ローズとのリレー 2ゴーニャンニャン

お待たせしてごめんなさい。前回からのつづきになります。

 

 

「主役はもちろんわたしよ」

IMG_0578

 

 

 

突如降りてきたにゃん太さんのアイコンに導かれにゃん太さんに電話をかけた私。

 

 

実は数日前に別件で連絡をもらっていたのです。内容は来年の「にゃっ展」についてでしたが、その中にローズに関する重要な話も出ていました。

 

 

中身は今オフレコですが、いずれお伝えしますね。

 

 

加えて、ローズはにゃん太さんの支援金によって助けられた猫。にゃん太さんにローズを打診しようと決めたのはもしかすると私の中の伏線の回収作業だったのかもしれません。

 

 

もちろん、自分でもよくわからない一方的な感覚ですけど。

 

 

 

私「にゃん太さん、保護猫の里親になるって考えたことありませんか?」

 

 

にゃん太さん「え? はいっっっ? ど、ど、どしてですか?」

 

 

私「あの、ローズとかどうです?」

 

 

からスタートし、私たちは2時間以上しゃべり倒しました。

 

 

 

「ほんとハハは口から先に生まれてきたのね」

IMG_2018

 

 

 

会話が長すぎてぜんぶは書けませんが、私は途中で何度かあきらめかけたんです。「あ、にゃん太さんはこんな風に考えているんだな。ならばむずかしいかもしれない。無理だね……」と。そういえば私はにゃん太さんの正確な情報に乏しすぎる。私の中のにゃん太さんは、力強く、猫が好きで、正義感の強いきめ細やかな女性。「にゃっ展」を取りまとめる主宰者の顔がメインです。

 

 

そもそも私はにゃん太さんの暮らしぶりや愛猫への深い思考をうかがったことがない。

 

 

にゃん太さんの愛猫にゃんタマちゃんたちの年齢もはじめて知ったのです。写真で見るよりずっとシニアだったことに驚きました。逆に言えば、にゃん太さんのケアが行き届いているおかげでにゃんタマちゃんはとっても若々しいのですね。

 

 

キャパシティは人に押しつけられるものではなく、自発的に考えていくものだから、私のこの電話はにゃん太さんに負担と困惑を与えてしまったのではないかと反省。私、焦ってる。なにかちがう方向へ進もうとしている。どうしよう。

 

 

けれど話を持ち掛けた以上、私は自分の意見を最後まで説明する責任があります。

 

 

私はローズをにゃん太さんのアイコンにしてほしいとお願いしました。

 

 

いやらしい意味だと受け取る方もいらっしゃるでしょう。それは皆さまの解釈の自由です。でも私の中ではちがう。にゃん太さんにもそれが伝わっている。

 

 

にゃん太さんはいろんな意味で発信力のある方ゆえ、「ありのままのローズ」を活かし、それを皆さまに披露し、猫の保護譲渡活動に還元できる方なのです。

 

 

私にとってこれは非常に有意義な部分ですので、そこはしっかりと述べて電話を切りました。にゃん太さんはご主人に相談するとのことでした。

 

 

外で苦労してきた猫たちは、必ずしもいい状態の子ばかりとはいえません。

 

 

年を取っている子、感染症の子、人慣れが遅い子、ハンディキャップのある子、病気を患っている子……ぜんぜんめずらしいケースじゃないです。

 

 

カレンダーに載っているようなふわふわの子猫ばかりとは限らない。

 

 

 

ローズ独特の凛としたオーラ

IMG_0295

 

 

 

孤高さ

IMG_9961

 

 

 

陰の雰囲気

IMG_9963

 

 

 

戸惑い

IMG_9958

 

 

 

怒り、不信感

IMG_9701

 

 

 

さびしさ

IMG_0135

 

 

 

忍耐

IMG_0289

 

 

 

物憂げな表情

IMG_0292

 

 

 

闘いつづけてきた、飢え

IMG_0298

 

 

 

ようやく解消しつつある食への不安

IMG_0297

 

 

 

「ごちそうさま」

IMG_0294

 

 

 

苦労のにじむ片目や雑に切られた耳

IMG_0581

 

 

 

私にはこれらすべてをにゃん太さんがプラスに転じてくれる気がしました。

 

 

たしかに、そうなんです。

 

 

あのにゃっ展で魅せてくれる圧倒的なパワーでローズを変えてほしい。

 

 

「飢えだけじゃなくて渇きも問題だったの」

IMG_2026

 

 

 

「新鮮なお水はおいしいね」

IMG_2025

 

 

 

投げた球を待ちきれずに翌日再度連絡すると、にゃん太さん夫妻から「YES」をもらえました。

 

 

電話口で私は大絶叫。興奮のあまり、こめかみの血管が浮き上がるのを自覚したほどです。

 

 

ぃやったっっっ!!!

 

 

 

そして迎えた5月22日(ゴーニャンニャン)

 

 

 

「いい? みんな聞いて? わたしは間もなく未来へ出発しますよ」

IMG_2029

 

 

 

「わたしこんな感じのお家にいくの」

IMG_2055

 

 

※イメージ画はにゃん太さんのご主人が作って送ってくれました(笑)。

 

 

 

「わたしは身ひとつで生きてきたから忘れ物はないの。ハハはだいじょうぶ?」

IMG_0582

 

 

 

いやいや……姫はそうでしょうけど、付き人の私は大荷物ですよ。

IMG_0589

 

 

 

でも、新幹線乗れる~♪

IMG_2306

 

 

 

仙台ははじめてです。楽しみ^^

IMG_0592

 

 

 

チチが上野駅まで送ってくれたので、こっからはローズとのふたり旅

IMG_2316

 

 

 

ローズはキャリーの中で一度鳴いたっきりおりこうにふるまってくれました。

IMG_2312

 

 

 

ありがとう。がんばろうね。

 

 

ボケ~、とiPhoneを眺めること1時間半ちょいで仙台駅へ到着

IMG_0607

 

 

 

ド派手な宣伝カーがローズを待っていてくれました。完全に目を奪われますね。

IMG_2324

 

 

 

にゃん太さんの助手席に乗せてもらい、ローズの新居へ

IMG_0598

 

 

 

津波の被害がひどかった場所を通りすぎました。町自体が新しい建物だらけなのは、失ったものの多さのあらわれなんですね。胸に迫る景色です。忘れません。

 

 

にゃん太さんの案内で一か所だけ立ち寄りました。

IMG_0605

 

 

 

あああ

IMG_0603

 

 

 

美しい……

IMG_0600

 

 

 

ローズあなた、あなたやるねえ、あなたはすごい。

IMG_0610

 

 

 

このあとの記事でローズ邸内部に潜入します。

 

 

最後にひと言。にゃん太さん夫妻とじっくりふれ合った感想を先に書かせてください。夫婦仲がよく、謙虚でラフで努力家で「飾らなさ」がハンパじゃない。超かっこいい。

 

 

「能ある鷹は爪を隠す」

 

 

 

私がこれまで向き合ってきたにゃん太さんとは別の一面を知ることができ、たいへん刺激を受けました。ローズが私ににゃん太さん夫妻を本質を見せてくれたんです。ローズに感謝。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





10分更新(じゃないけど) 『しじのの家へ』

写真を取り込むまでにすでに「10分」以上なのに、10分更新とか無理あるし^^;

 

 

ネタがたくさんあるのです。

 

 

お蔵行きは悔しいのでなるべくブログで放出します。本日は数回更新しています。

 

 

 

ソフトバンクへ行ったらiPhoneカメラなおしてくれました。ありがとうございます。

 

 

 

スーパーで買い物後、郵便ポストを開けたらこんなものが!!

ssnn (13)

 

 

 

しじみの里親りょうちゃんーーー!!

 

 

ありがとう。

 

 

 

りょうちゃんはセスのご縁のいきさつを私のブログで読み、娘さんの考えに感動したそうです。

 

 

 

先日遊びに行った際も、サクとセスを何度もかわいいって言ってくれてうれしかった♪

 

 

 

「わたし セスじゃないわよ ののこよ」

ssnn (8)

 

 

 

のの~! ひさしぶり!

ssnn (12)

 

 

 

しじみ家の一員になった黒猫ののこは「703号室」を経由しているんです。なつかしいな。

ssnn (11)

 

 

 

 

「来たのか」

ssnn (7)

 

 

 

しじみ嬢、おじゃましますね。

 

 

 

りょうちゃんがしじみ嬢を捕まえてきてくれた連れてきてくれたので抱っこ写真撮れました!

ssnn

 

 

 

超絶萌えるフォルム。だーい好きです。

 

 

 

忙しい合間を縫って個性的でおいしいランチを作ってくれたりょうちゃん

ssnn (2)

 

 

 

電車で行ったので貴腐ワインをごちそうになりました。貴腐ワイン好物です。

ssnn (3)

 

 

 

貴腐ワインでほんのりリラックスしたチーさん(ご主人)は今回も天然ぶりを炸裂。ふつうに寝室でお昼寝をはじめました。そのキャラクターに憧れます。自然体でいいなあ^^

ssnn (6)

 

 

 

りょうちゃん工房に案内してもらいました。

ssnn (5)

 

 

 

商品はネットで注文できます。

ssnn (4)

 

 

 

長くアパレル業界にいたおふたりはセンスが抜群。ほしいので予約済み。猫型クッション。猫用のベッドに添えてもいいですね。私はキャリーバッグの中に入れようと思っています。

ssnn (10)

 

 

 

未完成のバッグ類。絵を描いているのはりょうちゃんです。すごいねえ。

ssnn (9)

 

 

 

りょうちゃんのショップ「にゃっ展」に参加します。

 

 

 

チーさんがスヤスヤと夢を見ていた頃、りょうちゃんと私はペチャクチャおしゃべり。学生時代からの親友のような感覚で話ができます。猫の話もするし、猫以外の話もするし。

 

 

りょうちゃんは真剣な話も不真面目な話もできる私にとって貴重な存在。しじみ嬢をたいせつに育ててくれています。ののこももちろん。そして自分でも家のまわりの猫をTNRしたり里子に出したりしています。バランス感覚にすぐれ、力のある方です。

 

 

りょうちゃんに会って元気復活。留守番中のチチの夕飯を作らなければならなかった私は、ギリギリのギリギリまで粘って、ギリギリのギリギリまでしゃべり倒してから帰宅(笑)。

 

 

りょうちゃんもブログに書いてくれています。しじみ嬢が私のことをほんとうにうっとうしそうにしていたのがウケる。私が席を立つたびに「あなた やっと帰るの?」という顔をするしじみ嬢。

 

 

「ううん まだ帰らないよ? 私まだいる」

 

 

ひひひ笑いながら返す私。ガッカリするしじみ嬢の姿にまた悶絶。

 

 

 

しじみ嬢、あなたさあ、あなたとりょうちゃんのご縁を結んだのは私なんですけどね?

 

 

まあ、人生こんなもんです。

 

 

 

お子たちのお世話や家事から解放された週末の貴重なひとときでした。

 

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





10分更新 「メルに会ったよ」

うっ。いきなりiPhoneカメラがまっ黒になって使えなくなったんですけど。

 

 

どうすりゃいいのかわからないので、あとでソフトバンクへ駆け込みます。SNS時代を生き抜こうと必死なのに、疲れるほどなんにもわかっていないというアナログさ。ふう。

 

 

本日のネタの一発目は、卒業猫ソイルあらため「メル」。子猫だったメルがあっという間に不妊手術。里親さんはemi-goの病院での手術を希望しているので、私も診察に同行しました^^

sotumer (12)

 

 

 

 

あいかわらずおめめ大きくてかわいい。体重2.5キロ。GOサインが出たので手術日を予約!

sotumer (2)

 

 

 

メル、がんばってね♪

sotumer (3)

 

 

 

キャリーのサイズをまちがえたという里親さん。中型犬が入りそうなキャリーを足元に置いていたのがおかしくて笑えました。好きだなあ。とっても穏やかでやさしいご夫婦です。

sotumer (4)

 

 

 

こんなに丈夫なキャリーなのに、洗濯ネットとのダブル使い。私が伝えたことをお守りくださって心強い限りです。ありがとうございます。安心して見守れます。

 

 

 

里親さんから届いた近況写真。鼻まわりの模様が萌える♪

sotumer (7)

 

 

 

赤い首飾りが似合っています。

sotumer (10)

 

 

 

スクスク育っていますよ。メルは幸せに暮らしています。不妊手術うまくいきますように。

 

 

 

さて、メルに会いに行ったついでに、「にゃっ展」のポスターやハガキを病院に置いてきました。

sotumer (6)

 

 

 

にゃん太さん、プレゼントありがとうございました。

sotumer (5)

 

 

 

昨夜emi-goの病院(大師前どうぶつ病院)へ行ったら、壁にはられていました^^

sotumer

 

 

 

 

このヒョウ柄のご夫人にも渡したところ

sotumer (8)

 

 

 

店にはってくれたようで、写メが来ました。ママありがとう。

sotumer (11)

 

 

 

深夜ファミレスでマンゴーのデザートをむさぼっています。

sotumer (9)

 

 

 

母子してマンゴーに目がありません。

 

 

 

昨夜は徹夜でにゃっ展「アンニイさんお話会/保護」の資料を作り、今朝? 10時すぎまで爆睡。昼やりゃいいんですが、昼は昼でやることがあるのです。家事や在宅ワークとかね。

 

 

 

まだ手直ししますがたたき台はできたかなと思います。

 

 

 

最近なにをやるのにも腰が重くて、心も重くて、動作行動ひとつひとつが億劫でたまりません。気が滅入りやすいです。春だからですかね? 皆さまは心身お大事にしてくださいね。

 

 

 

いつもあたたかい応援ありがとうございます。

 

 

LOVE

 

 

 

 

スポンサーリンク





結束バンド

にゃっ展の入り口に貼られていた猫たち

annie (9)

 

 

 

にゃっ展の写真コンテストに参加した猫たち

annie (13)

 

 

 

被写体は外猫っぽい子も数匹いましたが、ほとんどが家の中で家族とくつろぐ愛猫。

 

 

私は兼ねてより不思議に思っていました。

 

 

無関心に扱われ生きる場所もままならず、病気を患えばひとり孤独に死んでいくしかない猫たちと、蝶よ花よと育てられ、人の庇護のもとのんびり生きていく猫たちとの間にあるちがいってなんだろう、と。

 

 

なにが彼らにこうも大きな格差をもたらすのだろう、と。

 

 

この不平等と理不尽に自分はどう立ち向かえばいいのか。

 

 

 

聡明そうな顔つきをしたこの猫はこま吉(デカ円)と申します。

annie (5)

 

 

 

現在、我が家にいます。前向きなトライアルを控えています。

 

 

彼を保護したのは昨年10月。うちから徒歩20分程度の場所に生息していました。

 

 

外時代の彼のことをあまり知りませんが、捕獲の際、私は近隣の方の話を聞きました。

 

 

彼のことを「ああ、この野良しょっちゅう見ます。いつもウロウロして」の一語で片づけた住民。

 

 

彼はずっとそこにいるのに、たったこれだけの印象を持たれていただけでした。

 

 

私が話を聞いたのはまだいい方だったはず。野良猫に対し一縷の感情もないから。

 

 

もし、迷惑を被っていると思っている方なら、彼の存在に嫌悪し、もっと酷い言葉を吐き捨てていたにちがいありません。

 

 

デカ円は毛がベトベトで大きいんだけど痩せていて、目やにがたくさんついていました。

 

 

掌は真っ黒。いや体全体がどす黒かった。人間のことは大嫌いのようでした。

 

 

おかしいでしょう。

 

おかしくないですか?

 

 

今我が家にいるデカ円とあのとき出会った猫は同一なのに、なんでこんなにちがうんですか?

 

 

デカ円が家猫になれるなら、どの猫だって家猫になれるんじゃないでしょうか?

 

 

不遇な野良猫を作っているのが私たちなら、猫たちをひもじい野良生活から解放してやれるのも私たちではないでしょうか? 子猫はもちろんのこと成猫だって生き直せます。

 

当事者の猫たちはアクションを起こせない。なら、私たちが手を貸すしかないのです。

 

 

極論、「譲渡活動」は簡単ではないかもしれません。しかしほかにどうしましょう?

 

 

あたたかい手を必要とする外猫たちに魔法をかけるには、行動しかないと思うのです。

 

 

 

ということで「譲渡活動」についてお話をさせていただく機会を得て私は鼻息荒くのぞみました・・・・・・が、結果はド緊張に終わりそうになり、終わる間際で「こんなんじゃいかん!」と開き直ってマイクを握り、皆さまに自分の思いを伝えたのです。

annie (20)

 

 

 

終盤の数分だけ解き放たれたというか。

annie (10)

 

 

 

はじめから全部自分の言葉なんだけど・・・・・・最後の最後に本音を言えたのかな、と。

annie (12)

 

 

 

振り返るとあのド緊張の時間が超もったいないです。

annie (15)

 

 

 

あれもこれも話したかった。けれどそれは終わったから言えることで、最中はねえ^^;

 

 

私は夜な夜なさぶ、あまぱん、べべ、ナナを相手に練習していたんですよ。ヘタだからせめて準備だけはと寝る前に毎晩1時間。でも足りない。もっと練習すりゃよかったな(笑)。

annie (17)

 

 

 

参加者の方々の意識がかなり高く、ぴんと伸びた背筋に私が圧倒されてしまったのです。

annie (6)

 

 

せっかく来てくださったのに、緊張ばかりしていて申し訳ありませんでした。

annie (14)

 

 

 

話をしているのは私ですが、正直ほんとうは皆さまのお話をもっとお聞きしたかったです。

annie (2)

 

 

 

特に、個人で譲渡活動をしていらっしゃる方の多くはときとして「孤立」や「迷い」を感じていらっしゃるでしょう。私もそうです。周りに恵まれ明るく振る舞ってはいますが、ここで見せない部分も当然あります。「命の重み」に耐えられずパンクしそうになることも。

 

 

 

名古屋からお越しくださり、翌日保護猫のトライアルを控えていたにゃほいさんも個人活動家

annie (8)

 

 

 

その他ねこざんまいさん小梅さんmiyokoさんなどともお会いし実りあるお話を伺えました。

annie (21)

 

 

 

もし次皆さまにお会いできる機会があったら私だけの一方的な話ではなく、座談会のような形で皆さまの経験談もお聞かせ願えれば幸いです。私も勉強させてもらいたいです。

annie (4)

 

 

 

ブログでは紹介しきれませんが、それほど参加者の面々が濃かったのです。みんな自分にできることを考え実践している方。譲渡活動をしている方のほかにも、里親になった、近所の子を保護した、TNRしている・・・・・・有意義な行動を起こしている方ばかりでした。

 

 

心の底からお礼を申し上げます。遠路はるばるありがとうございました。

 

 

私が至らないせいで多々失礼もあったかと存じますが、皆さまにお会いできてよかったです。

 

 

横でフォローしてくださったマイ太郎さん、なにもかもを引き受けてくださった主催者にゃん太さん、笑いかけてくださったスタッフの皆さまにも深謝しています。

annie (18)

 

 

 

にゃん太さんがブログで当日の様子を書いてくださっています。写真パクらせていただきました。

 

 

あと、最後に紹介したい感想が。

 

 

しじみの里親りょうちゃんが「里親目線」で書いてくださった記事です。

 

 

常々私は、里親さんはどういう気持ちで保護猫を迎えてくださるのだろう、どうすれば円滑にお話ができるのだろうと自分なりに悩んできました。けれど、里親さんにストレートにお聞きしたことはなかったので、こんな風に考えてくださっていたのを知り、驚きました。

 

 

りょうちゃん、「里親」サイドの貴重なご意見ありがとうございました。

 

 

おみやげの数々、ぜんぶたいせつにつかわせていただいています(または腹の中です)。

annie

 

 

 

どうもありがとうございました。

 

 

にゃん太さんからも・・・・・・恐縮の限りです。ありがとうございました。

annie (19)

 

 

 

会場に残っていたメンバーをかき集めパチッ。写真をお願いしたのはフリーカメラマンの猫撮るさん。それを丸ごと撮ってくれたのは鹿さん。

annie (3)

 

 

 

このあと涙の反省会へ向かったのです(爆)。

 

 

 

にゃっ展大成功おめでとう! 皆さまお疲れさまでした。

annie (11)

 

 

 

人間には無限の力があります。幸せと幸せを止める結束バンドになりたいですね。

 

 

長くなってごめんなさい。

 

 

【おまけ】憮然の寝起き

annie (7)

 

 

 

次回はほほの通院の様子をUPします。703号室は今朝べべの嘔吐と下痢だらけで片づけるのに半日かかりました(汗)。皆さま来週もよろしくお願いします。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク





にゃっ展受付を手伝いました

今日は朝から午後2時までにゃっ展のお手伝い。

 

驚くほど大勢の方が声をかけてくださいました。会場ももちろん超大盛況です!

 

私信:美カップをプレゼントしてくださったTさん、ボッとしていてほんとうにすみませんでした。

 

 

ブログを読んでくださっている方、ブロ友さん、703号室の里親さん方・・・・・・あまりにも多すぎて皆さまのお名前を書ききれません。写真も数枚しか撮れませんでしたが後日UPします。

 

 

最初にいらしてくれたのは703号室卒業生シナ&モンの里親さんご夫妻

kake (3)

 

 

※ シナ&モンの卒業記事はこちらをご覧ください。

 

ちびシナ(左)とちびモン(右)の703号室時代がなつかしい~!

223sina224mon

 

 

折に触れ近況ラインを送ってくださる里親さんですが、まさかにゃっ展にいらっしゃるとは!

 

 

うれしかったです。シナ&モンをたいせつに育ててくださりありがとうございます。

 

 

シナ&モン家のにゃっ展戦利品の中のひとつが長い食器台。これ、ほかの703号室の里親さん(みも&あかり家)も買ってました。うちの卒業生家族に人気みたいです。

kake (2)

 

 

さっそくきょうだい仲よく使っています。かわいい。

 

 

 

受付をあがらせていただいたあと、私も物色^^ 私の戦利品はこちら↓

kake (4)

 

 

鰺ぽた屋さんのボウルは横にいた里親ゆきちゃんのママにプレゼントしました。

 

ほしがって指をくわえてみていたのがふびんで(笑)。

 

いえね、ゆきちゃんのママは私に新品の捕獲箱をプレゼントしてくださったんですよ。

 

おかげで予備の捕獲箱が増えましたし、ゆきちゃんのママにもらった捕獲箱でたくさんの猫たちを保護できたのです。いつかお礼をと思っていましたのでちょうどいい機会でした。

 

ゆきちゃんのママ、その節はお世話になりました。

 

ゆきちゃんをたいせつに育ててくださりありがとうございます。

 

 

 

夜はさかえ先生の誕生日パーティをしに母の店へ

kake

 

 

 

さかえ先生を含め、犬猫保護に尽力する団体の方々が9名で食べに来てくださったのです。

 

 

偶然ですが、別の席にはおーあみ避難所の「掃除部」の美女3人も。あまりの飲みっぷりに開いた口がふさがりませんでした。あんなに飲めたら気持ちいいんだろうなあ^^

 

 

さかえ先生もおーあみ避難所掃除部のなゆすけさんも「教えてアンニイさん」でまたお目にかかります。ふざけたキャラは封印していきますのでどうぞよろしくお願いします。

fosuta

 

 

明日のことを考えるとひたすら緊張します。考えてみれば小心者はここ1か月くらい断続的に緊張していたのでお話会を前に糸の切れた風船になってしまうかもしれません。

 

 

それじゃイカンですので今夜残った時間はお子たちを腕に抱いてゆっくり過ごそうと思います。

 

 

リラックスリラックス~♪

 

 

 

最後に、お話会に参加する皆さまにひとつだけお願いを!

 

 

元来私は少人数対応モデルで10名以上を前にすると震えるし下手したらチビりそうなのです。どうかビビリの私に女神さまのようににこっと朗らかにほほえんでください。

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク