる坊が黒田さんちへ巣立ちます。

1sotuma (11)

 

 

 

病院へまるに会いに来つづけてくれた黒田さん

1sotuma (2)

 

 

 

今、黒田さんはどんな心境でしょうか? ソワソワかな? それとも意外と落ち着いているのかな? あたらしい家族が増えるのは刺激的で緊張しますね。

1sotuma (4)

 

 

 

先代犬タロ(703卒業生)の旅立ちから4年。

 

 

 

犬がいないにも関わらずマンションの「ペットの会」に加入して掃除などをつづけてきた黒田さん。ほかの住民さんが犬猫と暮らすのをニコニコ眺めていたんです。

 

 

 

次は黒田さんがほかの住民さんに「まる」を自慢する番ですね。

 

 

 

「え ぼくを?」

1sotuma (5)

 

 

 

そうだよ。

1sotuma (10)

 

 

 

中島先生のワシャワシャタイム~

1sotuma (8)

 

 

 

「なかじませんせい ぼくもうすぐおひっこし?」

1sotuma (6)

 

 

 

「ちゃぽぽもいっしょ?」

1sotuma (7)

 

 

 

看板犬ちゃぽぽとは離れてしまうけど、黒田さんはまるを連れて定期的に中島先生の病院へ通うからときどき会えるよ。それならいいでしょ?

 

 

 

いっぱいお家があるからいいねまるは^^

1sotuma (9)

 

 

 

黒田さん、旅行のおみやげありがとうございました。おいしかったです。

1sotuma (12)

 

 

 

明日、emi-goと私で責任を持ってまるを黒田さん宅にお届けしますね。

 

 

 

新居は卒業記事にてUPします。皆さまお楽しみに!

1sotuma (3)

 

 

 

要らない子はいないね。

 

 

 

不要物じゃないですよ。みんな生きているんだもの。

 

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク





3つの柱を通したい

5月21日に衆議院第一議員会館で女優の浅田美代子さんを中心に大集会が行われました。議題は「8週齢規制、各種数値規制、繁殖業の免許制」の三本柱です。

IMG_2274

 

 

 

私はTOKYO ZERO呼びかけ人の一員として参加。チチが車で送ってくれたので迷子にならず無事永田町に到着。チチ、ありがとう。お世話になりました^^

IMG_2271

 

 

 

ぜひTOKYO ZEROニュースをご覧ください。私たちは真剣です。

 

 

目前に迫った動愛法改正に向け、骨抜き満載の悪い予感がします。今回の法改正がゆがんだものになるならば、犬猫たちにとっては非常に厳しい未来がつづくのです。これを逃せば次の動愛法改正は5年後です。5年の間にどれだけの犬猫たちが悲惨な運命をたどるのか、想像するだけでも恐ろしい。よってふだんは現場で微々たる保護活動をしているだけの私も声をあげるべきときだと思いました。

 

 

はじめに断っておきますが、ここに皆さまの政治的、思想的主観を押しつけないでいただきたいです。私たちは目的を達成するために、超党派でやっています。

 

 

だれが好きとかだれが嫌いとか言っていたら、何十年経っても現状を変えられません。

 

 

それを熟知している方々が集まっているのです。ご理解くださいね。

IMG_2287

 

 

 

司会は渡辺眞子さん。私は17年前に眞子さんの著書を読んでこの世界に興味を持ちました。眞子さんが書いた一冊で私の運命が変わったのです。

 

 

世良さん、湯川さん、浅田さん

IMG_2285

 

 

 

マスコミも多く集まりました。でももっと拡散しなくてはなりません。

IMG_2290

 

 

 

超党派の国会議員の方々

IMG_2281

 

 

 

忙しい中時間をやりくりして集結しました。

IMG_2276

 

 

 

現状を多くの方に知っていただきたいです。

IMG_2280

 

 

 

動愛法改正を業者優位に持っていこうとしている政治家がいます。

IMG_2282

 

 

 

業者優位に持っていこうとしている議員の名はこの場では語られなかったのですが、明らかになれば有権者の私は自分の一票を決してその方々には入れません。

 

 

世良さんの熱いスピーチにほんとうに心が揺さぶられました。

IMG_2292

 

 

 

民意をナメんなよ、ってことを仰りたかったんだと私は解釈しました。

 

 

そうですよ。

 

 

裕福な方も貧しい方も若い方もお年寄りもみんな平等に「1票」を持っているのですから。私たちはやろうと思えば「4つ足の家族のために」なんだってできるのです。

 

 

はじめてお目にかかったランコントレ・ミグノンの友森さん

IMG_2293

 

 

 

細川弁護士、川田議員

IMG_2289

 

 

 

それぞれがそれぞれの立場で、視点で、この問題に取り組んでいます。

 

 

私はTOKYO ZEROの事務局の要請でジャーナリストの山路徹さんに来ていただくことを打診。事務局は発信力のある山路徹さんの力をお借りしたいのです。TOKYO ZEROの要望にあっさりOKし、横に座ってくださっています。私の仲よしの絵本作家スギヤマカナヨさん、ハリスさんもパチッ♪

IMG_2337

 

 

 

TOKYO ZEROの呼びかけ人モデルの小林里香さんもいます。

IMG_2317

 

 

 

全員が一丸となり、動愛法改正を「業界優位」ではなく、「犬猫のため」のものにしなくてはなりません。それにはどうしても8週齢規制、各種数値規制、繁殖業の免許制を実現したいのです。

 

 

犬猫好きの皆さま、他人ごとではないですよ?

 

 

犬猫のためになにかをしたいと思っている方は賛同してください。

 

 

私はTOKYO ZEROが発足した4年前から呼びかけ人として末席にいます。

 

 

私をちゃんと知ってくれている人は、私の感じる肩身の狭さや、私の真意をわかってくれるでしょう。私は著名になりたいのではなく、この3本柱をなんとしても通したいのです。じゃないと、だれがどんなに保護をしても追いつかない。

 

 

保護譲渡活動している方々は飽和状態がつづき、疲弊が増すばかりです。

 

 

だから8週齢規制、各種数値規制、繁殖業の免許制が必要です。

 

 

山路徹さんは明日さっそくラジオで集会の話題を取り上げてくださるそうです。

IMG_2338

 

 

 

拝聴するのを楽しみにしています。

 

 

著名な方は声が通りやすい。影響力もある。

 

 

業界団体に対抗するには問題を提起し、全国民に周知させなければなりません。

 

 

納税者、有権者の意地を見せていきましょう!

IMG_2507

 

 

 

「ぼくも犬猫をまもるに一票っ!」

IMG_2606

 

 

 

まあジャイアンは選挙権がないからむずかしいな。

IMG_2604

 

 

 

「そんなバナナ……」

IMG_2605

 

 

 

HELP!

 

 

 

スポンサーリンク





私信 703号室の里親さん方へ

物理的に時間がなく、また頭を整理したかったので数日かかってしまいましたが、今日は本気でブログを書きます。読んでくださる方も本気だとうれしいです。

IMG_2030

 

 

 

先日、約3年前に我が家を巣立ったいせやん改め「景虎(かげとら)」が自宅から脱走しました。

 

 

その夜私はemi-goの病院で保護犬まるのお見合いをしていたので里親さんからの連絡に気づいたのは少々経ってからだと思います。

IMG_2478

 

 

 

1日中忙しく走りまわりごはんを食べていなかった私は定食屋に入り、1食目の遅い食事をオーダー。そこでラインを開いたのです。見た瞬間全身の血の気が引きました。食事が運ばれてきても一口も食べることができませんでした。すぐさまemi-goの病院へ戻り、捕獲箱を1台借りて、自宅へ。

 

 

チチの夕飯は離婚覚悟で作りませんでした。

 

 

幸い、お見合いで病院へ行く前にごはんを炊いて家を出たのと、にゃん太さんにいただいたたくさんのごちそうが冷蔵庫に入っていたので、チチは勝手に食事を済ませてくれた模様です。

 

 

うららさんに貸していた捕獲箱を直ちにお返しいただく手はずを整え、私が持っている1台と合わせて、合計3台を持って里親さんが自宅下に来るのを待ちました。

 

 

いせやん改め景虎の卒業記事です。

 

 

「おれ 景虎2/幸せの703号室」

 

 

家族写真やいきさつや脱走防止対策等も載っているのでぜひお読みください。

 

 

正直、まさか景虎家で脱走事故が起きるとは夢にも思いませんでした。

 

 

 

私はひっそりと里親さんのインスタグラムで毎日景虎、サスケ、このは(全員703号室卒業生)を拝見していたのです。写真は里親さんのインスタグラムより

IMG_2576

 

 

 

卒業生サスケとこのはも同じお宅にいます。

IMG_2578

 

 

 

関連リンクをご覧になってどうですか?

 

 

里親さん宅の脱走防止対策は不十分でしょうか?

 

 

私はそうは思いません。だからたいせつな3匹を譲渡したのです。

 

 

里親さんのインスタグラムに迷子の一連が載っています。そちらを読んだほうがわかりやすいかと思いますのでアカウントを載せておきますね。

 

 

→ kagetora0228 kagetoraと仲間たち

 

 

 

いせやん時代の景虎は、超不良少年でした。タッチができるようになるまでほんとうに時間と勇気を要した猫です。私の渾身の卒業生。私が近所で保護した直後の景虎↓

IMG_8785

 

 

 

保護猫時代の景虎。横に写っているのはうちのあまぱんです。

IMG_1945

 

 

 

薄皮をはがすように根気よく向き合いつづけました。

IMG_5375

 

 

 

卒業前にはこんなにラブラブに♥

IMG_6156

 

 

 

うちから嫁いだ犬猫たちは、私が手塩にかけ育てた私の分身です。

 

 

その景虎が行方不明だと知った私は、息が止まってしまうほどショックでした。

 

 

里親さんは車を飛ばしてうちに来て、私が貸した捕獲箱3台を荷台に積み、私のアドバイスを聞き入っていました。里親さんと私は両者とも顔が青ざめていた気がします。

IMG_2611

 

 

 

チラシの作り方、ポスティングの方法、捕獲箱の設置の仕方などをお伝えしました。感情的にならず、興奮せず、しかし力強く。私にできるのはここまでです。

 

 

里親の皆さま、いいですか?

 

 

原則私は捕獲箱を持って現場へ捜索には行きません。

 

 

理由は私は暇じゃないからです。そして逃がした方に責任がある。その責任を回避することはできません。アドバイスや間接的な力添えはいくらでもします。

 

 

けれど、「家族」が見つけてやってほしいのです。

 

 

自信ありますか?

 

 

間仕切りのない外から自分の猫を取り戻す自信がありますか?

 

 

どうです?

 

 

むずかしいんですよ。すっごくたいへんです。

 

 

できますか?

 

 

できないなら、逃がさないでください。そして逃がしたら自己責任で必ず連れ帰ってください。どんな犠牲を払ってでも。それが筋ですし、唯一といってもいいほどの私の譲渡条件です。

 

 

万が一、里親さんが探してくれない場合には私が動きます。

 

 

ただし私が動いて私が見つけた場合、私はぜったいに里親さんの手には戻しません。譲渡期間の長短は関係ありません。法的に争ってでも私は連れて帰ります。

 

 

逆にいえば、私はここだけ、ここだけ、ここだけを常に強調しています。

 

 

迷子脱走防止対策。ここが私の要です。パフォーマンスじゃないですよ。ちゃんと活動をやっている感のアピールでもない。真剣に取り組んでいるのです。

 

 

ほかは自由に暮らしてください。ちゅーるをあげるもあげないも自由。動物病院選びも自由。食器の色もトイレの形も自由。お留守番が多少あっても大丈夫。

 

 

そのかわり、逃がさないでください。今一度深くお願い申し上げます。

 

 

景虎が迷子になった翌日、私はパワースポットへ行き、自分の寿命を多少減らしても構わないから景虎を家に戻すよう心から祈りました。その間景虎の家族は、600枚以上のチラシを撒き、捕獲箱を設置し、追加の捕獲箱のオーダーと地域の協力要請を終えていた頃でした。

 

 

景虎の家族は愛に満ちた責任感の強い方々なんです。

 

 

ほんの一瞬、魔が差しただけ。自分の身に置き換えても、不運とさえ言えます。

 

 

そして翌朝、景虎は無事に保護されました。

 

 

1日半で見つかったのは奇跡と家族の弛まぬ努力の賜物です。

 

 

里親さんの職業はブログでは明かせませんが、里親さんの職業柄、見つけられると私は踏んでいました。でも皆さまはどうですか?

 

 

その筋のプロフェッショナルですか? もしちがうなら、逃がさないでください。

 

 

再び私の捕獲箱に入ってくれた景虎

IMG_2509

 

 

 

どうかこれで最後にしてね(苦笑)。

 

 

 

里親さんは配ったチラシの回収とお礼のチラシの配布に勤しんでいました。

IMG_2511

 

 

 

想像してみてください。どんなに多大なエネルギーを要するでしょうか?

 

 

 

自宅に戻った景虎は、お父さんの足にぴとっとくっついています。お帰り♪

IMG_2513

 

 

 

景虎が戻った日の夕方、里親さんは力を振り絞って捕獲箱を返しに来ました。

IMG_2535

 

 

 

私たちは顔を合わせるなり、強く抱きしめ合いました。お互いが2日でひとまわり痩せてしまい、お互いにびっくり。そして再度脱走防止の強化を話し合い、私たちは笑顔で別れました。

 

 

次はちがう意味でまたニコニコの再会をしたいです。

 

 

 

お疲れっ! 大活躍してくれた宝箱たち

IMG_2532

 

 

 

律儀にもプレゼントとお手紙をくださった里親さん。ジャイアンは常連です。

IMG_2536

 

 

 

中身は私が宇宙でいちばん好きなフルーツのマンゴーでした!

IMG_2538

 

 

 

そして先ほどemi-goから連絡が来て、景虎家は私経由で捕獲箱を1台病院に借りたお礼としてプレゼントを送ったそうです。中身はお菓子かな? わからないけど。

IMG_2598

 

 

 

私は景虎家が大好きです。大大大好きです。家族だと思っています。

 

 

だから敢えて、私の気持ちを伝えたのです。

 

 

これから先も景虎、サスケ、このはを大事にしてくださるでしょう。

 

 

よってだれに隠すことなく、一部始終を皆さまにお伝えしています。

 

 

保護される犬猫たちは、なんかしらの不遇を抱え乗り越えた子たちです。

 

 

生き物ですから、いずれ彼らは命が果てます。

 

 

でもだからこそ、事故死や行方不明ではなく、布団の中や動物病院で看取ってやってください。家族の正しい管理下で逝ければ、彼らが味わってきた不幸も帳消しにできます。

 

 

事故は人間が防いでやれます。ならば防いでやりましょうよ。

 

 

703号室は「迷子脱走防止」に全力、全神経を注いでいます。

 

 

私自身も気を引き締めていく所存です。

 

 

最後に、とても辛い数日間の中で、にゃん太さんからふと届いたこれ↓

IMG_2501

 

 

泣けた。にゃん太さん、ありがとうございました。

 

 

ローズの卒業記事は今週中に書きますね。

 

 

長い文章をお読みくださってありがとうございました。

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク