こんにちはナナちゃん

こんにちはナナちゃん

konnnitihanana (6)

 

 

 

15年前の今、ナナはお母さん犬のお腹で、ほかの6頭のきょうだいたちと

 

 

この世に誕生する準備をしていたね

 

 

そして3月ごろ

 

 

ナナは7きょうだいで生まれてきた

 

 

生後1カ月を過ぎたナナたちは、ゴミのように捨てられ

 

 

その後気性の荒いホームレスに番犬として引き取られ

 

 

「不遇の犬猫のためになにかをしたい」

 

 

と息巻く若かりし日の私と出会った

 

 

ナナときょうだいたちはさんざんな目に遭い

 

 

悪天候の荒れ地を這い

 

 

暴力や飢えや乾きと死闘をし

 

 

7頭のうち3頭が餓死や焼死で

 

 

若くして亡くなってしまったよね

 

 

せっかく生まれてきたのに

 

 

とても残念だった

 

 

当時は自分の非力を恨み、泣いて泣いて泣いてまた泣いた

 

 

私は力がほしかった

 

 

気性の荒いホームレスのもとからナナたちを連れ帰る力がほしかった

 

 

あのとき、ナナのきょうだいたち3頭が惨めに朽ちていったとき

 

 

私はもう一頭も死なせないと誓った

 

 

ほんとうに誓った

 

 

それまでの人生の中で、いちばん固く胸に誓った

 

 

以後何年もかけ、ナナと生き残ったきょうだいたちを保護し、終の棲家に案内した

 

 

いつか自分が死ぬとき、死の床で

 

 

まちがいなく私は

 

 

ナナときょうだいたちの姿を思い出すと思う

 

 

やれなかったことも

 

 

やれたことも、ぜんぶ

 

 

 

ナナは私が死地から連れ帰った最初の犬

IMG_4875

 

 

 

あの頃のナナは怖がりで怒りっぽくて

 

だれでも構わず噛んだよね

 

 

「この子、家庭犬になれるかなあ・・・・・・」

 

 

13年前、2歳になろうとしていたナナを私はひそかに「不良娘」と呼び、不安の中で保護した

 

 

保護するか

 

 

あの場所で死なせるか

 

 

その二択しかなかったから

 

 

 

ナナはとまどいながらも私と暮らしてくれた

 

 

賃貸コーポの2階の一室がナナのあたらしい家

 

 

2DKの細長い間取りだったよね

 

 

 

考えてみると

 

 

ナナのほうにも選択肢がなかった気がする

konnnitihanana (2)

 

 

 

フルタイムの共働きで留守番ばかりの環境にも

 

 

ナナは文句をいわずよく耐えてくれた

 

 

 

はじめての散歩をおぼえてる?

 

 

あのときナナは車に怯えてガクガク震え、おしっこを漏らしてしまったね

 

 

結局一歩も歩けずに、抱いて帰ったのが、昨日のことのよう

 

 

でも、のみこみの早いナナは、さすがだったね

 

 

体内の細胞が総入れ替えしたかのごとく

 

 

どんどんどんどんどんどん変化して

 

 

気がつくとやさしくておだやかな犬になっていた

 

 

 

まだべべとナナのふたりっこだった時代、みんなで家族旅行へ行ったよね

 

 

ナナははじめての旅行に大興奮

 

 

ドッグランや山を走りまわって、意外なほどはしゃいだ

konnnitihanana

 

 

 

 

旅でナナの屈託のない笑顔を見つけた私は、この犬を幸せにしたい、と思った

 

 

それもまた昨日のことのよう

 

 

 

ナナ、年を取るのはイヤだねえ

 

 

視力聴力が低下し、後ろ足がうまく立ちあがらなくて

 

 

体が思いどおりにいかずイライラするよね

konnnitihanana (3)

 

 

 

腎臓病の治療も辛いでしょ?

 

 

物忘れもだんだんひどくなって・・・・・・

 

 

ナナは半分以上妹を忘れてしまった

 

 

そしてナナはときどき、私でさえも忘れてしまう

 

 

ナナはべべを忘れ、べべを噛み、猫たちに吠えかかり、たまに私を噛むようになってしまったね

 

 

一瞬忘れちゃうんだから、まあ、しょうがない

 

 

けど正直なんだかさびしい

 

 

 

「茶色のほうの犬は噛むかもしれないので、さわらないでくださいね」

 

 

うちに来るお客さんにナナを指さし、こう伝えなければならないのが悲しい

 

 

ナナをそんな風に紹介するのが悲しい

 

 

 

だから私は最近ナナに「こんにちは」を連発する

 

 

「こんにちはナナちゃん」

 

 

そして胸の中で歌う

 

 

 

「こんにちはナナちゃん(赤ちゃん) わたしがママ~よ♪」

konnnitihanana (5)

 

 

 

失っても再び私たちは会える

 

 

忘れたら一からはじめればいい

 

 

そういう意味でなら、ナナとの過去はもういらない

 

 

捨てる

 

 

 

こんにちはナナちゃん

konnnitihanana (4)

 

 

 

生きていてくれてありがとう!

 

 

I LOVE NANA

 

 

 

スポンサーリンク

ほほの通院と我が家の近況写真

末娘リルが気持ちよさげにウトウトしています。リルは今日朝ごはんをボイコットしたので、シリンジで強制給餌の刑に遭いました。近々リルの好物をまた手作りしようと思います。

FullSizeRender

 

 

 

さっきふと考えました。

 

 

703号室をご覧くださっている方は、どのような内容に興味があるのか、と。

 

 

なにかのきっかけでお会いすると、感想を言っていただけるのですが、ふだんは一方的に書いているだけ。ニーズたるものがよくわかりません。総じて通院ネタが多い気がしますが、大丈夫なのでしょうか? もしお聞きになりたいことがありましたらコメントくださいね。

 

 

コメントはできれば非公開希望ではなく「公開」でお願いします^^

 

 

で、また本日も通院ネタ。私、週の半分は動物病院にいる気がする。

 

 

昨日は水頭症のほほ(9歳6カ月)の定期検診でした。

 

 

場所はいつもと同じ東京大学附属動物医療センター。毎度MIHOさんがつき合ってくれます。

tureie (5)

 

 

 

東大農学部の敷地内は広々としていて気持ちがいいのです。お天気の日はMIHOさんと散歩したりレストランでランチを食べることも。ドライブにも最適です。

tureie (2)

 

 

 

待合室にて

tureie (11)

 

 

 

すぐに名を呼ばれました。インターンの先生による問診と簡単な診察のあと、ほほを預けます。ほほは血液検査、身体学検査、頭部エコーを終えてから私のもとに戻るのです。

tureie (7)

 

 

 

体重は4.6キロ→4.8に増えました♪

 

 

体温は低めの36.9度。前回が37.2度なのでもともとほほは平熱が低いのかもしれません。

 

 

 

ほほ、40分間の検査をがんばりました。今回はお漏らしナシです。

tureie (9)

 

 

 

えらすぎる。念のため巨大なトイレシーツを持っていったけど使わずに済みました。

 

 

 

ここで脳神経科の前田先生登場!

tureie (13)

 

 

 

MIHOさんも私も前田先生のお人柄がとっても好きで、大ファンなのです。知的で有能な前田先生。やさしく、穏やか、そして丁寧にほほに接してくれます。ほほを「ほほさん」と呼び、ほほの能力を認め、あたたかいまなざしを向けてくれます。ほほが生きるのを、静かに強く応援してくれている、そんなイメージです。前田先生は腎臓も診るので、慢性腎不全のうちの子たちの相談をしたり、昨日は卒業猫満天の皮膚の写真を見せて意見を伺ってみたりも。

 

 

大学病院のピリピリした雰囲気がいっさいなく、終始ニコニコの通院でした。

 

 

辛かったとき、前田先生がくださったひと言で私は元気になりました。

 

 

「ほほさんの高い知性/幸せの703号室」

 

 

前田先生には感謝しています。前田先生に限らず、大巻先生をはじめ私のまわりには何名か信頼できる獣医師の先生方がいます。そのときどきの状況に応じ先生方の力を借りることのできる環境は犬猫たちに囲まれながら暮らしている私にとってただただ心強いです。

 

 

動物病院選びは、たいせつですものね。前田先生ありがとうございました。読んでるかな?

 

 

※ほほは長期ステロイドを投与しているので、副作用で毛の色が変色してきました。黒かった部分が茶色になってきています。けれど前田先生によると、とくだん悪影響はないとのことでしたので、このまま治療をつづけていきます。

 

 

次回は6月に行く予定です。検査と薬と駐車場を合わせて24,025円。ほほは3カ月おきの通院なので、医療費は1カ月平均8,000円程度。特殊な病気と闘っているので、東大病院は決して高いとは思いません。

 

 

 

帰宅後、うちの冷蔵庫のあまりものなどでMIHOさんとランチ(笑)。

 

 

 

私のパジャマを着せて、2人でゴロゴロDVD鑑賞。アクション映画を観ました。

tureie (4)

 

 

 

ワクチンの倦怠感を脱ぎ去ったソイルはモリモリ食べて走り回りまくり

tureie (3)

 

 

 

ふふ。ソイルよかったね。

tureie (17)

 

 

 

「ごちそうさまでした」

tureie (15)

 

 

 

かえも出された分をきれいに完食。かわいいです。

 

 

 

ツチノ子みたいなかえ

tureie (12)

 

 

 

より目

tureie (8)

 

 

 

ツチノ子とより目が結託し、トイレペーパーを無駄に引きちぎりまくってウザいです。

tureie (10)

 

 

 

べべ公が加勢の証拠を口につけています。

tureie (14)

 

 

 

お母さんにぜんぶわかるんだからね!!

 

 

夜、ナナとリルの散歩がてら、MIHOさんを駅まで送っていきました。

tureie (6)

 

 

 

帰ったらみんなのお世話が残っています。

 

 

満天が巣立ってさびしいので、やることがあるほうがいいんですけどね。

tureie (16)

 

 

 

お耳が燃えている満天。新境地でご家族に愛されながら日々を過ごしています。

tureie

 

 

 

満天の保護とご縁探しを通じて、私は満天とご家族からいっぱい学びました。10年前に亡くなった先代かつやかつの不在を埋めるために私が家族として迎えたあまぱんを思い出しました。

 

 

満天の卒業記事はちゃんと書きたいので、少し時間がかかります。

 

 

近況はツイッターで放出していきますね。

 

 

今日もいい一日でありますように。

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク

開院祝いとソイルのワクチン

へへ。穴の空いたジャージ着ています。右側が寒い。

demi (7)

 

 

 

で、迷ったんですが、気力がないので今夜は頭を洗いません。もういいです。

 

 

 

2日連続でemi-goの病院(大師前どうぶつ病院)へ通いつめています。

 

 

 

昨日は開院内覧会だったので近所のお花屋さんでアレンジを作ってもらいました。

demi (22)

 

 

 

ふふ。キュートです。emi-go喜んでくれるかなあ?

 

 

 

ルンルン気分でお花を片手に病院に着いた私は、びっくり目が点^^;

 

 

 

ぎょっ・・・・・・院内に溢れんばかりの花、花、花・・・・・・

demi (4)

 

 

 

表裏のないemi-goと実直な中島先生の人徳の賜物ですね。さすがです。

 

 

 

私と10年以上保護譲渡活動をしていた小宮さん、Fさん(ソイルを保護した方)、大森さんがいました。北海道に移住した小宮さんが病院にいるなんて。いちばん右側の女性です。

demi (21)

 

 

 

お会いできてうれしいです。ほかにもはじめましてのパールのお母ちゃんさま、地元の里親会を主宰しているかんべさんたち、たくさんの方とお会いしました。話しかけていただきありがとうございます。午前中にいらした方はごめんなさい。私は午後2時にノコノコ着いたのです。

 

 

中でもソウルメイトのMWさまにお会いできたのが奇跡のようでした。テンションマックスです。

 

 

MWさま宅には5匹の保護猫たちがいます。私もなにか力になりたくて鼻息を荒くしています。MWさまはemi-goの病院で保護猫の不妊手術と医療ケアの予約をしていました。無事に手術が終わり、里親募集のステージに立ちますように。

 

 

そしてこの方! 保護犬ボボボ。かわいい容姿ですが、ほんとうに苦労してきたのです。

demi (3)

 

 

 

8年間河川敷で生きてきた土手犬。もう一頭そっくりな犬がいたのですが、残念なことに最近車に轢かれて亡くなりました。地元で保護活動をしている方々が何回も何十回も2頭の保護を試みたのですが、ホームレスの男性(ゴンタと暮らしていた男性)が手放そうとしませんでした。そのくせ犬の飼い方は最悪で、間近で見てきた方は犬たちの姿に胸を痛めていたのです。

 

 

このたび、ホームレスの男性が8年間ともに過ごしてきたボボボを公園に繋いだままどこかに消えてしまいました。

 

 

ボボボはたまたま事情を知っている方に見つけてもらえて、emi-goの手に渡ったのです。

demi (5)

 

 

 

よかったね。土手犬たちの保護をしてきた私もとても安堵しています。

demi (26)

 

 

 

保護犬ボボボは家族募集中です。お問い合わせはこちらでも大歓迎!

 

 

 

院内を自由に歩かせてもらいました。猫隔離舎の前にて

demi (20)

 

 

 

猫舎のケージは特注。下は二段。中に行き来可能の穴が! 広く使うこともできるのです。

demi (28)

 

 

 

ほかに犬舎、トリミング室、診察室(2部屋)、手術室、各種検査のブースが完備されています。

demi (6)

 

 

 

中島先生、手術室にて。こうして透明な状態を見せていただけると患者は安心しますよね。

demi (10)

 

 

 

驚きの設備。至れり尽くせり。トイレもステキだったのでパチッ♪

demi (14)

 

 

 

内覧会で行われていた「プチ里親会」も盛況だった模様

demi (16)

 

 

 

みんな良縁が決まるといいね。

 

 

 

記念写真。院長夫人emi-goがんばれっ!

demi (11)

 

 

 

帰宅後、自宅であまぱんとさぶとナナの点滴を。いつもおとなしくしていてくれてありがとう。

demi (9)

 

 

 

よーし。私もうちのお子たちのケアやるぞ。前向きな気持ちにさせてもらえて感謝です。

demi (29)

 

 

 

飲むドモホルンリンクルはemi-goから、お菓子は小宮さんから。ありがとうございました。

demi (24)

 

 

 

ねえねえソイル、私、いいところ行ってきたの。明日ふたりで行ってみようね!

demi

 

 

 

ということで、保護猫ソイルを連れてまた行きました。

demi (25)

 

 

 

家を出る直前に車庫の鍵が車の中に入ったままだと気づいた私。一瞬絶望しましたが、マンションの住民さんを待ち伏せし、スペアキーを借りることに成功! 無事出発です。

 

 

「いらっしゃいませ。予約時間から30分すぎていますね?」

demi (17)

 

 

 

おお。ひさびさに会った。emi-goの愛犬ハタケ(女子)だあ! 元気だった?

demi (13)

 

 

 

ハタケは震災後の福島県のとある畑で保護された犬。車に轢かれ倒れていたそうです。

 

 

事故の後遺症で半身不随になりましたが、emi-goに出会い、たいせつにされています。

 

 

ハタケ専用の車椅子に乗せるとハタケは動きが一気に加速します。

 

 

emi-goは人を噛むという理由で安楽死寸前だった(馬並みに)超大型のシェパードやさまざまな理由で遺棄された病犬、病猫、老犬、老猫を家族として迎え、最期の瞬間までともに生きてきました。いっしょに旅に出かけ、いっしょに泳ぎ、いっしょに病魔と闘い、いっしょに歩んできました。死スレスレの、生き場のなかった多くの犬猫たちと。

 

 

自分の行動をひけらかすこともしません。すごいなあ。

 

 

30代の若い女性ですが、彼女を尊敬する理由は数え切れないほどあります。

 

 

 

ハタケ昼は病院の看板犬になるんだって? さっき保護犬ボボボとケンカしたらしいじゃん。

demi (15)

 

 

 

「やるな」               「へへ」

demi (19)

 

 

 

「にこ」

demi (8)

 

 

 

emi-goの病院の紹介をしていますが、読んでくださっている方にお願いがあります。病院に犬猫を捨てに来ることは絶対にしないでください。それは卑怯な人間がすることです。

 

 

犬猫の遺棄は犯罪です。

 

 

近頃の病院は監視カメラをつけているので、通報され逮捕されるのがオチです。まあわざわざ書かなくても、このブログを読んでくださっている方はそんなことしませんけど。

 

 

 

ああ。前置き長くなった。ごめんなさい。

 

 

看板犬ハタケが見守る中、ソイルが診察台にあがりました。

demi (12)

 

 

 

体重1.85。募集サイトへ掲載したときより増えていませんね。でもあのときは自宅の体重計で測ったので、今回が正確な数字です。

 

 

 

まだ乳歯ばっかりだから、歯の感じから生後4カ月程度とのこと。不妊手術は4月でいいそう。

demi (23)

 

 

 

後ろ足にワクチンをしてもらいました。ワクチンは後ろ足に打つのが重要です。

demi (18)

 

 

 

念のため駆虫薬を処方してもらいましたが、検便は異常なし。ソイルお疲れさま。

 

 

 

先ほどemi-goから私の画像がなぜか大量に送られてきました。

demi (2)

 

 

 

お花の整理と床の掃き掃除を手伝ったのですが、私の姿がおかしかったそうです(笑)。

 

 

 

ワクチンを終えたソイルは、ケージの中で安静にしています。ふだんに比べじゃっかん元気が半減していますが、ワクチン後だからしばらく様子を見ます。

demi (27)

 

 

 

おてんば娘さんが明日は体力全快になりますように。

 

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

スポンサーリンク

小べべと小ソイルのちがい

私の妹になってもらいたかったemi-goのご主人、中島先生の病院が明日内覧会を迎えます。

y (3)

 

 

 

 

私は午後2時頃に病院へ遊びに行こうかな。

 

 

1~2時間ステイし、お手伝いできることがあったらしたいです。

 

 

お近くの方はぜひおしゃべりしに来てください~♪ 大歓迎だそうです。

 

 

 

さて、本日満天を新境地にお届けしてきました。

 

 

 

体調万全の卒業をめざしていたのに、かなわず残念です。

 

 

ご家族がやさしく迎えてくださったおかげで、私のほうは心配が薄らぎました。まずは食べて出すことが重要だと思います。満天のご家族紹介は近日中にしますね^^

 

 

 

さて、満天の通院や移動がつづき、在宅ワークでダメ出しを喰らいまくり、家でドタバタし、少し疲れてしまいました。今夜はソイル嬢のかわいい写真を貼りつけてパソコンを閉じます。

 

 

今ソイルはオトナへの階段をのぼっています。

IMG_0105

 

 

 

いろんなことを吸収しながら生きています。

IMG_0095

 

 

 

かえ、満天、ほほ、さぶ、あまたが遊び相手になってくれているので、ソイルは人に対し、この月齢特有の「甘噛み」をしません。単体で育った子犬子猫はこうはいきませんよね。

 

 

ペットショップ出身のうちのべべ公は幼い頃に親きょうだいから離され単身で我が家にやってきました。本来なら、親のしつけやきょうだいとの遊びを通じて、「していいこと」、「わるいこと」、「がまん」、「かげん」、「競争」を全身で学びおぼえるのですが、たいせつな社会化期をべべ公はひとりぼっちで過ごしていたのです。業者のケージの中で。

 

 

16年前の当時、私は犬と暮らすのがはじめてで、べべ公とどう接したらいいのかわからず、べべ公一頭飼育だったのもあり、お互いの距離感が掴めず苦労しました。

 

 

べべ公の乳歯攻撃を受けホトホト参っていたっけ。

 

 

甘噛みのレベルを超えた人間に対する執拗な噛み癖、建具、家具、小物の破壊^^;

 

 

なつかしいいい思い出ですが、渦中はべべ公を悪魔のように感じたほどです。

 

 

 

「16年前のべべ公」と「ソイル」、両者同じ「子ども」ですが、ソイルからは一度も甘噛みされません。大きなイタズラもありません。犬と猫のちがいはあれど、ソイルの性格のよさは我が家にいる成猫たちの愛情の賜物だと思います。何度も言っていますが、とても感謝しています。

IMG_0087

 

 

 

ね、ソイル^^ みんなにいっぱい教わっているのよね。大家族の特権だね。

IMG_0074

 

 

 

ふふ。ここでなつかしい話をひとつ。

 

 

ソイルを外で保護したFさんにまだ見ぬソイルについて質問をした私。

 

 

「保護した子猫の特徴は?」

 

 

Fさんからはこんな言葉が返ってきました。

 

 

「すごくいい子だけど、鼻の模様が残念・・・・・・」

 

 

えー? どんなお顔なんだろう? 残念って・・・・・・里親さん決まるかなあ?

 

 

ほんのり不安な気持ちで写真を待っていた私は、Fさんから送られてきたソイルの画像を前に思わず噴き出してしまいました。ぷっ。

 

 

 

なんだあ。超、超かわいいじゃん♪

 

 

 

もろ、私のタイプ!!

IMG_0091

 

 

 

こういう個性的なお顔が未来のご家族を癒し、笑わせ、和ませるんだと思います。

 

 

 

メチャメチャイケてる!!

IMG_0086

 

 

 

お待たせしている方々がいますが、頭を整理するためにちょっと隙間をくださいね。

 

 

善意のまなざしを向けてくださるみなさまにありがとうの気持ちです。

 

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

スポンサーリンク

ソイルのこと 満天のこと

みなさまこんばんは!

 

 

さっきちびソイルが保護猫かえのおっぱいをチュパチュパフミフミしていたので動画に撮りツイッターに載せました。すごいかわいさでした。ソイル赤ちゃん返りしています。

 

(※私のツイッターのアカウントは@703_anny)

 

 

かえはお乳が出ませんが、おとなしく吸われていました。

 

 

かえのやさしいまなざしのおかげで、ソイルが心身健やかに育っているのを感じます。

 

 

 

ソイルはどんどんいい子に変身しています。行動のすべてがかわいくて仕方ありません^^

sosoeu

 

 

 

煌びやかな目もおもしろい鼻模様もぜんぶ好き♪

sosoeu (4)

 

 

 

ドレス姿はなかなかのフォトジェニックさ

sosoeu (2)

 

 

 

オトナ用の首飾りだからブカブカなんですけどね。

sosoeu (3)

 

 

 

かえ、ありがとうね。満天も見守ってくれてありがとう。

IMG_9798

 

 

 

 

さて、今週末703号室を巣立つ予定の満天ですが、昼頃ゲーゲー吐いてしまいました。

 

 

慌てた私は大巻先生にすぐ電話。

 

 

おそらく(風邪の治療で)一定期間抗生物質を投与していたのが原因の胃腸炎だろうとのこと。うちのあまぱんも抗生物質入りごはんを食べるとすぐ吐くので同じ体質かもしれません。

 

 

 

数時間様子を見ていたのですが、またもや吐いてしまったので、心配で病院へ連行。

 

 

 

昨日まで超がつくほど元気だった満天。でも薬入りのごはんをだんだんいやがるようになっていたのです。これまでの経験と勘から抗生物質が原因だとは思いますが、卒業前ですし、急性膵炎などだったらこわいので血液検査と点滴をお願いしました。

IMG_9820

 

 

 

「ぼく 病院苦手なんですよね」

IMG_9815

 

 

 

体重は5.6キロ。熱は38.6(猫の平熱の範囲内)。聴診触診異常なし。前回と比べ血液検査は総じて大きな変化なし。膵炎も否定されました。ホッ。

 

 

 

ビタミン剤、胃薬入りの点滴を注入

IMG_9821

 

 

 

今夜はケージに隔離。涙の絶食です。

 

 

里親さんにはすでに連絡済み。お届け日、時間の変更を相談しました。

 

 

引っ越しや移動は保護猫たちにとってストレスかもしれません。けれど、頭数がやたら多い我が家より、のんびり過ごせる里親さんのお宅のほうが環境がいいのはたしかです。

 

 

満天は現在我が家でほかの子たちとの共存をがんばっていますが、本来の満天の性格を考えると、1匹飼いか犬猫の頭数の少ないお宅が向いている気がします。

 

 

現に満天はほほがキライですし、さぶのこともあんまり得意ではないようです。犬のナナに限っては、吠えるナナがこわいからあまり近づかないようにしているのがよくわかります。

 

 

だから満天の幸せを考えれば、一日でも早くほんとうの家族と暮らせる方がいいんですよね。

 

 

お届け直前にゲーさせて、里親さんにもご心配をおかけしてしまい、不甲斐ない限りです。

 

 

今、私の頭の中は満天のことでいっぱいです。

 

 

いろいろ滞って申し訳ありません。

 

 

ソイルのご縁探しもなるべく迅速にすすめていきますのでちょっとだけお時間をください。

 

 

明日はみなさまにとっていい一日でありますように。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク