ジャンに会いました

2週間ほど前、ジャンのママさんから届いたジャンの写真をみて、私は激しく狼狽しました。
クリックすると元のサイズで表示します

聞けば、これでもマシな方で、一番ひどい時は、ジャン自身が横になれないほど、左の顔が腫れてしまったそうなのです。元気消失し、この顔で、だるそうにう ずくまるジャンを想像しただけで、胸が潰れそうでした。どんなにつらい治療を受けても、いつも明るく朗らかだったジャン。ガンは肺へ転移してしまいました が、時折咳をする程度で、けなげな笑顔をみせてくれていたというのに……。

先週末、チチと私は、お見舞いを持って、ジャンに会いに行くことにしました。でも、正直な気持ち、会うのが怖かったです。里親さんがジャンと向かい合っているというのに、なんとも情けない話ですが。

弱虫夫婦はため息を連発しながら横浜へ。

車内は暗雲たちこめる雰囲気で、事情を知らない人が私たちをみたら、きっとケンカをした後の男女だと思われたことでしょう。

ジャンの家に着き、車庫入れをしていると、家の中からジャンのママさんが飛び出してきました。

「ジャンが待ってますよ!」

あれ?

出迎えてくれる表情が曇ってない。

むしろ、笑ってる?

恐る恐る聞いてみました。

「ジャン、どんな状態ですか?」

すると、ママさんの口角が上がったのです。

「腫れが引いてきました」

え?

どれ?

確かめるように家に上がった私たちに、爆弾のように飛びついてくれたジャン。

抱っこして顔を確かめると、すっかり治っているではありませんか!!

もうーーーーーーーー!!

今日はなんていい日なの!

スマホしか持っていなかったので、ろくな写真が撮れませんでしたが、みてください。
クリックすると元のサイズで表示します

治ってるよぉ(涙)。

嬉しいよぉ。

ガンの影響で腫れてしまったのか、低い免疫のせいで、黴菌が入りこんで腫れてしまったのか……でもとにかく、ご家族と病院のケアで、ジャンが回復したのです。顔から、すごい量の血膿が吹き出したそうですが、病院の適切な処置でまた元のハンサムなお顔に戻りました。

ジャンが通っている「関内どうぶつクリニック」は、ジャンの手術を担当した梅島動物病院の黒木先生の紹介ですが、いい病院です。パピコ代理さんの保護猫デルコを膿胸の死の淵から蘇らせてくれたのも、ここの病院。それ以来、パピさんの行きつけになりました。口うるさいパピさんが信頼を置く病院なので、太鼓判ものですね(笑)。

特に、免疫療法をつかったガン治療を取り入れているので、抗がん剤や放射線に疑問を持つ飼い主さんたちには、おススメです。副作用もありません。(※効き方には個体差があります)

ただ、ジャンが受けている免疫療法は、まだ日本に浸透していないのもあって、かなり高額ですが。

ジャンのご家族は、すべてを投じて、ジャンに治療を受けさせてくれています。しかも、いつ会っても、やさしく、明るく、前向きなのです。うちのお子たちや保護犬猫たちが病気になると、私はすぐメソメソしてしまうので、見習わなきゃっ。

里親さんが送ってくださった写真↓
クリックすると元のサイズで表示します

ラブラドールのヤンキーくん&新しく家族になった推定8歳? のタンくん&703号室のイケメン卒業犬ジャン。みーんな性格がよく、相性抜群。里親さん夫妻も含め、仲良し家族です。

チチのお膝で寝てしまったタンくん↓
クリックすると元のサイズで表示します

お腹を出して安心しきってますね。タンくんが他の人に心を許すのは、珍しいそうです。それを聞いてチチが気をよくしたのは、言うまでもありませんね^^; もうシニア齢なのに、心ない人間に捨てられてしまったタンくんですが、ジャンのお家に保護されてよかった!

ジャンを大切にしてくださる里親さんには、いつも心から感謝しています。ありがとうございます。今さら言うことでもないですが、ジャンをジャンの里親さんに譲渡して、本当によかった。これからも、ジャンをよろしくお願いします。

ジャンの里親さんから、チチにビールをいただきました。
クリックすると元のサイズで表示します

お菓子もすみません。ありがとうございます。
クリックすると元のサイズで表示します

このお菓子(あげドーナツ)、めっちゃめちゃかわいくないですか?
クリックすると元のサイズで表示します

中身はこんな感じ↓ 超おいしくて、チチと奪い合いながら食べました。
クリックすると元のサイズで表示します

どこで売ってんだろ?

かつくん「ジャンくん、お大事に。

治療をがんばるジャンは、ごほうびにいろんな場所に連れて行ってもらっているそうです。

ハハは家事をがんばっても、チチはどこにも連れて行ってくれないから、ジャンがうらやましいって。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





べべとあまた自慢

昨日はチチとともに、卒業生のお家に遊びに行ってきました。その様子は近日中にお送りします。嬉しいプレゼントも届いていますが、それも今度UPさせてください。

昨夜、スヌーゴンと一緒にお風呂に入ったのですが、暴れるゴンタを洗っている最中に、私は、右肩を痛めてしまいましたTдT 恐るべし、スヌーゴンパワー

まだ肩痛い。あ~あ。

今日は早めに寝ます。

コメントやメールのお返事が、これでもかというほど遅くてごめんなさい。コメント大好き人間なのに、タイムリーにお返事を書けないジレンマに悩まされています。ちょいちょい書いていきますので、呆れずにおつきあいくださいませ。よろしくお願いします。ペコリ。

夕方、ベベとぬけがけデートをしました♪
クリックすると元のサイズで表示します

デートって言っても、クリーニング屋に行っただけですが。

スキップするように楽しく歩くベベの姿を、世界中の人に自慢したくなりました。
クリックすると元のサイズで表示します

何歳になっても、ベベはお母さんの赤ちゃんです。
クリックすると元のサイズで表示します

お願いだから、これ以上、かわいくならないでね。
クリックすると元のサイズで表示します

もうこんくらいにしといて。
クリックすると元のサイズで表示します

今よりもっとメロメロになったら、ベベどう責任とってくれるの?

★★★おまけ★★★

さて、問題です。あまぱん太郎はどこでなにをしているのでしょう?
クリックすると元のサイズで表示します

うふ^^

答えちゃっていいですか?

いいですね?

ナルシス殿あまぱん太郎は、洗面台で、入浴のふりをしているのです。
クリックすると元のサイズで表示します

お母さんの気を引きたくて(笑)。

かつくん「洗面所が汚いのはスルーでお願したいそうです。

ハハ、あまたはナルシストじゃなくて、きれい好きなんだよ。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





合掌 さよなら、さくらちゃん

マイ太郎さんの愛猫、さくらちゃんが亡くなりました。享年6歳。今年の1月21日、雨の降る夜、外猫だったさくらちゃんを保護したのは私なので、さくらちゃんには格別の思い入れがあります。

また、マイ太郎さんがさくらちゃんにどれだけの愛情を捧げてきたか、どのようにケアしてきたのか、間近でみてきたつもりですので、今は、ただ胸が痛みます。

永眠することで、さくらちゃんが辛い闘病から解放されたとも考えられますが、難題ばっかふっかけてくる神さまに、文句を言いたい気もします。

6年の外暮らしに耐え抜いてきた小さな女の子が、ようやく得た終の棲家。本当の家族。

どうしてもう少しだけ、一緒に過ごす穏やかな時間を与えてくれなかったのでしょうか。

先ほど、マイ太郎さんのお宅にお邪魔して、さくらちゃんにお別れをさせていただきました。
クリックすると元のサイズで表示します

さくらちゃんの亡骸は、年頃のお姉さんのようないい香りが漂い、毛の1本1本まで、艶々でした。まるで、眠っているみたい。毛布をかけられているためか、ほんのり、あたたかかったです。

さくらちゃんに会うのは、今日が3度目。

1度目は保護した日。

2度目は、さくらちゃんへの輸血の日。

今から1か月以上前の話ですが……

その朝、マイ太郎さんからの電話を受け、あまたを連れ、さくらちゃんの病院へ向かった私は、酸素室内でのたうちまわるさくらちゃんを前に、心臓が止まりそうでした。

顔色が悪く、目を見開き、口をパカッとあけながら(猫は通常、開口呼吸をしません)、右へ左へ、所在なく体を動かし、叫び声をあげるさくらちゃん。強烈に苦しみ悶える姿をみて、私は、もうダメだ、と思いました。

まさに、危篤の状態。

命のともしびが、目の前で消えかかっていたのです。

病院の緊迫した空気。

マイ太郎さんの泣き声。

今思い出しても、胸が苦しくなるほど壮絶なシーンでした。

あまたを連れてきたところで、なにができるというのか。

失礼ながら、私は勝手にさくらちゃんの命を半ばあきらめ、失意のマイ太郎さんに、どんな言葉をかけようかと、頭の中で、必死に考えていました。

なのに、あまたの血が、さくらちゃんの体に入った途端、さくらちゃんが蘇ったのです。

鼻や口が、赤みを帯び、呼吸が落ち着きました。表情も和らぎました。

輸血がはじまって、まだ間もないのに、さくらちゃんが猛スピードでこっちに戻ってくる。

どんどん、どんどん。

元いた場所に、帰ってきてくれたのです。

生と死の狭間で、ものすごく、努力をしたことでしょう。

「わたし、生きたい」

さくらちゃんの全身が、そう訴えているようでした。

さくらちゃんが命を再び宿す瞬間は、光を失い、落ちこんでばかりいた頃の私にとって、あまりにも鮮烈で、私は、さくらちゃんの10分の1もちゃんと生きていなかった自分を恥じました。

輸血中のさくらちゃん
クリックすると元のサイズで表示します

輸血後のあまた
クリックすると元のサイズで表示します

犬や猫は、言葉を話しません。

だけどいつも、貴いことを教えてくれるんですよね。

さくらちゃん、見事でした。ありがとう。

さくらちゃんのように、私も一生懸命、自分の命を生きようと思う。

さくらちゃんの冥福を祈ります。

さくらちゃんは長いこと苦労しましたが、不幸な猫さんではありませんでした。

マイ太郎さんが自分の身を削りながら、守った命です。

誰かにとって、特別な存在になれるって、幸せだよね。

家族のいない犬猫たちだって、みんな、家族がほしいよね。

こうやって過ごすことを夢見て、地を這い、歯を食いしばりながら、生きているのよね。
クリックすると元のサイズで表示します

今日、さくらちゃんにお別れのあいさつをさせてもらいながら、心に誓いました。

私にも、冷たい土の上で逝かせたくない子がいます。

だから、今いる保護猫たちのご縁を繋いだあと、必ず迎えに行きます。

どうかそれまで、私を待っていてほしい。

スポンサーリンク





ゴンタのお母さん

ときどき、ゴンタが悪魔にみえます。
クリックすると元のサイズで表示します

ちょっと目を離した隙に、サークル中をうんちだらけにしてしまう。
クリックすると元のサイズで表示します

シーツを替えたばかりなのに、また一からやり直し。

うんちを踏んだシーツの処理は、大変です。

このまま洗濯機の中には入れられません。まず、お風呂場でうんちを落として、それから、手でシーツ4枚とゴンタが使っている毛布を洗うのです。

ゴシゴシゴシゴシ。

ある程度きれいにしてから洗濯機に移動するのですが、どんなに硬く絞っても、シーツから水滴が垂れてしまう。床も拭かなければなりません。洗濯機に入れた後は、消臭剤と雑巾でケージを拭き、ゴンタの足を洗い(お風呂キライのゴンタは、大暴れ&大鳴き)、シーツを再セット。

ほぼ毎日、多い時は1日に2~3度これをくり返しています。

この他に、多量に出るおしっこの処理も。

お世話をするのが、ゴンタだけならいいのですが、現在、我が家はゴンタを入れて、8頭の犬猫がいます。ゴンタを言い訳に、みんなの医療や食事、スキンシップを怠りたくない。となると、とにかく、動き回るしかないわけで……。

実際、ゴンタが来てから、大きく生活が変わりました。

細々とつづけていた犬の保護活動ができなくなりました。

一般的な話ですが、犬を預かるのは、猫より手がかかります。なので、今は、難しいのです。

猫も、頭数を考えて保護するしかなく、募集にも多くの時間を割くことができなくなりました。お見合い場所についても悩みます。希望者さんとははじめて会う のですから、私も気をつかいます。ただでさえ、ガヤガヤしている家なのに、ゴンタがうるさく吠えてしまったら、ゆっくりお話もできません。また、いくら掃 除をがんばっても、突如うんちを漏らしたら、すごい臭いになるので、お見合いを中断し、うんちの処理に追われてしまう。お見合いは、703号室以外の場所 をつかうようになりました。

外出にも制限があります。

ゴンタは4時間以上のお留守番ができないため、私が働きに出たり、外出する際は、チチかハハ妹の都合を聞いて、あらかじめスケジュールを合わせなければならないのです。病院に預けることもありますが、そうなると現実問題、余計にお金がかかります。

ゴンタには、「しつけ」や「トレーニング」は通用しません。

ものすごいスピードで社会生活を身につける子犬とはわけが違います。

ゴンタは13歳で土手から我が家に移動した時から、すでに老犬で、痴呆とたくさんの病気があり、トレーニングどころか、保護当初は、意思の疎通すらままならぬ日々でした。

覚悟していた以上の凄まじい吠え方に、私が疲弊し、何度も泣いたものです。

このままでは、生活を営むこともできなくなると思いつめ、病院に相談し、「ゴンタが眠れるお薬」を処方してもらったこともあります。でも、ゴンタには効きが悪かったし、私の自己都合でゴンタに薬を飲ませるのが、後ろめたかったのもあり、すぐにやめてしまいました。

ゴンタに私の言い分は通じません。ゴンタがうちの生活スタイルに合わせるのではなく、私が勉強、工夫し、ゴンタに合わせなければ成り立たないのです。

「ゴンタのお母さん」は、生半可な気持ちでは務まりません。

この犬は、全力で、体当たりし、試してくるのです。

でも、だからこそ、愛おしいんですよね。

ゴンタの存在の大きさに圧倒されています。

どうやら私は、ゴンタ病に侵されてしまったようなのです。

大変大変と騒ぎながらも、いつの間にか、ゴンタを深く愛してしまいました。

はっきりと自覚しています。

この犬がいなくなったら、きっと猛烈な空虚感に襲われることを。
クリックすると元のサイズで表示します

土手で倒れ、手術を受けた時、3か月生きればいい方だと宣告されたのに、あれから、1年4カ月も生きているんですよ。きっと明日も生きるでしょう。明後日も、し明後日も。

「ゴンタ」は「奇跡」です。

奇跡は新しい希望を産み落としながら、どんどん更新していますね。

どんなに努力しても、あがいても、私の力は限度があります。たったこれっぽっちの空間しか用意してあげられないし、四六時中、そばで撫でているわけにもいきません。ゴンタもゴンタなりに、我慢をしているんだと思います。

だけど、チチと得意げに近所を歩きまわる姿や、手づくりごはんを平らげる顔や、穏やかな寝顔をみていると、ちょっとだけ、うぬぼれてしまうのです。

“もしかして今、ゴンちゃん幸せなの?”
クリックすると元のサイズで表示します

ゴンが幸せなら、お母さんも幸せ。

でもゴンタくん、寝るならベッドに行きなさい。そこ、トイレゾーン!
クリックすると元のサイズで表示します

かつくん「ゴンちゃんすごいよね。みなさま、ゴンちゃんは“血管肉腫”だったんですよ。血管肉腫がどんな病気か知っている方はまず、驚きます。手術後1年4カ月元気を保つのは、あり得ないよ普通。

ハハは今日、早朝から健康ランドに行きました。早朝行った理由は、安いから。

温泉に入っても、ほうれい線は消えませんでしたが、疲れが取れたらしく、帰宅後はやたらテンションが高かったです。健康ランドの帰り道に、安いスーパーを見つけたらしく、機嫌もいいです。なめこが一袋36円だったとか。韓国海苔は、一袋89円だって。主婦の味方だね。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





またまた妹ネタ

うまくバナーがはれないよー! リンクができない(泣)。

ホグちゃんの家族を募集しています。
クリックすると元のサイズで表示します

詳しくは⇒ http://www.satoya-boshu.net/keisai/c2-146532.html をみてください。

★★★

昨日は結局、バイトを休んでしまいました。今月はハハ妹とともに、奈良へ行くので、休んでる場合じゃないんですけど、あの暴風雨じゃ、新橋まで行けそうになかったから。

ハハ妹の夫、たかのご親族は、体が不自由だったり、高齢だったり、ハハ妹&たかの結婚式に参列できない方が多いので、こちらからたかの地元(奈良)へ行 き、お披露目会をすることにしたのです。ご親族方も楽しみにしてくれているようなので、姉の私も、お手伝いして来ようと思います。チチはお留守番。頭数が 多い我が家なので、しょうがないですね。

妹の結婚式ネタばかりで、申し訳ないのですが、私は、自分の妹が自慢です。

この豊かな日本で育ちながらも、妹は、私立高校3年間、私立大学4年間、合計7年分の学費を、自分ひとりの力で払いました。ちなみに私もそうでしたが、私 は短大卒なので、妹より2年分安く済みました(笑)。それでも、私は親に対して、「ブー!」とぼやいてしまったことが、1度か2度ありましたが、学費のこ とで、妹が親に対して、不満を言ったことは1度もありませんでした。それどころか、親に頼らず、大学生の頃からずっとひとり暮らしをしています。

うちの親は、超古典的で? 義務教育が終わり次第、学業はおしまいとの考えを持っています。つまり、高校や大学は、オプションにすぎません。よって、オプ ションを選択するのは、個人のわがままなので(笑)、個人が負担するのは当然、というわけです。むろん、塾や家庭教師、習いごとはそれ以前の問題^^;  そんなことをする暇があったら、家の手伝いをしろと、叩き込まれてきたのです。

そこで私たち姉妹は、親の機嫌を損ねないよう、できるだけ家事を手伝いながら学校へ通い、学資ローンをつかって進学し、社会に出た後は、ひたすら学費の返 済をしてきました。他にも、ここに書ききれないほど、うちは一般的な家とはかけ離れていましたが、私は、自分の母親がキライではありません。むしろ好きで す。

温室で育てられた花は枯れやすい。
でも、私たちは雑草だから、とっても強いのです。

親がそこまで考えた上で、独特の教育方針? を取ったのかはわかりませんが(笑)、結果的に、私の親が、うちの親でよかったと思います。

うちの親が、「3時のおやつを出してくれるお母さん」だったら、調子に乗りやすい私たちは、「ほしいゲームをすぐに買ってくれない!」と、親を怨む子供になっていたかもしれません。

長くなってしまいましたが、実はものすごい苦労人である妹が、一人前に結婚するのですから、姉として、感無量なのです。まあ、口で言ってるだけで、大したことはしてあげられていないのですが、とにかく、めでたいっ

犬猫ブログなのに、私はたぶんまた妹の結婚ネタを書いてしまいそうなので、その時は、皆さま、テキトーにスクロールしてスルーしちゃってくださいね ̄ー ̄

今日書こうと思っていたきのこネタは、また今度!

「え~? マジ~? ぼくもハハ妹ちゃんに負けないほど苦労人(猫)なのにぃ!」
クリックすると元のサイズで表示します

そうね。苦労が多かったからこそ、きのこはやさしいのかもね。

ゴンタのサークルに入って、一緒に寝たり、遊んだり、どうもありがとう。
クリックすると元のサイズで表示します

きのこが太陽みたいに、まわりを照らしてくれるから、703号室は、いっつもあったかいよ。

★★★ありがとう★★★

うららさんからまた大量の猫砂が届きました。

うららさん、どうしてちょうどなくなる頃だとわかったのですか? ちょうどなくなってしまったので、スーパーでいくつか買ったばかりだったんですよ! 4匹の猫がいる我が家は、砂の消費率も高いので、本当に助かりました。どうもありがとうございました。

うららさんとともに卒業させたさび猫くりちゃんもすこぶる元気です♪

里親さんの溺愛ぶりに、にんまりさせてもらってます。

最近のくりちゃん↓
クリックすると元のサイズで表示します

かつくん「歳の離れた姉妹だから、ハハは余計にハハ妹ちゃんがかわいいのかもね。明日はババちゃんとハハ妹ちゃんとハハの親子3人で、健康ランドに行くんだって。台湾の親戚がハハの写真をみて、“老けたね~”って言ったのが悲しいらしく、悪い汗を流してくるって。

ハハ、汗を流しても、ほうれい線は消えないよ。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク