年の瀬のごあいさつ

皆さま

 

 

2018年は本当にお世話になりました。

 

 

年末恒例の卒業生一覧やハリのお届け記事、そのほか保護猫紹介やプレゼント物資の自慢ができていません。大掃除もパスの自堕落な年末をすごしています。2018年のうちにUPしてしまいたいことが多くありますが時間の関係で2019年に繰り越すことをご容赦ください^^;

 

 

今年は家族を失った悲しい年でした。この悲しみもまた来年に繰り越されることでしょう。来年どころか重い荷物のようにずっと持っているかもしれません。

 

 

しかし私の感じる痛みも、犬猫と暮らす醍醐味のひとつだとも思います。

 

 

本気でだれかを愛することができるありがたみを噛みしめています。

 

 

犬猫と暮らしてみたいなあと考えている方はどうぞ躊躇せず、保護犬保護猫を迎え入れて存分に楽しんでくださいね。私も日々そうしています。

 

 

2019年もリルと

IMG_0001

 

 

 

あまぱん

IMG_3889

 

 

 

さぶが703号室にて皆さまをお待ちしています。

IMG_8343

 

 

 

そしてできることでしたら、天国に眠るレギュラーメンバーのべべと

IMG_2141

 

 

 

ナナ

IMG_2148

 

 

 

ほほを忘れないでやってください。

IMG_2669

 

 

私たちは一丸となって卒業生たちを育て終の棲家へ見送ってきました。

 

 

べべとナナとほほの力がとても大きかったと日々痛感しています。

 

 

皆さまのお心の隅のほうにでもべべとナナとほほがいてくれたらうれしいです。

 

 

愛いっぱいの1年をありがとうございました。

 

 

2019年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

田辺アンニイ

 

 

スポンサーリンク





祝福の子

ソウルメイトのMWさまよりクリスマスプレゼントが山のように届きました。保護猫が4匹いるのでちゅーるも砂も助かります。クオカード、ご支援、クリスマスカードもありがとうございました。

111kurisumasu (2)

 

 

私が保護し、みいさんが譲渡したリーの里親POKOさんからは手づくりの美しいロールケーキが。POKOさんうまく切れましたよ。ありがとうございます。名古屋組のPOKOさんとお会いしたいな。

111kurisumasu (4)

 

 

にゃん太さんからはリンゴがどっさり。甘くてビックリ。他言無用とありますが、ほほが他界した直後に送ってくれたので私を気遣ってのことでしょう。にゃん太さんありがとうございます。

IMG_4512

 

 

POKOさんのロールケーキとにゃん太さんのリンゴをぜいたくに合わせ食い♡

111kurisumasu (6)

 

 

ふふ。おいしかったのは言うまでもありませんっ!

 

 

直木賞作家の森絵都さんからはおやつとカードが……

111kurisumasu (11)

 

 

森さんに超会いたいです。ハクちゃんの介護(スウちゃんも)がんばってください。

 

 

在りし日のほほとナナからもありがとうを♪ ナナちゃんは足が行儀悪い(汗)。

111kurisumasu (3)

 

 

 

顔がハッキリ写っているイクメン写真もご覧ください。保護子猫を見守っているほほです。

111kurisumasu (12)

 

 

 

皆さまメリークリスマス

111kurisumasu (7)

 

 

聖夜の夜をいかがお過ごしですか?

 

 

私は特に予定もなくひとりでパソコンに向かっています。

 

 

昨夜べべが夢に出てきてくれました。サンタからのプレゼントかな?

 

正確にはべべじゃないんです。

 

りょうちゃんがジャックラッセルテリアの女の子を保護したと聞き、りょうちゃんちに会いに行ったらべべと瓜二つの子だったという話。夢の中で「べべ!」と叫んでしまいました。私は寝言がうるさいので実際絶対べべの名を呼んでいたにちがいありません。べべに似た女の子を触ろうとしたらガブっと噛まれてしまいました。夢の中でべべに似た女の子に何度も噛まれました。

 

 

べべじゃないのにべべみたいな容姿。目覚めてからもべべみたいな子のぬくもりがやんわり残っています。だから余計にさびしくなるという……。

 

 

ナナとほほは夢に出てきてくれません。つれないですね。

 

 

失ったものの大きさを痛感しまくりの日々を生きています。苦行だね。

 

 

お母さんはリルと

111kurisumasu (5)

 

 

あまぱん、そしてさぶをたいせつにしていくと改めて心に誓いました。

111kurisumasu (10)

 

 

 

私ね、Twitterを徘徊して胸がギュッと締めつけられたんですよ。

 

 

あちこちでクリスマスを祝っていて、みんな幸せそうだなあと。

 

 

恋人同士祝い合う

親が子のサンタに扮する

犬猫にコスプレをさせケーキのおすそ分けをする

メリークリスマス!!

クリスマスは選ばれし者のためにある

愛されるものだけが幸福を味わう

なら次のクリスマスまでに愛される犬猫たちを一頭でも多く増やしたい

メリークリスマス

うちのかわいい子たち!

 

 

文字制限の関係上これしか書けなかったけれどうちの保護猫たちを眺めながら万感の思いに耽ってしまいました。だってそうでしょう? 垣根は要らないですよ。16年以上もの時間、私は彼らの幸と不幸の境目にずっと立っているんです。

 

 

だれだって祝福されたいのは同じです。

111kurisumasu (13)

 

 

誕生したからには満たされたい。

111kurisumasu (9)

 

 

私は手におやつを持ってリル、あまぱん、さぶ、すずらん、ハリ、リタ、えい吉の順にまわって一言ずつ感謝を添えながらみんなを祝いました。

111kurisumasu (8)

 

 

 

メリークリスマス!

 

 

全員神の子で、全員愛の子!

 

 

生まれてきてくれてありがとう。私にはきみたちが必要です。

 

 

きみたちはきみたちであるだけで尊い。キラッキラですよ。

 

 

Paint it with LOVE

 

 

スポンサーリンク





まめの心臓 ほか

みいさんの里親さんの岡田さんファミリーよりほほへのお花が届きました。

wagaya (2)

 

 

まだきちんとお礼ができていなくてごめんなさい。きれいですね。どうもありがとうございました。在りし日のべべ公とほほを添えて、感謝です。

wagaya (1)

 

 

今日はクリスマスイブですが私は特に予定もなく家にいてます(笑)。ケーキくらいは食べたかったけれど、増えた2キロを考えるとパスしてもいいかも^^;

 

 

ケーキといえば、先日フォスターアカデミーの帰りに表参道で猫のシューケーキを見つけました。チチの誕生日付近だったので1匹連れて帰ることに。白(ホイップ味)にするか茶(チョコ味)にするかでさんざん迷って……

wagaya (4)

 

 

白をチョイス

wagaya (5)

 

 

食べるのがもったいないほどかわいいです。

wagaya (6)

 

 

でもまあ、容赦なくスパッとね……

wagaya (7)

 

 

無残な姿に夢を奪われた方々、本当にごめんなさい。おいしかったです。

 

 

「ぼくもクリーム一口もらった」

wagaya (20)

 

 

「おいしかった」

wagaya (19)

 

 

ハリくんよかったね。みんなでいただくと余計に甘く感じます♡

 

 

現在703号室には4匹の所属スターがいます。

 

 

卒業が決まっているハリ、すずらん、twitterでおなじみの山口えい吉くん、近所から連れ帰ったリタ。どの子も個性豊かでキラキラ。中でもトリッキーなぽっちゃりさんのおもしろい写真が撮れましたので紹介させてくださいね。

 

 

姿が見えないのでリタリタ探したら、こんなところにいました。

wagaya (9)

 

 

ふふ。折り上げ天井です。

wagaya (10)

 

 

えい吉のケージをつたって登ったのかな?

wagaya (11)

 

 

まあるいのに運動神経がいいですこと♪

wagaya (12)

 

 

そんなリタはえい吉の憧れの女性のようで……

wagaya (8)

 

 

えい吉はケージ越しにリタに向かって愛を叫びまくっています。

 

 

「恥ずかしいから言わないで」

wagaya (3)

 

 

あ、バラしちゃった。あとでえい吉からの容赦ないパンチが飛んでくるな。

 

 

 

最後に、先日妹と妹の愛犬まめを連れて世田谷にある心臓専門の病院へ行った日の写真を!

wagaya (13)

 

 

まめは15年前に私が草加警察から保護した成犬。

 

 

だからもう立派なおばあちゃん。心臓がめっきり弱くなり心配ごとが増えてしまったので心臓に特化したプロに診てもらうことにしたのです。

wagaya (14)

 

 

まめがんばれ!

wagaya (16)

 

 

まめは私にとっても大事な存在です。

wagaya (15)

 

 

院長先生いわく、心臓が肥大しているものの、直ちに急死するレベルではないとのこと

wagaya (17)

 

 

結果に妹は胸を撫でおろしています。私もホッとしました。

wagaya (18)

 

 

診察と検査にかかった時間は1時間弱。完全予約制ゆえ早く終わりました。ちなみに値段は7万円払って数千円のお釣りがくるレベル。高い。しかし妹はまめは若い頃健康で大してお金がかからなかったからこれくらい全然いいと話していました。妹だけでなくあとで家族に加わった妹婿のタカも同じ気持ちなのがうれしいです。

 

 

犬も猫もだれが家族になるかで運命がわかれますよね。

 

 

まめのために室内にカメラを設置し、投薬や良質なフードに手を抜かない妹は、手前味噌ながら安心できる里親だとつくづく感じました。

 

 

皆さまもたいせつな家族と素敵な聖夜をお過ごしください。

 

 

私の膝にはさぶがいて、すぐ隣の椅子にはあまぱんがいます。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





山口えい吉くん

長年応援してくれているソウルメイトのMWさんよりほほへのお悔やみが届きました。ほほをまるで人間の息子のように扱ってくれて……感無量です。

0eik (11)

 

 

心あたたまるお手紙も拝読しました。MWさまありがとうございます。ほほが生前大変お世話になりました。ほほともどもありがとうの気持ちでいっぱいです。

0eik (5)

 

 

 

さて、本日は新星えい吉の紹介です。

 

 

ほほの追悼動画を作ってくださったジャーナリストの山路徹さんが仰ったひと言がえい吉の運命を変えました。ある方から山路さんの会社宛てに「殺処分間近」のえい吉の情報が添えられたメールが送られてきたんだそうです。

 

 

「ほほちゃんは幸せな子ですね。ほほちゃんの動画作っていて思ったんだけど、一方で健康な身体なのに殺処分されていく猫がいるんだもんなあ。たまんないなあ……」

 

 

山路さんはえい吉の写真が忘れられなかったようで助けてやりたいと話していました。そのときおこがましいながらも「私にはできる」と思ったんです。

 

 

※画像はお借りしています。

0eik (6)

 

 

※えい吉を含め画像に載っている3匹の猫たちは全員殺処分を免れました!

 

 

幸いemi-goの病院は山口県で殺処分寸前の子犬たちを引き取って家族募集をしているので情報を得やすいし、協力してもらえる。早速私はemi-goにいろいろ聞いてみました。

 

 

その後、直接現場で動いている山口県のaiさんとのやり取りを経て私は「牛くん」と呼ばれていたえい吉を空輸してもらい、emi-goの病院へ運んだのです。

 

 

山口市の保健所にいた頃のえい吉(写真はaiさんより)

0eik (7)

 

 

aiさんは山口県で個人で保護譲渡やTNR活動をする傍ら保健所に収容された犬猫たちが殺処分施設に行かないよう、流れを食い止める活動をしています。

 

 

話をしていてaiさんの意識の高さや理知的なお人柄に驚きました。頭脳明晰なaiさん。自分がしていること、したいこと、できること、できないことを端的にムダなく説明する能力に長けた方です。

 

 

私「aiさんは山口市の保健所にはどの位の頻度で通っているのですか?」

 

aiさん「施設がお休みの土日を除いて収容された猫がいればその都度必ず行きます」

 

aiさん「去勢手術や医療ケアは一切していませんが、大丈夫ですか? また空輸代金は里親さん(私のこと)の負担になりますが大丈夫ですか?」

 

私「医療ケアはこちらの責任で行います。猫は第三者へ譲渡しますがいいでしょうか? 空輸代金はもちろん支払います。ちなみにおいくらでしょうか?」

 

aiさん「6000円弱だと思います。キャリーケースや備品込みの値段です」

 

私「わかりました。ではすぐに振り込みます」

 

aiさん「空輸の手配は私か個人で活動しているほかの方が行いますね」

 

 

個人……すごい。個人の集合体がいるんですね。個人と個人が手分けして助け合い、山口県で結果を出しているのを知り、大きな勇気に繋がりました。

 

 

そして正直、金額の安さに仰天です。手数料や寄付などの余分なお金が乗っていないんです。本当の実費。犬猫の保護をしている私にはわかります。なにをするにもお金がかかるこの社会で空輸の実費だけで活動が賄えるもんか(笑)。aiさんたちは少なからずポケットマネーを持ち出しているはず。

 

 

遠く離れた山口県で純粋に個人活動をしているaiさんは私にとって目から鱗でした。

 

 

日本は捨てたもんじゃない。素晴らしい人々も大勢いる国ですよ。

 

 

ANA便で一時間半の空の旅を無事に終えた山口えい吉くん♡

IMG_4764

 

 

 

空港で会うなり「シャー」だって^^;

0eik (2)

 

 

 

去勢手術や医療ケアをするためemi-goの病院にしばらくお世話になりましたよ。

0eik (3)

 

 

 

大好物のちゅーるを食べているとき以外はたいがい不機嫌であちこちでシャー&パンチを披露しています。山口県にいた頃もみなさんずいぶんシャーされた模様です。

0eik (4)

 

 

 

実際来るまでえい吉の年齢、病歴、性格はまったくわかりませんでした。

 

 

でも私はえい吉がどんなものを持ってきたとしても、それはえい吉の持ち物だから、えい吉の持ち物をたいせつにしていこうと決めたんです。

 

 

この縁のどこかにほほの存在を感じられることも私にとってはありがたい。

 

 

MIHOさんがプレゼントしてくれたえい吉の大好物で仲よし作戦をはかっています。

0eik (10)

 

 

 

えい吉のハウスは面積を広く使えるようにしてあります。

0eik (8)

 

 

ふだんは自分のポリシーで近所の猫を優先的に保護するようにしていますが、たまには例外があっても楽しいですよね。えい吉、ウエルカム♪

0eik (9)

 

 

ウイルス検査の結果、えい吉はFIVキャリアでした。そして正直まだ今は怒りん坊です。ぜんぶえい吉の持ち物ですから、まるごとをだいじだいじしていきますね。

 

 

えい吉の憧れはぽっちゃりリタ嬢

0eik (1)

 

 

リタに向かって夜な夜な愛を叫ぶえい吉、想いは実るのでしょうか?

 

 

「知らね」

0eik (12)

 

 

では皆さま、山口えい吉くんをよろしくお願いします。山路さんがかわいいイラストを描いてくださったので紹介OKの許可をいただいたら載せます。未来の家族には額に入れてプレゼントします。

 

 

PS aiさんみなさん、こんなにかわいい子を守ってくださりありがとうございました。一生懸命丁寧にえい吉を磨いていきますね。

 

 

日本全国の「えい吉」に活路が開かれますように。

 

 

LOVE♡

 

 

スポンサーリンク





きみたちは例外なくみんな尊い

あつこさん(ゴエママさん)よりほほへプリザーブドフラワーとフォトフレームのプレゼントをいただきました。あつこさんありがとうございます。

kimiga (3)

 

 

こんなのはじめて。素敵ですね。

ddd (3)

 

 

前から見てもいい感じです。

ddd (2)

 

 

ほほ、お母さんさびしいです。べべ、ナナ、リル、ほほ、あまぱん、さぶのレギュラーメンバーの集合写真。うちがこんなに賑やかだったのが信じられません。

kimiga (2)

 

 

べべとナナとほほはどこへ行ってしまったんでしょうか? 正直お母さんはリルとあぱまんとさぶを見送る自信も気力もないです。ただただ怖くてたまらない。

 

 

幸せな時間ほどあっけなく過ぎていくのかもしれません。意識して堪能しないと、霧のようにフッと消えてしまいます。べべとナナとほほに会いたいです。

 

 

最近家にひとりでボーといることが増えています。刺激的なできごとと言えば……

kimiga (4)

 

 

歯医者で大好きなスケーリングを2回したこと。これこれこれ!

kimiga (1)

 

 

超音波で歯の汚れを落とす「通称エイミー」。やみつきになります♡

 

 

気分が落ち込むと私は歯科医院が配信しているYouTubeの「歯石取り動画」を延々とリピートして楽しむのです。あとは戦争映画の観賞ね(血ではなく血のりですから!)。私流のストレス発散法をご紹介しました。ぜひ皆さまも!

 

 

先日は里親きえさんに教わった方法でリンゴを煮てみました。

kimiga (11)

 

 

キッチンのまわりが甘い香りに包まれてにっこり♪

kimiga (13)

 

 

我ながらとってもおいしくできたと思います。

kimiga (14)

 

 

今度どこかへ行くときにおみやげとして作って行こうかな?

 

 

保護猫たちは元気にしています。

 

 

「ぼくねえ年末お引っ越しするの」

kimiga (15)

 

 

ハットリは「ハリ」という名前にかわります。個性的でかっこいいですね。

 

 

お届けレポートを楽しみにしていてください。

 

 

そして新星えい吉を近日中にきちんとご紹介します。

kimiga (6)

 

 

チチからもちゅーるをもらってご満悦

kimiga (12)

 

 

「ちょっとクルミパンをよこしなさいよ」

kimiga (7)

 

 

私の夜食を保護猫すずらんに取られそうになりました。女子力高めのすずきちはパンがお好きのようです。私が一口食べて、小さくちぎってすずきちに投げて、私がまた一口食べる感じで完食。すずきち、ずいぶん大胆になったね。

kimiga (8)

 

 

「野菜のピクルスもよこしなさい」

kimiga (9)

 

 

あのさあ、別にいいけれどおいしくないと思うよ?

 

 

「どれどれ」

kimiga (10)

 

 

すずらんを保護したあと、私は悶々としていたんです。

 

 

「馴れない猫はいない」

 

 

それが私のスローガンなのに、曇った表情といつまで経っても環境にも人にもなじまないすずらんの佇まいに、私はすっかり自信をなくしていました。

 

 

外猫時代のすずらんは、イキイキしていたから。

 

 

けれど近ごろのすずらんを見ていると、私はやっぱり自分はまちがっていなかったと思うのです。すずらんは明るく活発になりました。キャラ替えを果たすまですずらんなりにいろいろ悩んだことでしょう。相当の勇気が要ったと思います。えらいなあ。

 

 

ほほ、あまぱん、さぶ、ハリ(ハットリ)が絶えずすずらんに寄り添ってくれたのも大きかったでしょうね。すずらんが愛の子であることを、みんながすずらんに教えてくれているから、すずらんは打ち解けはじめたんです。

kimiga (5)

 

 

保護猫たちの存在はありがたい。

 

 

きみたちがここに福をもたらしてくれているんだよ。

 

 

きみたちは例外なくみんな尊い。

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク