リリ子の未来2

さて、皆さまお待たせしました。3月31日へタイムスリップです。

 

 

リリ子宅のガレージに到着。乗用車が6台以上は入るでしょうか?

IMG_8932

 

 

シャッターを閉め切ってしまえば安全で広いドッグランになります。雨の日の運動場にいいですね。ふふ。中型犬サイズのリリ子が小粒に見える^^;

IMG_8929

 

 

ガレージ横のお手洗いには先代犬ハルくんのために設けられた足洗い場が

IMG_8935

 

 

ノーリードでOK! 共用のエントランスではなく個人宅です。すごすぎる。

IMG_9011

 

 

エレベーターに乗って豆さんの住居のある階へ

IMG_9010

 

 

どこもかしこも自由。すべてリリ子が使えるスペースです。

IMG_8940

 

 

画面の向こうから「私がリリ子になりたい」という声が聞こえてきそうですが、実は私もです。山積みにされた荷物は9割以上がリリ子グッズだと思われます。

IMG_9008

 

 

リリ子が腰を痛めないよう床に敷いたマットのあまりがたくさん……

IMG_8942

 

 

クッシング病の影響で常に多飲多尿のリリ子のために用意された巨大なトイレシーツ

IMG_8960

 

 

ダイナミックなトイレゾーン

IMG_8985

 

 

8匹の猫たちと暮らす豆さんちは猫トイレもいっぱい置いてあります。

IMG_8948

 

 

16歳まで生きた天国のハルくん、リリ子がお世話になります。

IMG_8970

 

 

ダックスについてお勉強するそうです(笑)。教科書が仰山ですね。

IMG_8961

 

 

お城に戸惑うリリ子

IMG_8946

 

 

どのベッドに入るか悩んでいました。

IMG_8962

 

 

お? ブルーのにする?

IMG_8979

 

 

似合うね。

IMG_8996

 

 

かわいい♡

IMG_8998

 

 

ごはんも

IMG_9002

 

 

おもちゃも選びきれません。写真に写っているのはほんの一部です。

IMG_8967

 

 

ひとつ口にくわえて玄関へ行ってコソコソ遊んでいたリリ子が印象的でした。

IMG_8971

 

 

遠慮しなくていいんだよ。病院やうちとちがってぜんぶリリ子のなんだから。

IMG_8975

 

 

左側の長い食器はダックス専用だそうです。こういうのがあるんですね。

IMG_8980

 

 

豆さんおいしい夕飯をごちそうさまでした。

IMG_8984

 

 

お仕事の合間に準備し、ひとつひとつあたためて出してくださいました。

IMG_8983

 

 

えっと、選べないね(汗)。

IMG_8991

 

 

おいしい紅茶を添えて

IMG_8990

 

 

残った食べ物は私がおみやげとして図々しくいただいて帰りました。猫砂、犬猫のおやつ、人間のお菓子、豆さんのおさがりの靴まですみません。リリ子にかかった医療費も過分にお支払いくださいました。どうもありがとうございます。

IMG_8992

 

 

リリ子、あなたのママは豪傑でいろんなものをお持ちだけど、責任感の強さ、懐の深さ、内面の豊かさがたまらなく魅力的な方なんですよ。リリ子ぜったい幸せになれるよ!

IMG_8994

 

 

お見送りしてくれたリリ子。ありがとう。近所だからちょくちょく会えるね。

IMG_9005

 

 

私を「お母さん」だと思っていたリリ子はこのあと、私といっしょに703号室へ帰ろうとしました。後ろ髪を引かれながら私はリリ子を制し、リリ子のリードを豆さんに渡したのをおぼえています。

 

 

保護譲渡活動の辛い瞬間ですね。

 

 

でも先週の夜に会ったリリ子は完全に豆さんの子になっていました。豆さんの姿が少しでも見えないと豆さんを必死で探すのです。犬は健気な生き物ですね。

 

 

もちろん私のことも覚えていてくれて甘えまくってくれました。嬉しかったな。

 

 

豆さん家の猫たちに遠慮しながら家庭犬として立派に振舞っているリリ子。天国の飼い主さん、見ていますか? emi-goの病院に預けられてから重い病気が見つかりましたが、リリ子は適切な治療を受け元気にしています。安心していただけましたか? 明日からはいよいよここにルナも加わります。

 

 

豆さん撮影のリリ子の写真

IMG_9017

 

 

豆さんより届いたリリ子の近況に関するメッセージ(卒業翌日)

IMG_0312

 

 

emi-goの病院にいた頃は「寝てばかり」だったリリ子。今とはちがいますね。

IMG_0305

 

 

豆さんちの可憐すぎる愛猫たち(全員豆さんが保護しました)

IMG_0313

 

 

※里親さんの了承を得て写真や文章をUPしています。

 

 

家族を得られる犬猫たちが一頭でも多く増えますように!

