1 ちゃま之介を結んだ毛糸のパンツ

皆さまこんにちは♪

 

 

本日は今週の目玉、黒猫「秀多」改め「ちゃま之介」の卒業レポート。ちゃま之介はトライアルを経て正式に「よこぼりちゃま之介」になりました。

IMG_0015

 

 

 

私は里親よこぼりさんのインスタにワクワク胸が躍っています。

 

 

私自身もインスタを地味にやっていますが、好きな写真をたまにUPする程度。ちゃま之介のインスタは私のツボにかなりハマっています。

 

 

どうです? インスタ映えってこういうことかなと(笑)。

IMG_9202

 

 

 

保護猫と暮らすワクワクを再度教えてもらった気がします。

 

 

 

では、よこぼりさんとちゃま之介の出会いを整理していきましょう。

 

 

 

まず私が黒猫兄妹を保護譲渡するいきさつとなったこの忘年会は外せませんね。

 

 

忘年会で会った旧友の春ちゃん夫妻が保護猫を迎えたいと私に相談してくれたのがきっかけで、私は春ちゃん夫妻に合いそうな子をemi-goに依頼。

 

 

結果、黒猫兄妹を私が手掛けることになったのです。

 

 

春ちゃん夫妻は迷った挙句、女の子の「トロン」を家族に。でも兄猫ちゃま之介(秀多)のワクチンにも立ち会い、たくさんかわいがってくれたんですよ。

IMG_8729

 

 

 

トロンの卒業記事に詳細が書かれています↓↓↓

 

「1 トロンに春が来た/幸せの703号室」

 

「2 トロンがハッピーに!/幸せの703号室」

 

 

 

トロンが巣立ったあと、私は残る兄猫(秀多)を急いで家族募集サイトへ掲載

IMG_8486

 

 

 

仲よしだったふたりを離してしまったことに胸が少し痛んだのです。

IMG_8452

 

 

 

トロンは新境地でケロッとしていましたが、ちゃま之介(秀多)はわが家でさびしそうで……

 

 

えーい! さぶお願い! 大らかなさぶ兄をケージに投入!

IMG_9149

 

 

 

くっついて歩けるような先輩猫のいるお宅がいいかな?

IMG_8897

 

 

 

ちゃま之介の家族募集にあたり、漠然と先住さんのいるお宅を考えていた私

IMG_8742

 

 

 

子熊風のちゃま之介には数々のお問い合わせが来ました。

IMG_8315

 

 

 

希望者さんは素敵な方ばかりでしたが、中でも異様に光るご家族に私は目が留まったのです。印象は「ほんとうに猫が好きなんだ」、「ご自分の愛猫を自慢に思っている」、「律儀で心の広いご夫婦」、「内容がわかりやすく、かつ文面がきれい」など。

 

 

 

この時点ではどちらかというと里親よこぼりさんの「キチンと感」に心が奪われていたんです。「人として信頼できる」のはもっともたいせつなことですから。

IMG_8310

 

 

 

そしてemi-goの病院でのお見合いで実際にお会いし、ちゃま之介(秀多)のトライアルが決定!

 

 

トリミング室で私がおふたりに話をしている間じゅう、ご主人は顔がこわばっていたので、この際ざっくばらんに聞いてみることに。

 

 

私「ご主人さまは(秀多が加わることについて)大丈夫ですか?」

 

ご主人「……(緊張顔)」

 

奥さん「扶養家族が増えることに対して(夫は)真剣なんだと思います」

 

私「あ、なるほど……」

 

ご主人「……(口元が少し緩む)」

 

 

なんかうまく言えないけれど、ご主人の様子を見て、私は初心に返りました。命だもんね、命の譲渡だもん、流れ作業じゃないんだよね。

IMG_8309

 

 

 

あたり前なんだけど、こなれてくると置き去りにしがちになる原点。

 

 

私が取り組んでいるのは「命をアンカーに託す」活動。譲渡活動の重みをいっそう実感したお見合いでした。ちゃまお疲れさま。よくがんばったね!

IMG_8308

 

 

 

よこぼりさんはちゃま之介にぴったりの方です。よかったね。

IMG_8307

 

 

 

しかしそもそもよこぼりさんはなぜあまたいる保護猫たちの中から黒猫秀多(ちゃま之介)を希望してくれたのでしょう? たしかインスタでも「白黒猫が好き」と。

 

 

秀多はほんのり白毛が入っているけど、黒猫の部類ですよね?

IMG_8487

 

 

 

闘病の末亡くなった先代「ひろこさん」も、現在いっしょに暮らす「ぶー太郎くん」も白多めの白黒猫。秀多とは雰囲気がちがう気がするんだけど……

IMG_0022

 

 

 

よこぼりさん「先日姉にもらった毛糸のパンツが秀多くんとおなじ柄で……」

IMG_9200

 

 

 

え、はい?

 

 

 

なんでも、よこぼりさんは昨年11月ころから2匹目を考え、日々「ペットのおうち」を閲覧。そんなある日、よこぼりさんのお姉さんが黒猫の腹毛をモチーフにした毛糸のパンツを突如プレゼントしてくれたんだそうです。

 

 

パンツをもらった瞬間よこぼりさんは首を傾げ、「ああ(うちにはこういう柄の子いないのになんで……)」とだけ心でつぶやいていたのですが、年が明けペットのおうちに掲載されていた子熊に、思わず見入ってしまったとのこと。

 

 

あのパンツと同じ子が!!

IMG_0024

 

 

 

よこぼりさんは白黒の子とまた縁があればと考えていたようですが、お姉さんにもらった毛糸のパンツの模様と秀多が一致し、運命を感じたんですね。

 

 

クスクスと笑えるかわいいエピソード。

 

 

ちなみにちゃま之介(秀多)のあごひげはご主人とおそろいです。

 

 

顔出しOKをいただいているので、後半にて!

 

 

いい意味ですごい不思議なオーラを放つよこぼりさん一家。

 

 

私のイメージだと、ご家族や周りやおうちの環境すべてが「安全な遊園地」。

 

 

猫にはたまらない魅力の終の棲家ですし、あたたかい場所であることは付け加えるまでもありません。よこぼりさん、どうもありがとうございました。

 

 

次回はちゃま之介となった子熊家の内部へ潜入します。

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク