お話し会「保護」終了!

「たった今 洗われちゃった・・・・・・」

annyohanasi (9)

 

 

 

 

そうなんです。疲れたから洗いたくなかったのですが、あまりにもニオイが強烈で(苦笑)。

annyohanasi (11)

 

 

 

 

我が家はみんなそれなりに元気にしています。

annyohanasi (4)

 

 

 

 

ほほは相変わらずの食欲。食べてくれるのはありがたいです。

annyohanasi (5)

 

 

 

 

さて、本日「にゃっ展お話し会」にご参加くださった皆さまありがとうございました。緊張のあまり昨夜から喉が痛くなってしまい微熱も出ました。子どもですね。はじまる30分前には母に電話。

annyohanasi (7)

 

 

 

くだらないギャグで励ましてもらうという・・・・・・40代なのにお恥ずかしい限りです。

 

 

 

でも皆さまがやさしくほほえんでくださったおかげで精神的にだいぶラクになり、最後までもちました。皆さまのお話のじょうずさにほんとうに驚きました。心からすごいと思いました。

annyohanasi

 

 

 

お疲れさまでした。

 

 

くわしくはまた改めて記事に書く予定です。

 

 

 

明日は「譲渡」についてですが、譲渡は内容がギッシリゆえ聞いている側は絶対に疲れます。

 

 

 

けれど、どうか最後までいてくださいね。

 

 

 

1日目はチチがひと言加わってくれました。明日は妹夫妻が参加者として来ます。

annyohanasi (15)

 

 

 

にゃん太さんスタッフの皆さまありがとうございました~! にこ^^

annyohanasi (3)

 

 

 

 

保護譲渡活動は正直、エネルギーの塊が奪われます。

annyohanasi (12)

 

 

 

しかしだれかがやらなければ猫を取り巻く世界はなにも変わりません。

annyohanasi (14)

 

 

 

ならば身のまわりの「気になるあの子」だけでもどうにかできるノウハウを身につけたいですよね。保護の手を必要としている子はたくさんいます。世の中のぜんぶの不幸をひとりで背負い込む必要はありませんが、たった1匹だけでも幸せにできたら、猫好き冥利に尽きるのではないでしょうか? 私はゼロより一の気持ちで取り組んでいます。

annyohanasi (2)

 

 

 

 

もちろん、保護活動をしなくても「里親」になれば家を得る子は増えます。実際の活動はむずかしい。現在は身のまわりに気になる子もいない。けれど猫を増やすキャパはある。そういう方は里親になることを選択するのもいいですよね。

annyohanasi (6)

 

 

 

ちゃたろ、ずいぶん慣れてきました。

annyohanasi (8)

 

 

 

「のび~」

annyohanasi (10)

 

 

 

小さな檻に閉じ込められていたから体を伸ばすこともできなかったよね。

 

 

ちゃたろ、あなた意外とロングね。

 

 

 

「出せーーー お留守番ながいーーー」

annyohanasi (13)

 

 

 

サク坊ごめんなさい。バタバタが終わったらいっぱい遊ぼうね。

annyohanasi (16)

 

 

 

もっともっと仲よくなろう。

 

 

 

私も保護猫ちゃたろとサクを終の棲家に案内できる日までがんばっていきます。

 

 

 

どうぞごひいきに♪

 

 

 

LOVE多め!

 

 

 

 

スポンサーリンク

10分更新 ぼくはぼくで ぼくはぼく

ひとりぼっちでとてもさびしそうだったので、ちゃたろのケージをリビングに移動

sakutotyata

 

 

 

 

さぶがちゃたろの存在を脅威に感じているらしく、ちゃたろに威嚇してしまいました。

sakutotyata (11)

 

 

 

 

さぶごめんね。ちゃたろもごめんね。いっときの辛抱だからお互いの誤解を少しずつ解こうね。

sakutotyata (12)

 

 

 

 

さぶにちゃたろは無害だってことを伝えたいし、ちゃたろにはさぶがやさしい猫だってことを伝えたい。伝えたいことがいっぱいです。お子たちに伝えたいことがいっぱい。

 

 

 

でも残念ながら、お子たちは私の発する長い日本語のすべてをダイレクトには理解できない。

 

 

 

心はつい焦ってしまいそうになるけれど、人間の言葉をもたない彼らだからこそ、不器用なりに折り合いをつけ、あとは恨みっこなしで潔く生きていけるのかなとも思います。

 

 

 

さぶもちゃたろもすばらしい子。自慢の子。ちなみに怒っているのはさぶだけでちゃたろはきょとんとしています(笑)。ちゃたろと接して日が浅いですが、今のところ彼の怒った姿を私は一度も見たことがありません。

 

 

 

あ、サクはちゃたろの大きさにビビっていました。

 

 

 

「ぼくは さぶ兄派」

sakutotyata (7)

 

 

 

いたずらに精を出しています。

sakutotyata (8)

 

 

 

 

コラコラやめなさい!

sakutotyata (5)

 

 

 

 

サクのおかげで私はキッチンの片づけをまめにするようになりました。

sakutotyata (4)

 

 

 

「ぼくに感謝すべきだね」

sakutotyata (9)

 

 

 

そうだね。サク、ありがとう。

 

 

 

でもサクに「ありがとう」するのは、サクがいたずらを得意としているからではなく、それ以前に、サクがこの世に存在していることにすでにもう「ありがとう」の気持ちなのです。

 

 

 

足並みを揃える生き方ができないとしても、なかなか完全には人慣れしないとしても、たとえ私に従順じゃなくても、サクはサクで、サクの個性と自我を私は魅力的だと思います。サクを見ていると、ああ、やはり猫は感情を持った生き物だということを何度も何度も認識できます。

 

 

 

サクありがとう。けどほどほどにしてください^^;

sakutotyata (2)

 

 

 

数日前、ちゃたろの家族になってくださる方がサクをかわいいと誉めてくれました。

sakutotyata (3)

 

 

 

 

「サクくんを最初に見たときは、黒白だからあまぱんくんと似ていると思っていたんですが、ふふ♪ サクくんはさぶくんにも似ているんですよね」

 

 

 

はじめ聞いたときはなんのこっちゃ? と目を丸くしましたが、なるほど、そこね!

 

 

 

「サクくんとさぶくん、鼻の模様が似ていて」

sakutotyata (10)

 

 

 

おおお。たしかにそうですね。実は私も前同じことに気づいていたんですが、なぜか頭から抜けていました。さぶとサク、鼻が似てる!!

 

 

 

ちゃたろはちゃたろでいいの。

 

 

 

サクはサクでいいの。

 

 

 

いっしょうけんめいに、自分の命を生きているね。

sakutotyata (6)

 

 

 

みんなそれぞれに輝いています。甲乙はつけられません。

 

 

 

Smile!

 

 

 

 

スポンサーリンク

ちゃたろが来ました

ピチコさん! 猫のおやつのプレゼントありがとうございます。うれしいです。

1mukae (15)

 

 

 

 

午前中、emi-goの病院へちゃたろを迎えに行きました。

1mukae (3)

 

 

 

 

最近大巻先生の病院ご無沙汰しちゃってる^^; 大巻先生の病院にも検診で行かないと。

 

 

 

emi-goのご主人中島先生は大巻先生の仲のいい後輩です。それにしても私は動物病院にばかり行ってる気がします。ほかに行く場所ないんだもん。しょうがないよね。

 

 

 

待合室にて。かわいい子ちゃんが自ら私のひざにのってくれました。

1mukae (5)

 

 

 

お隣が飼い主さん。こすずちゃんという名前だそうです。私の子みたいでしょ?

1mukae

 

 

 

赤のワンピースが似合ってました。

 

 

 

さあ、ちゃたろ、703号室に向かいますよ。

1mukae (18)

 

 

 

 

病院で慢性腎不全のあまぱんとさぶ用にセミントラ買いました。安くしてくれてありがとう。

1mukae (7)

 

 

 

 

家に着いた私は、玄関先で異臭を感知。ううっ・・・・・・イヤな予感がします。

 

 

 

ツイッターを見ている方はもうご存じですね。なんとネットの中が運子まみれ(号泣)。

1mukae (16)

 

 

 

見た瞬間、嗚咽ですよ。ちゃたろの衝撃的な姿にげんなり。

 

 

 

実は病院にいたときからほんのり運子臭が漂っていたのです。

 

 

 

emi-go 「え なんか ウンチ臭くないですか?」

 

私 「ね・・・・・・」

 

emi-go (あたりの空気をクンクン)

 

私 (まわりの空気をクンクン)

 

 

 

しかしニオイの元を特定できず、私はてっきりケージの中のだれかが運子をしたのだと思い、深追いしなかったのです。まさか私のキャリーがニオイの元だったとは(涙)。

1mukae (12)

 

 

 

「自然現象ですから・・・・・・」

1mukae (10)

 

 

 

まあ、そうだね。

 

 

 

ちゃたろ、ごめん。べちゃべちゃだから洗うしかない。来たばかりなのにかわいそうだけど。

1mukae (14)

 

 

 

「水攻めだけはやめてください」

1mukae (4)

 

 

 

 

いや。不本意だけどほかに方法がない。運子だけでなくおしっこもしてるじゃん。

 

 

 

格闘すること5分。顔まわり以外をシャンプー♪

1mukae (8)

 

 

 

 

ドライヤーの音を怖がったので、タオルでよーく乾かします。

1mukae (2)

 

 

 

 

「703号室は保護猫にやさしい空間をめざしているとうわさに聞きました。ウソだったのですね」

1mukae (6)

 

 

 

 

怖かったよね。がんばったね。ここちゃたろのスペースだよ。

1mukae (19)

 

 

 

 

部屋数少ないからチチとルームシェアしてください。

1mukae (17)

 

 

 

ちなみにチチには昨夜ちゃたろのことをはじめて伝えました。チチは私のブログを気まぐれに読んだり読まなかったりなので、事情に疎いのです。

 

 

 

「ごめんもうすぐ猫来る。1カ月以内にはなんとかするから」

 

 

「・・・・・・(横目ジロ)」

 

 

 

リアクションが薄めだったので了承を得たものとみなしています。

 

 

 

ちゃたろが落ち着いたあと、お子たちのお世話などなど

1mukae (9)

 

 

 

本日もあまぱんとさぶはおりこうに点滴を終えました。

1mukae (11)

 

 

 

ナナは日に日に抵抗がひどくなっています。

1mukae (13)

 

 

 

 

ちゃたろが増え、8頭になりました。べべ、ナナ、リル、ほほ、あまぱん、さぶ、保護猫サク、保護猫ちゃたろ。みんな個性の強い面々ですのでまた会いに来てくださいね。

 

 

 

皆さまいいゴールデンウイークをお過ごしください。

 

 

 

私は明日の夜、一泊外泊予定です。ひとりきりで(超近場の)山荘へこもるイメージ。

 

 

 

LOVE!

 

 

 

 

スポンサーリンク

10分更新 おれのアレンジ知りたいか?

べべちゃん だいじょうぶか? ミルクのにおいがするな ミルク飲んだのか?

kaeru (7)

 

 

 

 

うちはみんなそれなりに元気だから心配しないでな

kaeru (6)

 

 

 

 

あま兄は おでこあたりの白髪が増えたな あま兄 悩みでもあるのか?

kaeru (3)

 

 

 

ひとつもなさそうだな・・・・・・

kaeru (2)

 

 

 

よし たまにはおれがいいこと言ってみよう 聞きたいか?

kaeru (4)

 

 

 

井の中の蛙 大海を知らず・・・・・・

 

 

(一説には)つづきがあるの 知ってるか?

 

 

 

井の中の蛙 大海を知らず

 

 

されど空の深さを知る

 

 

 

これをおれがアレンジするなら

kaeru (5)

 

 

 

 

家の中の猫 外を知らず

 

 

されど愛の深さを知る

 

 

 

だな。

kaeru

 

 

 

 

読んでくれてありがとうな

 

 
KISS

IMG_2509

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

超、ダイアモンド以上

まだ厚手のコートを着なければならなかった2月27日、私はサクとセスに出会いました。

 

 

その日のことは「サクとセス/幸せの703号室」をご覧ください。

 

 

私も先ほど読み返し、ひとり感慨深さに浸っていました。

 

 

あの日私が先に見つけたのは黒白のサクのほう。いちばんに保護できたのもサク。

 

 

サクとセスの「間」、私の鼓動は鳴りっぱなしでした。「間」とは、サクだけを連れて帰り、セスが外に残されていた時間のことです。

 

 

あのときの心中を書いたら、きっと皆さまは大げさだと笑うかもしれませんが、私のすべてがかかっていたんだと思います。私はときどき、「ある瞬間」に全力を注ぐのです。

 

 

勝負、っていえば近いのかな?

 

 

負けが許されない勝負だった気がするのです。

 

 

セスの保護は、最近のできごとの中で、もっとも自分の心に深く残っています。

 

 

 

連れて帰りたかった。私は超、本気でした。

IMG_0490

 

 

 

ほんとうにサクもセスも大きな道路に面した極端にあぶない場所にいたのです。だから捕獲箱が閉まる音を聞いたとき、全身を鳥肌が駆けめぐりました。うれしくて踊りたい気分。

 

 

 

保護直後の動画(emi-goの動物病院にて)

 

 

 

703号室に移動して数日後(チチの出血はセスではなくサクにやられました)

 

 

 

 

「そうだったんですか? そんなにぼくを連れて帰りたかったのですか?」

1sesu (17)

 

 

 

 

「ぼくはハハにとって 黒くひかるダイアモンドのような存在だったんですね?」

1sesu (18)

 

 

 

 

いいえ。ちがいます。

 

 

 

セスは私にとって、憧れのダイアモンドがカスに見えてしまうほど、たいせつな存在です。

1sesu (21)

 

 

 

 

「ほう」

1sesu (11)

 

 

 

 

サクとセスは仲よし

1sesu (10)

 

 

 

ケージもシェアしていたから、だいたいいっしょだったよね。

1sesu (8)

 

 

 

怖がりのセスよりさらに怖がりのサクを

1sesu (4)

 

 

 

セスは小さい体で守ってくれた。

1sesu (3)

 

 

 

サクがほんのちょっとやわらかくなったのは

1sesu (6)

 

 

 

まちがいなくセスのおかげだと思う。

1sesu (5)

 

 

 

立派なおにいちゃんでいてくれてありがとう。

1sesu (7)

 

 

 

 

でも、セスは繊細だってこと、ちゃんとわかってるよ。去勢手術の際、病院へ行っただけで片目がショボショボになってしまうんだもん。退院後、飲み薬も目薬もがんばったよね^^

1sesu (9)

 

 

 

いたずら坊主の一面も

1sesu (14)

 

 

 

 

こらー!

1sesu (12)

 

 

 

「ぼくじゃありませんよ」

1sesu (13)

 

 

 

「ぼくたちは知りません」

1sesu (15)

 

 

 

アクティブなセスのおかげでたのしい毎日だったよ。

1sesu (16)

 

 

 

きょうだいのサクはもちろんのこと

1sesu (2)

 

 

 

セスはほかのメンバーたちのことも慕ってくれて

1sesu (26)

 

 

 

媚びるのもじょうず、甘えるのもじょうず、距離を保つのもじょうず

1sesu (24)

 

 

 

遊ぶのもじょうず

1sesu (23)

 

 

 

そして

1sesu (22)

 

 

 

横取りもじょうず(笑)。

1sesu (25)

 

 

 

「食べたいときは食べたほうが得ですから」

1sesu (27)

 

 

 

まあたしかにそうだよね。

 

 

 

「でしょ?」

1sesu

 

 

 

要領がいいのは才能だね♪

 

 

 

セスに限らないのですが、うちにいる保護動物たちを見ていると、ときどき切なくなります。

 

 

あたらしい環境で、また、一からがんばらせるのがふびんになります。

 

 

 

ああ。昼寝していたセスをキャリーに入れ・・・・・・出発!

1sesu (19)

 

 

 

セスの未来に向かっています。

1sesu (20)

 

 

 

私はセスに自分の家族と同じように接してきました。家族と同じように、ではないですね。終の棲家に旅立つまでは、セスは私の家族そのものです。「卒業」を機に、サクと別れさせるのもなんとなく辛い。そんなわけで毎回胸がチクチクするのですが・・・・・・けれど私は、セスは近い将来、自分が幸せになれたことを実感すると信じて譲渡しています。

 

 

今夜セス家から届いた近況写真を眺めて思いました。「幸せ」って家族の数だけいろんな形があるんですね。元気にはしゃぐセス、カメラに寄りすぎのセスの姿にほっこりです。

 

 

そして卒業記事は、里親さんへの感謝、保護動物へのお祝い、皆さまへのご報告として書いているだけでなく、自分の心を整理する意味もこもっているのかな、と今、改めて。

 

 

以前ご紹介したように、セスの里親さんとは素敵な縁で繋がっています。なにごとにもていねいで、やさしく、常に笑顔で接してくださいました。

 

 

 

次回は、近況写真を織り交ぜて、あたたかいセス家へご案内しますね。お楽しみに♪

 

 

 

LOVE!

 

 

 

スポンサーリンク