年末パジャマ忘年会

※blogを連続更新しています。遡ってお読みくださいね!

 

 

あつこさんマンゴーを大量にありがとうございました。毎晩いただいています♪

IMG_5237

 

 

 

川の字で眠る幸せを噛みしめた2018年12月30日

IMG_5439

 

 

 

メンバーは前回と同じ妙齢の3人。でも今回はほほがいなくてさびしい。

IMG_5407

 

 

嫁入り前のゆちゃん(左)と嫁入り前のまなちゃん(右)。ふたりとも美女ですね。

IMG_5395

 

 

しかし私は美女だから仲よくしてもらっているわけではありません(笑)。

 

 

ゆちゃんは数年前にゃっ展のお話会(教えてアンニイさん)に来てくれたひとりでした。大勢を前にド緊張の私に前方の席から満面の笑みを送りつづけてくれたのがゆちゃん。終了後本人になんであんなにニコニコしていたのかを聞いたところ、私がアガらないよう明るく振舞っていたのが判明。口数が少なめだけれどやさしい女性です。もちろん、猫を保護した経験もあるし猫を愛しています。

IMG_5437

 

 

703号室卒業生ローズの夕飯(お刺身)を本気でうらやましがっている図

IMG_5436

 

 

 

まなちゃんは太田康介さんを介して数年前にうちの母の店で出会いました。こんなにかわいい女性がいたのかと驚いたのを覚えています。まなちゃんは考え方に筋が通っていて清々しいです。気骨があり、芯の強いこと。昨年から自分で保護譲渡活動をはじめました。のみ込みが早く丁寧で気づかいのできる女性です。そして酒好き。ちなみにスイーツも好きです。

IMG_5404

 

 

「ゆちゃんのみかんもチーズケーキもリンゴのジャムもおいしい」

IMG_5425

 

 

まなちゃんが持ってきてくれたチーズケーキと私が作ったリンゴジャム。色はアレですが味はなかなかと評判でした(3人比)。まなちゃんにおみやげで持たしちゃった^^;

IMG_5428

 

 

 

ほほ系のハンカチ2枚をプレゼントしてくれたまなちゃん♡

IMG_5421

 

 

ありがとう。絶対たいせつにします。

 

 

服用している安定剤が割とヘビーでときどき思うように動けなくなるというのが私の言い訳ですが、パジャマ忘年会のこの日も私はふたりが来るまでダラダラしていて準備ができませんでした。まなちゃんが着いたあともまだ掃除機をかけていたという……。みんなが揃ってから顔を洗い歯を磨き着替えとメイクをしたんです。我ながらサイテーのホスト。ゆちゃん、まなちゃん、ごめんね。

IMG_5388

 

 

そんなわけで3人でスーパーへ行き、(ふたりが買ってきてくれた総菜)とお鍋にしました。料理も3人。へへ。まあみんなでやればすぐ終わるし(汗)。

IMG_5460

 

 

 

妹+1歳=まなちゃん+2歳=ゆちゃん+5歳=私。ざっくり括れば同年代? いろんな話で盛り上がりますが、やっぱり保護猫の話がメインになります。えい吉とも遊んでもらったし、胃腸炎のリタのケアや破壊獣と化したすずらんの爪切りも手伝ってもらいました。

IMG_5416

 

 

まなちゃんのマフラーぬくぬくねあまぱん

IMG_5415

 

 

全員洗髪パスのお風呂後、chiseiさんにいただいたアイマスクでリラックスモード

IMG_5442

 

 

さぶも呆れているかな?

cache_Messagep210650

 

 

夜食を食べながらのんびり

cache_Messagep210648

 

 

ふふ。横顔がすごい。いったいだれなの?

IMG_5443

 

 

私たちがリビングにいるとほかの部屋からえい吉が来い来いと鳴いて呼ぶのでかわるがわるごきげん伺いに行きながら深夜までだんらんしていました。

 

 

当然寝坊必至

IMG_5464

 

 

ずっと添い寝してくれていたあまぱんのお尻がポカポカと暖かかったです。

IMG_5466

 

 

追記:あまりに寝相が悪くゆちゃんの布団を奪ったり絡んだり蹴ったりした私をゆちゃんが舌打ちで叱りつけた模様です。起きるまでぜんぜん知りませんでした。自分の醜態を知りたくもなかった。

 

 

緩すぎて申し訳ないレベルですが懲りずにまた来てね。

 

 

そしてまなちゃん、保護猫やむちゃのお茶会うまくいくことを祈っています。

 

 

うちにいる間も希望者さんと真剣にメールをやり取りしていたまなちゃんは、離れている間も保護猫たちのことを片時も忘れていなかったようです。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





リタパン治ってきています

皆さま

 

 

だいぶ前に明けましたね。2019年が皆さまにとって素敵な年でありますように。年賀状もたくさん届いていますが、のんびりペースでお返事させてくださいませ。私は初詣にも行っていないし料理らしいものも作っていません。

 

 

お子たちのお世話はちゃんとやっていますのでご安心ください。

rupqfh (4)

 

 

 

歳を取ってみんな寝てばかりですがそれなりに楽しく過ごしています。

rupqfh (3)

 

 

 

本年の大きな目標としては前半が出版で後半に保護頭数を増やし一地域の保護、みたいなものにトライしようと思います。手のかかるレギュラーメンバーが減ってしまった分、空席はあるから。

 

 

でも自分のキャパシティを超えないようじっくり考えながらやりますね。

 

 

あと、1月中にリタかえい吉の家族募集ができたらいいなあと^^

 

 

昨年の話ですが、卒業生天音&ほたる家よりクリスマスプレゼントをもらいました。Wedgwoodの美しいお皿をありがとうございます。手抜き料理もがんばらないと!

rupqfh (6)

 

 

 

こちらは母を通じていただいたお菓子。母の店に食べに来てくださったお客さまからです。ほほの名が書いてあってうれしいです。ありがとうございました。

rupqfh (5)

 

 

 

さて、元旦は妹が張りきって1年前から予約していたレストランへ

rupqfh (2)

 

 

いつも母が作っていたので今年は楽できたのではないでしょうか?

rupqfh (8)

 

 

ビールを飲んでご満悦のまーさんと

rupqfh (11)

 

 

まーさんは妹がプレゼントした服でオシャレしています。

rupqfh (9)

 

 

 

1年ってあっという間だなあ。人生は瞬く間にすぎていくんでしょうね。

rupqfh (10)

 

 

 

2時間ランチに夢中でしたが、帰宅前からソワソワと「心配モード」に切り替わるという……。保護猫リタが調子悪かったのです。胃腸炎ならまだしも、膵炎だったらどうしようとそればかり悩んでいました。うちのナナが終盤膵炎を発病したのと、お友だちの猫さんたちが膵炎で亡くなったりと、膵炎の怖さを身をもって感じている私は気が気じゃありませんでした。

rupqfh (12)

 

 

 

先日も書いたのですが、胃腸炎と膵炎は基本的に治療法は同じ。嘔吐と下痢を止め、水分を補給し、栄養失調にならないよう気をつける。書くと簡単ですがいざやると意外とたいへんです。

 

 

私は自宅での治療をメインにしました。

 

 

ビタミン剤を入れたラクテックを1日150ml皮下点滴。24時間効くタイプのセレニア(制吐剤)を点滴に混ぜる。下痢は強く止めずに漢方系のデルクリア(経口)を。繊細なリタに強制給餌をしたくなかったのでペリアクチン(経口)の副作用を利用して食欲を出させ、食事は消化にいいidを中心に低脂肪のものを与えました。追記:胃腸を動かすためガスターもときどき。

 

 

結果、リタは治りつつあります。リタの回復ぶりを見ていると、膵炎ではなく胃腸炎の可能性が高いのでホッと胸を撫でおろしています。

rupqfh (1)

 

 

 

昨夜リタが素晴らしいプレゼントをくれたんです。

 

 

食事中の方が気分を害するといけませんので、「漫画風画像」にしてみたのですが、形のいい運子であることはおわかりいただけますでしょうか?

rupqfh (13)

 

 

リタぱんありがとう♡

 

 

ふと気が緩むと具合が悪くなったりするので、外暮らしの疲れが今頃出てきたのかもしれません。リタは元来健康な猫! ベストコンディションのリタを未来の家族に繋げるようケアします。

 

 

皆さまもモコモコのパートナーたちと健やかに越冬できますように♪

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





年の瀬のごあいさつ

皆さま

 

 

2018年は本当にお世話になりました。

 

 

年末恒例の卒業生一覧やハリのお届け記事、そのほか保護猫紹介やプレゼント物資の自慢ができていません。大掃除もパスの自堕落な年末をすごしています。2018年のうちにUPしてしまいたいことが多くありますが時間の関係で2019年に繰り越すことをご容赦ください^^;

 

 

今年は家族を失った悲しい年でした。この悲しみもまた来年に繰り越されることでしょう。来年どころか重い荷物のようにずっと持っているかもしれません。

 

 

しかし私の感じる痛みも、犬猫と暮らす醍醐味のひとつだとも思います。

 

 

本気でだれかを愛することができるありがたみを噛みしめています。

 

 

犬猫と暮らしてみたいなあと考えている方はどうぞ躊躇せず、保護犬保護猫を迎え入れて存分に楽しんでくださいね。私も日々そうしています。

 

 

2019年もリルと

IMG_0001

 

 

 

あまぱん

IMG_3889

 

 

 

さぶが703号室にて皆さまをお待ちしています。

IMG_8343

 

 

 

そしてできることでしたら、天国に眠るレギュラーメンバーのべべと

IMG_2141

 

 

 

ナナ

IMG_2148

 

 

 

ほほを忘れないでやってください。

IMG_2669

 

 

私たちは一丸となって卒業生たちを育て終の棲家へ見送ってきました。

 

 

べべとナナとほほの力がとても大きかったと日々痛感しています。

 

 

皆さまのお心の隅のほうにでもべべとナナとほほがいてくれたらうれしいです。

 

 

愛いっぱいの1年をありがとうございました。

 

 

2019年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

田辺アンニイ

 

 

スポンサーリンク





リタの近況

マイ太郎さん(&みなさん)からいただいたほほへのお花

1pan (3)

 

 

ありがとうございました。しばらくの間美しく咲いていましたよ。

1pan (2)

 

 

榮先生が素敵なプレゼントを贈ってくださいました。サボンのバスソルト大好き♡

1pan (13)

 

 

榮先生の手作りのピアスは2日連続でつけています。ありがとうございます。

 

 

さて703号室の近況ですが、実は保護猫リタが体調を崩しています。

1pan (14)

 

 

twitterをご覧の皆さまはご存知だと思いますが、胃腸炎(または膵炎)の可能性があり、現在治療中です。私は心配でハラハラドキドキ……

 

 

12月24日クリスマスイブ、リタは外でごはんをくれていた女性との再会を果たしました。リタのいた場所には男性と女性のいわゆる「餌やりさん」がいるのですが、女性の帰省中にリタが怖い思いをしたのです。見兼ねた男性の独断でリタがうちに来ることに決まり、女性は心残りだったそうです。

 

 

電話で一度顔を見せてほしいと言われました。

 

 

会ってもらえれば女性が安心してくれるかなと考え、来てもらったんです。

1pan (4)

 

 

女性はリタにあげていたごはんやベッドのプレゼント、おみやげのおせんべいを持ってきてくれました。リタを家に入れることはしなかったけれど毎日気にかけていたんですね。なのにリタは隠れてしまい、ほとんど出て来ないという薄情さ……

1pan (5)

 

 

うう。ごめんなさい。すっかり内弁慶のお嬢さまにしてしまいました。

1pan (6)

 

 

外でひたむきにがんばっていたリタの話を聞いてますますリタが愛おしくなった私。リタは本当にえらい子ですよ。よく生きていてくれたね。大変だったでしょう?

1pan (7)

 

 

 

その数日後、リタは食欲が落ちたので病院へ

1pan (11)

 

 

(特異的リパーゼの外注検査はしませんでしたが)血液検査、エコー検査の結果、異物を飲み込んだ形跡はなく、腎臓などの主要の臓器の数値も悪くない。

1pan (12)

 

 

熱発もナシ

1pan (10)

 

 

口の中もきれいです。

1pan (9)

 

 

点滴をお願いしました。リタお疲れさま。おうちに帰って安静にしよう。

1pan (8)

 

 

翌日は病院から点滴と薬を処方してもらって私が処置

1pan (15)

 

 

繊細な性格なのでリタにとっては家にいられるのがいちばんいい気がします。

1pan (16)

 

 

そして本日、ハリのお届けから帰宅したあとマイ太郎さんに抱っこしてもらって処置。エアコンの上に避難したリタを下におろすのに超苦心しました。

1pan (19)

 

 

チクッとしてごめんね。

1pan (18)

 

 

不服の表情をしています。

1pan (17)

 

 

フリーを謳歌しているリタですが、ジャンプ力がすごいのでリタの心が落ち着くまで簡易ケージに入ってもらうことに。早く治してあげたいのです。

 

 

リタは(最悪膵炎も見込んだ)胃腸炎の治療をしています。

 

 

下痢にデルクリア、吐き気止めにセレニア、食欲を出すためのペリアクチン、点滴によるビタミンと水分の補給、ガスターはちょっとお休み、が最新のコース。食事はidペースト缶。膵炎だとしても食べて問題なさそうとのこと。消化にウエイトを置いています。

 

 

1時間おきに保護部屋に様子を見に行っていますが、これ、さっき撮った写真です。

1pan (1)

 

 

膵炎なら腹痛を伴うのでこのポーズはむずかしいはず。少々回復したのか? ごはんをおねだりしたり私の足元にスリスリしてくる元気が出ました。

 

 

考えつく限り、できる限りのことを私なりにしていきます。

 

 

健康って当たり前じゃないんですよね。改めて食べてくれることのありがたみを知りました。リタ、魅惑のぽっちゃり体型をキープしていこう。

 

 

皆さまもお身体をたいせつにしてください。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





ほほの第二の母

最近の私はある意味規則正しい? それともめちゃくちゃ? な生活を送っていました。夜中の1時近くに就寝し3時に起きて午前8時頃まで書く。その後はみんなのお世話や家事を4時間程度。正午に寝て3時にまた起きる。もはや早起きなのか夜更かしなのか自分ではよくわからない。

 

 

でもそんな生活ももう終わり。2万文字の章を終え今朝野島さんに送りました。私なりに正月休みを楽しんで1月4日からラストスパートをかけます。

 

 

さて、先日私は703号室卒業生クー太の里親MIHOさんちに行きました。クー太ときなこを交えパジャマパーティをしたんです。クー太と私、ふたりともグチャグチャ……

222kurisumasu (3)

 

 

MIHOさんちでさんざん食べたあと、踏み台昇降運動を32分がんばりました。

 

 

意味があるのかないのか^^;

 

 

ほぼスーパーのお惣菜ですが、おいしそうでしょ?

222kurisumasu (9)

 

 

 

テーブルの花は私からMIHOさんへのプレゼント

222kurisumasu (11)

 

 

 

友だちになって長いのにそういえば一度もお花を贈ったことがない気がする。

222kurisumasu (10)

 

 

劣悪な環境から保護した成猫クー太を9年以上たいせつに育ててくれているMIHOさん。クー太は慢性鼻炎がひどすぎてメンテナンスのむずかしい猫なんです。

 

 

キラキラ輝いているのはMIHOさんのケアの賜物

222kurisumasu (8)

 

 

 

みいさんちの卒業生きなこともラブラブしました。美しさが半端ない♡

222kurisumasu (1)

 

 

 

女同士ペチャクチャしゃべりバクバク食べほしいものをネットで検索し、スリラー映画を鑑賞。運動もやったし本当に楽しいひとときでした。

 

 

MIHOさんは長年うちのお子たちをかわいがってくれています。

 

 

特にひいきしていたのはほほ。

 

 

私がほほより先に死んだら東京大学の前田先生がほほを引き取る話になっていたのですが、前田先生が何らかの事情で引き取れない場合はMIHOさんが後見人に名乗りを挙げてくれていたんです。

 

 

ほほの通院も毎度つき合ってくれました。私が誘うんじゃなくて自主的に来るんです。ほほが宇宙へ帰ったとき、私とチチの次に取り乱したのはMIHOさん。ほほとMIHOさんはいい関係だったんですよ。MIHOさんのiPhoneのカメラロールにはほほがいっぱい。

 

 

MIHOさんも私もまだ怖くてぜんぶは見られません。

 

 

先月私はMIHOさんの誕生日をサプライズで祝いました。

222kurisumasu (6)

 

 

といってもケーキとプレゼントを用意しただけですけど。

222kurisumasu (4)

 

 

 

MIHOさんの好きそうな赤ワイン、冷えをあたためる靴下、クラランスのハンドクリーム&ボディミルク、バラの花束に見えるチョコレート。ほほからはMIHOさんへの感謝のカード♪

222kurisumasu (5)

 

 

 

パチっ!

222kurisumasu (7)

 

 

 

ほほがいないこの部屋は前よりずっと暗い。私は相変わらずほほロスです。

222kurisumasu (2)

 

 

 

無理をしても忘れられないので、自分の気持ちを吐き出していきたいです。

 

 

べべとナナとほほに会いたい。かつや私が見送ってきた子たちに会いたい。会いたい会いたい会いたい。愛してきたし、愛しているから。

 

 

スポンサーリンク