出口を探して

昨日は、ほほを連れて病院へ行ってきました。耳ダニが完治しているか調べるためと、あと色々先生に今後の事を聞きたかったので。耳ダニは完治♪頑張って掃除した甲斐がありました!

でも、実は本当の主役はほほではなく、通院の本当の主役は「コロ」でした。

コロ?と思った方・・・。

過去の記事で実は2度ほど登場しているんですよ。
文章だけならもっと登場しているかも?!
左側に過去の記事のキーワードを入れると検索できるシステムがありますが、簡単に紹介しますね。

コロは、この前紹介したPeace(何者かにハンマーで歯を折られ、おじが飼っている猫)を保護した地区で暮らしています。飼い主は、その地域で私とKさ んが手術して築いた地域猫の餌やりを唯一してくれている老夫婦。元々、この老夫婦が、やってくる猫たちを不憫に思って餌をやり続けたら、猫の数が増えてし まって、それに住民が怒って、猫を餓死させる作戦に出たといういきさつがあります。老夫婦は自宅でも3頭の猫を飼い(不妊手術済み)犬も飼っています。そ の犬が「コロ」。猫たちがコロを怖がるので、コロは自宅ではなく、屋上に繋がれっぱなしで6年間過ごしました。良く分かりませんが推定8歳。屋上と言って も、1畳半位の簡単な物干しがあるだけの場所。そこに小さな壊れかけの犬小屋を置き、ストレスで屋上から飛び降りてしまったことがあるため、短い鎖で繋が れていました。

虐待というのとはちょっと違うけど、お散歩はなし。老夫婦は、お散歩出来ない体だからです。奥さんは過度の痴呆症。今話したことを又繰り返し話しても、1 分以内に忘れてしまう。主人はそんな奥さんを介護して、地域猫に餌をやり、3頭の飼い猫の世話を続け、年金で暮らしていますが、体が糸のように細く、腰が 90度に曲がってしまっている為、引っ張るコロをお散歩できず、繋ぎっぱなしの状況でした。Kさんと私がコロを見つけるまで、コロはどんなに孤独だった か。元々は嫁いだ老夫婦の娘が、独身の頃、子犬のコロを拾って両親と一緒に飼っていたそうですが、何回行っても娘の姿は見当たらず、きっとこの年老いた両 親とコロを本当に捨ててしまったんだと思いました。

コロを見つけてからもうすぐ2年経ちます。
飼い主が虐待している訳でもないし、痴呆症の奥さんがコロの事を手放したくない様子でしたので、保護せずそのまま週に1度のお散歩を続けることに。その 間、Kさんは私に代わって、コロの環境を良くしようと、屋上に上がって日よけや雨除けなどを精力的に造り、余る時間を過ごすコロが、少しでも快適に感じる ことが出来るよう手を尽くしました。

今年に入って、咳がひどくなったコロをKさんと病院へ連れて行きました。


心臓病を疑っていましたが、精密検査の結果、気管支に問題があることが分かり、それからは老夫婦のご主人に薬を渡し、毎日飲ませています。そして外耳炎がひどく、その為方耳が折れてしまっている事も分かりました。

かつの事があって、しばらく通院やお散歩はKさんが一人で引き受けてくださり、フィラリアの予防薬を手に、たまにコロに会いに行くと、Kさんが手をかけている様子が手に取るように分かって感謝の気持ちでいっぱいでした。

かつがこの世を去り、いつまでも止まっていられないと、再びKさんとコロの事で話し合い、これからはもっと環境を良くしようと、週1のお散歩を週に3~4 度に増やす事にしました。Kさん1度。私2度。チチ1度。これで前よりだいぶストレスを軽くすることが出来ます。すぐ近所ならもっと行けるのですが、徒歩 だと疲れるくらい遠い距離のため、私たちにはこれが精一杯。コロに対して本当にすまない気持ちでいっぱいですが、出口のない場所へ入り込んでしまっている ので、今出来る事をやることしか出来ません。

そのコロが、昨日実は手術でした。
先週の通院で、乳腺腫瘍が見つかり、それが体の広範囲にわたっていること、子宮内膜症の気配があること。それらの理由で、大手術を受けることになりました。

毎週のように通院しているのに、今までなかなか見つからず、今回ようやく見つけることが出来ました。コロは、不妊手術していません。出会った頃から咳が出 るので、心臓病と思っていたから麻酔が危険と判断していました。心臓病ではないと分かりましたが、気管支に問題があるため、病院も麻酔を勧められないと 言っていました。でも、今回は事情が違いますから、選択肢はないのですが、麻酔から覚めるかどうか、心配でたまりません。不妊手術も一緒にやるそうで、メ スを入れる場所がとても多く、決断してもスッキリした感じがしなくて、ただただ祈るばかりです。

旅行以降、かつの通院や闘病に、それから部屋の模様替えや他の保護活動で、預金通帳1冊を空にして(笑)葬り去ったので、経済的な問題は若干感じました が、それでも、抜糸が終わり、完全に回復するまで病院に入院させる手段を取りました。今回も、Kさんと折半。でも老夫婦が、どうしても少し出したいと年金 の中からやりくりして5000円出してきました。本当にいいの?と何回もKさんが確認しましたが、コロの為に遣って欲しいとの事。勿論、いくら事情がある 犬だから病院が少し考慮してくれるとしても、10日以上の入院と大手術は5000円では賄えない。それでも、私はほんのり、老夫婦の気持ちが嬉しかったで す。

昨夜、病院より連絡を受けたKさんから電話が鳴り、手術が無事に終わったことを知りました。けれど、卵巣におかしい点があって、血もなかなか止まらず、思ったより中の状態が悪いので、病理検査に出すとの事。コロは麻酔から見事に覚め、ウトウトしていたそうです。

頑張ったね!(写真は全て数ヶ月前のものです)


本当にお疲れ様。


もっともっとコロにとって、良い環境を作る様に頑張るから、早く元気になってね!!


全ての子を保護して、さっぱりと里子に出せるなら、きっと苦労ももう少し少ないと思いますが、私がやっている活動は、こういうケースや、土手の犬、2つの 地域の猫等、出口になかなか辿り着けない場合もあります。その子の環境を改善し続けて、見守り続けて、息絶えるまで続けていかなければならないこともあり ます。

老夫婦から取り上げることも考えています。
けれど、問題はシンプルなものではなく、いつも複雑で、人間が色んな形で関わっていて、なかなか前に進めない時もあります。それでも、私に出来る事はしていきたいし、それは私がコロのことがとても好きだからという気持ちだけが支えてくれている気がします。

コロが無事に退院できる日を願いつつ、書いてみました。
又一緒に長いお散歩へ出かけたいです。

☆☆☆お知らせ☆☆☆

いつも私を励ましてくれて、かつの絵を描いて送ってくださる、ねこママさんの美しい絵が、東京銀座で展覧されます。

CATS CATS展

2007.10.10~15 11:00~19:00

東京都中央区銀座2-10-5 オオイビル4F 03-6303-8844 ミレージャギャラリー

かつの絵も出展してくださるそうで、どんなかつに会えるのか、今からワクワク楽しみにしています。勿論、私も行きますよ!!

猫好きの方、かつのことが好きといって下さった方で、お時間があれば是非!!
会場でお会いすることがあるかもしれませんが、その時はよろしくお願いしますね!

「皆さま、待ってます。ぼくの魂がこもった素敵な絵を見に来てね。それから他の猫ちゃん達の絵もとっても素敵だと思うから是非来てね。」

「コロちゃん手術頑張ったって。ぼく、とっても偉いと思う。まるでぼくみたいだね。エヘヘ。ぼくもコロちゃんの無事をまんまる星より祈っています。」

スポンサーリンク





ほほ、いくぞ~!

ほほ「きょうもげんきにおはようございますこんにちはこんばんは~!」
「こんかいは、ぼくのかっこいいところをみてもらいたいな~っておもってます!」

チチ「ほほ、今までの動画は動きが足りなかったもんね?」

ほほ「うん、でもこんかいはちゃんととってくれたんでしょ?」

チチ「・・・。とにかく皆さんに見てもらおうね。ほほは703のみんな好きかい?」

ほほ「ははも、べべおねえちゃんも、ななおねえちゃんも、りるおねえちゃんもみんなみんな大好き!」

チチ「あの~チチは?」

ほほ「もちろん好き!」

チチ「・・・。ありがとう。・・・大はないの?」

ほほ「えっ?だいってなに?」

チチ「なんでもないよ、下らないこと言っちゃったね。それでは皆様、最近のほほをご覧下さい!」

ほほ「いつもしつこい、りるおねえちゃんに、ぼくからちょっかいしました」

スポンサーリンク





生きた証があるとすれば

かつが亡くなって、今日でちょうど3週間。死の前後の事は、何だかまだ書けない状況ですが、かつを思わない日は1日もありません。愛しくて半狂乱になりそう。

薬の影響で、車の運転が危ない私ですが、色々家の用事もあるので乗らない訳には行かず、今日、信号待ちで危ない目に遭いました(笑)。ボーとしすぎていた ためです。とても反省しているし、これからは気を付けて運転しないと・・・。明日は池袋まで友人を迎えに行く予定ですが、電車にします(笑)。

夜は、ババ(母親)と叔父にレストランでご馳走しました。
チチの提案です。二人ともとても喜んでくれたので、ちょっと孝行が出来て良かったです。そして、帰り道、泥酔したチチを乗せて動物病院へ行って、フィラリアのお薬をまとめ買いしました。40錠。もうちょっとで破産しちゃいそうです(笑)。

かつが生きている時から、かつくんが大好き!と言って毎日のように訪れてくれた方々に感謝しています。かつは人見知りの猫でしたが、オヤバカの私はかつ くんが大好き!と言ってもらえることが嬉しかったです。ナナちゃん可愛い!とか、ベベちゃん可愛いとか、リルちゃん美人とか、卒業生の子が可愛いと か・・・。凄く嬉しかったです。

自分の愛する子を可愛いと言ってもらえるのは幸せなことですね。

ありがとうございます。

そして、もう一つ、私が無二の幸せを感じるのは、このブログを見て、かつを見て、苦手だった猫が好きになった方が居るということ。かつに伝える手段が あったら、きっと満面の笑みで「ぼく、ぼくを見て、猫さんを好きになってくれたのがとてもうれしい。」と言ったでしょう。猫は本当に可愛い生き物で、好き 嫌いがあってもそれは悪いことではないと思いますが、かつを見て、一人でも多くの方が、猫もいいな、と思ってくれることが何よりでした。

それから、かつの頑張りをきっかけに、ご自身で保護活動を開始した方が何名かいらっしゃることをとても誇りに思います。これこそが、かつが生きた証だし、短いいのちを燃やして全うした、かつへの何よりのプレゼントだと思います。

中には、かつを見て、大好きになってくれて、ご主人を説得して、妊娠した猫ちゃんを保護して、ご自宅で産ませ、母猫を引き取り、子猫たちの里親さんを募集 している方も居るし、野良猫の不妊手術に着手した方もいらっしゃる。かつが居るから、頑張る決意がついたとコメントやメールを読みながら、私はこれ以上な い喜びを噛み締めました。

私は個人で細々と保護活動を続けています。

でも、限界だらけです。

例えば、私は都民ですが、四国の猫を救うことは出来ません。
北海道の犬に出会い、里親さんを探すことも難しいでしょう。
私は私の狭い行動範囲の中でしか、不遇な犬猫と遭遇しづらいし、仮に遭遇したとしても、703号室はただの分譲マンションです。数十の子をいっぺんに引き取ることも出来ないし、ご存知の通り、大金持ちの令嬢でもない(笑)。

私の力は有限で、微力で、いつも限界を知りながら少しずつやっているだけです。

だから、703号室を読んでくれた方が、それぞれの地域で、色々な活動を始められるという事は、私にとってとても幸せなことです。

かつのことを知って、あるいは703号室や他の方のブログを読んで、現状を知って、何が出来るか考えて行動することは、それだけで私の「更新する力」になります。活動する力、生きる力になります。

又、実際の活動は難しいけれど、もう1頭恵まれない子を引き取り、その子を生涯家族として一緒に生きて行こうとご決断された方々も同じ。恵まれない子の里 親さんになることも大切な大切な力だし、どうしても飼えない状況だから、少し位のお金なら、愛護団体に寄付しよう、そしてブログなどを使って、啓蒙活 動しよう、あるいは署名活動に力を入れてみよう、それだって「無」ではありません。それらが集まれば、日本を動かす大きな力になり得ること。

まずは知ること。

でも、知って一時の感情で悲しんで心を痛めるのは、誰だって出来る事だから、出来る事でしたらもう一歩、もう一歩先に踏み込んでみようと考えてくださる方がお一人でも多く現れることを心より望みます。

よく、「ハハさんは偉い。私には出来ない。もっともっと頑張ってください。」とお褒め頂くことがあります。実際は偉くもないので(笑)恐縮してしまいますが、私の真意はお褒め頂くことではありません。

私は普通の主婦です。主婦になる前は、普通に働き、その前は普通の学生でした。

特別な財産もなければ才能もない、20代の前半までは、ファッションと異性と、美味しいレストランの話を、一晩中友人と長電話していた女です(笑)。

普通の主婦に出来る事は、誰にだって出来る事。
ちょっとした根気が必要で、作戦も色々ありますが(笑)、これは誰にでも出来る事だと私は考えています。私が特別だからできるわけではない。本当の事です。

だから「私には真似できない。頑張ってください。」とお褒め頂くより、
正直言いますが「普通の主婦のあんたに出来る事は、私にも出来る。お互い頑張ろう。」と言われることを望んでいたりします(笑)。

勿論、いのちと向かい合い、扱うことだから、途中で投げ出したり、適当に済ませたりすることは許されないけれど、深い愛と、少しの時間があれば、色々な事が出来る。

良く話に出て来るKさんは、私と同じ主婦ですが、ご主人は保護活動に大反対し、犬猫を一歩も敷地内に入れることを許されていません。でも、Kさんはご主人の目を何とかごまかし(笑)、年間、私とは別口で、数十、数百のいのちを救っています。

家族の反対・仕事の忙しさ、それぞれの生活環境はあるでしょう。
でも、どんな生活環境の方でも、必ず出来る事があります。
そして、ご自身がしているご活動や、これから考えていることを、コメント欄に書いて下されば、私はお褒め頂くよりももっともっと幸せです。

かつもきっと幸せです。

今日も、又長くなってしまいましたが、皆さま良い週末を~♪

「ぼくは知ってるよ。」(6月25日撮影・既にFIP濃厚とされていた頃です)


「人はなんだって出来る大きな力を持つ生き物だよね。」


「ちゃんと分かっていますよ。」(でもこの頃は、まだまだ元気そうですよね。)

「ぼくもちってるよ。ぼくにもちゃんとあたらしいかぞくができる日が、かならず来ることを。」


走り回って元気に遊び、普通の猫と殆ど変わらない、良い子のほほくん、優しいご家族、大募集しています。

「かつくんが好きだから何かを始めたと言ってくれた皆さま、かつくんを忘れないと言ってくれた皆さま、かつくんが大好きと言ってくれた皆さま、ぼくも皆さまが大好きです。皆さまの未来が、明るく輝きますように。まんまる星より祈っています。あ、ほほもよろしくね。」

rp_middle_1183825675.jpg

スポンサーリンク





愛する者たちへ

最近は、部屋の模様替えをしようと、業者と打ち合わせをしたり、今までにない勢いで部屋の掃除をしたり、何処に何を置こうか考えたりしながら過ごしてきました。

お陰さまで、ダイナミックな変化はありませんが、少しお部屋の様子が変わりました。写真はまだ撮っていませんが、そのうち、変化に気づいてもらえると思います。

かつが亡くなってから、明日でちょうど3週間。

時間が解決してくれるとすれば、早く時間が経ってほしいけれど、私の場合、「ペット」ロスではなく、長男であって、末っ子のかつを失ってしまったので、そ う簡単にはいかないようです。薬の力を借りても、尚、地獄のような時間が流れる事が多く、副作用ばかり強いのに、肝心の効き目はあるのか?と思ってしまう ほど、悲しみと向かい合わなければなりません。でも今、薬をやめてしまうと、病的にお酒に手が伸びてしまうので、それならば、精神安定剤や抗うつ剤の方が マシ。という毎日を送っています。

かつに会いたい。
もう一度、「偉かったね。」と抱きしめたい。どうしても叶わないけれど、どうしても叶えたい。
会いたいです。

でも、私を廃人にしてくれない方々が居ます(笑)。


かつを愛する気持ちと同様、ベベナナリルを愛しています。100%の愛情を4で割って、1頭25%ずつではなく、多頭飼いであっても、私は400%の愛情で、それぞれに接してきたつもりでした。保護している子を入れると、500%600%ともう、凄い量の愛になる。

なのに、かつが永くないと知ってからの約1~2ヶ月は、果たしてそのバランスを保てていたかというと、そうではないと自分が一番良く知っています。

かつ中心の生活に、犬達は一言も文句を言いませんでした。
それは彼ら犬が口を利けない、人間にとって都合の良い生き物だからではなく、今は我慢すべきだと知っている、優しい生き物だからです。

ベベは、わがままな振る舞いをしませんでした。一切。
かつに話しかける横でちょこんとお座りして、一緒に話を聞いているようでした。そしてふと目が合うと、遠慮がちにボールを持ってきて、遊んでもらえないと、端の方へ消えていきます。6歳なのに、何度も何度もそれ以上に老けて見えた瞬間を、私は頭で消して無視しました。

ナナは元々、家族には凄く優しくて手のかからない子ですが、伸びきった爪が、手入れされていない犬の証拠みたいで、それに気がつきながらも、私はかつかつと、かつを呼び続け、抱きしめ続けました。ナナの爪を切るのに要する時間は5分。
その5分の余裕でさえ、私にはどうしても持てませんでした。

リルは、お散歩から連れて帰ると、玄関で足を拭く私に何度もチューして甘えてきますが、シャンプーをまめにしなくなってから、毛が匂い、所々小さな毛玉が出来ていました。

甘えたいのは、病気のかつだって、健康なベベナナリルだって同じ。
でも、私が甘やかせていたのは、もう助からない、未来のない最年少のかつだけでした。

何やっているんだろう私。
こんなにも、こんなにも大切な存在の子達なのに・・・。

それに気づいてからは、精神的に余裕がある時には、ベベとボールで遊んで、ナナの爪を切ってブラッシングして、リルをお風呂に入れました。

そしてかつが亡くなってから15日後、ベベナナリルと保護子猫のほほを連れて、病院であらゆる検査を受けさせました。もう1頭も失いたくない。

失いたくありません。

検便用に用意した袋。頭数が多いので整理して持って行きました。


病院には、私が数年前に保護したハハ妹の飼い犬「まめ」も連れて行きました。


病院に来ただけなのに、皆嬉しそう。(キャリーバックの中にはほほが居ます)


ほほ、べべ、ナナ、リル、まめの順に診察。


ほほは、先生が驚くほど状態が良く、ワクチンを打って、次回血液検査の予約を入れました。

ベベナナリルは、血液検査であらゆる臓器を調べ、それにクリアしたので、それ以上の検査はしていませんが、隅々まで調べたので、何時間もかかってしまいました。


まめは歯石取りの予約を入れ、軽く検査してもらいました。


終わったのは、病院へ入ってから3時間半後。帰るときは皆ヘトヘトでした。

次の日の日曜、写真は撮っていませんが、チチと二人で、ベベナナリルを連れて、夕方少しお台場へ行ってきました。沢山歩かせて、色んな方に可愛いと誉めて もらえて、嬉しそうにはしゃぐ姿を見ながら、まるで3頭に対する罪滅ぼしのような時間を過ごしましたが、それはそれなりに楽しかったです。

今私は、2歩下がって、1歩歩いているような状態です。

でも下がり続けず、1歩でも前に進めるのは、間違いなく、ベベナナリルのお陰。

そして、かつが私に残した保護子猫、ほほのお陰。

トイレも出来て、手もかからず、未知の可能性を秘めた子猫のほほ。人間大好きで、走り回るし、スクスクと育っています。

ほほくん、里親さん大募集中です。

「ぼく、ちゃんと何でもできるいい子。誰かさん、ぼくをちゃんとみて。会いに来たらお膝でゴロゴロしてあげる。ぼくは、ゴロゴロ星からやってきた宇宙猫さんだから。」

「ほほはぼくの最後の弟です。ほほを自慢したいので、今日も愛のポチをお願いします。ほほの可愛さは実際見てもらえれば絶対に分かります。ぼくもとっても可愛い子猫だと思ったよ。皆さま、どうか応援してね。ほほにも優しい家族が必要だから。」

rp_middle_1183825675.jpg

スポンサーリンク





ホホの紹介

こんにちは、チチです。
今日はホホから自己紹介を兼ねて言いたい事があるとのことで、インタビューしたいと思います。

ホホ
「おはようございますこんにちはこんばんは、ぼく、ホホ。」

「かつおにいちゃんがてんし様になる3日前に703号室にきました。」

「ぼくがからすさんにつつかれている時に703号室の近所のかわいいお姉さんが助けてくれました。」
チチ
「そのお姉さんは、以前ハハから「くーちゃん、らむちゃん」と言う猫の里親様になって頂いた方です。」

ホホ
「おねえさんは色々な事情があって、ぼくを家族にできませんでした。だから思い悩んだあげく、ハハに相談したそうです。」

「それで、ぼくがここに来ることがきまったとき、チチは”駆け込み寺じゃねぇんだよ”とぼやいてたみたいです。」

チチ
「とても反省しています。チチは本当に心が狭いチンケな男だね。」

ホホ
「ぼくは”すいとうしょう”っていう病気だそうです。」
「頭がおおきくて、目がちょっとでてるでしょ?」
「でも、でも、一生懸命生きています。ふつうのねこさんのように飛び跳ねたりは苦手ですが一生懸命走ります。走っていると、ときどき頭をコチンしちゃいますけど。」
「あと、お薬もがんばってのんでます。いい子にのみます。おひるねは大好きです。おわりです。」

チチ
「もうそれで終わり?おトイレは出来るの?」

ホホ
「おトイレはできます。毎日おしっこと、ちいさなうんちをおトイレでしてます。
あと、大きな声でなきません。
ハハは最近ぼくのことをゴロゴロ星人といいます。人が大好きだからさわられるとゴロゴロいっちゃうんです。」

チチ
「そうか、それではホホの動画を皆さんに見てもらおうか?あとお前の絵を描いてくれた人がいるからそれも見てもらおう。」

ホホ
「え?いいの?うれしいなぁ。」

チチ
「ホホは普通の猫のような機敏性はない水頭症の子猫です。でも、可愛さは1000%。この子の可愛さを理解してくださる方を里親様として募集いたします。ホホ、頑張ろうな!」

ホホ
「うん!」

ねこママさんが描いてくださったホホの似顔絵。」
クリックすると元のサイズで表示します

ホホ
「すごくにてるとおもいます。」

チチ
「あたたかいね。本当あたたかい。それにそっくり!よく似てるよ!」
「次は、ナナとリルに囲まれたホホ(画像があまりよくありません。。。)」

「そして、ホホのお薬シーン」

「最後にホホがゴロゴロしてるシーン(雑音にも聞こえますが、”ブーーーン”と言っているのがゴロゴロ音です)

「ちょっと頼りない弟だけど、どうぞ宜しくお願いいたします。今日も愛のポチをお願いします。」
703号室かつくん

スポンサーリンク