べべ公とお母さんの誕生祝い

※blogを連続更新中。よかったらスクロールしてお読みくださいね。

 

 

1月29日、MIHOさんがべべ公と私の誕生日を祝ってくれました。

00e (12)

 

 

べべは毎年誕生日会をしてもらっていた私の宝です。

00e (7)

 

 

16歳のお誕生日会が生きているときの最後の会になりましたが、私の中では永遠であり、格別です。

 

 

家族という言葉をとうに超越した存在なのです。

 

 

まずは回転ずしで腹ごしらえ

00e (14)

 

 

いっぱい食べました♡ マンゴーは皮までいっちゃいそうな勢いです。

00e (13)

 

 

帰宅後、いよいよケーキタイム。MIHOさんキュートなケーキをありがとう!

00e (11)

 

 

まなちゃんに誕生日プレゼントでいただいたマリアージュの紅茶を淹れて……

00e (2)

 

 

家の中でMIHOさんとダラダラ過ごす至福のひととき

00e (15)

 

 

保護猫えい吉もこねてもらいました。

00e (3)

 

 

えい吉はだれにでもさわらせてくれるおりこうです。

00e (4)

 

 

えらいね。まんまるで愛らしいこと♪

00e (5)

 

 

「てへ」

00e (6)

 

 

会う人会う人を悶絶させまくっています。ふふ。

 

 

MIHOさん、プレゼントとバースディカードもありがとう。こんなにたくさん!

00e (8)

 

 

キャー! ジュリークだ。大好きです。ジュリークのボディローションと

00e (9)

 

 

私がほしかった地球の形をしたまるい毛布。裏面がモコモコで気持ちがいいの。

00e (10)

 

 

誕生日カードについていたハート型の眼鏡をかけてパシャ

00e (1)

 

 

ケーキのネームプレートにべべとお母さんの名前が並んで書いてある。それだけで本当に心に沁みます。味も最高でした。

00e (17)

 

 

リル嬢の散歩を兼ねてMIHOさんを駅まで送っていきました。

 

 

とはいっても3分の1は抱っこでございます。重いよ。リルの下僕としてすごす日々は体力を消耗します。でもお母さん幸せ^^

Inked00e (16) - コピー_LI

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





レオじいを囲む熟女の会

先日私は卒業生リリ家へ遊びに行きました。

IMG_6147

 

 

相変わらずリリ嬢は顔を見せてくれません。家族限定の内弁慶です。

 

 

だからこの手の写真しか撮れないという……

cache_Messagep217341

 

 

イヤがるリリを無理やりこねるのもかわいそうなので、そっとしておきます。

 

 

熟女組の目的は別のところにあるの♡

IMG_6253

 

 

ふふっ。リリ家のホスト役「レオじい」15歳

IMG_6250

 

 

ピアニストのchikakoさんがフランスの保護猫施設から引き取り一緒に日本に帰国。レオじいはchikakoさんのたいせつな息子であり、リリの家族です。

IMG_0052

 

 

腫瘍で余命宣告を受けたレオじいですが、見た目は元気満タン

IMG_0014

 

 

熟女たちはイケメンレオじいに熱いエールを送ろうと集まったのです。

IMG_6177

 

 

モテモテ

IMG_6163

 

 

カメラを持参したみいさんがみんなとレオじいを撮ってくれました。

IMG_6248

 

 

chikakoさんとレオじいは美男美女カップル

IMG_0001

 

 

雰囲気も似ている気がします。

IMG_6247

 

 

パチパチ撮影してくれたみいさん

IMG_0011

 

 

仕事を半休したマイ太郎さん

IMG_0002

 

 

703号室卒業生ポテチ(リリの父猫)&コテツの里親きーやんさん

IMG_0047

 

 

熟女たちの中では最年少だけど世間的には決して少女でもないゆちゃん

IMG_0008

 

 

おとなしくて控えめなアンニイちゃん(へへ)

IMG_0031

 

 

が参加メンバーです。

 

 

さあ、食べるぞお!

