譲渡のこととほほの動画

いつ見てもおそろい感満載の龍とキャッチ。近日中に703号室を巣立ちます。

IMG_1089

 

 

私はたまにこう言われます。

 

「アンニイさんが保護動物を家族募集すると決まりやすいよね」

 

その理由を以下の言葉で結ばれます。

 

「みんなアンニイさんを知っているから」

 

 

今、私は鼻高々に皆さまに自慢をしているわけではありません。

 

誉められているのだとすればうれしいです。

 

けれどちがいます。いったい私ごときをどれだけの人が知っているというのでしょう?

 

あらかじめ私を知った上で、私から犬猫をもらいたい、と思っている人はいないに等しいです。

 

もしいたら苦労せずトントン拍子でつぎつぎと里子に出せるのに・・・・・・残念です(苦笑)。

 

現に龍とキャッチに来た26件のお問い合わせのうち、あらかじめ私の存在を知っている方はいませんでした。ほんとうに純粋に「はじめまして」と「はじめまして」どうしなのです。

 

 

でも私はたいがいの保護動物のご縁を結べます。

 

私を知っている方が少ないとしても、あるいは皆無だとしても自信があります。自信があるというより・・・・・・とにかくやるしかないとの意気込みがあるというほうが正しいでしょう。

 

私は個人なので格別に恵まれた環境下にいるわけではありません。

 

幸いチチの賛成は得ていますが、2LDKのマンションに1~2台のケージを置き、パソコン一台を使ってこれまでやってきました。近未来もおそらくこのスタイルを貫くはずです。

 

約15年間で私が譲渡した子たちは300頭近く。

 

友人のご縁結びにアドバイスさせてもらったり手伝った数を入れたらもっといくかもしれません。

 

皆さまのあたたかい応援を受けてはいますが、物理的にはパソコン一台と、ケージを置けるわずかなスペースしかありません。先述の通り希望者さまが私を知っているわけでもありません。

 

譲渡は心と心のやり取りです。感情に包まれた有意義な活動です。

 

しかし私は感情だけでやっていません。

 

感情を背負いながらもロジカルにしているのです。

 

私は「奇跡」や「偶然」や「運」といった漠然的なものを信じていないわけではありません。

 

けれどなんでもかんでもそれらの恩恵だと考えるのはちがうと思うのです。

 

いい譲渡には明確な理由が存在します。(もちろんその片側では赤い糸も存在します)

 

コツさえわかれば、うまくいく方が増えると思います。

 

私より熟練している方はお困りじゃないでしょうからお読み捨てくだされば幸いですが、譲渡に関心がある方はぜひ私といっしょに学んでください! よろしくお願いします。上から目線にならないよう気をつけているつもりなんですけど、うまく言えないなあ。ごめんなさい。

 

できる人が増えれば、保護される犬猫が増えるから、こうして本音を書いています。

 

知識として頭に入れておきたいだけの方も、不遇な犬猫をふびんに思う方も大歓迎です。

 

 

18ページに及ぶ私なりのロジックがつまっています。数時間の講義ではこれが限界の量です。

IMG_1093

 

 

来てくださった方とお話をするために作成したので詳細をお見せできなくて申し訳ありません。

IMG_1095

 

 

ノイローゼになる一歩手前で完成しました。ホッ。

IMG_1094

 

 

 

フォスターアカデミーが保護猫に特化したベーシックプログラムをはじめました。

 

たいへん有意義なことです。継続するには参加者が必要です。

 

第一回目 ちよだニャンとなる会副代表の香取章子さん「猫を取り巻く現状」

 

第二回目 私「よりよい譲渡をするために」

 

第三回目 おーあみ避難所リーダー大網直子さん(予定)「猫の保護活動を知る」

 

 

私の会は魅力的なゲストをお二方お呼びしています(笑)。

 

 

シニア世代でフォスターをエンジョイしているマイ太郎さんのお母さまと

123 (6)

 

 

福多朗の里親さん。福多朗は交通事故により両脚としっぽを失いました。保護時瀕死の状態で九死に一生を得、幸せになってほしいと願い家族募集をした703号室卒業猫です。福多朗家はNPO法人ねこけんの保護猫のフォスターもしています。里親さんのお話を聞いてみたい私がお呼びしました。

1000 (2)

 

 

なかなかいいでしょ?

 

私以外の会の講師に興味を持っている方も超ウエルカムです。

 

ご参加をお待ちしています。くわしくはこちらをクリック→ フォスターアカデミー

 

 

こちらはあと4名ですって! 皆さまありがとうございます~。こちらでも似たような話をしますがじゃっかんウエイトの置き方を変えるつもりです♪

img_3

 

(詳細はバナーをクリック↑ )

 

資料の話ばかりになってしまいましたね。

 

 

お詫びにほほの通院後の動画をお送りします。いっしょうけんめい自分の体を使っています。

 

 

ほほは先日東大で「脳がほとんどない」と言われてしまったのです。ショックでした。

 

でも脳がほとんどないとしても、ほほに思考や意志がないわけではありません。

 

動画の直前、私はほほを別のベッドに抱いて置いたのです。そこ、やだったんだね・・・・・・。

 

ほほの動画を見て、五体満足の自分がすぐに愚痴ばかりいうのが恥ずかしくなりました。

 

ほほありがとう。すごくかっこいいよ。

 

 

スポンサーリンク





オトナ猫を訪ねた私の感想

今日はほほを連れて東大病院へ行ってきました。診察を経て思うことがあり記事にするには時間がかかってしまいそうですが近日中に覚書として書きます。

 

ほほがんばりました。えらかったです。

mikemisama (3)

 

 

さて、予告通り連休最終日の私の浮気について!

 

この日チチにお子たちをお願いし、私は兼ねてから約束していたおーあみ避難所のシェルターにウィズキャトルの永澤代表と表敬訪問。お目当ての憧れの女性に会うためです。

mikemisama (2)

 

 

あああ麗しのミケミさま!!

mikemisama (37)

 

 

会いたかったですよ。写真もキレイですが実物はさらなるビューティオーラを発してますね。

mikemisama (36)

 

 

目を合わせてくださりありがとうございます。まるで夢の中にいるようです。

mikemisama (35)

 

 

私はおーあみ避難所で未来のご家族を待つミケミさまが好きです。

 

好きになったきっかけは、私が譲渡に関わったしじみの卒業記事へのミケミさまのひがみツイートでした。ミケミさま(に扮した3号さん)がしじみの卒業にヤキモチを焼いたのです。

 

かわいくて泣けました。3号さんが代わりにつぶやいていると知っても、なお。

 

 

ミケミさまだって家族がほしいもんね。だれだって家族がほしいもんね。

mikemisama (8)

 

 

【実際にミケミさまにお会いした感想】

 

3号さんの表現するミケミさまは女王さまキャラです。確かにまちがっていません。他の猫たちを蹴散らす場面を数度目の当たりにしましたので、なるほど、やっぱりまんまか、と感じました。

mikemisama (13)

 

 

しかし、ミケミさまは人間が大好きで無条件に甘えてくれるのです。そこが意外でした。

mikemisama (26)

 

 

―――ならば人間と暮らせないものでしょうか?

 

 

ミケミさまにはたくさんの仲間たちがいます。隠れてしまう子、写真を取り損ねた子、撮った写真がご紹介できるレベルに到達していない子(汗)ばかりで残念な限りですが数猫を載せておきますね。みーんな長くシェルターにいます。みーんな家族募集中です。

mikemisama (21)

 

 

私のひざに飛んできてくれた黒猫ジャンボ氏。大きくてかわいい~。ジャンボ氏も甘ったれ^^

mikemisama (12)

 

 

永澤代表から差し入れでいただいたお弁当を機敏に狙ったのはキジトラのツェー氏

mikemisama (31)

 

 

ツェー氏はどこへでもくっついてきて自分アピールを盛んに行っていました。萌える。

mikemisama (24)

 

 

シェルターの一押し王子です。お見知りおきください。

mikemisama (18)

 

 

シャイなのか? たまたま気分が乗らなかったのか? ケージ上に潜んでいたのは・・・・・・

mikemisama (16)

 

 

茶トラ女子(茶トラは女子率が低いんですよ!)のちゃび嬢。マスカットグリーンの瞳です。

mikemisama (5)

 

 

3本脚のオーパ嬢。ミケミさま同様ゴージャスな三毛猫。緊張しながらも触らせてくれました♪

mikemisama (10)

 

 

3号カメラマンが激写するモデルはツミちゃん。卒業が決まっています。ツミちゃんおめでとう!

mikemisama (4)

 

 

雪の貴公子。漂白の白さのゆきお氏。憂いのまなざしが女心をくすぐります。

mikemisama (22)

 

 

脱力系中年男性おじじ氏。ゆるさがいい。おじじさまそんな風に私を悩殺しないでやめて~!

mikemisama (29)

 

 

シルバーのクールボディ、仲居さんが見つめている先は?

mikemisama (34)

 

 

仲居さんの彼氏おじじ氏とミケミさまの不倫現場(爆)。

mikemisama (33)

 

 

シェルターのボランティアの皆さまはそんなくだらないことを言いながらケッケ笑っていました。

 

 

どーん!

mikemisama (28)

 

 

はあ・・・・・・なんてデカい尻ですか? タイプすぎる。ハングイ氏。個人的に超ツボ。

mikemisama (11)

 

 

このまるさに悶絶するんですよ私。

 

ミケミさまごめんなさい。私、ハングイ氏にもぞっこんになりました。

 

 

【保護猫たちと触れ合った感想】

 

mikemisama

 

 

ボランティアさんの手厚いお世話の賜物の彼らはどの子もピカっと光っていてキュートでした。多くの子が接待してくれました。私の手が足りませんでした。長い子はもう5年シェルターでご縁を待っています。活動ってなんだろう、里親ってなんだろう、譲渡ってなんだろう・・・・・・帰りの電車で私はそのことばかりを考えていました。

mikemisama (20)

 

 

―――どうか目に留めてください。彼らは置き去りにされた忘れ物じゃないです。

 

 

大網リーダーも寝食をあとまわしに保護活動に奔走していますが、このシェルターはボランティアさんの有志で成り立っています。ここにはボランティアさんの無償の愛が詰まっています。

mikemisama (6)

 

 

ボランティアさんがいなければ絶対に成り立たないシェルターです。

mikemisama (9)

 

 

永澤代表もおーあみシェルターを支えるひとり。KI-KOさん、3号さんがこの日の当番でした。

mikemisama (15)

 

 

猫食器を笑顔で洗うKI-KOさん。シェルターは当番制。普段はほとんどひとりで入るそう。

mikemisama (17)

 

 

トイレゾーンも清潔

mikemisama (14)

 

 

楽しみのおやつタイム。やはりミケミさまがセンターです^^;

mikemisama (27)

 

 

至福の撫で撫でタイム

mikemisama (25)

 

 

夜当番のひろみさんも来ました。ひろみさんとははじめてお会いしますが、昔私のブログを読んでくれていたんだとか。全盲の保護猫さんを引き取り育てています。

mikemisama (32)

 

 

鼻の利くひろみさんが棚上に敷かれたペットシーツの端にマーキング源を見つけました。

 

レギュラーシーツ一枚まるごとを処分するかと思いきや、ハサミでチョキチョキマーキング部分だけ切り取ったひろみさん。

 

「もったいない。こうすればまだ使える」

 

小声でそう言いながらシーツ一枚を大事にする横顔に、私は人としての気品を感じました。

 

 

「アンニイさん あたしの横顔は?」

mikemisama (7)

 

 

もちろん美しいですとも、ミケミさま。

 

 

【おーあみシェルターのボランティアさんとシェルターに対する感想】

 

保護猫たちを慈しむ姿勢に本物の情を感じました。保護猫たちのケアにも細心の注意を払っています。自分自身のペースでできることを継続するのがたいせつだと仰る皆さま。私も皆さまを見習いたいです。そして皆さまは手が足りない、猫たちを存分に甘やかせられずふびん、とも。

 

私も常々703号室で感じていることです。

 

 

―――おーあみ避難所は常時ご縁を切望しています。特にシェルターでロングステイを極めているオトナ猫たちの卒業は関係者の悲願です。叶えてくださる方はいませんか?

 

 

ミケミさま本日はありがとうございました。(3号さんが代理ですが)お誘いくださり感激です。

mikemisama (30)

 

 

3号さんもKIーKOさんも日頃より仲良くさせていただいています。他のメンバーの皆さまも。

 

私には大したお手伝いができませんが、次回伺うときにはミケミさまたちのお世話をボランティアさんといっしょにがんばらせていただきます。

 

 

「アンニイさん またなんか持って来てね」

mikemisama (19)

 

 

はい。喜んで!

 

 

でもミケミさまがその前に終の棲家へ旅立つことを一ファンとして強く願っております。

 

 

シェルターのほかの猫さんたちも同じですが、ミケミさま、あなたはすばらしい女性です。

mikemisama (23)

 

 

人間力の高い貴い人がきっとあなたを見つけてくれるでしょう。

 

見つけてくれるはずです。

 

おーあみ避難所にロングステイしているオトナ猫たちへ

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





龍とキャッチのご縁が決まりました

私信:3月15日に703号室ポストカードを買ってくださったIさま。未だにポストカードを買ってくださる方がいるとは思わずメールチェックを怠っていました。さっきなにげに覗いたらさぶ好きのIさまからのメッセージが! ごめんなさい。2日中に必ずお送りします。ありがとうございました。

 

 

皆さまこんばんは。1週間が束ですぎていきます。予定をつめこみすぎて息苦しい(笑)。

 

 

明日はほほの通院。結果はまたお知らせします。

today (9)

 

 

朝からせっせと掃除。邪魔な物をほかの部屋に移動しただけとも言う^^; フロアマット新調のおかげで築10年以上の703号室がスッキリして見えますね♪

today (11)

 

 

近所にできた花屋でちょこっとお花を買いました。

today (17)

 

 

そう。今日はお客さまが見える日。龍とキャッチ主宰のお茶会だったのです。

 

 

で、朗報です!

 

この度保護猫龍とキャッチのご縁が決まりました!

 

 

里親さんはご一家でお見えになる予定。びびりまくるであろう龍とキャッチへの対策として事前にチチにべべナナリルを連れてドッグランへ行くようお願いしていました。

 

なぜかって?

 

ピンポンが鳴る、あるいは人が来る気配がするとべべナナリルは一斉に吠えまくります。

 

そうすると龍とキャッチがただならぬ雰囲気を察し、萎縮しまくるのです。

 

主役の龍とキャッチの精神状態を考えるとべべナナリルが不在のほうが円滑な気がしました。

 

けれど肝心のチチがモタモタ。結局里親さんがお見えなったとき、べべナナリルはまだ703号室内にいて勢いよく吠えまくり。龍とキャッチは緊張マックス。はあ・・・・・・ですよ。

 

作戦失敗。

 

 

シャーシャーを連発し、ケージで石のように固まり、無理やり出したらソファの下に籠城。制御不能だった龍とキャッチをやさしい手で包み込んでくださった里親さん。

today (14)

 

 

お断りされても仕方ないレベルでしたが、夜、弾んだ声でお電話をくださり、家族会議の結果ぜひとも龍とキャッチを迎え入れたいとのお申し入れが! やったね!

 

最初は龍だけの希望でしたが、きょうだいを離すのはしのびないとセットで考えてくださいました。里親さんの懐の深さに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

そして美しい写真を撮ってくれたみいさんにもありがとうを伝えたいです。里親さんも写真がよかったと誉めてくださいました。カメラマンのかみむらさんの写真もつかわせてもらいました。

 

 

ほんとうはこんな様子をお見せしたかったのです。

today (5)

 

 

猫じゃらしに夢中の龍

today (7)

 

 

手をあげて

today (12)

 

 

パシッ!

today (10)

 

 

目で追って~

today (15)

 

 

キャッチ!

today (19)

 

 

躍動感あふれる野生児龍

today (23)

 

 

里親さんすみません。まあ写真でごらんください。

today (3)

 

 

「できればケージから出たぼくの姿も見てもらいたかったです」

today (4)

 

 

ならキャッチおまい、出てくればよかったよね?

today (6)

 

 

「ハハ~ ぼくはシャイですから」

today (8)

 

 

「注目されるとアガッてしまうんです」

today (18)

 

 

あっそ(苦笑)。

today (22)

 

 

とにかくおめでとう。龍もキャッチもよくがんばった。

today (2)

 

 

里親さんと入れ替わるようにロールカーテン修理の業者さんがやってきました。

today (13)

 

 

数年前、ロールカーテンの紐を卒業猫プップ(ふく)が囓り壊したのです(涙)。当時は貧乏でなおす余裕すらありませんでした。ロールカーテンも10年選手ですがたいへん気に入っているので新しく買わず壊れた部分を修理してまた使うことに。よろしくお願いします。

today (16)

 

 

カーテン修理業者さんを前に萎える龍とキャッチ

today (21)

 

 

夜、内弁慶小僧らは元気に遊び、信じられない位食べました。やれやれ。

today

 

 

いろいろと思いどおりにはいかないなあ。

 

でも人形じゃないから、当たり前だよね。

 

 

ちなみに龍とキャッチには計26件のお問い合わせが来ました。703号室でも異例の数字です。ステキな方が多く、お断りの際には胃が痛む思いでした。皆さまにいいご縁がありますように。

 

 

さて、次回は憧れのミケミさまがいらっしゃるシェルターの訪問記を絶対にUPします。

today (20)

 

 

皆さま今週もどうぞよろしくお願いします。

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





私の連休中日

皆さまご心配をおかけしてすみません。

 

ツイッターのほうでもほほへのエールをお預かりしました。

 

ほほはひっくり返ってしまうと、仰向けのセミのように自力でもとに戻れないことが増え、いっしょうけんめい手足をバタつかせながら体勢を立て直そうとする姿に胸が痛みます。

 

保護猫龍とキャッチが猫じゃらしで楽しそうに運動していると、ほほは近くで眼球だけを動かし猫じゃらしを追うのです。昔はほほも遊べました。ほほなりのスピードですが保護猫たちと夢中でおもちゃを追いまわしていたのです。その頃を思い出すとまた切なくて・・・・・・。

 

ほほはどういう気持ちで今の自分の不自由さと対峙しているのか。

 

なぜほほはこういう目に遭うんだろう。努力しているのに病状が悪化の一途をたどるさまに不憫さを感じてしまいます。ほほの運動機能がこれ以上下がらないことを切に祈るばかりです。

 

 

今朝おしっこを失敗(笑)。べちゃべちゃの体ですが、ごはんを半分程度食べてくれました。

yuyoraid

 

 

 

このあとタオルで拭きベッドに戻しました。ほほもいっしょうけんめいグルーミングしていました。

 

 

ほほはちゃんと猫なんです。

 

 

 

「ぼき ほほ まにち こなふに おくしり のんでまち おくしり にが」

yuyoraid (9)

 

 

 

みいさんが前撮ってくれた写真。がんばったね。投薬後はキリリ顔に^^

yuyoraid (8)

 

 

 

龍とキャッチも空気を読んでほほのそばでドタバタしないよう気を遣ってくれています。

yuyoraid (6)

 

 

 

以心伝心。ふたりともかわいいねえ。この写真は最近の私の携帯の待ち受けですよ♪

yuyoraid (5)

 

 

 

おかげさまで多くのお問い合わせをいただきました。現在もろもろを調整しています。

yuyoraid (3)

 

 

 

ちかぢか皆さまにいいご報告ができるといいな。

yuyoraid (4)

 

 

 

本日はチチにお子たちのお世話をお願いし、私は妹んちのまめの散歩へ

yuyoraid (7)

 

 

 

その後ファンレターや貢ぎ物を用意し電車で2時間かけ憧れのミケミさまに会いに行きました。

yuyoraid (2)

 

 

3号さん写真ありがとうございました。至福のシェルター訪問記を乞うご期待!

 

 

豆さまウナギの佃煮かなりおいしいです。ありがとうございました。4曲目に私に似た歌詞が収録されているとのことでCDも送ってくださいました。ドライブミュージックにさせてもらってます。

v (18)

 

 

クールな曲ばかりですね。日本語訳の歌詞もわざわざすみません^^;

 

 

さて、連休折り返しがすぎました。明日も楽しく生きましょう!

 

LOVE!

 

スポンサーリンク





ほほのそばにいたいです

今日も濃い一日でした。

 

 

朝8時前に業者さん到着。よろしくお願いします。

watasihohono (16)

 

 

 

親子ともプロ。慣れた手つきでどんどん進めていきます。

watasihohono (10)

 

 

 

2時間程度で完成

watasihohono (13)

 

 

 

キレイに仕上げてくれて感動です。

watasihohono (19)

 

 

 

犬の散歩やみんなのごはんと投薬にはじまり、業者さんのアシスタント、お茶やお菓子を出し、支払ったり・・・・・・この間チチは自室で寝ていました。途中で目を覚ましたらしいけれど、携帯いじっててあいさつにも出て来ないです。なんだかね。

 

 

「わーい! あたらしい! お母さんこれ踏みごこちいいね」

watasihohono (22)

 

 

 

「ハハ~ 遊んでもいいのですか?」

watasihohono (6)

 

 

 

もちろんいいよ。キャッチも龍もたくさん走りまわってね。

watasihohono (3)watasihohono (4)

 

 

 

気持ちいいから私もあちこち転がりながら写真をパチパチ。ほほと龍がチュウしています。

watasihohono (14)

 

 

 

ほほのベッドを太陽の当たる位置へ移動。さぶが寄り添っています。みんなやさしいなあ。

watasihohono (11)

 

 

 

MIHOさんにもらった釜揚げしらすをほほに与えてみました。

v (12)

 

 

 

「おさかなの しらす おいしね みほり ありがとござまち」

watasihohono (2)

 

 

 

数日前から体調がさらに悪化しているほほが心配です。

watasihohono (8)

 

 

 

ほとんど動けないし首がのけぞっています。八重歯の歯茎が腫れているのも気になる。ほほは歯が痛くても麻酔がかけられない。抜歯すらできないのです。どうしたらいいのか。

watasihohono (15)

 

 

 

先日、卒業猫夜々子&すやの里親さんご夫妻が母の店に食べに来た際においしそうな猫おやつをおみやげにくださいました。ほほが食べそうなものを選んで与えています。

v (17)

 

 

 

化け猫さん~! その節はありがとうございました。超痩せましたね(笑)。

watasihohono (21)

 

 

 

10時台の遅め人間ごはん。冷蔵庫に入っていた物をテキトーにチチに出しただけ^^;

watasihohono (5)

 

 

 

食後ほかの家事とさぶの点滴を済ませ、かかりつけの目医者さんへ!

 

 

 

その前にパワースポットへ行きお参りしました。

watasihohono (18)

 

 

 

ほほのこと、龍、キャッチ、デカ円のこと、うちのお子たちのこと、卒業生たちとご家族のこと。

 

 

貪欲にいくつもいくつもお願いを重ねました。まあいちばん強く祈ったのはほほのことだけど。

 

 

 

夕方になってきました。今度は妹の家にペットシッター(汗)。

 

 

福は様子見程度

watasihohono (7)

 

 

まめは散歩と心臓病の投薬とごはんを!

watasihohono (23)

 

 

 

すぐに帰るのもかわいそうなので小一時間ダラダラし、スーパーへ

 

 

夕飯の材料のほか憧れのミケミさまへの貢ぎ物を大人買い♪ 召し上がってくれるかな?

watasihohono (9)

 

 

 

それからは家を出ずにほほとベタベタしています。

watasihohono (12)

 

 

 

障がいを抱えながらもほほは自分のことはなんでも自分でやってきました。1年前に調子を崩すまであまたやさぶと変わらない生活をしてきたのです。これまでほほはがんばってきましたが現在は介助が必要の段階に来ています。24時間常に、でなくても、なるべく私が家にいてほほが生活しやすいよう心を配りたいのです。

 

いろいろ考えたのですが、私仕事を辞めようと思います。

 

出勤は毎日じゃないし自己完結する業種なので割と気に入っていました。外に出て働くと気晴らしにもなります。何年もつづけてきたので多少の未練もあります。けれど会社に私の代わりはいても、703号室に私の代わりはいないから。

 

派遣契約ですが職場に迷惑をかけるのは本望ではないので、実際に辞めるのは6月頃かな。次は自宅でできる仕事を探してみるつもりです。

 

 

ほほのそばにいたいです。

 

連休明け、東大病院の予約を取りました。親切に対応してくださりありがたかったです。

 

まだできることがあるんじゃないかという希望を持ち明るく通院します。

 

皆さまもちょっとだけ祈ってくれたらうれしいなあ。

 

LOVE!

 

スポンサーリンク