スローモード

皆さまこんばんは!

 

 

いかがお過ごしですか?

 

 

シリンジでごはんをあげられるようになってからべべ公の調子がじゃっかん上がってきました。私もべべがなんだったら食べられるのかと思い悩むことが減りいい感じにまわっています。

 

 

 

やっぱり総合栄養食は頼りになります。液体だから通過も心配ないし!

uuue (11)

 

 

 

お皿に入れても自分から好んで食べには行かないけれど、シリンジで軽く口元へ運ぶとゴクゴク飲み、床にこぼれた分をペロッと舐めるのです。イヤだったらこうはいきません。うれしい。

 

 

でも、積極的な食欲もたいせつ!

 

 

ということで昨日買ってきました。子犬用ちゅーる!! 子「犬」用です。猫じゃないよ。

uuue (9)

 

 

 

子犬用と子猫用って味がちがうのかな? べべが食べてくれなかったら悲しいので、念のため子猫用も買いました。どっちかを食べてくれたら御の字ですから。

 

 

プレゼントでたくさんのちゅーるをいただきましたが、みんな大好きなのであっという間に底をついてしまいます。ちゅーるってすごいんですね。皆さまのお子も好きですか?

 

 

 

べべ公好んで食べています。1日10本くらい食べてしまうことも。

uuue (15)

 

 

 

しかし1本が約10カロリーなので10本食べても100カロリーにしか満たず、不足分のカロリーは流動食やかつおバー、たまに食べるトリーツとカリカリで補っています。

 

 

 

ほしがる黒豹(笑)。ほほにもあげるからちょっと待ってなさいね。

uuue (13)

 

 

 

 

食べたあとは寝る、の単純なお子たち。べべ公は大きなオナラをし、くったり寝はじめました。

 

 

 

最近は自己流の「心地いい寝方」にこだわっているようで、ふと見るとこんな形になったりしています。べべ公、気持ちよさそうだねそれ^^

uuue

 

 

 

あまぱんはお母さんの左側が指定席。のびのびくつろいでいます。

uuue (3)

 

 

 

人間どもの食事はといいますと、実は仕事の関係上、チチが家でごはんを食べる回数が減りました。やったー! もともと私は手抜き主婦ですが、太ったチチをどうにかしてほしいと姑ちゃんにもお願いされているので家で食べる日はとにかく野菜を出しまくっています。

uuue (14)

 

 

 

写真だとよくわからないでしょうが、野菜の量がハンパじゃないです。かわいそうになるくらい。

 

 

まあ健康が第一ですから!

 

 

 

こんな調子でまったりがつづいている703号室。いろいろ考えたあげく(べべのまあまあの状態がつづいてくれたらの話ですが)保護猫海子の家族募集をそろそろ開始しようかなと。

 

 

ジョイももちろん家族募集しますが、ジョイはまだいい写真が撮れていません。

 

 

でも海子は先月みいさんがたくさん撮ってくれたので私の気持ち次第でできるのです。

 

 

海子は美しく性格のいい猫ですし、健康状態も問題ありません。いつでもお嫁に出せるのに、我が家の都合で縁遠いのはどうしても海子がふびんなのです。

 

 

海子には703号室より頭数の少ない終の棲家でベタベタ甘やかされ、心穏やかな猫生を謳歌してほしい。海子を保護したときからの私の願いでした。海子を束縛する理由が「我が家の犬猫たちの闘病」では、海子に申し訳ないかなと。

 

 

という風に思えるようになったのも、私の心に余裕が生まれたからなんですけどね。べべの闘病に私が慣れたのと、べべが低空飛行ながらも体調を維持しているのが大きな理由です。

 

 

 

しじみの里親りょうちゃんがプレゼントしてくれた姫飾りをつけてみました。

uuue (5)

 

 

 

「うみちゃ にあいまちね かわい」

uuue (2)

 

 

 

お母さんの写真の腕がアレなんですけどね^^; 姫飾りがよーく似合う海子とほほ。だれか写真を撮ってくれないかなあ(遠い目)。はあああああ。写真教室とかも行ったのになあ。

 

 

 

ポーズもばっちりのラブリー海子! (私、海子のこのポーズ超大好き~)

uuue (7)

 

 

 

あと数日べべの体調に変化がなければ、善き家族に出会えるようがんばりたいです。

 

 

海子の家族になりたい方はいませんか? ウエルカムですのでご連絡ください。

 

 

 

最後に、私の散財話を!

 

 

闘病中のお子が多く、医療費がかさむ703号室。今年は夏のセールもあきらめました。今の私にできることは極力ムダなお金をつかわないこと。目的のある節約は有意義です。

 

 

などとほざきながらも、私は日常品の買い出しの帰りに、ふらっとリサイクルショップへ寄り、つい見つけてしまったのです。行くんじゃなかった。

uuue (4)

 

 

 

そしてあろうことか、連れて帰ることにしました。

uuue (6)

 

 

 

4,800円を出すべきかやめるべきかさんざん悩んだのです。

 

 

「買う」「買わない」が脳内を行ったり来たり。

 

 

けれど私の後ろで同じ品物を凝視する男性の眼差しがあまりにも真剣だったので、負けていられねー、とばかりに意地を張ってしまいました。だれか私をバカヤロウと罵ってください。

 

 

リサイクルショップを出禁にしてほしい。

 

 

 

自己嫌悪に陥りながらも帰宅後、ソファ横に置いてみる。妹のお下がりのランプを上に乗せて。ランプがちょっと大きいけれど、なかなかじゃないですか? 4,800円には見えないでしょ?

uuue (8)

 

 

 

うーんいいねえ♪ 想像以上~♪

uuue (10)

 

 

 

よく見ると傷だらけなんですがそれがまたしっくり来るんですよ。

uuue (12)

 

 

 

結局妙にテンションがあがって満足した私。

 

 

でもこれからはよりいっそう財布の紐をかたく締めようと胸に強く誓いました。

 

とりとめのない話ばかりですが、犬猫たちの世話を終えて皆さまにこうして近況を書くのが楽しみです。いつもあたたかい応援をありがとうございます。

 

 

皆さまにとって明日も明るい日でありますように!

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク





お母さんを癒す天使

だいぶ前になってしまいましたがさかえ先生より手づくりジャーキーのプレゼントが届きました。

amataarigato

 

 

 

ふだん食にうるさいリルもガツガツ。さかえ先生ありがとうございました。

amataarigato (2)

 

 

 

さかえ先生の保護猫ミーコさんは現在家族募集中です。くわしくはこちらをクリック!

amataarigato (3)

 

 

 

野良猫だったミーコさん。保護前の後ろ姿はひどく脱腸しています。さかえ先生が保護に奔走。医療ケア、人なれレッスンを経てこのたび家族募集のステージに到達しました。ミーコさんに目を留めてくださるやさしい方はいませんか?

amataarigato (4)

 

 

 

さて、シニアで持病持ちのお子が多い703号室。現在の私の心配順はべべ→ナナ→さぶといったところです。つまりは病状の深刻さ順ですね。

 

 

日々、掃除、洗い物、洗濯、散歩、投薬、シャンプーや爪切りなどのケア、買い物、嘔吐物排泄物の始末、食事の準備、点滴、通院をどうにかこなしているのですがこれが意外と疲れます。

 

 

たまに丸1日“お母さん”を完全に休めたらどんなに楽だろうと妄想したりも。

 

 

しかし犬猫の看護闘病が涙ばかりではないことをお子たちが教えてくれるのです。

 

 

今日はべべがシリンジから高カロリー食を何本も飲んでくれました。べべの喉がゴクゴク鳴るたびに、その音はべべの命そのもののような気がして目頭が熱くなりました。

 

 

苦痛を伴う強制給餌は選択しない考えですが、べべの場合は今のところ口に入れさえすればふつうに飲みこんでくれるので栄養補給程度にやっていこうと思っています。猫のおやつばかりじゃ脱水と貧血と体重減少を止められないですものね。

 

 

べべはまだ腸閉塞にはなっていない。胃と腸ががんばってくれているおかげで低空飛行を維持できている。これを幸いとし、負担のない限り食べてもらいたいです。

 

 

ナナの自宅補液にもチャレンジしました。

 

 

同じ慢性腎不全なのに、ナナとさぶの進行度がちがう。ナナの方が悪化が早いのです。

 

 

一般的には猫の方が腎臓病に強いとされているので、これは犬と猫の差でもあるのですが、あるいは点滴の回数の差でもあるのかもしれません。さぶは比較的おとなしくしてくれていますが、ナナはそうはいきません。本気で怒ったナナは怖いのです。

 

 

最近キャラ替えしたナナは「いい子」の殻を脱ぎ捨てました。

 

 

私はナナの選択が正しいと思います。むしろ何年も「いい子」の役割を演じなければならなかったナナに謝りたい。子だくさんの中に生きるナナは「手のかからないいい子」でいなければならなかったんですかね。そうだとしたらそれはお母さんのせいです。

 

 

補液は自宅のバスルームにて。だましだまし連れて行き、チチとふたりがかりで無事に終えました。噛まれませんでしたし、暴れてナナが怪我をすることもありませんでした。

 

 

補液後、ナナのご機嫌取りを兼ねチチが散歩へ連れて行ってくれました。

 

 

大袈裟に聞こえるでしょうが、高い壁を越えた気分です。うれしかったなあ。ナナありがとう。

 

 

 

そして今夜は我が家の癒し天使にもお礼のチューを仰山お見舞いしたいです。

 

 

 

あまぱん、あなたのことですよ。

amataarigato (6)

 

 

 

ブログの登場回数はほかのお子に負けているかもしれませんが、あまぱんはお母さんにとって比喩しがたい貴重さです。猫たちの中では最年長だと予想されるあまぱんですが、一度萎んだ体がまんまるに戻ってきました。あまぱんのまるさこそがお母さんの希望です。

 

 

 

敬われるべき年齢なのに、みーんなに気を遣うあまぱん。

 

 

せっかくおねだりに成功したおやつをあっさりジョイに奪われても、ジョイが食べ終わるまで横でそっと見守るあまぱん。ほほにもさぶにも背中を囓られるあまぱん。でも絶対にだれの背中も噛まないあまぱん。お母さんを呼ぶ声がやたら大きいあまぱん。

 

 

お母さんが寝るときだけはお母さんの左側をだれにもゆずらないあまぱん。

 

 

真冬でも真夏でもお構いなしにお母さんに腕枕を要求するあまぱん。

 

 

ふんわりやわらかなマシュマロのあまぱん。

 

 

まわりを笑わせ、和ませ、ズルいところいっさいなしのまっすぐさであまぱんは生きています。

amataarigato (5)

 

 

 

だれかに夢中になるのはいいけれど、そのためにほかのだれかを置き去りにするのはダメだと思います。多頭ゆえ配分が不均等になることもありますが、不足分は欠かさずフォローし、どこかで必ず帳尻が合うよう絶えず心を配っていきたいです。

 

 

 

ALL LOVE!

 

 

スポンサーリンク





ふんばりどころ

ドイツ在住のロザママさま、母に預けてくださったおみやげをもらいました^^ お手紙もありがとうございます。メールアドレスがよくわからなかったのでよければ非公開コメントでアドレスを教えてください。こちらからメールします!

1kinnkyooo (11)

 

 

 

フェリママさん、母に預けてくださったおみやげありがとうございました。チチといただきます。

1kinnkyooo (9)

 

 

 

皆さまいかがお過ごしですか?

 

 

本日は最近の我が家の様子をランダムにお送りします。

 

(※今日も終盤改行がヘンです。直しても反映されない)

 

 

まずべべ。食べてくれそうなものを予想しスーパーに買いに走る日々がつづいています。

1kinnkyooo (16)

 

 

猫のおやつばっか(汗)。

 

 

昨日食べた朝ごはん。まあまあがんばったけど、これじゃカロリーが足りないね。

1kinnkyooo (13)

 

 

 

大巻先生も東大の先生方も食べられるものならなんでもと仰っているので、絶えず猫用、犬用、一般食、総合栄養食、流動食、手作り食を用意し、食べれそうなものをトライ中!

1kinnkyooo (5)

 

 

 

ここ3日は調子がよさそう。体重これ以上減らないといいな。

1kinnkyooo (7)

 

 

べべのバイオプシーの結果が出ました。胃、十二指腸のがんでまちがいないとのこと。べべはこの夏を越えられないと予想されています。

 

 

私は在宅時間が増えましたが、お子たちのケアを真剣にやっているので家にいてもあっという間に一日が過ぎていきます。パソコンを開く時間をさらに減らしました。ブログ更新のときにサッと見るくらい。メールなどのお返事が円滑にできません。ごめんなさいね。

 

 

べべ、ナナ、ほほ、さぶは毎日投薬が必要です。べべだけでたくさんの薬を1日に2回

1kinnkyooo (4)

 

 

 

小さな口に苦い薬を無理やり放り込むのがかわいそうになりますね。

 

 

あまぱんとほほは元気さをキープしています。703号室のホープです。あまぱんも一時は痩せ衰えていました。口の痛みが原因で食べれないあまぱんがふびんでたまりませんでした。

1kinnkyooo (10)

 

 

全顎抜歯手術して正解。あまぱん、手術は辛かったけど、ごはんおいしい方がうれしいもんね^^

 

 

仕事で留守がちのチチを想い、ふてくされ顔の末娘リル

1kinnkyooo (8)

 

 

 

リルの健康もうちの財産だよ。頼むリル! どうかこの状態でいてください。

 

 

 

家族募集に手がまわっていませんが、保護猫ジョイと海子はおりこうに過ごしてくれています。

1kinnkyooo (15)

 

 

 

夜の猫集会をだれよりも楽しみにしているのがジョイ。おやつをもらったりおもちゃでいっしょに遊んだり。ジョイが張りきる姿はほんとうにかわいい♪ 素直でやさしい子です。

1kinnkyooo (18)

 

 

猫集会の参加者は、主宰者ほほ、ジョイ、海子、(犬の)べべが中心で、あまぱんとさぶもおまけで出ています(笑)。お母さんは下僕。おやつを運びおもちゃを振る役目です。

 

 

「ハハ~ 毎晩晩餐会の裏方をありがとう。わたし夜が待ち遠しい」

1kinnkyooo (20)

 

 

 

そっか。海子ごめんね。がまんしてくれてありがと。夜会は思いっきりエンジョイしようね。

1kinnkyooo

 

 

 

現在保護猫ジョイと海子は同じケージにいる仲になりました。保護猫たちのまっすぐさ、つき合いやすさに助けられています。すばらしい子たちですので皆さま忘れないでくださいね。

 

 

ジョイと海子は日中ケージで8時間程度過ごし、夕方から朝にかけてフリーにしています。

 

 

 

さて、べべの次に心配なのがこのお方

1kinnkyooo (14)

 

 

 

慢性腎不全が悪化したので自宅での点滴を開始することに。足腰の悪さ、認知症の初期症状も気になります。ナナおねがい。お母さんのそばを離れないでください。

1kinnkyooo (12)

 

 

 

先日妹がべべに会いに来た際、ナナが妹の存在を認識できず激しく威嚇。噛みつかんばかりの勢いでした。ナナの姿にショックを受ける妹と私。悩ましい限りです。

1kinnkyooo (6)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はナナとさぶを連れて大巻先生の病院へ。血液検査、点滴、べべとナナの薬の処方を。

orera (2)

今さらながら動物保険に入らなかったのを本気で後悔。先日2回のべべの東大通院で18諭吉。大巻先生の病院への通院、薬、その他医療関係のお金を含めると、一世帯の(犬猫の)医療費が毎月30諭吉以上(涙)。私は来月から自宅でできる仕事をはじめようと思います。

里親の皆さま、保険への加入をオススメします。犬猫の医療について、どこまでやるのかはそれぞれの家族の自由意志です。私はどんな選択をされたとしても里親さんを支持します。けれど、「お金がない」という理由だけで医療行為をあきらめるのはなんとなく悲しいですよね。

保険へ加入しておけばここまでにはならないので703号室を失敗例に、ぜひ保険への加入を検討してください。そして皆さまにご心配をおかけすることを書いたかもしれませんが、我が家はだいじょうぶ。すべて自分の責任ですし、責任を果たせることがありがたいです。

最後に、703号室のハンサムに登場してもらいましょう。

「おれ だな」

1kinnkyooo (3)

「やっと出番がきたか」

1kinnkyooo (21)

「おれ 点滴の回数増えたからゆうつなんだよね」

1kinnkyooo (17)

さぶが協力的なので、私ひとりでもじゅうぶん補液できます。自撮りまでできちゃう^^

1kinnkyooo (2)

「いいパートナーに恵まれたな。幸せか?」

1kinnkyooo (19)

うんっ。さぶに出会えて幸せ!

家族になってくれてありがとう。いやなこともがまんしてくれてありがとう。

さぶ、私を置いてどこにも行かないでね。

「いてほしいか?」

orera

いてほしい。みんなにいてほしい。そのためならできることはなんだってやりたい。

そろそろパソコンを閉じて、お子たちに絡みますかね?

ほほの写真忘れてた^^; ほほは次回にでも!

皆さまもいい週末をお過ごしください。

LOVE!

スポンサーリンク





もっとも耐えがたい後悔

7月11日に東大軟部外科の診察を受けてからというものの、私は揺れに揺れました。

 

 

どっちの道を歩むか、これほど迷ったことはありません。

 

 

べべは自分で選択できないのです。私が決めなければ。

 

 

東大准教授中川先生からの提示は2つ。簡単にまとめると、QOL向上をめざし手術に賭けるか、なにもせずにこのままにしておくか。

 

 

犬猫と暮らしている方の多くが「自然に任せる派」であることは私も知っています。15歳というべべの年齢やこれまでの病歴を考えると、すでに長く生きている部類に入っていることも。しかしべべは西洋医学の外科に助けられ命を長らえてきました。これは紛れもない事実です。

 

 

むろん私は、これから先べべが何年も生きるとは思いません。現状、手術で治るレベルでもないことは百も承知です。もし手術を選択する場合は緩和が目的でした。通過を邪魔している腫瘍を少しでも小さくし、食べやすく、寝やすく、生きやすくする道を模索してみたかったのです。

 

 

迷いに迷う。

 

 

東大の先生方にさんざん説明を受けたあと、大巻先生に見解を伺い、友人らに相談し、チチともとことん話し合いました。いったんどちらかに向かおうとしても、また振り出しに戻るという、自分史上で前代未聞の優柔不断に陥りました。考えすぎて頭が狂うかと。

 

 

べべの調子は日に日に下がっていきます。下がり方が辛そうです。

 

 

べべは獣医学で解明されていない非常にめずらしい病気で、絶えず腫瘍ができる体質です。ほかのジャックラッセルテリアの中にも同じ病気と闘っている子が数頭いるそうですが、まだ研究段階なのでくわしいことは明らかになっていません。

 

 

べべの胃と十二指腸に巨大な腫瘍ができています。そこが食べものの通過を邪魔し、生活の質(QOL)を落としています。現在バイオプシーの結果待ちですが、ガンでまちがいないでしょう。けれど、ここからが重要なポイントなのですが、どうやら悪性度の低いがんで、うまく病巣部を取っ払ってしまえば、大きく改善される可能性も残されているのです。

 

 

 

やるなら今しかない―――。

 

 

 

キャンセルは直前でも可能とのことでしたので、19日に手術の予約を取りました。

 

 

 

予約後も私は悩みつづけました。自分の力では抱えきれないほど。

 

 

べべ、そもそも、QOLってなんだろうね。

 

 

肝心のチチも「決められない。任せる。べべをいちばんわかっているのはお母さんだからお母さんが決めたことならそれはまちがいないよ」などと投げてくる始末。

 

 

相談した友人らも全員同じ答えでした。私がいちばんべべを理解している。だから私の出した結論がべべにとって正しい、と。

 

 

決められない、どうしようもない心持ちのまま、19日の手術日を迎えました。

 

 

 

べべ、ごめん。結局決められなかった。でもとりあえずお母さんと病院へ行こう。

sakini (3)

 

 

 

 

もう一度中川先生の話を聞いてからにしよう。

 

 

 

先生は1時間以上かけ、丁寧に説明してくださいました。先生の話を聞きながら、私は何度もべべと目が合い、自分の中でじわじわ結論に到達するのを実感したのです。

 

 

べべは私の根幹。べべの登場によって私の人生が真逆の方向へ進んでいったのです。

 

 

だからなにを選んでも私は後悔するでしょう。べべはそれほど重要な存在です。

 

 

けれど自分にとって「もっとも耐えがたい後悔」は、べべを不慣れな病院に置き、震わせ、闘わせ、挙げ句の果てにひとり逝かせること。私のいない場所で。

 

 

元気になって帰ってきてくれるなら手術もアリかもしれません。でも保証がない。消化器の手術は消耗するのです。もし手術自体が成功しても、べべの気力、体力が持たなければ、べべは精神的に私を失ったまま路頭に迷いながら果てていく。

 

 

 

その姿を想像すると、私は手術に踏み切れませんでした。

 

 

 

先生に自分の思いを伝えスッと軽くなった胸で病院をあとにしました。

 

 

先生方も私の判断を支持してくれました。ありがたいことです。

 

 

 

さあべべ、お薬を待っておうちに帰ろうかね。

 

 

 

お父さんも話していたんだけど、べべが言葉を話せたらきっと「入院やだ」っていうんだろうね。

sakini

 

 

 

お母さんの選択によって、べべは苦しみを味わうかもしれない。それを見るお母さん自身も苦しいと思う。代わってもやれないし、楽にしてやることができないかもしれない。なんにもしてやれないかもしれない。でも絶対にべべの最後の瞬間までいっしょに生きることは約束します。

 

 

 

べべが想像する以上にお母さんはべべが好きです。お母さんの心を割ってべべに見せたい。

sakini (4)

 

 

 

病院から帰ったあと、一眠りしたべべはいつものストーカーに戻りました。

sakini (2)

 

 

 

なんだよ。洗濯物を干したり、お風呂に入ったりするだけだよ。

 

 

なるべくべべを起こさないようコソコソ動きまわっている近頃です(笑)。

 

 

※東大病院へのお出かけ写真をいっぱい撮りましたのでまたの機会にUPさせてください!

 

 

 

Smile

 

 

スポンサーリンク





黒豹バースティパーティ

皆さまこんにちは。いかがお過ごしですか?

 

私は辛い日々を送っています。

 

 

今日は明るい話題を、と宣言していたのでジメジメしないよう気をつけます。

 

 

 

MWさまより猫砂、お手紙、クオカード、ビール、ちゅーる、猫フード(べべ用^^;)、ご支援が届きました。長年に渡り703号室を気にかけてくださりありがとうございます。

anatagaga (4)

 

 

 

卒業猫天音家よりメイプルシロップと奥に見えているブドウ模様のオシャレなクロスのプレゼントが。天音のママさんありがとうございます。テーブルセッティングが楽しみになりました。

anatagaga (22)

 

 

 

 

べべは生きてます。元気に、とはいきませんが、それなりです。

anatagaga (21)

 

 

 

痩せたでしょ? でも穏やかな寝息をたてる姿にホッとするのです。最近は睡眠時に呼吸の荒さや原因不明のいびきが出ることもあるので、スヤスヤ寝てくれているだけで安心します。

 

 

 

私へのつきまといはあいかわらず。気力が半端じゃないねべべ公。

anatagaga (3)

 

 

 

 

明るい話題、明るい話題、明るい話題・・・・・・とさがしてみたところ

 

 

 

「おかーさー ぼき いまち」

anatagaga (15)

 

 

 

あ! そうだ♪ ほほの誕生祝いの日のネタにしよう!

 

 

 

先週ほほに会いに来てくれたMIHOさんとほほの誕生会を開催しました。

anatagaga (5)

 

 

 

MIHOさんいろいろ持って来てくれました。ありがとう。

 

 

黒猫ワイン(ほほかわいい~)

anatagaga (14)

 

 

 

フルーツタルト

anatagaga (16)

 

 

 

ほほへの誕生日プレゼント(天音家のお下がりハンモックにつける夏バージョンのクッション)

anatagaga (13)

 

 

 

しらすやみんなのおもちゃとおやつ(保護猫ジョイと海子も大喜び)

anatagaga

 

 

 

べべへの流動食(ごめんねこれ食べなかった・涙)

anatagaga (2)

 

 

 

悪いのう。せめて私は手抜きランチを作っておもてなしすることに。

anatagaga (18)

 

 

 

冷蔵庫の残り物を中心にいくつかスーパーで買い足し、MIHOさんのお手々も借り完成。

 

 

 

ムール貝のガーリック蒸しは火を通しすぎたため硬くなってしまいましたが、夜、会社から帰宅したチチが残りをぜんぶ食べてくれたので一件落着。おいしかったって(笑)。

anatagaga (17)

 

 

 

黒猫ワインは私が2杯、あとはMIHOさんが空けました。正確にはあの人3cm残して帰ったんです。その3cmをチチが飲み干す。こうやって703号室は食べ物を粗末にしないのです(爆)。

 

 

布団でゴロゴロ。起き上がってみんなにおやつ。アレルギーの見苦しいすっぴんはオフに。

anatagaga (19)

 

 

 

保護猫ジョイは左下にちょんと写ってます。保護猫海子は私の後ろでしっぽだけの登場。さぶもあまぱんもいますよ。べべ、ナナ、リル、ほほ、あまた、さぶ、ジョイ、海子の全員がリビングでウロウロしながらパーティに参加しています。

 

 

 

「ぼくこれ好き」

anatagaga (20)

 

 

 

あまぱんハンモック気持ちいいね。ブルーの新しいカバーはMIHOさんからほほへの9歳の誕生日プレゼントだけどだれが使ってもいいんだよ。早い者勝ちだね。

 

 

 

「おれ 手太い? 点滴後だからあんまこういう写真載せてほしくないんだよな」

anatagaga (12)

 

 

 

MIHOさんがさぶの補液を手伝ってくれたよね。さぶは多少スタイルが崩れてもいい男だからだいじょうぶ。じっとおとなしくしていてくれてありがとね。さぶすごくかっこよかったよ。

 

 

 

主役のほほはそこいらじゅうを走りまわったり椅子の上に飛んだりして張りきっていました。

anatagaga (11)

 

 

 

MIHOさんもほほの回復ぶりに唖然の様子

anatagaga (7)

 

 

 

「よかったね。ほほちがこんなに動きまわれるようになるなんて・・・・・・」

anatagaga (6)

 

 

 

「やりば できまち」

anatagaga (10)

 

 

 

「ぼき ほほ きょも みなと いまち」

anatagaga (8)

 

 

 

「みなと ここに いきてまち」

anatagaga (9)

 

 

 

うん。

家族で暮らせた今日一日に感謝と感謝を重ねて!

 

 

ほほより皆さまに大きな

 

 

LOVEを!

 

 

 

スポンサーリンク