胸の中のきみは

あれから4カ月と11日が流れ、ようやく心に一つの区切りをつけました。
毎年、春になるとユキのことを書いていたし、今年も紹介したいなと。

2008年12月3日。
生きているユキに会ったのは、この日が最後です。
猫のお届けへ行った帰り、久々に寄りました。久々と言っても、数日ぶりです。もしかすると一週間ぶり位かもしれません。大雑把に言えば、ユキはいつも通り でした。行く度に老いて行くような気はしていたけれど、13歳の犬にしてはふっくらとして毛艶も良く、目もきれいでした。

異変に気がついたのは、歩きはじめてからですが、果たして、異変と呼べるかどうか……。
この前来たときより歩くのが少しだけ遅い。
休む回数が少しだけ多い。
息づかいが少しだけ荒い。
ユキの変化を見逃さなかったけれど、多分、他の人には分からないほど全てが「少しだけ」違っていました。
散歩の途中で何度も私を見上げ、笑ってみせる。
いつにない甘え方。
これまで友だと思っていた犬が、子供のように見えました。

もしあの日、猫のお届け前に行っていたら、私はその事を生涯の後悔としていたでしょう。ユキのペースに合わせてあげられず、急がせてしまったのなら……。お届けの後だからこそ、最後の散歩は、自分自身も驚いてしまうほどの時間をかけることができたのです。

散歩が終わっても、ユキの「甘え」は続きました。帰ろうとする私を見つめ、前足を伸ばして「もう少し撫でて」と催促したのです。七年半の付き合いですが、 そんなことをしたのは、はじめてです。私はそれが嬉しくて、二度も自転車をUターンさせて、ユキの家に戻って期待にこたえました。

「ユキ、銀杏の絨毯は、まだちょいと先だね。……早く上にあがって! また来るから」
銀杏の大木を見上げ、頭を撫でました。これが、最後に交わした言葉となりました。

翌日、ユキは逝きました。
飼い主との朝の散歩の途中で、急に足元がおぼつかなくなり、その場に座り込んだそうです。飼い主の男性は、ユキを草の上に寝かせ、マッサージを施しました。

「ユキ。ユキや。どうした? 帰ろう……」
ウトウトと眠るような表情を浮かべながら、お姫さまは、私たちがいるこの世界に別れを告げました。行き先は分かりません。もしかすると天国かもしれないし、別の場所かもしれない。確実に分かっているのは、ユキは納得のいく旅立ちができたことだけ。

ユキの死を知らされ、私は気が動転しました。
いや、動転なんかじゃありません。ユキへの気持ちが強すぎて、亡骸を前に、実は吐いてしまったのです。自分の嘔吐物を片付けた後、ユキの亡骸を抱えて、静 かな場所で泣きました。シクシクなんて可愛いものじゃない。獣のように吠えたのです。ユキは一方的に別れを決めて、勝手に旅立った。私はまだこんなにも、 ユキが好きなのに……。

ねえ、ユキ。


まだ爪を切ったばっかりだよ。


まだ一緒に歩きたかったの。


飼い主が庭に埋めると言ったので、都の条例を簡単に説明して、亡骸を引き受けることにしました。都の条例なんて、どうだっていい。本当はお骨が欲しかったのです。飼い主は、私の提案を喜んでくれました。だから、ユキのお骨は今、703号室にあります。


ユキとかつ


2008年12月5日。
火葬場へ連れて行く際、私はユキからのプレゼントをカメラに収めました。


ユキ。
ありがとう。
まだ先だと思っていた銀杏の落ち葉が、こんなに……。
この道を、ふたりでずっと歩いたよね。
私は散歩の途中で見つける“季節感のあるもの”が好きだった。
銀杏の絨毯が好きだった。

ユキの方は子供が好きで、いつもこうやって下校風景を眺めていたよね。


さよならユキ。


ユキのことを忘れません。
胸の中のきみは、忘れようがない

ユキがなくなった記事

ユキの1年前

ユキの2年前

ユキの3年前

 

かつくん「ぼくとユキちゃんは703号室でいつも同じ場所にいます。ユキちゃんは誰にも迷惑を かけることなく、静かに逝ったよね。実にユキちゃんらしい最期でした。ぼくは“あっぱれ”だと思います。今までハハのこと、ありがとう! お世話をされて いたのは、ハハの方だよね。ハハはユキちゃんが生きていても、生きていなくても、ユキちゃんが大切だって。もちろん、ぼくのことも。

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





日記

オフ会だったのに

ごめんなさい。本当にごめんなさい(汗)。
冒頭から謝罪の言葉を並べなければならないのは悲しいです……。

いやね。
実は昨日、ももママちゃん主催の「みーこオフ会」に参加したんです。
なのになのに、写真が全然撮れなくて(チチが悪い・笑)最初から最後までただしゃべっているか遊んでいるかだったんです。40人40ワンだったそうですが、未だ全貌を把握していない私。本当に楽しかったのに、ちょっと頭がボーとしていて^^;

せっかく見に来てくれた方々が居るとしたら、なんとお詫びをすれば良いのか。

けれど、ももママちゃんや華ママちゃんのブログを覗けば、他の参加者が分かるし、参加者さんたちのブログもリンクされているので、是非是非そちらをご覧ください。

ももの幸せ日記→http://we-love-momo.blog.drecom.jp/(ももママちゃん)

里親探し日記→http://tunakojihana.a-thera.jp/(華ママちゃん)

集合写真は日時計2の咲パパさんから拝借しました^^;


かろうじて載せられる主役みーこ(みやび)ちゃんの写真


ここからはただ垂れ流しのように、写真を並べていきます。せっかく遊んだのに写真を撮っていない子ばかり(涙)。もう私を許して! しかもももママちゃん のお子たち、つまりホスト犬の写真も無かった(涙)。帰って写真チェックをして狼狽しました。チチに撮っておくよう頼んだのに! ごめんね、ももりん、 あーちゃん、チック!(チックは里親募集中)

名前の紹介もなしでごめんなさい(汗)。
載っていない子があまりにも多かったから、なんか不公平かなと^^;
それに、実は今からちょっと出掛けなくてはならないんです。

保護活動の用事ではないんですよ。
うちのチチがようやくやる気になってくれたので、一緒にボクシングジムへ入会の手続きをしに行くんです♪ 昨日は奥さん同伴で説明会へ行きました(笑)。半ば強制ですが、ボクシングをやらせます。 祝!脱メタボの予感!

あ、それからご心配頂いているみけてぃですが、金曜の夜、リリースしました。


土曜は食べに来なかったんですが、昨日(日曜)はババのお店へ来店しました! 私の愛するクロ(野良猫)も来てくれました! うちのババのお店の近くで暮らす猫たちは、皆とっても元気です!
どうか彼らが長く生きられますように!

☆☆☆おまけ★★★

お題:猫じゃらしと猫


結構器用に遊んでます(笑)。


ますおについても次回以降、ちゃんと撮って(実物はもっともっと可愛いのです)載せますね!
今日は手抜きで本当にごめんなさい!

でも、べべもナナもリルも、楽しい一日だったよね!


ももママちゃん、遊んでくれた皆さま、会場にいらした皆さま!
どうもどうも、ありがとうございました、ペコリ。

かつくん「すごい手抜きだね。ごめんなさいね、皆さま。でも、言い訳をするなら、昨日のカメラ担当はチチだったんだよ。だからハハは悪くないの! かつくんちゃんと言っておいて、って言われたから、ぼく一応言ってみたけど。

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

 

スポンサーリンク





日記

赤ちゃん老犬

ねえ、べべ。お母さん嫌なことを聞いちゃったよ。


何年間も繋がれっぱなしの犬が、死んだんだって。鎖がグルグルに首に巻きついて、もがくぶんだけ余計に締まって、ついには死んでしまったんだって。まだ3 歳だって。家族と呼べるのか? 家の人間が発見したのは翌日だったって。お母さんも一度会った犬なのよ。うちからは遠い所に住んでいるけれど、その犬のこ とは知っているの。 その家はまた犬を飼うのかな? ご飯もろくにもらえず、散歩もなしで、苦しんでいるのに助けが来ない……。ひとり孤独に死んでいった 犬を思うと、切ないね。

バカには飼う資格がない。
その一言に尽きるよね。

ところで、べべは布団一枚を挟んでほほとくっついていることを自覚している?


あ、分かっちゃったかな?


べべはお母さんやお父さん以外とくっついて寝るのが嫌いだもんね。だからこんな写真は、珍しいんだよね! 最近、お母さんは毎晩ますおの部屋で寝ているから、べべはリル相手に“お父さんをめぐる仁義なき戦い”を忙しく繰り広げているよね。

ごめんね。


数日前、べべのお顔に白髪を見つけたよ。目の周りがうっすらと白くなってるね。どこへ行っても「まだ2.3歳ですか?」と声をかけられていたのに、べべはちゃんと年を取っているんだね。複雑な気持ちだけど、いやな気分はしなかった。

べべが老いる……。

考えただけで吐き気がしていた時期もあったの。
老いの先にある闇が怖かったから。

けれど、今は平気。
べべも立派に老犬の仲間入りを果たしたんだろうと思うと胸が熱いくらいだよ。


べべ、この前の内視鏡検査の話、してもいい?
お母さん、べべを内視鏡検査へ連れて行くことをここに書けなかったの。お父さん以外に言えなかった。べべの体は他の子たちと違うから、検査中は生きた心地 がしないの。悪いことばかりが頭をよぎる。年齢や状態を考えると、全身麻酔も心配だしね。だからその前の週、お祓いに行ったんだ。お祓いへ行った本当の理 由は、べべの内視鏡検査を控えていたからだったの。それも今まで、誰にも言えなかった。

「べべちゃんの結果ですが、以前より良くなっていますね。以前気がかりだった3か所、なくなっています! 治療の効果が出てきていますね! まだ心配な点はありますが、以前より良くなったことを素直に喜んであげてください」

おおお! べべ!


4種類の薬。
徹底した食事管理。
制限だらけの生活。
ナナとリルがおやつを食べている間、ガラス越しによだれを流してそれを眺めていたべべ。
あなたはちゃんと結果を出しているよ!

頑張った甲斐があったね!

べべの白髪は、生の勲章。
だけど、できる事なら、もう少しだけ赤ちゃんのようなべべでいて。
いつも我慢ばかりだから、週末は、いっぱい遊ぼう♪

「どーでもいいでちが ぼき つぶれそーでち べべちゃん おも」

☆☆☆ますおだより☆☆☆

こいつ、新手の甘え方をします……。


抱っこを嫌うくせに、私が違う部屋へ行ってしまうと、泣き喚いて私を呼ぶ。


目が合うだけでゴロゴロ喉を鳴らすし、寝てる最中も喉を鳴らしているからうるさい。

可愛すぎるのも、どうかな……。
人を癒すだけではなく、人の戦意を喪失させるから。
働く気、失せました(爆)。

そのうち更新する気も失せたらどうしましょう(悩)。

かつくん「ますお、手が短い。顔がまるい。そしてデカイ。何回見てもそんな感想しか持てないぼく。べべちゃんは本当に良かったね。生涯治療になるから、一 喜一憂せずに頑張りたいけど、やっぱり心配みたい。ハハはぼくを失った時の悲しみを味わうのが、どうしても嫌なんだって。嫌って言っても、しょうがないの にね。

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





ますおの出所

昨日は、みけてぃのことでご心配をおかけしました。みけてぃは、ワクチン後、一時食欲が下がっ たように見えたのですが、昨日はドライフードも缶詰もぺろっと平らげてくれました。明日の夜中、リリースします。出来れば里子に、と思ってエイズ白血病の 検査も行いました(結果マイナス)。けれど、やはり日に日に威嚇が強まるので、一般の家庭では難しいと判断しました。でも昨日、ケージ内で足を投げ出す シーンを目撃したんです。ほんの少しだけ、リラックスしてくれたのかな? 相変わらず、人間は嫌いみたいですが。

今日は、ますおについて。


ますおは、マンガに出てきそうなほのぼのキャラの外見ですが、紹介するとなれば、シビアな話も避けては通れない。けれどシビアな話は、なるべく今日で最後にしますね!

まず、どこで保護されたか?

公園?
駅前の広場?
民家の軒下?

……違います。

この写真をご覧下さい↓


何か違和感を覚えませんか?

そう。
彼は純血のマンチカンです。
マンチカンという猫を、私は初めて間近で見ました。そして、驚きました。足、短すぎです(汗)。特に前足。ますおは、50cm程度しかジャンプしません。 ジャンプが苦手な猫は、うちのほほくらいかと思っていたけれど、これだけ足が短ければ当然、飛ぶのは不得手ですよね。第一印象は、「可愛い……」でした。 まるでぬいぐるみですから。

けれどよくよく考えてみると、マンチカンっていう猫が少し可哀想になったりもします。だって、猫は上下運動の動物だし、平面を這うようにヨチヨチと歩く姿なんておかしいでしょ? うまく言えないけれど、短足犬のコーギーやダックスよりも、何だか変な感じがしました。

ますおは、間違いなく外では生きていけません。これじゃあ、逃げることも戦うこともできない……。
室内で守られながらぬくぬくと生きていくほか、道はないのです。

大きなお顔。
短い足。
三歳の元タネオス?

センターへ送られるとの情報を聞き付け、動物病院で働くYさんが、とあるペットショップへ引き取りに行ったのが経緯です。その時引き取られたのは、ますお だけではありません。他にも沢山の犬を引き取ってきました。シーズーやコッカーもいたかな? ブリーダーやペットショップの悪行をここに書き連ねなくて も、きっともう皆さまお分かりですよね?

ますおはこれまでの3年間、ほとんどケージという名の檻から出たことがありません。

それを人間に当てはめて考えてみましょう。
猫の3歳は人間でいうところの20代後半くらいでしょうか?
身動きするのがやっとの無機質な檻の中。
地獄のような退屈さ。

どうでしょう?

過酷な外の世界で、あらゆるものと闘いながら生きなければならない野良猫、捨て猫。

狭い檻の中で一生を終えてしまう、あるいは途中で放棄され、センター送りになってしまう純血種の繁殖猫。

どっちがマシですかね……?

まあ、私なら、どっちも勘弁ですが。

ますお!
お前はマンチカンとして生まれてきたんだから、今さらその体型の不憫さについてあーだこーだ言ったところで仕方ないよね! よし! お前はここでその愛らしい姿を披露して、皆さまに癒しを与えなさい。今日からお前を“癒し担当副大臣”に任命する!

分かった?

「はいよ」


萌えーーー!!!

ちなみに、“癒し担当大臣”は、アマパンマンです♪


ますおと比べると、あまたんはなんて小顔で、足が長いんでしょう!(感嘆)
美男子すぎる!!!

かつくん「あまた、ハンサム? ……いや。ちょっと違うよね? ハンサムはぼくだよ。

ケージから出たますおの最近のマイブームは、“ひとりあそび”だとか。まあ、遊んでくれる人が居なかったから、無理もないけど。猫じゃらしにもハマってます。そしてぼく同様、おしゃべり猫さんです。

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





TNR

アンタハアタシノハラヲキッテアカチャンヲウバッタ

みけてぃ、ごめんなさい。
分かってほしいとも、許してほしいとも言わない。
でもみけてぃに、罪深い私から、たったひとつのお願いがあるの。

ごはんをしっかりと食べてほしい。

先週の火曜、ババの店の近くで久々に見かけた三毛猫みけてぃは、お腹が少し膨らんでいるように見えました。いずれ近いうちに、不妊手術を受けさせるつもりだったので、翌日の水曜、トラップを仕掛けて捕獲し、病院で不妊手術を受けさせました。


「赤ちゃん、居ましたか?」
胸に一抹の不安を抱え、獣医にたずねました。
「まだ本当に小さかったけれど、多分、4匹……」
「どうしよう。先生、苦しいよ……」

あああ。
これで良かった万歳と、胸を張る自信が欲しい……。
私は命を大切にしていると言い切れるのか――?

揺るぎない信念。
どんなにみっともないことをしでかしても、偏っているように思われても、打たれようとも、それだけは持っているつもりでした。けれど、その夜の私は、なぜ か自分がしている事に恐ろしさを隠せず、一睡もできませんでした。生まれてきてはいけない命なんて一つもない。けれど、生まれてきた後、無残に果てる命が 多すぎる。少し前の私なら、くよくよせず、メリハリを持って、頭を切り替えていたに違いありません。せっかく生まれてきたにも関わらず、生きられなかった 子たちを、沢山この目で見てきたからです。

なのにどうしたことでしょう。
朝まで震えと涙が止まりませんでした。

私がやっていることは、一体何なんだろう……。
私と彼らは同等とうたいながら、彼らにだけ痛みを強いる。
ならば私にだって、痛みは必要ではないのか――。
リストカットする?
いいえ。
私が感じなければならない痛みは、もっと別次元にある。その痛みをこらえながら歩み進める以外、懺悔はあり得ません。悩んでいる間にも、次々と犠牲者は生 まれる。自分の行いに矛盾を感じながらも、他にやり方が見つからない以上、これを貫くしかないのです。だから泣くのは一晩でやめました。あまり引きずって いると、みけてぃに失礼ですから。

みけてぃは、リリース(手術の後、里子に出さず、元居た場所に放す)対象です。
子猫の頃から知っていますが、人間に懐くなど、考えられません。人間を怖がっているだけではなく、しっかりと攻撃ができる猫です。人慣れ抜群の愛猫と暮ら す方には想像しがたいでしょうけれど、凶暴な猫は“獣”のようです。無理もありません。猫はもともとハンターだし、みけてぃは、たったひとりで生きてきた 身なのですから……。それに、みけてぃは無闇に人間を攻撃しません。強烈な猫パンチは、あくまでも生き延びる為に必要な自衛措置です。


ケージの奥の方を掃除する時は大変です。みけてぃは、支配されることへの恐怖と闘っています。だから威嚇をやめません。私もやめません。みけてぃのケージ を、清潔にしたいのです。贖罪のつもりではなく、ただ、快適に過ごしてもらいたいだけなのです。猫はきれい好きと言いますし、みけてぃは女の子だから、人 間目線で見ると、余計そうなのかと……。


近日中にリリースする予定です。
リリースを前に、出来ることは全てやりました。レボリューション、ワクチン、血液検査、駆虫……。日々の食事の品質にも気をつかっています。みけてぃはま た、厳しい世界へと戻って行くのですから、気やすめだと笑われても、私としては出来るだけの鎧を纏わせてやりたいのです。

これら一連をTNR活動と言います。

胸を引き裂かれる思いで、TNR活動を行う人間がいるというのは、猫を捨てる人にとって、ただの“好都合”や“無関心”に過ぎないのでしょうか?

子猫の頃のみけてぃは、地面のくぼみにできた水たまりの水を、必死な形相で飲んでいました。人間の姿を感知すると、どこまでも一直線に走って逃げていまし た。ババの店を知るまでは、アパートのゴミ置き場に置かれた生ゴミの袋を裂いて、食べ物を求めていました。ちなみに、最近の好物は、マグロとロイヤルカナ ンのドライフードです。

みけてぃが私を許さなくても、私はみけてぃが好きです。こういう付き合い方をお互いが選んだ以上、私もみけてぃのように、気丈に振舞いたいと思います。みけてぃという名は、チチが付けました。8画は長生きするそうなので、私はまあまあ気に入っています。

かつくん「ハハは最近、ちょっと悩んでいたけれど、ちゃんと頑張るから心配しないでくださいね! 手術を頑張ったみけてぃは今、威嚇を続けながらも703号室で体を休めています。痛い思いをさせたのだから、外へ放したあとも、ご飯は一生保障しないとね。

新星ますおの紹介は、次回じっくりとやるので、楽しみにしててね。毎回紹介するつもりだったけど、今回はみけてぃに絞ったから。

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク