あまぱんの病名

昨日、あまぱんのシステムトイレのチップとあまぱんの補液グッズを買いに行き、あまぱんの通院で使う車のガソリンを入れてきました。

IMG_3620

 

 

帰宅後、リビングの棚の下に隠れていたあまぱんにさぶがグルーミングをしている姿を見つけてほっこり。思わず動画に撮り、ツイート。さぶは人間みたいな猫だなあ。

 

 

うちはほんとうに助け合って生きているのです。在りし日のほほとさぶ

IMG_9292

 

 

4年前のあまぱんとさぶ。さぶ重くないの?

IMG_8576

 

 

隣のベッドにはべべ公とほほもいますね。ああ、みんないますね。

IMG_8583

 

 

戻れるなら戻りたい。

 

 

5年前のあまぱんとさぶ

IMG_9346

 

 

ふふ。笑える。お笑い担当です。

IMG_9347

 

 

ごはんが遅いと文句を言っているのでしょうか?

IMG_9348

 

 

あまぱんはカメラが好きじゃないからだいたいこんな顔

IMG_9351

 

 

まあるいね。まさに「あまぱん」です。

IMG_9352

 

 

あまぱんについて書いた過去blogの中でもっとも気に入っているものを紹介させてください。めちゃくちゃかわいいので皆さまに読んでもらえたらあまぱんとも共々うれしいです。

 

 

外猫カンタくん/幸せの703号室

 

 

あまぱんがどんないきさつで703号室にきたのかがわかります。あまぱんは私が里親サイトで発見し、家族希望を出した唯一の子。とてもたいせつな存在ですよ。

 

 

そのあまぱんの貧血の原因が判明。すぐに確定診断出ました。東京大学動物医療センターの「病名を突き止める能力の高さ」はスバ抜けてケタ違いに優秀です。

IMG_3624

 

 

私がFIPの次に恐れている奇病(難病)肝アミロイドーシス

IMG_3629

 

 

非常に稀なので猫と暮らしている方や保護活動をしている方でも知らない方が多くいらっしゃるでしょうが、私は10年ほど前にこの病気で保護猫(卒業生)ほのを看取ったのです。だからこいつの厄介さ恐ろしさを痛感しています。当時の記憶がハッキリと自分のトラウマになっているほど。

 

 

原因不明で対処法もナシ。かろうじて効果があるとされているステロイドの投与は腎臓病で免疫力も下がっているあまぱんにはできないのでどうしようもないのです。しかし病名を突き止めることがあまぱんのQOL保持に繋がったのはまちがいない。なぜならば、病魔の正体を知ったことで「変な格好の抱っこ」や「腹部への圧迫」をしてはいけない、外圧を加えてはいけないとわかったのです。

 

 

理由は肝臓が破裂してしまうから。

 

 

シンプルだけど、お世話をする上で重要ですよね。

 

 

いろんな数値とあまぱんの状態をあわせて考えると、さようならは目前に迫っています。

IMG_3630

 

 

(腎臓を楽にするために)緩和ケアの一環として数日入院させることにしました。チチの仕事が不調ゆえ、あまぱん、さぶ、保護猫たちの生活費、光熱費、医療費(家賃以外のすべて)は昨年の秋頃から私がひとりで払っています。さぶの膿胸もあったし、いや、なかなかね(苦笑)。だから私なりにわずかですがポツポツと仕事をしています。仕事と看病の兼ね合いがうまくいくのかが今いちばんの心配。言ってもしょうがないけれどせめてお子たちの半数だけでもペット保険へ加入するべきだったのではと後悔しています。夏ですがいっそあまぱんとふたりで冬眠したい。いっそ消えたい。

 

 

さあ、残り時間はわずか。あまぱんとの日々を愛で埋めつくさないと。

 

 

前田先生から届いたあまぱんの写真を添えて♡

dav

 

 

見苦しい愚痴を含めてしまい、失礼しました。ポジティブな内容を書けなくてごめんなさい。読んでいて不快になる方はどうか無理をせずスルーしてください。

 

 

Smile!

 

 

 

スポンサーリンク





ぎゅーがしたい

※blog連続更新中です。

 

 

ほほ痛が疼いています。

 

 

あんなにそばにいたのに、どこをさがしてもほほがいない。

111 (4)

 

 

 

ほほを深く意識すると息が苦しい。ほほがいないことを受け止められない。

 

 

自責の念に耐えらえない。耐えられる気がしない。

 

 

自分を呪いたくなる。だから正直あまり考えたくない。

 

 

ずるいお母さんの自己防衛本能だと思う。

 

 

写真もできれば見たくない。見るとなにも手につかなくなるから。

 

 

行動、思考が止まるのが怖い。

 

 

しかし一日としてほほを忘れたことがない。忘れられないのに二度と会えないという現実の残酷さから逃げたい気持ちに押しつぶされそうになる。

111 (6)

 

 

 

ほほや、生きていれば7月7日で12歳になったよね。

111 (7)

 

 

 

ぎゅーとしたい。ほほを嗅ぎたい。アンテナを指でなぞりたい。

111 (8)

 

 

 

ほんとうに私はほほを「過去」にしたくないんです!!!!

111 (5)

 

 

まるでほほがいなくて当たり前のように生きていくのは超しんどい。

 

 

うまく言えないけれど、ほほはいたから。

 

 

7か月前まではここにいた。

 

 

自分の腹を痛めたわけじゃないけれどほほは目に入れても痛くない。完全完ぺきに私の子でした。

 

 

一区切りをつけるいい機会かと勇気を振り絞り昔の写真ファイルを開いたのが悪かった。余計にほほへの思いが溢れてきて困っています。

 

 

今、精神的な窮地に陥っています。ほほがクソ愛おしいです。

 

 

近年のほほしか知らなかった方には新鮮かもしれません。遊ぶほほ

111 (2)

 

 

テーブルの上に自分の意思と自分の運動機能でふつうに乗るほほ

111 (9)

 

 

漆のごとくピカピカの毛艶が自慢だったほほ

111 (1)

 

 

べべ、ナナ、リル、ほほ、あまぱんが元気なレギュラーメンバーだった頃

1gonn (4)

 

 

リルとあまぱんは歳を取ってヨボヨボで、べべとナナとほほが消えた。

 

 

あんなにそばにいたべべとナナとほほがいない。

 

 

拷問かと思うほどキツいですよ。

 

 

未練がましいと笑いたい方はどうぞ。正解です。

 

 

ほほへの未練に溺れています。

 

 

いや、溢れているなんて生易しいもんじゃなく、感情が爆発しそうです。

 

 

もう、どうしようもないほどめちゃくちゃにかわいくてぜんぜんコントロールできない。

 

 

ほほの仕業かと疑うほどほほに占拠されています。

111 (3)

 

 

 

どこ行っちゃったんだろうね。

 

 

 

スポンサーリンク





ゆちゃんが預かってきたうちの子たちの手紙(もいを添えて)

※blogを連続更新しています。遡ってお読みくださいね。

 

 

皆さま!

 

 

販売開始からなんと6時間25分で「ノラ猫あがりのスターたち」300冊完売です。

 

 

超絶ありがとうございます。年収45万円を確保しましたよ。感極まって保護猫たちにロイヤルカナン20キロをポチリました。気もそぞろで最安値ショップのチェックが甘くなり、送料が600円もかかる店から買ったのが唯一の後悔です。

 

 

やった! にゃん太通販で買えなかった方はAmazonになりますが、機会があったら喜んでサインいたします。母の店やemi-goの病院にも置いてもらおうかな?

 

 

そしてついでにポスカの注文が2セット入ったという(嬉)。早速投函します。

 

 

さて、いいことづくしのわたくし、調子に乗って自慢ネタいきます。

1yutyann (14)

 

 

ゆちゃんとまなちゃんが泊ってくれた翌朝……

1yutyann (13)

 

 

保護猫もいはまなちゃんとラブラブだった様子(写真はまなちゃんから拝借)

1yutyann (15)

 

 

もいちゃんお接待がんばってえらいね。お疲れさま♡

 

 

ゆちゃんにお願いしていた壁の絵掛け

1yutyann (2)

 

 

ガテン系(+デザインや芸術系)の仕事をしているゆちゃんが

1yutyann (3)

 

 

壁に掛けたかった絵をササっと飾ってくれました。

1yutyann (4)

 

 

この絵は著名な外国のアーティストの方が描いてくださった在りし日のゴンタと私です。お手洗いに置いていますが、私にとっては大切な一枚です。

1yutyann (6)

 

 

ゆちゃんからのプレゼントこのときゆちゃんが天国のナナを描いてくれたんです。額を新しく買って玄関に配置。ナナがお客さまをニコニコお出迎えします。

1yutyann (5)

 

 

監督のまなちゃん

1yutyann (16)

 

 

もちろんお手伝いもしてくれました。ありがとう。

1yutyann (9)

 

 

じゃそろそろバイバイね、という頃、ゆちゃんが突然手紙を書きはじめました。

1yutyann (7)

 

 

はあ……泣いたっすよ。なんじゃこれ?

1yutyann (8)

 

 

家で絵を描きあげて持ってきたのです。

1yutyann (11)

 

 

マズいな。かなり涙腺が緩んでしまいますね。目のシワが増える。

1yutyann (12)

 

 

★ストーリー★

しらすが大好きなほほに私がたくさんのしらすを持たせて宇宙へと送り出した。ハイエナの食いしん坊べべ公がよだれを流してほほのしらすを狙っている。ナナはそばで私みたいにいびきをかいてマイペースにグーグー寝ている。

1yutyann (1)

1yutyann (1)

1yutyann (17)

1yutyann (18)

 

 

ゆちゃんの一筆一筆に私のお子たちの生の息吹を感じます。べべ、ナナ、ほほが703号室にいたことを、ゆちゃんが一枚の紙に刻み込んでくれました。

 

 

べべとナナとほほがいなくてさびしいです。べべとナナとほほを失った事実にまだ正面から対峙できないままです。まともに考えてしまうとメンタルがやられてしまうので。

 

 

でもこういう向き合い方はきらいじゃない。むしろ好きです。

 

 

ゆちゃんありがとう!

 

 

本の制作の資料集めでもゆちゃんにはお世話になっていたのでなにかいいものをプレゼントしたくなり、箪笥の肥やしにしていたバッグを使ってもらうことに。気に入ってくれたみたいだし、ゆちゃんは私の100倍似合っています。いい!

1yutyann (10)

 

 

べべとナナとほほに会いたい。

 

 

未練タラタラですが、ぜんぜん離れたくなかったんです。

 

 

皆さまも703号室を訪れてくれた際にはたまに思い出してやってくださいね。

 

 

私の無二のお子たちです。

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





みーんなすばらしい子

大きめのパジャマを着てお腹にさぶやえい吉を入れるのが好きです。

aroeiufa (3)

 

 

臨月

aroeiufa (2)

 

 

頭が出てきました。

aroeiufa (5)

 

 

おお。なかなかの美男子!!

aroeiufa (4)

 

 

ふふ。一生愛しぬくことを激しく誓います♡

 

 

さて先日大荷物のさかえ先生が深夜にやってきました。プレゼントやご支援ありがとうございます。潜れるベッドいいですね。うちは赤をもらいました。茶色のはえい吉のお婿入り道具に、もうひとつはまなちゃんちに渡します。

aroeiufa (17)

 

 

さかえ先生の庭先に現れるようになった茶トラもさかえ先生の車に同乗しています。

aroeiufa (16)

 

 

まだ怖いよね。きみは室内で「孫の手コース」を受けるのですよ。

aroeiufa (15)

 

 

翌日emi-goの病院にて医療ケア。明日茶トラくんはまなちゃんちに移動します。個人は保護費用の自己負担が大きいのでさかえ先生からお預かりしたご支援の約半分をまなちゃんに渡します。まなちゃんは早速「孫の手」をポチったらしい(笑)。茶トラは「かぼちゃ」という萌える仮名をつけてもらいました。emi-goいわく、院内ではかなり怒りんぼうだそうです^^;

aroeiufa (6)

 

 

そして私がスピードスカウトした「白まんじゅう」も間もなく703号室にきます。

aroeiufa (18)

 

 

グレーに見えるそうですが、白猫です。 ※医療ケアは終了しています。

aroeiufa (21)

 

 

次に家族募集のステージに上がるのは茶白の「えみ」。その後ろをリタが控えています。ちょっぴりシャイのリタは食いしん坊の女の子。ほかの猫が苦手なので単体または部屋をわけるなどの工夫のできるお宅、あるいは多頭であっても長い目で見てくださるご家族を希望しています。

aroeiufa (13)

 

 

大勢でリタ部屋に押しかけたので引き気味の表情ですね。

aroeiufa (14)

 

 

人間に対する攻撃性は0%。甘えん坊です。どんなことをしても怒りません。

aroeiufa (10)

 

 

ゆちゃんなでなでしてくれてありがとう。

aroeiufa (12)

 

 

ふだんあまり構ってあげる時間がなくてふびんです。

aroeiufa (11)

 

 

もっとだいじだいじしないとね。

aroeiufa (8)

 

 

お姫さま、大好きだよ。

aroeiufa (7)

 

 

リタは現在5畳半の保護部屋と4畳半のホールをほぼひとり占めしているので、住環境はそこそこ恵まれていると思います。あとはいい家族に出会うだけ!

aroeiufa (9)

 

 

天国のべべ

IMG_3564

 

 

ナナ

IMG_3571

 

 

ほほのいた703号室から輩出するスターたちに丹念に向き合っていきたいです。

IMG_3488

 

 

 

みーんなあったかい身体を持ったすばらしい子

aroeiufa (1)

 

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





べべ公とお母さんの誕生祝い

※blogを連続更新中。よかったらスクロールしてお読みくださいね。

 

 

1月29日、MIHOさんがべべ公と私の誕生日を祝ってくれました。

00e (12)

 

 

べべは毎年誕生日会をしてもらっていた私の宝です。

00e (7)

 

 

16歳のお誕生日会が生きているときの最後の会になりましたが、私の中では永遠であり、格別です。

 

 

家族という言葉をとうに超越した存在なのです。

 

 

まずは回転ずしで腹ごしらえ

00e (14)

 

 

いっぱい食べました♡ マンゴーは皮までいっちゃいそうな勢いです。

00e (13)

 

 

帰宅後、いよいよケーキタイム。MIHOさんキュートなケーキをありがとう!

00e (11)

 

 

まなちゃんに誕生日プレゼントでいただいたマリアージュの紅茶を淹れて……

00e (2)

 

 

家の中でMIHOさんとダラダラ過ごす至福のひととき

00e (15)

 

 

保護猫えい吉もこねてもらいました。

00e (3)

 

 

えい吉はだれにでもさわらせてくれるおりこうです。

00e (4)

 

 

えらいね。まんまるで愛らしいこと♪

00e (5)

 

 

「てへ」

00e (6)

 

 

会う人会う人を悶絶させまくっています。ふふ。

 

 

MIHOさん、プレゼントとバースディカードもありがとう。こんなにたくさん!

00e (8)

 

 

キャー! ジュリークだ。大好きです。ジュリークのボディローションと

00e (9)

 

 

私がほしかった地球の形をしたまるい毛布。裏面がモコモコで気持ちがいいの。

00e (10)

 

 

誕生日カードについていたハート型の眼鏡をかけてパシャ

00e (1)

 

 

ケーキのネームプレートにべべとお母さんの名前が並んで書いてある。それだけで本当に心に沁みます。味も最高でした。

00e (17)

 

 

リル嬢の散歩を兼ねてMIHOさんを駅まで送っていきました。

 

 

とはいっても3分の1は抱っこでございます。重いよ。リルの下僕としてすごす日々は体力を消耗します。でもお母さん幸せ^^

Inked00e (16) - コピー_LI

 

 

Smile!

 

 

スポンサーリンク