IMG_6133

 

 

「持ち寄り」でゴージャスなテーブルに早変わり

IMG_0015

 

 

私はスーパーの総菜コーナーの「生春巻き」を2パック、パイに見えるパン(紛らわしくてすみません)、ホイップクリーム、手づくりのリンゴジャムを持参!

 

 

完成形

IMG_0005

 

 

チチが買ってくれたリンゴを鍋に入れ

IMG_6118

 

 

赤ワイン、お砂糖、シナモンパウダー、レモンを加えて煮込むだけ

IMG_6119

 

 

リビングに甘い香りが広がってウットリのひととき

IMG_6120

 

 

できた~!!

IMG_6122

 

 

いちおうみんなおいしいって言ってくれましたよ! ほんとうだもん。

 

 

迷惑じゃなかったらまた作って配ろうかな?

 

 

まあしゃべるわ食うわで熟女らは大変な騒ぎですよ。私はついていけませんでした。

IMG_6161

 

 

フルーツも腹の中に

IMG_6186

 

 

そして誕生日が近かったきーやんさんと私にみんながサプライズケーキを用意してくれたんです。オシャレで味もサイコー! ありがとう。

IMG_0048

 

 

充電モード(注:騒ぎすぎて疲れたわけじゃありません)

IMG_6165

 

 

レオじいは常に会話の中心。熟女たちのお接待を自然にこなすスマートさ

IMG_0026

 

 

きっとchikakoさんはいっぱい苦しんだし、今も苦しんでいると思うのです。15年以上レオじいと生きているのですから。過去を振り返れば飼い主としての後悔もひとつやふたつはあるでしょう。けれどレオじいとリリは本当に恵まれた子たちですよね。

 

 

キラキラですよ。

IMG_0018

 

 

レオじい長生きしてね。リリは不束者ですから、レオじいの指導がなければますますおてんばになってしまいます。レオじいこれからもリリの面倒見てあげてください。

IMG_6249

 

 

※写真はほぼみいさん

 

 

LOVE♡

 

 

 

スポンサーリンク





魔法をかける

用事で病院へ行ったらemi-goがサプライズで誕生日ケーキをプレゼントしてくれました。emi-goありがとう。病院のスタッフとみんなでいただきましたよ。

eeeeei (11)

 

 

先ほどみいさんが送ってくれたその日の保護猫えい吉の写真を見て仰天。腰を抜かしそうになりました。えい吉が光っているのです。

eeeeei (13)

 

 

みいさんはえい吉になんの魔法をかけたのでしょう?

eeeeei (2)

 

 

えい吉はお耳カイカイ(外耳炎)の治療をしに来たのです。

eeeeei (1)

 

 

活動の用事でみいさんがいたのでついでにえい吉を撮ってもらいました。

eeeeei (14)

 

 

遅くても2週間以内にえい吉を家族募集サイトへ掲載します。

 

 

それまでにお耳もしっかり治しておきたいし、もっと仲よくなりたいし、いい写真もたくさんほしい。そこでみいさんに数枚お願いしたのです。

 

 

なのに撮ってもらったことをすっかり忘れていた私……

 

 

「え?」

eeeeei (3)

 

 

いやごめん。バタバタしていると物忘れがひどくなるね。

 

 

本当は怖いんですが、一生けんめい耐えています。

eeeeei (9)

 

 

成長したでしょう?

eeeeei (12)

 

 

手も口も出なくなり山路さんにも驚かれました。あつこさんのアドバイスで「孫の手」をつかって馴らしたんです。あとは私のオリジナル「あっ! トレーニング」の効果も出ていると思います。

 

 

マイ太郎さんの手づくりバンダナ(唐草面)でキメてきました。

eeeeei (7)

 

 

もうー!! ダメだよこれは!! 鼻血が出るもん……

eeeeei (4)

 

 

めちゃくちゃかわいいと思いませんか?

eeeeei (5)

 

 

出会った日のえい吉とは別猫みたいですよ。

eeeeei (6)

 

 

生活をともにする私のみならず、山口県の保健所でえい吉を見つけ必死に動いたaiさんやほかのボランティアの方々、リツイートの嵐で殺処分を食い止めようと応援してくれたみなさん、「ハチワレちゃんが頭から離れない」と実際に問い合わせ、引き取りをした山路さん、お世話になったemi-goの病院、写真を撮ってくれたみいさん、我が家でえい吉と遊んでくれたお友だちたち、えい吉に関わった全員がえい吉の奇跡を願い、魔法をかけた結果の輝きではないでしょうか?

 

 

えい吉が巣立ったら、また一匹をスカウトし、スターとして育てていきます。

 

 

募集前ですがえい吉が気になる方はどうぞご連絡くださいね。

 

 

私は保護動物たちと丁寧に接し、一匹一匹を磨いていきたいです。

 

 

大勢が各々の魔法をかければ、日本はあっという間に変わります。

eeeeei (10)

 

 

 

LOVE♡

 

 

スポンサーリンク





ほほの第二の母

最近の私はある意味規則正しい? それともめちゃくちゃ? な生活を送っていました。夜中の1時近くに就寝し3時に起きて午前8時頃まで書く。その後はみんなのお世話や家事を4時間程度。正午に寝て3時にまた起きる。もはや早起きなのか夜更かしなのか自分ではよくわからない。

 

 

でもそんな生活ももう終わり。2万文字の章を終え今朝野島さんに送りました。私なりに正月休みを楽しんで1月4日からラストスパートをかけます。

 

 

さて、先日私は703号室卒業生クー太の里親MIHOさんちに行きました。クー太ときなこを交えパジャマパーティをしたんです。クー太と私、ふたりともグチャグチャ……

222kurisumasu (3)

 

 

MIHOさんちでさんざん食べたあと、踏み台昇降運動を32分がんばりました。

 

 

意味があるのかないのか^^;

 

 

ほぼスーパーのお惣菜ですが、おいしそうでしょ?

222kurisumasu (9)

 

 

 

テーブルの花は私からMIHOさんへのプレゼント

222kurisumasu (11)

 

 

 

友だちになって長いのにそういえば一度もお花を贈ったことがない気がする。

222kurisumasu (10)

 

 

劣悪な環境から保護した成猫クー太を9年以上たいせつに育ててくれているMIHOさん。クー太は慢性鼻炎がひどすぎてメンテナンスのむずかしい猫なんです。

 

 

キラキラ輝いているのはMIHOさんのケアの賜物

222kurisumasu (8)

 

 

 

みいさんちの卒業生きなこともラブラブしました。美しさが半端ない♡

222kurisumasu (1)

 

 

 

女同士ペチャクチャしゃべりバクバク食べほしいものをネットで検索し、スリラー映画を鑑賞。運動もやったし本当に楽しいひとときでした。

 

 

MIHOさんは長年うちのお子たちをかわいがってくれています。

 

 

特にひいきしていたのはほほ。

 

 

私がほほより先に死んだら東京大学の前田先生がほほを引き取る話になっていたのですが、前田先生が何らかの事情で引き取れない場合はMIHOさんが後見人に名乗りを挙げてくれていたんです。

 

 

ほほの通院も毎度つき合ってくれました。私が誘うんじゃなくて自主的に来るんです。ほほが宇宙へ帰ったとき、私とチチの次に取り乱したのはMIHOさん。ほほとMIHOさんはいい関係だったんですよ。MIHOさんのiPhoneのカメラロールにはほほがいっぱい。

 

 

MIHOさんも私もまだ怖くてぜんぶは見られません。

 

 

先月私はMIHOさんの誕生日をサプライズで祝いました。

222kurisumasu (6)

 

 

といってもケーキとプレゼントを用意しただけですけど。

222kurisumasu (4)

 

 

 

MIHOさんの好きそうな赤ワイン、冷えをあたためる靴下、クラランスのハンドクリーム&ボディミルク、バラの花束に見えるチョコレート。ほほからはMIHOさんへの感謝のカード♪

222kurisumasu (5)

 

 

 

パチっ!

222kurisumasu (7)

 

 

 

ほほがいないこの部屋は前よりずっと暗い。私は相変わらずほほロスです。

222kurisumasu (2)

 

 

 

無理をしても忘れられないので、自分の気持ちを吐き出していきたいです。

 

 

べべとナナとほほに会いたい。かつや私が見送ってきた子たちに会いたい。会いたい会いたい会いたい。愛してきたし、愛しているから。

 

 

スポンサーリンク





まめの心臓 ほか

みいさんの里親さんの岡田さんファミリーよりほほへのお花が届きました。

wagaya (2)

 

 

まだきちんとお礼ができていなくてごめんなさい。きれいですね。どうもありがとうございました。在りし日のべべ公とほほを添えて、感謝です。

wagaya (1)

 

 

今日はクリスマスイブですが私は特に予定もなく家にいてます(笑)。ケーキくらいは食べたかったけれど、増えた2キロを考えるとパスしてもいいかも^^;

 

 

ケーキといえば、先日フォスターアカデミーの帰りに表参道で猫のシューケーキを見つけました。チチの誕生日付近だったので1匹連れて帰ることに。白(ホイップ味)にするか茶(チョコ味)にするかでさんざん迷って……

wagaya (4)

 

 

白をチョイス

wagaya (5)

 

 

食べるのがもったいないほどかわいいです。

wagaya (6)

 

 

でもまあ、容赦なくスパッとね……

wagaya (7)

 

 

無残な姿に夢を奪われた方々、本当にごめんなさい。おいしかったです。

 

 

「ぼくもクリーム一口もらった」

wagaya (20)

 

 

「おいしかった」

wagaya (19)

 

 

ハリくんよかったね。みんなでいただくと余計に甘く感じます♡

 

 

現在703号室には4匹の所属スターがいます。

 

 

卒業が決まっているハリ、すずらん、twitterでおなじみの山口えい吉くん、近所から連れ帰ったリタ。どの子も個性豊かでキラキラ。中でもトリッキーなぽっちゃりさんのおもしろい写真が撮れましたので紹介させてくださいね。

 

 

姿が見えないのでリタリタ探したら、こんなところにいました。

wagaya (9)

 

 

ふふ。折り上げ天井です。

wagaya (10)

 

 

えい吉のケージをつたって登ったのかな?

wagaya (11)

 

 

まあるいのに運動神経がいいですこと♪

wagaya (12)

 

 

そんなリタはえい吉の憧れの女性のようで……

wagaya (8)

 

 

えい吉はケージ越しにリタに向かって愛を叫びまくっています。

 

 

「恥ずかしいから言わないで」

wagaya (3)

 

 

あ、バラしちゃった。あとでえい吉からの容赦ないパンチが飛んでくるな。

 

 

 

最後に、先日妹と妹の愛犬まめを連れて世田谷にある心臓専門の病院へ行った日の写真を!

wagaya (13)

 

 

まめは15年前に私が草加警察から保護した成犬。

 

 

だからもう立派なおばあちゃん。心臓がめっきり弱くなり心配ごとが増えてしまったので心臓に特化したプロに診てもらうことにしたのです。

wagaya (14)

 

 

まめがんばれ!

wagaya (16)

 

 

まめは私にとっても大事な存在です。

wagaya (15)

 

 

院長先生いわく、心臓が肥大しているものの、直ちに急死するレベルではないとのこと

wagaya (17)

 

 

結果に妹は胸を撫でおろしています。私もホッとしました。

wagaya (18)

 

 

診察と検査にかかった時間は1時間弱。完全予約制ゆえ早く終わりました。ちなみに値段は7万円払って数千円のお釣りがくるレベル。高い。しかし妹はまめは若い頃健康で大してお金がかからなかったからこれくらい全然いいと話していました。妹だけでなくあとで家族に加わった妹婿のタカも同じ気持ちなのがうれしいです。

 

 

犬も猫もだれが家族になるかで運命がわかれますよね。

 

 

まめのために室内にカメラを設置し、投薬や良質なフードに手を抜かない妹は、手前味噌ながら安心できる里親だとつくづく感じました。

 

 

皆さまもたいせつな家族と素敵な聖夜をお過ごしください。

 

 

私の膝にはさぶがいて、すぐ隣の椅子にはあまぱんがいます。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク