ここに居るよ

不在着信の回数で、分かりました。

あいりが旅立ってしまったことを。

今はただ、冥福を祈るばかりです。

そして小さな体で闘い抜いたあいりを、全力で支えてくれたご家族に、感謝の気持ちでいっぱいです。あいりは素敵な子だけれど、独りでは多分、闘えなかった。

そこが温かい家庭だからこそ、闘えたのだと思います。

静かな闘病。
辛い闘病。

まだ2歳を過ぎたばかりの猫の早過ぎる死。
これを悲しみ、悼む思いはあります。
あいりの闘病中も、私はよくそのブログを訪れて泣きました。
どうして、どうしてあいりなの?
あいりを奪わないで。
何処にも連れて行かないで。
あいりの家族に希望を与えたい。

そういうことばかり考えていました。

死を知らされた後は、1日中何も手に付かず、ひたすら泣きました。
ご家族の思いを考えると、うまい言葉も見つかりません。

でも、あいりは最高の環境で、最高の家族と生き抜いた。
今はその事実だけが、重要だと思います。

あいりは素敵な女の子で、わがままも言わず、弱音も吐かず、パパママを困らせることなく生きて、パパママを困らせることなく逝ったよね。

あいりがあまりにも可愛くて素敵だから、居なくなってパパママは困るけど、ママがずっと泣いていたら、そっとママの胸の中に入って、ここに居るよ、と言ってあげて。


ママ、私は何処にも行かないよ。
ここに居るよ。
ママには見えないけど、ちゃんといるの。
だってここが、私のお家でしょ。
私はここで育ったんだもの。
ここで食べ、ここで遊び、ここで寝たんだもの。
ママ知ってるでしょ?
私がここで、どれだけお転婆さんだったか。
だから見えないことを嘆かないで。
ちゃんといるんだから。
ママの心の中に、ちゃんといるんだから。

あいりは703号室の卒業生。
私が自分の手で保護した子猫でした。
赤ちゃんの頃からとても美しかったです。

あいりの写真は、もっと沢山あるのですが、今はまだ整理するのが心境的に厳しいので1枚だけ載せました。可愛いあいりをもっと沢山見たいって方は

あいりの赤ちゃんの頃の記事

あいりママちゃんのブログ

へどうぞ。

「703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんのの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。かつくんより」

スポンサーリンク





大臣巣立つ2

またまた遅くなりました^^;どうやら私、急性胃腸炎のようです(笑)。でもすぐに良くなるのでご心配は無用です!昨日より、体調がかなり良くなって来ましたから!

大臣の新しいご家族と、お届けの様子ですが、実は大臣、ちょっと体調が不安定な時があったので、チチと私は、お留守番がないご家庭にしたいという考えがありました。

色々なお問い合わせを頂きましたが、その中に「プーマくんをとても可愛いと思ってる。行く場所が無かったら、是非引き取りたい、けれどもし幸せにしてくれる方がいるのならその幸せを願う。」という内容のメールを頂きました。

それが今のパパママです^^

パパママは過去に2度登場している方。

一度目はこちらの記事

二度目はこちらの記事

そう、もう既に卒業生2猫(アーク&ノア)と一緒に暮らしているご家族なんです♪

最近、半年住んだマンションから思い切って戸建へ越し、又、ママは妊娠を機にお仕事を辞められたのでずっと在宅しています。アークとノアとの相性さえ合えば、ここはプーマにとって最高の環境だと判断し、お願いする運びとなりました。

ではでは、お届けの様子を早速!

お届けは、秘書官と一緒に行きました。キャリーバックを新調し、大臣を乗せ、いざ出発!

着いて早々、猫じゃらしで遊んで貰ってプーは嬉しそうでした。


パパお手製のランチを頂きました。


美味しすぎて死ぬかと思いました(笑)。


デザートを頬張り、素敵なマイホームのリビングでくつろぐ秘書官


新しいお宅は、広々4LDK。羨ましい事に、猫部屋が完備されていました!


この猫部屋、贅沢過ぎます!


日当たり抜群の大きな出窓、空気清浄機、エアコン、清潔なトイレ、ロフト、隠れん坊に最適なクローゼット、巨大なキャットタワーまでついているんですから。しかも、新築なのに壁の一部がボロボロになっているのも全然気にしない太っ腹ご夫婦。

「この部屋はアークとノアの為のものだから、何をしてくれてもいいんです。」だって。

アーク、君最高に幸せな猫だね^^


こちらは弟のノア君。プーマをよろしくね!


プーマは、703号室での態度とはちょっと違って、まさに猫をかぶっていた感じでした(笑)。猫部屋に入れると、隅の方に行っておとなしくなってたりして、ちょっと可愛かったです(笑)。うちだとリルの前以外では威張り腐っていたんですけどね^^

「だって…。ここはどこ?」


長男アークと鉢合わせたらこんな風に威嚇モードになってましたよ(苦笑)。

小さいのに。。。プーマが威張っても脅威にはなりませんから!


妊娠を機に会社を辞めたママ。もうすぐ赤ちゃんが生まれるのです。そんな時に、プーマを引き取ろうと考えるなんて、私の常識を、見事に覆してくれました (笑)。全ての妊婦さんがそうだとは言いませんが、妊娠を知ると、それまで家族同然で可愛がって来た犬や猫を手放す方が非常に多いのが現実です。子供が居 ない私には分からないのかもしれませんが、愛する人や家を失う犬猫の心を思うと苦しくなります。

だからボランティアによっては、妊娠する可能性のある方、小さなお子様がいるお宅には犬猫を譲渡しない方針をとることもしばしばです。小さいお子様が犬猫をおもちゃにしてしまうという理由で渡さない方も居ますが、本当の理由は違うと思うんです。

本当は、自分が大事に保護してきた犬猫を捨てられてしまうのが怖いから。

私も正直、そういう風に考えた事があります。だからお子様が生まれそうな所や、小さなお子様が居る所を敬遠してしまう節がありました。生まれた子供がアレルギーになったら、手放されるのはアレルギーを患った子供ではありません。

犬や猫です。

そう考えると一般的にはちょっと躊躇してしまうのですが、アークとノアのパパママなら大丈夫だと確信しています。お二人は、色々考えて、何でも話し合っ て、協力し合うご夫婦で、それに猫を愛する気持ちが非常に強く、又、お掃除などもこまめにやるタイプで、簡単に猫を手放すことはありません。アークやノア はもう家族以上の存在です。

「アークが長男で、ノアが次男で、プーマが三男で、生まれてくる子が四男。」

と言い切っていますから(笑)。

3度目の記念撮影!!


プーマの事も散々話し合った結果、数週間迷ってメールをくださったようなので、私は何の心配もしていません。むしろ素敵なご家族にプーを託せることを喜ん でいます!それに、ママが心配していたのは、赤ちゃんが生まれてくることではなく、アークやノアと相性でしたが、さすがはアーク&ノア!!

数日間でこんなに仲良しになってくれましたよ♪(写真:パパママ提供)


ノア、暑いのに大変ね^^;(写真:パパママ提供)


プーマが幸せになっただけではなく、久々に卒業生アーク&ノアに会えてとっても嬉しかったし、美味しいご飯をご馳走になって心身ともに満腹状態でした。秘書官も安心していましたよ^^ 帰りの車の中で「よかった!」を連発してましたから。

応援してくださった皆さま、ありがとうございました!!!
プーマは幸せになりました!!!
名前も変わりません。プーマのままですよ^^

★★★おまけ★★★

うちに居た頃の大臣の環境。(お部屋ごちゃごちゃは勘弁してー!お願い!)


リル子、張り切り過ぎ!


だからしつこくしないでって(ワンワン吠えて威嚇してるところ・汗)


プーマは本当に怖がってて可哀想でした。だって凄いんですもの…。リル、カウンセラーへ行かそうかな…。何がしたいのか分かりませんよ、本当。

あ、そうそう。

ノアを保護していた姉ちゃん(ユキちゃん)が又子猫を保護しました。


鈴ちゃんだけまだご縁がないようなので、可愛いなって思ってくれた方は是非お問い合わせください。 黒白で模様が入ってて可愛い女の子ですよ!

「Ⅹ99プーマおめでとう♪いいご家族と巡り会えて幸せだね!あんまりやんちゃし過ぎちゃだめだよ。やんちゃし過ぎて皆を困らせたら、リル子を連れて行 くってハハが言ってます。だからおとなしくしていなさい!でも、元気なところもプーマらしいから、まあいいけど。応援してくださった皆さま、ありがとうご ざいました。プーは幸せなりました!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんのの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。かつくんより」

かつくん なな

スポンサーリンク





大臣巣立つ1

昨日は、ちょっと体調が悪くて更新を断念しました。
遊びに来てくださった皆さま、ごめんなさい。
寝たらすっきりと治りましたので、今、元気良く更新中です(笑)。

ご縁が決まり、数日前我が家を旅立ったプーマ大臣ですが、今から考えてもプーマと出会うのは必然だった気がします。うちのマンションのすぐ近くの道路の茂 みに隠れ、必死に泣いていたプーマ。私はその様子を面白おかしく書きましたが、心では、面白いことだともおかしいことだとも思っていません。ただただ出会 えた事に感謝しているだけです。そして一番最初に見つけて、その大きな体でかばったチチにも感謝しています。

消えていくいのちの多きこと。

プーマを抱き上げると、まずその体の汚れの前に、あまりの軽さに驚きました。

骨と皮だけじゃん…。


どこかに居たはずの母猫や兄弟とはぐれ、どれ位の間、こうして独りぼっちで過ごしていたんだろう、その小さな胸に宿った不安は、未来への希望を打ち消して いるようでした。プーマのような子猫は、珍しくも何ともない。今の日本には、数え切れない程多く存在しています。運良く救われる子ばかりではない。救われ る子はほんの少しだけ。

あとは闇を漂い、果てるだけ。

ねえ、プーマ。


多くの犠牲の上に、君の幸せがあるとすれば、それは悲しいことだけど、うんと幸せにならないといけないね。そしてうんと幸せになれる子が増えるように、君は子猫の可愛さをアピールしてくれ!皆せっかく生まれてくるんだからね!

「うん!」


それにしても、こんなに可愛いのに4回掲載してお問い合わせがゼロだったとは。

でも!5回目の掲載で幾つかお問い合わせを頂いたんですよ!

本当に嬉しくて、秘書官(チチ)と二人、プーマを抱っこして飛び跳ねて喜びました^^
皆さまのお陰です!ありがとうございます!

風邪をひいていたり、その他にも体調が不安定だったプーマですが、本人は至って元気そのもの。毎日我が家を盛り上げてくれました(笑)。「家族探し」はちょっと大変でしたが、プーマの居る空間は、ただ楽しいだけでちっとも大変ではありませんでした。

リルがもう少ししつこくしなければ、もっと楽だったけど(笑)。

こんなに小さいのに、自分の事は自分でできるなんて、猫って凄い生き物だなって改めて感じましたよ。猫は生きるために生まれて来るんだって当り前な事に感動しました。

ねえねえ、


聞いてる?


そんな可愛い顔で見られたら、


溶けそうになっちゃうよ。


その前髪模様があまりにキュートだから、お顔を見る度に笑顔になってしまう。

ほほとも仲良くしてくれたよね!


リルが居ないリビングで、二人で走り回った後(笑)


プーが居てくれて楽しかった!


プーが来てくれて良かった!!

プーが居なくなったのは淋しいけど、


プーがここに居た時以上に幸せなら嬉しい。

素敵な家族の事は、後半に続きます。
お届けの時の写真を沢山撮ったので、2分割します。プーマの新しい家族は、過去に2度ほど登場している方(笑)。登場しているのは「人」だけではありません!

「猫達」も登場しています(笑)。

皆さま、お楽しみに~♪

プーマのように幸せになれる子が、少しでも少しでも増える社会になりますように。
そして人間社会の陰で、犠牲になってしまう子が、少しでも減りますように。

「プーマ、新しいお家でも早速皆を笑わせているようで、ママさんはプーマの事“お笑い担当”だと言ってました。
お届けの時の写真や、パパママに送って貰った写真が沢山あるので2分割にしちゃったけど、プーの幸せレポ、又見に来てね!今日はほほが通院する日ですが、手が空いたら続きを更新するそうです!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんのの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。かつくんより」

かつくん なな

スポンサーリンク