わたしがすももになるまで

GWの「にゃっ展お話会」に参加してくれたパルママさんからプレゼントをもらいました。

hune (3)

 

 

 

パルママさんとは10年単位のおつき合い。長年応援してくださり、ご自身でも保護犬猫との暮らしを試行錯誤しているパルママさん。記事にしてくださりありがとうございました。

 

 

 

こちらもお話会に参加の里親まりおさん。ワタナベオイスターのプレゼントをありがとう!

hune (2)

 

 

 

うれしい。私の体質に効くのです。まりおさんも実力のある女性で、ゆきちゃんの里親になってくださっただけでなく、家のまわりの猫たちの保護に力を注いでいます。

 

 

 

「よかったな」

hune (9)

 

 

 

「おかーさー よかたでちね」

hune

 

 

 

 

はい。みなさんのお心に力をもらっています。ありがたいです。

 

 

 

さて、そんな中、最近いちばん「よかった」のは、これまたお話会に参加してくれたあっティさんと先日再びお会いした件。あっティさんも保護猫実葉の希望者さんだったのです。

 

 

 

実葉大人気でビビります。でも実葉は、FIVキャリア、推定3歳以上、片側の腎臓にじゃっかん問題を抱え、腕や骨盤の骨折を乗りこえたいわゆる「譲渡に於いてハードルの高い猫」

 

 

 

人気の高い健康的な愛くるしい子猫とはわけがちがうのです。ハンデを抱えた実葉にたくさんのお問い合わせが来たことに私は深い善意と大きな希望を感じます。

 

 

 

実葉とのご縁は繋がらなかったのですが、あっティさんは折に触れメッセージをくださいました。

 

 

 

凛としてやさしいあっティさんのお人柄を知るたび、私は近い将来この方に猫を譲渡したいと考えるようになり、つい、「さび猫はお好きですか?」と聞いてみることにしたのです(笑)。

 

 

 

あっティさんがさび猫を気に入ってくれたら幸いです。

 

 

 

しかしたとえご縁にならないとしても、もう私の中で、さび猫のリリースはあり得ませんでした。

 

 

 

「リリースがあり得ない」とは、この状況に対する漠然とした批判や異論では済まされず、私自身が責任を持ち、譲渡に関わるしか選択肢がないという意味。重いことですね。

 

 

 

「で タナベさん あっティさんはどんな反応でしたか?」

hune (5)

 

 

 

「会いたい」

 

 

 

そう仰ったよ。次いっしょに暮らす猫の名前も決めていたようで、男の子だったら「ももた」女の子だったら「すもも」ですって。あなたは女の子だから「すもも」になるかもね。

 

 

 

都心の分譲マンションでおひとり暮らしのあっティさん。これまでに3匹の愛猫を見送ってきました。どの子もあっティさんを求め自らやってきた外猫たち。FIVキャリアの猫、白血病の猫、そして晩年ガンと闘った猫。あっティさんは愛猫たちを手厚くケアした実績があるのです。

 

 

 

先週、あっティさんを途中の駅でピックアップし、emi-goの病院へ向かいました。

 

 

 

子育て中の母猫や子猫たちを刺激しないよう、触らずにそっと見守ります。

hune (7)

 

 

 

院内には5匹の保護子猫がいるので、emi-goは私との事前の電話であっティさんが子猫を気に入ってしまうのではないかと少し不安だった模様ですが、「まあそうしたらそれはそれで子猫をお譲りする方向で調整すればいいじゃない」と伝えると、「そうですね」と返ってきました。

 

 

 

すべては「ご縁」ですから、無理強いなどできないです。どっちみち、私は母猫をリリースしません。自分の決意こそが重要で、あとは流れに身を任せるのがいちばんだと思います。

 

 

 

けれど私は、あっティさんは母猫の労をねぎらい、まずは母猫をちゃんと見てくださる方だと確信していました。母猫の内外から滲み出る美しさに必ず気づいてくださる、と。

 

 

 

「あっティさん わたしを見て なんて?」

hune (4)

 

 

 

「すもも」という名がピッタリだって。

 

 

 

あなたを「すもも」にしたいって。おめでとう。

 

 

 

emi-goの「子猫とセットでどうですか?」とのほんのりした提案にあっティさんが答えました。

 

 

 

「過去には2匹の猫が同時にうちにいたこともあるので、2匹は不可能ではありませんが、元気なときばかりではなく、いずれ猫たちが病気になったら・・・・・・などを想像すると、ひとり暮らしの私がじゅうぶんに力を注げるのは1匹だと思うんです。できる限りのことをしたいので。

 

それに・・・・・・子猫とともにすももちゃんを引き取ったら、すももちゃんはずっとわが子の“母猫”でいようとするはずです。“母猫”をがんばってしまうので、私はできれば、すももちゃんに母役ではなく、ひとりのんびり私に甘えてもらいたいな、と」

 

 

 

あっティさんの話を聞き、emi-goはそれ以上なにも言いませんでした。母子セットで幸せにしようと思うのも、母猫を子猫のように甘やかせて育てようと思うのも、どちらも正解だからです。

 

 

 

あっティさんはご自身の明確な将来設計とそれに基づいたキャパシティを持っています。

 

 

 

すばらしいですね。女性陣で記念写真^^

hune (8)

 

 

 

 

“お茶会”はオペ室にて行いました。長年お茶会をしていますが、初体験でございます^^;

hune (6)
 

譲渡に関する私のポリシー、目に見える脱走防止対策をお願いしました。あっティさんは快諾。すももを迎え入れる前に環境を整えてくださるそうです♪

 

 

すももの性格をいちだんと見極めるため、703号室への移動も悩みましたが、あっティさん、emi-goと相談し、このまま病院で静かに子育てしてもらう運びとなりました。あっティさんはすももがどんな性格だとしても、いいんだそうです。

 

 

 

お届けまでの間、すももに会いに何度か病院へ通う予定のあっティさん。私もできる限りお伴します。すももは子育てが落ちつき、不妊手術(抜糸まで)を終えてからの卒業になりますので、それまでブログに登場します。どうぞごひいきに。

 

 

 

幸せになれる子が1頭でも多く増えますように!

 

 

 

LOVE!

 

 

 

 

スポンサーリンク





みーんな愛の子

昨年のクリスマスに天国の卒業犬愛者家からステキなカード、ご支援、お菓子が届きました。

bebeinoti (19)

 

 

 

愛者の心がこもったクリスマスカード読んで号泣。愛者なくして我が家の歴史は語れません。たいせつなたいせつな卒業犬です。保護前はひどい扱いを受けてきた愛者ですが、ご家族に守られ、最後まで犬らしく凛と生き、愛の中で命をまっとうしたことを私は生涯忘れません。

 

 

愛者、愛者のご家族、どうもありがとうございました。

 

 

 

今いる保護猫たちが卒業したらべべ、ナナ、リル、ほほ、あまぱん、さぶとゆっくり過ごそうと思います。うちのお子たちはそれまで私を待っていてくれるでしょうか?

 

 

在宅時間を増やしても、どこか私は意識が外に向いています。

 

 

保護猫たちのご縁を繋ぎたいからです。これは辛くてもやめるわけにはいきません。乗りかかった船です。ふんばりどころですね。がんばらないと。

 

 

べべは本日いきなり顔と体が傾きはじめました。怖くなってすぐ大巻先生に電話

bebeinoti (14)

 

 

 

もともと明日、慢性腎不全のナナ、あまぱん、さぶの通院で病院の予約を取っていたのです。べべも連れて行くことにします。不安でたまらないです。

bebeinoti (18)

 

 

 

寝たなあと思っても、しばらく経つと私の足もとに戻ってきます。体の機能が衰えても、視力や聴力が半減しても、吐いても、よろけても、私をさがしてそばを離れようとしないのが辛い。

bebeinoti

 

 

 

結局この形でべべと折り合いをつけることに(笑)。ブログを書く間ちょっと待っていてね。

bebeinoti (22)

 

 

 

いつかはお別れの日がくるとわかっていても、好きになりすぎると感情のコントロールができないですね。欲深いお母さんは、1日も永くみんなといっしょに暮らしたいと願ってしまいます。

 

 

 

さあ、しけた話はこの辺までにしておきましょう。読んでくださっている皆さまにご心配をおかけして申し訳ありません。保護猫満天、かえ、ソイルの近況をお伝えしますね♪

 

 

 

まずは満天氏。シェリーさまよりブログにコメントをいただきました。満天の全身写真があればなおいいとのこと。なるほど! ありがとうございます。シルエット、毛色、全身のバランスが伝わるとよりいいかもしれません。あらためて写真を撮ろうとも考えたのですが、前にみいさんが撮ってくれた写真の中にそれらしきものがあるので今回はみいさんの写真をつかいます。

bebeinoti (4)

 

 

 

容姿端麗の満天氏。均整の取れたうつくしいボディです。毛艶がいいのも自慢!

bebeinoti (5)

 

 

 

脱力中。モデル業に疲れリビングで行き倒れてしまいました。

bebeinoti (6)

 

 

 

うしろ姿。長いしっぽが優雅です。サイズは大きめ。ドッシリしています(萌)。

bebeinoti (3)

 

 

 

カイカイ中の満天氏。馴れない首飾りに戸惑っている模様です。

bebeinoti (2)

 

 

 

つぎ写真を撮るときは、全身も見せることを意識してみます。

 

 

 

満天のアピールについてなにかアドバイスがありましたら、どうぞよろしく願いします!

 

 

 

つづいて男性をとっかえひっかえの小悪魔かえ嬢

bebeinoti (11)

 

 

 

さぶ兄との甘い時間を激写!

bebeinoti (13)

 

 

 

「わたち プライベート中なの あんま撮らないでね」

bebeinoti (12)

 

 

 

我が家は夜、照明を落として暗くしています。だからいい写真が撮れません。でも雰囲気はなんとなく伝わるでしょ? みんなに愛されています。

bebeinoti (10)

 

 

 

「この枕 あったかい」

bebeinoti (8)

 

 

 

「フィット感もいいね」

bebeinoti (9)

 

 

 

「だいたいは わたちに夢中になるのです」

bebeinoti (7)

 

 

 

ほう。うらやましい限りです。

 

 

新しい保護猫も来ました。何度かブログに登場している「ソイル」。推定4か月の女の子です。昨日ソイルを保護したFさんちに迎えに行きました。Fさんお疲れさまでした。

bebeinoti (20)

 

 

 

洗濯ネット&キャリーに入れて、さあソイル出発しますよ。

bebeinoti (21)

 

 

 

ソイルは現在、703号室の保護部屋にいます。まだ極度に緊張しているのがかわいそう。

bebeinoti (16)

 

 

 

ハンスト中。おねがいだから食べてください。

bebeinoti (15)

 

 

 

恐怖心からまだシャーが出ます。チチが特に苦手のようです。抱っこ袋に入れてあやし中

bebeinoti (17)

 

 

 

子猫ですが、臆病で警戒心が残っているので家族募集は急がずのんびりやっていきます。

 

 

ソイルが気になる方はお問い合わせくださいね。

 

 

満天、実葉、かえ、ソイル、はみーんな愛の子

 

 

彼らの卒業を夢見て

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





自分へのクリスマスプレゼント

保護猫満天は我が家で未来を夢見ています。(写真みいさん)

anata-4

 

 

 

保護猫花枝も来ました。相当かわいい。花枝のことはちゃんと書きたいので少しお待ちを!

anata

 

 

 

さかえ先生、母の店にいらっしゃるたびにちょくちょくおみやげありがとうございます。ペコリ。

anata-3

 

 

 

豆さま、天国のハルちゃんのフードなどが届きました。ナナが遠慮なくいただきます。ハルちゃん、豆さまありがとうございました。洋服、小物のプレゼントまですみません。

anata-2

 

 

 

さっそくブルーのニットをおろしました。本日の記事で着ています^^

 

 

 

プレゼントといえば、私は自分にクリスマスプレゼントをすることにしたのです。

 

 

へへ。いいでしょう? お散歩や通院に大活躍しそうなバッグ。マチもしっかりあるし、使える大きさです。これしじみさん里親りょうちゃんのショップのオリジナル♪

anata-12

 

 

 

なんとりょうちゃんが絵を描いているのです。私は色のバランスがたいへん気に入りました。もともと私は赤(紅)が好きですし、描かれている猫がオトナっぽくてオシャレ。ブラウンと白の登場も個性的。この配色はさすが! 赤にブラウンを組み合わせるのは高度な色彩感覚ですね。写真だとわからないかもしれませんが、猫の目の色もブラウンなのです。

img_8016
 

シュシュの布地もステキ。サテンかな? 黒もよかったのですが、毛が目立つのを恐れ赤を選びました。差し色になりますよね。お値段は2,800円也。

 

 

ほかにも「マイ捕獲箱カバー」をオーダーしたのですが、それはおいおい自慢します。

 

 

 

「あら? なにしにきたの? ものを受けとったなら さっさと帰ったら?」

img_8050

 

 

 

わーい。しじみさんだ。おひさしぶりです。(※卒業記事はこちら

 

 

しじみさんすみませんっ。実はりょうちゃんがお昼ごはんを作ってくれるというので、まずはしっかりと食べてのんびりくつろいでから帰宅するんです。よろしくお願いします。おいしそう~!

fullsizerender-2

 

 

 

ぜーんぶペロッと平らげました。りょうちゃんごちそうさまでした。

 

 

 

あ、ののこだ!

fullsizerender

 

 

 

(※ののこは703号室を経由してりょうちゃんのお宅に嫁入りしました。あまりにも動かないので最初は石かと思いました。関連記事はこちら

 

 

のの白髪減った! 幸せそう。しじみさん同様、りょうちゃんチーさんに愛されてるね。

fullsizerender-1

 

 

 

動くののを間近に見れて感動しました。置物じゃなかったのね。

 

 

 

「ねこなんだから 動くのあたりまえじゃない! あなたなに言ってるの?」

img_8059

 

 

 

しじみさんのその気の強さと目つきの悪さはクセになります。パチ! しじみさんをパパラッチ

anata-6

 

 

 

1Fでペチャクチャおしゃべりしていると、天然のチーさん(ご主人)が突如言いました。

 

 

「(保護猫)りうに会わないの?」

 

 

もちろん会いますとも♪

 

 

小走りで2F保護部屋へ。いたー! 生りうくんぬいぐるみみたい!

anata-5

 

 

 

胸の白い毛がセクシーです。濃い黄金色の目は満天と同じ。きれいだねえ。

img_8036

 

 

 

ウーウーシャーシャー怒りながらも、なされるがままのりうくん

img_8043

 

 

 

まだあどけなさの残る1歳未満の若猫です。

img_8042

 

 

 

エアシャンプー中。お客さまおかゆいところはございませんか?

img_8060

 

 

 

りうくんは現在家族募集中。いつか会いに来てくれるであろう未来のご家族とのお見合いの練習を兼ね、ヘラヘラ小(お)ばさんが出しゃばることにしました。

anata-11

 

 

 

迷惑顔のりうくん。うんうん。そうかそうか。悔しいねえ。悔しいねえ。

anata-9

 

 

 

どさくさに紛れてちゅう♪ りうくんが完全に引いてます。写真を見るまで気づかなかった。てっきりりうくんと私は相思相愛だと思ったのに、勘ちがいだったのですね?

anata-7

 

 

 

でもこねこね撫でていたら、明るい表情になりました。じゃっかん心を開いてくれたかな?

img_8061

 

 

 

うん。りうくん、その調子。りうくん優秀だよ。きっとだれかの目に留めてもらえるよ。

img_8066

 

 

 

イメージしていたよりずっとずっと扱いやすいすばらしい保護猫でした。

 

 

良縁に恵まれますように。切に祈っています。

 

 

りょうちゃん、チーさん、おじゃましました。

 

 

りょうちゃんは風邪を引いていたのに図々しく長居してごめんなさい。

 

 

 

夕方、地元のスーパーに寄り、食欲が落ちたさぶにスープやカリカリを買って帰宅。

 

 

スープを与えてみたところ、ちょっと食べてくれました。その後自宅での点滴もクリア。

 

 

けれどやっぱり心配です。さぶ、病院予約しないとね。

anata-8

 

 

 

寒さ厳しい折、皆さまも健康を第一に元気よく乗り切ってください。

 

 

明日もごひいきに!

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





理由は おれか?

うううやめれほほ!! またやってるしーーー

iroke (4)

 

 

 

朝、べべ公にごはんを食べさせようと起きてみるとこのありさま・・・・・・

 

 

暗くてわかりづらいでしょうけど完全に得意げにこっちを見ています。

 

 

椅子は内側にしまっていたのですが、私のパソコン椅子はテーブル下に完全にしまえない形。たぶんそこからのぼったと予想しましたのでパソコン椅子は壁側に撤去しました。

 

 

ほほが活発になったのはうれしいけれど、ほんとあぶないよもう(涙)。

 

 

 

ヒマさえあれば703号室にいる私。在宅中はとにかく写真を撮るのに忙しい。

 

あれ? ヒマなはずなのに忙しいってどういうことでしょう。ちょっとおかしいですね。

 

 

写真を撮りすぎて疲れすら感じるこの頃。

 

 

今日こそはぜったいに1枚も撮らないと決心するも、チチの寝室にてハンサムな大吉に遭遇。

 

 

 

なんと私は、あっけなくシャッターを切ってしまいました。

iroke (14)

 

 

 

はぁー どうしてもパチパチ連写してしまう。右手親指の悪い習慣ですね。

iroke (13)

 

 

 

なんか知らないけど自然と抱えて自撮り風に。これもおハコで連日やってしまう。ただしすっぴんがたいへん見苦しいため最低限のマナーとして自分の顔は切ってお送りしています。

iroke (9)

 

 

 

こうして日々膨大に記録が増えるのです。カメラの腕前と記録をゆっくり眺める時間がほしい。

 

 

 

「mikaruさん ぼくたちの大好物ばかりありがと」

iroke (2)

 

 

 

mikaruさまよりたくさんのプレゼントが届きました。ありがとうございました。

iroke

 

 

 

せっかく送ってくださったので保護猫ジョイ、海子、大吉を中心に与えようと思います。

 

シニアのウエットフードはあまぱんに担当してもらいましょう。

 

抜歯後、痛がる回数は減ったもののあきらかに食べるのが下手に(涙)。うまくドライを丸呑みしてしまう犬猫もいるようですが、あまぱんはなくなった歯でクチャクチャ噛んでいます。あ、なくなった歯で噛むって意味不明ですね。

 

 

かつて歯が生えていた場所で噛んでいます・・・・・・?

 

 

そのためうまく飲みこめず、ぺっぺ散らかし食い。

 

ウエットだと吸うように食べてくれるので最近はもっぱらウエットを。

 

 

 

「なあなあ あま兄ネタはそろそろいいって みんなおれを見たがってるよ」

iroke (8)

 

 

 

「カメラが手放せない理由は・・・・・・おれ?

iroke (5)

 

 

 

「ポーズいくつか考えたから まあ自由に撮ってみろよ」

iroke (7)

 

 

 

「公開する前に じゃっかん画像を明るくして アップにトリミングしてな」

iroke (6)

 

 

 

はいはい。わかった。

 

 

 

さあ、明日はフォスターアカデミーベーシック講座。

 

 

参加者の皆さまの前でお話をしますので迷ったあげく髪を洗うことにします。

 

 

昨日洗ったから今日は洗わなくていい日だったんですけど、まあ、ね。

 

 

どうせなら私だって好印象を狙いたいじゃないですか。

 

 

ダルいけどそろそろお風呂場に消えます。

 

 

GOOD NIGHT!

 

 

スポンサーリンク





みいちゃん来ました!

日々めまぐるしく変化する703号室。放出が追いつくか不安です。更新速度をあげていきますので皆さまよかったらちょくちょく覗いてください。更新が早いゆえ、記事がどんどん上積みになります。スクロールして下の分もごらんいただければうれしいです。

 

昨夜MWさまより驚きの量のシーバ&ちゅーるが届きました。やっほーの夜々子獣♪

yayakot (7)

 

 

お米、ビール、クオカード、ご支援も。何年もの間あたたかく応援してくださっているMWさまのメッセージつき。MWさまクリスマスプレゼントありがとうございました!

yayakot (8)

 

 

ポストをのぞいたらマイ太郎さんからも贈り物が! ちょっときつかった夜々子のシュシュをなおしてくれたついでにほほ、あまぱん、さぶのクリスマスシュシュも作ってくださいました。

yayakot (10)

 

 

かわいいしなんとリバーシブル。マイ太郎さんありがとうございました。

yayakot (9)

 

 

家の掃除やお礼状書きをしながらこのお方の到着を待つ(写真:あつこさん

IMG_9102

 

 

倉庫にしまったばかりのケージを再び組み立て消毒しました。

yayakot (11)

 

 

それにしても夜々子はいろんな場所に顔を出していますね。もはや景色の一部?

yayakot (3)

 

 

でしゃばりややと引っ込み思案栗子(笑)。凸凹コンビになりそうです。

yayakot (6)

 

 

栗子は名前が「すや」に変わります。里親さんがつけてくださった素敵な名前。紛らわしいかもしれませんが皆さまぜひおぼえてくださいね。

yayakot (5)

 

 

ケージから出す際は相変わらず怒りまくっていますがそこをクリアすればこねられます。

yayakot (4)

 

 

すや(栗子)さん、どうか今夜は夜鳴きを控えてください。下僕は慢性的に睡眠不足です。

 

 

「もう7時か……あつこさんそろそろ来るぞ」

yayakot (2)

 

 

あつこさんとニューフェイスの保護猫みいちゃん来ました~! ほかの猫が苦手なみいちゃんはチチの寝室に置かせてもらいます。703号室は部屋数が少なくてしんどい^^;

yayakot (13)

 

 

※ チチにはみいちゃんが着く1時間前にみいちゃんを保護する旨を話しました。「おれ聞いてねー」的なリアクション。私を冷ややかな目で見下ろしていたチチ。愚妻でごめんなさい。

 

 

あつこさんと夜々子は涙の再会。(涙の、はウソ)

yayakot (12)

 

 

床に転がりながらみいちゃんの写真を撮るあつこさん。部屋の加齢臭は大丈夫でした?

yayakot (15)

 

 

こんなこともあろうかと、チチの掛け布団、ベッドパット、シーツを丸洗いしといてよかった。

 

 

妹が私のカメラで撮ったみいちゃん。みいちゃんって名がみいさんみたいで複雑な心境^^;

yayakot (14)

 

 

美猫でしょ?

 

みいちゃんは3歳すぎの女性です。まだ1歳未満の頃にTNRされましたが、年老いた餌やりさんが他界し餌やり宅が取り壊しになったので地域猫としての「生き場」を失ったのです。

 

みいちゃんをTNR(不妊手術)した方がいきさつを知り、外で放浪していたみいちゃんを保護。けれどその方のご主人が保護活動に反対しているため家に連れて帰れず、みいちゃんは動物病院のケージ(有料)で暮らすことに。

 

あつこさんから事情を聞かされた私は、みいちゃんのご縁探しを決意。

 

みいちゃんを保護した方がみいちゃんに持たせてくれたおみやげ。ありがとうございました。

yayakot (18)

 

 

みいちゃんを703号室に入れれば10頭になってしまう。

 

うちはシニアの子、闘病中の子、人馴れしていない子ばかりなのでつい先住たちのQOLを考えてしまいましたが、ここは私の踏んばり時だと思うのです。ご縁探しが円滑に運ぶよう自分なりに考慮しているつもりですので見守っていただければ幸いです。

 

 

恒例の母の店でのディナー

yayakot (16)

 

 

あつこさんの娘さんご夫妻もいっしょです。母にキレイなお花をありがとうございました。

yayakot (17)

 

 

あつこさんたちが帰ったあと、薄汚れたリルを捕獲(爆)。

yayakot (19)

 

 

リルの首筋あたりから漂う「獣臭」に我慢の限界を感じ水責めの刑に処しました。

 

 

ドライヤーから逃げ半乾き状態のリル。濡れるとショボい。一瞬だれだかわからなくなった。

yayakot

 

 

風呂場で私に肛門腺を絞られ激怒。リルごめんね。でもさっぱりしたでしょう?

 

お母さんもリルも入浴済みだからふたりとも女子力上がったね♪

 

べべ、ナナ、リル、ほほ、あまた、さぶ

デカ円、夜々子、すや(栗子)、そしてみいちゃん!

 

キャラの濃い面々でしばらくドタバタしますが、703号室のスターたちをごひいきに!

 

LOVE!

 

スポンサーリンク