長い昼寝とほほとの約束


今日は早起きして、車内を大掃除しました。

大切な人を乗せるのに、ベベナナリルの抜け毛だらけでは、ねえ。

次会えるのは7月か8月頃。それまでにはもう少しだけ精神的な余裕を持てるようになりたい。不孝行な孫娘だけど、アマーのこと、いつも思っています。

里帰りをするババ(母)&アマーを空港まで送りました。
クリックすると元のサイズで表示します

アマーの背中を追っていたら、私も一緒に飛行機に乗って、台湾へ帰りたくなりました。その小さな手にしがみついて、待って! って言いそうになりましたよ。大のオトナが、気持ちわるいですね。

ババにランチをごちそうになって、ババとアマーを見送った後、ハハ妹と地元に帰ってきました。

運転手をつとめた後ですが、家に帰ってからもやることがいっぱーーーい。

ブログも更新するはずだったのですが、気づいたら布団の上に倒れこんで、お子たちとお昼寝をしていました。ここ最近寝不足だったので、本当、ぐっすり。起きたのは、夜の8時。あああ! 気分爽快!

今日予定していた保護猫きのこの記事は、長くなりそうなので、また今度にさせていただきます。

かわりに、うちのかわいい猫さんたちでもご覧ください♪
クリックすると元のサイズで表示します

ほほがあまぱん太郎に尽くしている珍しい写真です。
クリックすると元のサイズで表示します

通常は、あまぱん太郎がほほに気づかう関係性なゆえ、こういった記録は、貴重なんですよ。
クリックすると元のサイズで表示します

え? どーでもいい?

まあまあ。そう言わずに!

そんなおりこうなほほは、先日、MOMOペットクリニックへの通院もがんばりました。
クリックすると元のサイズで表示します

ほほは長い時間車に乗ることができません。乗りつづけていると、チアノーゼ状態になり、脳の発作の引き金にもなりかねないのです。ほほを通院させるのは、 大変なので、大巻先生に往診に来てもらうはずでした。だけど、先生と私の都合が合わず、なかなか叶わなかったため、先生と相談した結果、道路が一番すいて いる時間に診てもらうことに。

検査当日は、ハハ妹とふたりがかりで一分一秒を争いながら、病院へ連れて行ったのです。

病院側も、ほほが待たずに済むよう、スムーズに帰れるよう、前後の予約枠を一時間まるまるあけてくれました。超助かりました。先生、ありがとうございました。

ほほはワクチンと血液検査をしたのですが、内臓の値が、なんとすべて正常範囲内!

「他の子のように、ほほが長生きできる可能性も、ありますよね? 先生」

今まで怖くて聞けなかったことを、思わず口にしてみた私。

大巻先生が笑顔で、こう答えてくれました。

「最初に診た時、ここまで大きく育つなんて思いませんでした。体重、5.3キロありますからね。よくここまで育てましたね。血液検査の結果、肝臓も腎臓も……どこも悪くありません! いけるんじゃないですか?」

感動のあまり、私が小躍りしたのは言うまでもないですね。

ほほ、通院お疲れさま。そして、ありがとう。

ほほはお母さんの希望です。

これからも、大切にします。

約束っ!

スポンサーリンク





コメントを残す




*