 

 

かつくん「Ⅹ274リリ子おめでとう。豆さんのお宅の下のフロアにはお姉さんご夫婦が住んでいて、家族が一丸となって犬猫たちを育てているそうです。人の手もじゅうぶん、スペースもじゅうぶん、愛情はじゅうにぶん! だね」

1-3483

 

 

 

スポンサーリンク





寺子屋

※本日3回目のblog更新です。遡ってお読みください。

 

 

先日関西在住のチャトミちゃんが703号室に泊まっていきました。出張で東京に来たんです。5月下旬には山口からaiさんが一泊するし、ゆちゃんとまなちゃんはしょっちゅういるし、我が家は寺子屋状態(笑)。でも一世代年下の方々とワイワイ騒げて楽しい。

16 (15)

 

 

じゃーん! 怪しすぎる格好でチャトミちゃん登場!

16 (16)

 

 

嫁入り前のみなさん、ここに入り浸っていていいのですか?

16 (3)

 

 

ほうれん草鍋を食べながら30代の麗しい女性たちが猫の話に花を咲かせています。おもしろいのでしょうか? 保護猫もいと保護犬ルナも入って女子の集合写真

16 (2)

 

 

この日はノラスタが刷り上がったとあって、応援団長の安藤さんがうちの下まで買いに来てくれました。せっかくなので全員で安藤さんとお会いすることに……

16 (1)

 

 

安藤さん、よろしくお願いします。

 

 

それからUPするのを忘れていましたが、前回家の下までいらしたときはケーキと紅茶をごちそうさまでした。うちにきーやんさんがいたので、きーやんさんと遠慮なくいただきましたよ。安藤さんその節はありがとうございました。

16 (12)

 

 

キュートでおいしかったです♪

16 (11)

 

 

これは前のパジャマパーティの写真ですが、人が来ると甘えん坊の保護犬猫たちは大喜び

16 (14)

 

 

卒業生リリ子もずいぶんかわいがってもらったよね。

16 (13)

 

 

あとまわしになりがちの保護部屋にチャトミちゃんが長時間いてくれました。延々と保護猫リタにブラッシングをしてくれていたのです。助かる。感謝^^

 

 

ムダ毛とサヨナラして艶ピカになったリタはずっと鏡を凝視(ほんと!)

16 (7)

 

 

リタの姿を前に、「まめにブラシをかけてあげればよかった」と猛省した私。

 

 

あれからリタ嬢をちょくちょく磨いています。

 

 

それにしてもリタあなたさあ……

16 (10)

 

 

フットワーク軽すぎ。いいかげん降りなさいよ!

16 (9)

 

 

律儀なチャトミちゃん、仕事で沖縄帰りのゆちゃん、まなちゃんからおみやげをもらいました。みんなまとめてパチッ。どうもありがとうね。

16 (8)

 

 

早く寝ようと心に誓っていたのに結局明け方までペチャクチャ……

 

 

寝室組はまなちゃんとチャトミちゃん

16 (5)

 

 

リビング組はゆちゃんと私にわかれて就寝です。

16 (6)

 

 

翌朝、超低いテンションのまま女子3人を車に乗せみいさん宅へ。みいさんにバトンを託して私は家に帰りました。3人はみいさんちでカレーをごちそうになって7匹の猫たちと戯れたそうです。あなたたち、超、猫好きね?

 

 

ニコニコガヤガヤ。しかし譲渡活動をやるときはそれぞれ真剣です。

 

 

オンとオフのスイッチを持っている方との交流は有意義で刺激的。

 

 

明日もゆちゃんとまなちゃんが来ます。いっそいっしょに暮したほうが早いかな?

 

 

では皆さまおやすみなさい。よいゴールデンウィークを♡

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





もったいない 詠吉巣立つまでの4分の3

※blogを連続更新しています。遡ってお読みくださいね。

 

 

4回にわたって卒業レポートを書く予定のえい吉改め詠吉ですが、先日体調不良になり、里親きちこさん、ヒスさんとの通院がつづいたのです。熱発と食欲不振が見られたため、FIPの外注検査もしました。私は心配で気が気じゃなかったのですが、結果が出てFIPの可能性が否定され、詠吉のコンディションも徐々に戻りつつあるというのでつづきをUPします。よかった……。

IMG_4591

 

 

詠吉とのおよそ2か月の日々の中で私が無数に口にした言葉があります。

IMG_4554

 

 

 

「もったいない」

 

 

 

この一語は、何百、何千回も頭の中に強く浮かびました。

 

 

もし詠吉の命が保健所で消えていたら、その先に私たちが過ごした蜜のような時間はなかった。それは詠吉にとっても、私にとっても、詠吉に関わったすべての方、応援してくれた方を含め、「もったいない」ことだと思ったのです。

IMG_6034

 

(イラスト:山路さん)

 

 

病院にいた頃からまなちゃんは詠吉に会いに来てくれていました。

IMG_4580

 

 

お世話になったemi-goの病院を出て703号室に移動した日の詠吉

IMG_4775

 

 

キャリーに入れるの大変だったんですよ(笑)。

IMG_4779

 

 

わが家のケージにて

IMG_4999

 

 

よろしくね♪

IMG_5002

 

 

かたいつぼみだった詠吉は、徐々に自分を咲かせていきました。

IMG_5067

 

 

ふふ。一輪の花のように大きく開花していったよね。

IMG_5075

 

 

怒る、戸惑う、怯える、前へ出ようとしては後ろへ下がる。

 

 

振り返れば詠吉の取ってきた態度や行動にムダはひとつもありませんでした。ぜんぶ詠吉にも私にも必要なことばかりだったのです。

 

 

詠吉が私を試すときは私が詠吉に気持ちを伝えるチャンス。詠吉と仲よしになりたかった私は、ありったけでぶつかっていきました。不思議と怖くはなかったです。

IMG_5068

 

 

人間と正しくつき合うための過渡期にいた詠吉。気がつくと詠吉に拒絶され殴られる回数が減り、次第に詠吉は私に期待の眼差しを向けてくれるようになりました。

IMG_5059

 

 

一筋縄ではいかなかったけれど、うれしかったな。

 

 

言葉が通じない相手に心が通じる、これ以上の喜びを私は知りません。

IMG_5784

 

 

私が安堵したのは言うまでもないけれど、実は詠吉が一番ホッとしたのかもしれないね。

IMG_5785

 

 

肩に力を入れて生きるのはしんどいもんね。

IMG_5792

 

 

誤解が解けたあとの、やさしい詠吉

IMG_7314

 

 

近くでそっと見守ってくれる詠吉

IMG_7613

 

 

がんばり屋さんの詠吉

IMG_6261

 

 

外耳炎の通院

IMG_6288

 

 

この日は偶然にも私の誕生日で病院でみんなにお祝いしてもらって幸せでした。

IMG_6394

 

 

emi-goケーキありがとう。犬用のお皿とお箸でケーキをいただきます^^;

IMG_6271

 

 

みいさんは山口県から殺処分を逃れてやってきた子犬たちの撮影中でした。

IMG_6266

 

 

ほほが亡くなったあと、保健所の殺処分のリストにいた詠吉の写真に目を留めた山路さんからのメッセージにはこう書かれていました。

 

「ほほちゃんのように病気や障がいを持ちながらも飼い主さんに一生けんめい看てもらえる猫がいるいっぽうで、健康な体を持っていながらも、殺処分のカウントダウンに乗る子がいるのは理不尽です。なんとかして助けてやれないものですかね?」

 

 

勝手ながら私は山路さんも「もったいない」と感じていらっしゃったのかなと解釈しました。

 

 

だってそうでしょう?

 

 

命の終わりを決めるのは自分自身であってよそから強制終了させられるものではないですよ。

IMG_6317

 

(イラスト:山路さん)

 

 

人も犬も猫も生きるために生まれてくるのです。

IMG_7400

 

 

生きるために痛いことや苦しいことを我慢するのです。

IMG_7616

 

 

生きるという本能が、私たちを強く逞しくし、生き物として磨き上げるのです。

IMG_7615

 

 

私は生きたくても生きられなかった病気の犬猫たちをたくさん見てきました。

IMG_7608

 

 

だから生きられる子には生きてほしいです。それが自然の摂理です。

IMG_7606

 

 

生きている子たちの安住の地を増やしていきたいですね。

IMG_7607

 

 

詠吉ともいのご対面♡

IMG_7552

 

 

ふたりともちょっと緊張?

IMG_7553

 

 

詠吉は身体を張って私に教えてくれました。

IMG_7335

 

 

バチあたりにもったいないことをしてはいけない、と。

IMG_7530

 

 

詠吉に誓って私はこれからも、命を粗末にしないひとりでいる所存です。

IMG_7739

 

 

詠吉ありがとう。

 

 

詠吉のお宅の紹介は次回以降にします。お楽しみに♪

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





リリ子のお茶会

皆さまこんにちは。早くブログでもお知らせをと思いながらも日が空いてしまいました。この度保護犬リリ子のご縁が決まりました。リリ子を見守ってくださった皆さま、ありがとうございます。

1ririoota (5)

 

 

また、リリ子と同じお宅の出身のルナ(5歳)についても病院と私で連携を取って良縁を結ぼうと思います。リリ子同様太い赤い糸をさがしますね。

1ririoota (2)

 

 

リリ子がくるとあって、リビングのラグをおしっこ防御仕様にしたのですが、一度もここでおしっこをされていません。リリ子はきちんとトイレトレーニングされています。リリ子の随所に前の飼い主さんからもらった愛が垣間見れます。

1ririoota (3)

 

 

それを新しいお母さんは引き継いでくれることになりました。

1ririoota (9)

 

 

新しいお母さんは私の友人でいつも助けてくださっている豆さんです。

1ririoota (6)

 

 

豆さんは愛犬ハルくんを16歳で失い、以後数年ハルくんロスに苦しんできました。昨年の夏に、いつか中高年の犬を家族として迎えたいと私に話していたのです。

1ririoota (7)

 

 

今回私は豆さんに思い切ってリリ子とルナについて打診してみました。

 

 

はじめ私は5歳のルナをすすめたのですが、豆さんは13歳のリリ子に心を寄せてくれました。13歳はオトナだからオトナ同士つき合いやすい、だそうです。

 

 

13歳、12.9キロ(今日現在)、肝臓の数値が高い、クッシング病……客観的に見ると性格のいいリリ子をもっても非常にハードルの高い保護犬です。特に年齢と薬代に目玉が飛び出るクッシング病は厳しいですよね。現にリリ子はちゃんとおトイレできるものの、クッシング病特有の多尿多飲でおしっこの量がハンパじゃありません。

 

 

でも、豆さんはぜんぜん気にしないんだそうです。むしろどうケアしていくか真剣そのものでした。リリ子はぜったいに幸せになると信じています。

1ririoota (8)

 

 

豆さんがたくさんの食べ物を持ってきてくださいました。

1ririoota (10)

 

 

おいしすぎたゴージャスなメロンケーキ

1ririoota (11)

 

 

かわいいちぎりパン

1ririoota (12)

 

 

紅茶の中に入っているお花も豆さんからのプレゼントです。

1ririoota (13)

 

 

3時間半私たちはリリ子の未来について話し合いました。リルとリリ子と4人でお散歩にも行ったんです。肌寒かったけれど楽しかった。リリ子よかったね♡

1ririoota (14)

 

 

リリ子の前のお母さんは最後までリリ子とルナを心配していました。

 

 

病床から中島先生に電話をかけたこともあったそうです。

 

 

明るく朗らかなリリ子とそっくりのやさしいお母さんで、猫を保護し高額の医療費を払い、手厚い看病を経て天国へ見送ったこともある方です。

 

 

リリ子は自慢の素敵なお母さんに育てられたお子です。

1ririoota (1)

 

 

豆さんと私は、リリ子のお母さんのことを自分に置き換えて考えました。

 

 

リル、あまぱん、さぶを残して旅立たなければならないとしたらどんなに心配か。

 

 

だからこそ豆さんはリリ子と暮らしていきたいんだそうです。

 

 

リリ子の首輪には小判型の小さなお守りがぶら下がっています。天国のお母さんがリリ子につけてくれたプレゼント。お母さん、リリ子はまだこちらでがんばるので、見守っていてくださいね。豆さんのお宅なら安心できますよ。私が保証します。

1ririoota (4)

 

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





703号室 親ばか ひな祭りの会

皆さまこんばんは。悪寒で昼間横になっていました。のんびりしている時間はないので自己嫌悪がヒシヒシ。なら起き上がったほうがマシだと今パソコンに向かっています。そうしたら本の表紙関連のデザイナーの李さんから表紙が届いたのです。びっくりのよさ。李さん謝謝。最高です。

 

 

本の制作で価格とページ数の問題を抱えているのですが、私はどうしてもハードカバーにこだわりたいのです。李さんの表紙ならハードカバーの価値が十分にある。

 

 

一文字でも多く削りコストダウンをめざしますが、うまく削減できなかったらごめんなさい。十年に一度の出版ですので(笑)、皆さまどうか買ってください。

 

 

一年かけて私なりにがんばってきました。どうか切なるお願いです。

 

 

さて、本日はひな祭りですね。先日703号室を巣立ったスターたちのステージママらがわが家に集結しました。「703号室 親ばか ひな祭りの会」とのことです。

oyabakakai (5)

 

 

女性が集まればお花とケーキはお決まりですよね。ありがとうございます。

oyabakakai (2)

 

 

ケーキはみなさんからで

oyabakakai (3)

 

 

花は宇宙旅行中のほほをイメージしてあっティーさんがプレゼントしてくれたのです。

oyabakakai (18)

 

 

今はほほの絵の横に飾らせてもらっています。

oyabakakai (9)

 

 

ほかにもたくさんのプレゼントをいただきました。

oyabakakai (4)

 

 

私も出先で見つけた桜のちょこっとしたお菓子をみなさんに配りましたよ♡

 

 

春が待ち遠しいです。

 

 

参加者は全員703号室の卒業生と暮らしています。

oyabakakai (12)

 

 

あっティーさん(すもも)、きーやんさん(ポテチ、コテツ)、ちかたん(リリ)、妹(まめ、福)。里親さん同士が仲よしなのも703号室の特長♪

oyabakakai (10)

 

 

あっティーさんがササっと作ってくれたアボガドのサラダ

oyabakakai (13)

 

 

妹が出前を取ってくれたもちもちのピザ

oyabakakai (15)

 

 

全員で料理やお菓子を持ち寄ってホームパーティを開催します。ゴージャスでしょ?

oyabakakai (11)

 

 

ホストたちも張りきってくれました。

oyabakakai (6)

 

 

リルはえい吉のママきちこさんが編んでくれたマフラーでおめかしです。

oyabakakai (7)

 

 

リルいいね。似合う似合う!

oyabakakai (8)

 

 

でもお母さんはここにべべとナナとほほにもいてほしかったです。べべとナナとほほもお母さんの微々たる活動を支え、卒業生たちの面倒を見てくれたのですから。

 

 

末娘のリルにプレッシャーをかけて申し訳ないけれど、リルはずっと生きていてください。じゃないと703号室が萎んでしまいます。

oyabakakai (19)

 

 

ステージママらが小物で猫への愛を表現していたのがかわいかったです。

 

 

きーやんさんは黒猫の髪ゴムを

oyabakakai (14)

 

 

あっティーさんは猫の顔のバッグを

oyabakakai (16)

 

 

ちかたんもA4サイズの猫全身バージョンのバッグを持っていました。

oyabakakai (17)

 

 

あの……私もですよ^^ 私はリアル猫の出産シーンを見せつけてやりました。

oyabakakai (1)

 

 

「私、実はコミュ障かもしんない」

 

 

やっとの思いで打ち明けたのにちかたんからは「知ってる」と一蹴されてしまいました。あっティーさんは私を「珍獣」と呼びます。あまりうれしくないです。

 

 

作り上げてきた(つもりの)ペルソナが見事に剥がれているんですかね?

 

 

まあ、もしよろしければこれからもどうぞおつき合いください。

 

 

そして本当はよくしゃべる妹が、毒舌トークでみなさんを引かせていないか心配でオドオドする姉です。大丈夫でしたか? 姉妹揃って強烈ですみません。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク