ほほ兄

SDカードの一件で近ごろ溜まった膿がどばっと出て気力萎えしています。

掃除だけはかろうじてしたものの、なんかやっては横になりなんかやっては横になりで1日中ほぼダラダラモード。

 

イメージ写真↓

IMG_4633

 

 

だらしがなくメソメソしていた私に保護猫いせやんがやさしく接してくれました。

IMG_4640

 

 

次回写真つきで自慢しますね。いせやんは家族募集中です。どうぞよろしくお願いします。

 

前のSDカードの中に入っていた写真をしばらく眺めて過ごしました。ほんとうはほかの作業をやりたかったのです。でもため息ばかりでぜんぜん進まず。

 

 

食卓にのぼっているほほ

DSC_5583

 

 

椅子などステップがあるとほほは食卓に上がれました。ここにいるときのほほは誇らしげでした。ごはんも食卓で食べていましたし、ほほは自分がのぼれるいちばん高い場所から床に転がっているあまぱんを見下ろすのが好きだったのです。

DSC_0774

 

 

うまく歩けなくなってからは保護猫を避けるようになったほほですが、実は「子育て」もじょうずだったのです。

DSC_8092

 

 

かつて703号室には私が「福多朗」と名づけた両足のない保護猫がいました。通勤途中、腐った足をぶら下げ瀕死の福多朗を保護。長い入院と両足切断、断尾、2度の骨盤矯正手術を経て幸せを掴んだ猫です。

DSC_8090

 

 

前のSDカードの中に思い出の写真がいっぱい。ブログ未公開ですよ。

DSC_8094

 

 

五体満足のお子も個性的なお子もみんな日光浴が大好き!

DSC_8101

 

 

陽の光はだれの上にも降り注ぐのですね。

DSC_8093

 

 

703号室のリビングは日当たり良好です!

DSC_8089

 

 

ほほは福多朗の枕役、おもり役をかってくれました。

DSC_8098

 

 

頼りがいのある立派なお兄さんです。

 

 

ほほに関する昔話ばかりでウザくてごめんなさい。悲壮感出てますね。自覚しています。でも、今のほほともきちっと向き合っているのでたまに思い出話させてくださいね。

 

ほほがあれこれできていた頃はそれが当たり前に永続すると思っていたのです。

私はとんだ勘違いをしてしまいました。

 

ほほの一切が、なにもかもが、「当たり前」などではなかったのです。

どの子の一切も、なにもかも「当たり前」ではないですよね。

 

 

ならこの一瞬も「当たり前」じゃないんだから、今夜のほほも撮っておきますかね。

IMG_4639

 

 

ほほ、凛々しい。へんてこ顔ですが、なかなかハンサムでしょ?

IMG_4638

 

 

ああずっとほほと暮らしていきたい。

 

 

~ありがとう~

 

卒業猫クー太家よりドカッとさくらんぼが届きました。MIHOさん今年もありがとう!

IMG_4637

 

 

クー太のお見合いの際に出していただいた大粒のさくらんぼ。夢中でむさぼった私が印象的だったようで以後毎年送ってくれています。おいしいー♪

 

「ハハ~ 元気? ぼくもさくらんぼだいすき。いっぱい食べてるよ」

IMG_5534

 

 

クー太、ウソはいけません(笑)。

 

 

スポンサーリンク





あの頃が幻か、今が夢か、ほか

数百枚写真の入ったSDカードが突如このような形になりました。パソコンでも読みこめません。私は機械に疎い分、わからないものはなんでも大事に扱うように心がけているのにトラブルが多いです。なにをどう気をつけたらいいのかさえわらかない。

kokokoe (17)

 

 

ほほの「前ならえ」の写真を載せたいのにできない。ほほが前ならえしたのに。

 

ほかにもいろいろありマイナスオーラが湧き出ています。愚痴ってごめんなさい。

 

 

「おかーさー にっこりね みな にっこりね」

kokokoe (14)

 

 

「大丈夫か? おれのよこ来るか?」

kokokoe

 

 

かわりに昔のカメラに入っていたSDカードの中から点の大きさのさぶを見つけました。

 

 

猫たちの寝顔に励まされます。

kokokoe (15)

 

 

そういえばさぶの寝顔ってあまり撮ったことがないかも。かわいくてついiPhoneでパチッと!

kokokoe (16)

 

 

さて、保護猫いせやんですが現在家族募集中です。

ここまでの長い道のりを振り返ると、胸がぎゅっと締めつけられます。

ブログには書ききれないほどたくさんの思いを抱きました。

保護したことを後悔したことすらありました。

もうダメかな? 一生このままかな?

どうしてすぐにリリースしなかったんだろう……

情けない話、一時はいせやんを保護している部屋に入ることすら怖かったです。

途中からチチもいせやんの人馴れはあきらめモードに。

 

 

ほんとうに……あの頃が幻なのか、今が夢なのか?

kokokoe (9)

 

 

いせやん、ドラマチィックだよねえ。

kokokoe (8)

 

 

いろんなことを体当たりで教えてくれてありがとう。

kokokoe (7)

 

 

あぱまんには完全服従だから、気のやさしい猫さんがいるお宅にもいいかも。

kokokoe (5)

 

 

いせやんはうれしいとお尻を突き上げるんだよね。

kokokoe (4)

 

 

喜怒哀楽のしっかりとしたお子だと思います。

kokokoe (3)

 

 

本気で生きている証拠ですね。

kokokoe (2)

 

 

自我が強いのは頭がいいからです。

 

いせやんは意思や感情をしっかりもった男だから無味無臭の生き方はまっぴらだよね。

 

近ごろ、いせやんの中から消えつつある喜怒哀楽の「怒」。私は怒ったいせやんを数ヶ月見ていません。怒る必要性を失ってしまえば、あとは清々しく過ごしてくれる懐の深い猫です。

 

 

「喜怒哀楽より 今は 飢餓哀愁ぜよ」

kokokoe (6)

 

 

そうか。

切実な問題なら解決策を考えなくては!

 

いせやん、うちにあるものはなんでもお食べ^^

 

少しくらい恰幅のいい男の方が頼りがいがあるもの。

 

大好きだよ。いせやんとお似合いの家族を見つけられるよう努力します。

 

保護猫いせやんへのお問い合わせをお待ちしています。どうぞよろしくお願いします。

 

 

~お知らせ~

 

震災で消えた小さな命展3が千代田区で開催中です。

kokokoe (10)

 

 

私は連休中にお邪魔します。

kokokoe (11)

 

 

我が家の亡きゴンタも展示していただいているのでゴンタに会えるのが楽しみ♪

 

 

~ありがとう~

 

うちの卒業生ファミリーからプレゼント等が届いているので小出しにUPさせてください。

約5年半前の卒業猫フェリシアーノのママさんがマンゴーを2つ送ってくださいました。

kokokoe (13) kokokoe (12)

 

 

最近のフェリシアーノ

kokokoe (18)

 

 

精悍ですね。

年齢不詳、怒ると手も口も出た元ワイルドキャット。

FIVキャリアのフェリシアーノが良縁に恵まれ長い時間を家族とともに過ごしています。現在肝臓病と闘病中ですが、ママさんの適切なケアのおかげで元気いっぱいです。

 

別バージョンのフェリシアーノの写真は後日ツイッターにて!

 

近況動画もいただきました↓ (フェリまたたびに狂ってます^^;)

 

それにしてもマンゴー甘かったなあ。

 

先日台湾へ里帰りした母親が帰国後「マンゴーをたらふく食べまくった自慢話」を延々と私に聞かせてくるもんですから、耐えられずファミレスのデニーズに駆け込んだのですよ。

デニーズでマンゴーを所望したところ、マンゴーフェア終了の悲報を受け打ちのめされました。かわりに現在は「パパイアフェア」ですって。私は大好物のマンゴーが食べたいのです。

そこへ絶妙なタイミングでフェリシアーノ家より届いた宝石マンゴーですから、いっそうありがたくいただきました。ごちそうさまです。ありがとうございました。

 

また長くなりましたね。

 

以後気をつけます。SDカード再び思い出してしまいました。

精神放浪の旅に出ます。

 

アディオス

 

スポンサーリンク





いせやんの家族募集をはじめました

コメントのお返事をすべて終えました~♪

いつもあたたかいお言葉ありがとうございます^^

 

卒業生たちの近況は随時ツイッターにて流しています。ブログにもUPできたらいいのですが、私がパソコンに向かえる時間が限られているのと、現在の保護動物やうちのお子たちに焦点を当てるスタイルですので、卒業生が気になる方はツイッターをご覧ください。私をフォローしなくても見えるそうなので卒業生ネタだけを楽しみたい方もどうぞどうぞ!

 

アカウント? は @703_anny です。

 

さて、いろいろお知らせがありますがブログ更新が遅くなってしまったので簡単更新にて失礼します。本日より保護猫いせやんの家族募集を開始しました。

一時は「いせやん、一生人馴れしないかも……」と絶望の淵に立たされたりもしたのですが、すべては私の力不足の一語にすぎなかったんですね。

改めて「慣れない子」はいないんだなあと思いました。

ベタベタに甘えてくれるようになったいせやんが愛おしく、感慨深いです。

 

いせやんの姿が未来のご家族の目に留まるまでしつこくアピールしていきますよー!

 

 

この写真群でなんとなく「近ごろのいせやん」伝わるでしょうか?

riazyu (7)

 

 

生まれ変わった、という表現がいちばん適切かもしれません。

 

屈強ないせやんもかっこよかったけれど、家猫としては暮らしづらいから甘ちゃんの方がいいですね! 人を威嚇するより人を頼りにすることを覚えて得意げないせやんです。

 

 

「おれの家族はどこですかー?」

riazyu (2)

 

 

いせやんに関するお問い合わせを心よりお待ちしています。

ご質問等もなんなりと^^

 

(仮名) いせやん

☆推定2~3歳

☆男性 5キロ

☆ウイルスマイナス 基本的な医療ケアはすべて終えています。

 

 

スポンサーリンク





趣味を磨く日

今日は保護猫いせやんの家族募集の写真を選ぶために1日空けておきました。

いや~ん 先週先々週は意外と仕事がキツかったんですよ^^;

家めちゃくちゃ。メール溜めまくり。お天気が悪かったから洗濯もねえ……

ブログの更新だけはかろうじてやったのですがしたいことができない現実。

ようやく一段落したのでお手紙やメールを書きダンボールを片づけ掃除洗濯に精を出しています。勢い余って棚の中冷蔵庫の中も一部整理してみました。お子たち全員にフロントラインをつけました。動物病院にも行きました。いただきもののパックを顔に塗りたくりました。

 

気分最高です。

 

ところで肝心の写真選びですが、はかどりません。

 

理由はたぶん私、いせやんを客観視できないのです。

IMG_4329

 

 

かわいくてたまらないのですよ。

うちがこの頭数じゃなかったら手放す意味がわからないほど。

 

 

まずビジュアルがツボですし(鼻の模様と目の色と靴下が好き)

IMG_4440

 

 

天国のまーもに似ているんです。出会ったとき一瞬まーもかと思いました。

IMG_4435

 

 

チチとも話していたんですけど、性格がきつかったところもそっくりで。

グリーンの瞳を輝かせて見つめてくれるいせやんに溶けてしまいそう。

 

たしかに保護から家族募集までに時間がかかったし、彼は長い間怒っていました。

でも、過去の話です。

 

日々新しいいせやんが生まれていますよ。ぱさぱさ乾いたところははがれ、しっとり撫で心地のいいいせやんが生まれまくっています。毎日がいせやんの誕生日です。

 

現在推定2~3歳の若造です。

ビビるほどの甘えん坊なので、我が家ではどうしても手が足りません。

FIV・FeLVマイナス 去勢済み 基本的な医療ケアはすべて終えています。

風邪ひとつひかない健康体です。

 

たった今もガラス越しに鳴きながら「来い」と私を呼んでいます。

いよいよいせやんを保護部屋から解放するときが来ました。

どなたか、いせやんと一緒に暮らしてみませんか?

 

これからはブログ更新のたびにいせやんについて書きます。

いせやんに興味を持ってくださる方が世界にひとりでもいてくださいますように。

 

 

 

さて、ここからは個人的趣味の話を^^

 

夕方、保護猫いせやんの写真選びの現実から逃避しまくりだった私は、カメラの「絞り優先モード」をつかい何枚か写真を撮ってみました。

 

昔卒業犬愛者家が贈ってくださったアラビア社のペアカップをパチ! 超お気に入りです。

IMG_4596

 

 

保護活動をしている知人たちは趣味もさまざま♪

中でもお酒を愛する方が多いですね。飲むことにお金をかける価値観。なかなか豪傑です!

旅行、カメラ、カフェめぐり、スポーツ観戦……

 

私はふだん一滴も飲みませんし、旅行にも行きませんし、スポーツも疎いです。

趣味と言えるものは……(好きなジャンル限定の)読書、食器集めくらいでしょうか?

 

年に1~2度、自分へプレゼントを贈るのが目標です。

チチにはちんぷんかんぷんの域しょうけど。

 

食器といっても、値段はピンキリですが、私は「ピンとキリの間」がいちばん好きです。

 

まれに直営店を覗くこともありますが、頻度が高いのは「リサイクルショップ」「中古屋」。

せこい! と思ったそこのあなた!

リサイクルショップにこそ宝物が眠っているのですよ。おっちょこちょいなのでだいぶ割っちゃったけど、食器集め歴20年の私が言ってるのですからまちがいないです(笑)。

 

最近迎え入れたのはノリタケのペアティカップ

IMG_4590

 

 

裏面はこうなってます。

IMG_4592

 

 

リサイクルショップから【箱なし】【簡易包装】でやってきた新古品です。

 

漂白し、洗い、丁寧に磨き上げて食器棚1の中へ

IMG_4595

 

 

いっぱいあるでしょう?

プレゼントしていただいたものが多いです。高級なのは自分では手が届きません。

まあ20年集めている割には大したことないか^^;

地震でだいぶ粉々になりましたが、また少しずつ増えてきました。

 

ちなみにペアカップのお値段はヒミツですが、カフェでのランチ一食分程度です。

さすがリサイクルショップ!

 

もうひとつ買ったのがこちら↓ 右面

IMG_4570

 

 

左面

IMG_4573

 

 

リサイクルショップで見つけた「アラビア社」のスープマグ

IMG_4576

 

 

箱なし中古。ひとつだけポツンと棚の上に無造作に置かれていたので思わず手に取ってしまったという。フィンランドのアラビア社は大好きなメーカーのひとつ。

 

機能的で丈夫。レンジOK食洗機OKのすぐれものです。

こちらもお値段はカフェでのランチ一食分程度。すばらしく財布にやさしいですね!

 

 

はい! 満足です。

 

私のどうでもいい趣味の話におつきあいくださりありがとうございました(土下座)。

こういうことしている暇があったら、早くいせやんの写真選べってことですね。そうします。

 

 

「マネージャーあのな いせやん早く里子に出してほしいんだけど」

IMG_4577

 

 

「おれ 気が合わないんだよ」

IMG_4578

 

 

「つい イラッとしてごめんな。いせやんの卒業が決まったらおれ KISSしてやるよ」

IMG_4580 (2)

 

 

スポンサーリンク





私の得たもの

私は便宜上、「保護活動」という言葉をつかいますが、実は保護活動は特別なことでも崇高なことでもないと思っています。

すでに周知の事実ですが、私は犠牲的精神を持った清貧な人間ではありません。あれこれほしいただの主婦です。なんの後ろ盾もない一個人の私にできるのですから、何点かのポイントに気をつければ多くの方ができますよね。

これ私の持論です。でもまちがっていないと自負しています。

保護活動は人格者でなくてもできますし、金持ちでなくてもできますし、立派なシェルターを構えてからはじめる必要もありません。宝くじが当たるのを待つ前にできます。

 

そもそも私は一部の方にのみ負担させるべきではないと考えています。

私のように普通に暮らしながらもできる活動は将来性をはらんでいます。

普通にできるからこそ浸透するのではないでしょうか?

特殊技能を持った方々でなくてもできるから広がるのではないでしょうか?

 

「犬猫を保護する一部のえらい人」と「えらい人を見上げるだけの人」ではなく、それぞれにできることをしませんか? 真剣に取り組めばうまくいきますよ。そして楽しいです。

 

中でも「里親になる」選択肢は、なくてはならない保護活動といえるでしょう。

譲渡の際にいくつかお約束は交わしますが、里親さんと私は対等の立場であり、里親さんを心から尊敬しています。すばらしい方々です。

 

私のほうがあまたの犬猫と関わっているのに、里親さんをなぜ尊敬するのか?

私のほうがえらいはずでは?

 

ちがいます。

 

私は保護した犬猫の「一時だけ」を面倒みます。

しかし里親さんはその犬猫の「一生」をみます。

 

どちらがその子にとって重要な立ち居地でしょうか?

 

答えは明らかですね。

 

 

では皆さまに証拠を提出します。

 

『普通の人たちにできること』

 

ぐうだら主婦の私は、その日旧友たちと昼間から豪快に遊んでいました。チチや妹夫妻も一緒に私の友人たちの中に混じりボクシングを観戦し、食べたり飲んだり。

 

同じ日偶然私は地元で一匹の傷だらけの野良猫に出会うのです。

 

友人たちと騒ぎつつも野良猫が気になったので、捕獲箱で保護しました。

IMG_5624

 

※捕獲箱は主婦のおこづかいで入手できます。

 

遊びほうけながら猫を保護した日の記事はこちら⇒ 「美音」

 

 

こうしてウイと名づけた保護猫を2LDKの自宅マンションへ連れて帰り医療ケアを済ませ、仲良くなる作戦を展開しつつインターネットの里親掲示板にて家族募集を開始。

 

徐々に人を信じるようになったウイ

87

 

 

顔の怪我もすっかり治っています。

nyao

 

 

我が家の先住猫たちともなんとなく打ち解けました。

2014915 (4)

 

(703号室のウイの写真はすべてみいさん撮影)

 

お問い合わせ⇒やり取り⇒お見合い⇒お届けを経てウイは「むぎ」として終の棲家へ向かいました。むぎの保護のあとも私は相変わらず私生活をエンジョイ。

 

いろいろ努力はしたけれど、私はむぎのために大きな犠牲など払っていません。

 

ウイあらためむぎの卒業記事はこちら⇒ 「野良猫から家猫への昇格2

 

 

先日、卒業生となったむぎに会いにチチと行ってきました。

IMG_4242

 

 

譲渡のときにはなかった猫タワーや

IMG_4240

 

 

新たな猫グッズ

IMG_4247

 

 

むぎの写真コーナー

IMG_4246

 

 

ご主人の力作玄関飛び出し防止ゲート

IMG_4257

 

 

相変わらずあちこちに施されている脱走防止対策

IMG_4241

 

 

コンセントをいたずらしちゃったむぎの安全を考え2Fのテーブルにも柵がついていました。

IMG_4253

 

 

肝心の主役がクローゼットに篭城したため一瞬しか会えず^^;

IMG_4254

 

 

おいしいケーキをごちそうになりながら

IMG_4250

 

 

里親さんのスマホ内のむぎ坊の写真でがまんという(汗)。

IMG_5225

 

 

あ、そういえばワクチン証明書のむぎ坊の顔写真も見せてもらったわ(爆)。

IMG_4259

 

 

ご家族とベタベタするときは驚くほど大胆なのに、私にはサービス精神ゼロか……

 

まあ、こんなもんですよね。

 

むぎ坊の写真を手に、主役不在でハイポーズ! むぎママかわいい!

IMG_4260

 

 

ご家族からはたくさんのおみやげをいただきました。

IMG_4325

 

 

むぎんちの帰り道、私は車をチチともども途中で乗り捨て「動物愛護法勉強会」へ。まるで昼は気の合う友人のお家に遊びに行き、夜は趣味の講習会や習いごとへ行く感じじゃないですか? まさにそのとおりなんですよ。ひとつも「特別」じゃないですね。

 

一所懸命に取り組んでいる里親探しの方法の部分は長くなるのでほぼ割愛しましたが、誰にでもできることをちょちょっとしただけで、1匹の猫の生涯を変えることができたのです。

 

譲渡にさえ気をつければけっしてむずかしくありません。

できる人はもっともっといらっしゃるはずです。

環境を整え、里親になり、不遇な犬猫たちの受け皿を増やす方法もあります。

 

私はこの活動で失ったものより、得たものの方が格段に多いです。

 

つらいこともあるけれど、仕事や趣味だって目標を立て責任を果たそうとしたら壁にはぶち当たるから大差はないですね。

 

犬猫の保護活動がもっと普遍化し浸透し文化として定着しますように!

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク