虎鉄2

今日は、かねてより楽しみにしていためぐろのいぬやしきさんとのランチや、emi-goの 病院へ遊びに行く予定が入っていたのですが、天気が不安定で、お子たちが怖がるため(私も怖い)、延期となりました。残念です。めぐろのいぬやしきさん と、先日座談会でご一緒した際に、お互い話し足りなかったので、ランチのお約束をしたのです。何の座談会だったのかはおいおい書きますね。

1日空いてしまったので、ひたすら寝ました。今週は昼のバイトもあったんです。昼のバイトは、朝の6時に起きないと間に合わないため、睡眠不足でした。おかげでスッキリ!

さて、きのこ改め虎鉄(コテツ)の卒業時の様子を! 写真満載でお送りします。

まだ「1」を読んでいない方は、一つ下の記事を先に読んでくださいね。

こちらが里親さんの新しいお家のリビング。
クリックすると元のサイズで表示します

以前お住まいだったマンションもステキだったけど、さらにパワーアップしてますね。
クリックすると元のサイズで表示します

よく見てくださればわかりますが、ドアの内側に階段があります。動物の玄関への飛び出しの危険性を考え、設計したそう。窓は5cm以上開かないよう、あら かじめロックがつけられ(さらに強化する予定)、吹き抜け部分には、近い将来、虎鉄用のキャットウォークが完成するんだとか。この日はまだ仮止めの段階で したが、早速虎鉄用のキャットタワーが用意してありました↓
クリックすると元のサイズで表示します

大型犬が2頭は余裕で入るBIGなケージ。お引っ越しの最中なので、業者さんの出入りが激しい時は、虎鉄の安全を守る意味で、ケージが必要ですよね。
クリックすると元のサイズで表示します

うちの卒業犬らん
クリックすると元のサイズで表示します

703号室の同窓会でも、いつも美犬と言われちゃうのよね♪
クリックすると元のサイズで表示します

性格も花丸。シャイだけど、実はおてんばの一面もあって、優しい女の子。
クリックすると元のサイズで表示します

かわいすぎだろらん……。
クリックすると元のサイズで表示します

その魔性の笑みで、ご家族を悩殺しちゃってるんだね。
クリックすると元のサイズで表示します

らんと虎鉄は性格がちがうので、らんが完全に虎鉄を受け入れるまで、時間がかかるかもしれませんが、ふたりとも、表面上のつきあい? は上手にやっていますからご安心ください。
クリックすると元のサイズで表示します

らんが若干引いてますが、まあまあの距離感でしょ?
クリックすると元のサイズで表示します

私の傑作写真! 自画自賛ですが、見よ! 初日にしてこのシンクロぶりを。
クリックすると元のサイズで表示します

虎鉄、嬉しいねえ^^
クリックすると元のサイズで表示します

関係ない一枚ですが、らんが水を飲んでる姿が萌えたのでパチリ↓
クリックすると元のサイズで表示します

人間の私たちも、コーヒーとケーキをいただきました。ハート型のケーキには、ちっちゃなマカロンがのってるんですよ。おいしかったな。
クリックすると元のサイズで表示します

ペチャクチャ談笑タイム
クリックすると元のサイズで表示します

虎鉄を抱っこしている奥さまの奥で、親バカのご主人がなにをしているかわかりますか?
クリックすると元のサイズで表示します

早速虎鉄に食べさせるごはんを準備しているんです。うふふ。
クリックすると元のサイズで表示します

虎鉄は、虎鉄にとってこの上ないご縁を得ることができました。

皆さまもそう思うでしょ?

以下が昨晩虎鉄ファミリーから送られてきた近況写真↓
クリックすると元のサイズで表示します

いっぱいありすぎて選ぶのが大変でした。
クリックすると元のサイズで表示します

キッチンでおねだり? うちでもよくやってたな。
クリックすると元のサイズで表示します

らんとはこんな感じ↓
クリックすると元のサイズで表示します

もっと幸せになるんだよ。遊びに夢中になり、興奮したからって、お母さんのこのきれいな手を、本気でかじってはダメよ。
クリックすると元のサイズで表示します

わかった?

この手が、お前さんを守ってくれる手だからね。

かつくん「Ⅹ182虎鉄、おめでとう。えらく時間がかかったなしかし。でも、まわり道をした分、ゴールした時の喜びはひとしおだよね。

虎鉄へのお祝いコメント、お待ちしてます。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!」

クリックすると元のサイズで表示します

スポンサーリンク





ピストル音

事態が大きく動いたのは、それから数日後のことだった。
その日、シェルターで手伝いをしていた女の友人から女の携帯に電話がかかってきたのだ。諦めきれない女は、定期的にシェルターへ通う友人に、再度ララちゃんの体長を測るよう頼んでいた。電話口に出た女は、弾む友人の声を聞いてその件だと直感した。

「ララちゃんの体長の件だけど、今、もう一度測ってみたの」

「そう! ありがとう。で?」

「ララちゃん、46cm!!」

「えー? マジ? 50cm未満ってこと?!」

「うん。間違いない。ちゃんと測ったから」

「ねえ、今すぐ幸多の里親さんに電話をかけてみるから、ちょっと待っていてくれる? あとで折り返してもいいかな?」

「分かった」

女は電話を切るなり、夫妻の番号を押した。指はブルブルと小刻みに震え、喉はカラカラに渇いていた。

「もしもし、私です。シェルターのララちゃんの件でお電話しました」

「あ……はい」

「ララちゃんですが、今、再度体長を測ったら46cmだったそうです!」

「え」

「ララちゃん、“50cmの壁”をクリアしたのですが……」

「はあ。ララちゃんのことはもう、諦めていました。……でも、ああ! そうですか。ララちゃん、46cmでしたか。……大至急かみさんともう一度家族会議を開きます。少しお時間を頂けませんか?」

「ええ。もちろん。では後ほど」

電話を切った後も尚、女の興奮状態は続いた。ご主人の声の調子からして、もう結果が分かっていたからだ。ララはシェルターを出て夫妻に迎えられる。パートナーとして……。

一時間後、女の携帯電話が歓喜の着信音をあげた。女は冷静を装って電話に出た。

「もしもし、遅くなってすみません。今、家族会議が終わりました」

「お疲れさまでした。で、どういった流れになっちゃってますか?」

「ええ。一度は諦めたので正直とても驚いています。結果から申し上げますと、ララちゃんをぜひ我が家でお迎えしたいのですが、いかがでしょうか?」

「嬉しい!! シェルターのスタッフの方々もきっと喜んでくださると思います」

「ただ、こちらの仕事の都合で申し訳ないのですが、夫婦揃っての休みがなかなか取れません。その為、シェルターへお迎えに行くのが先になりそうですが……」

「保護犬は幸多の時と同じようにこちらからお届けします。シェルターの子たちも皆同じ形を取っていると思います。新しい子を迎え入れる準備も必要でしょ う。よろしければ少しの間、我が家で預かりましょうか? シェルターへは今友人が行っています。その友人の車に乗せて連れて帰ってもらえれば、私が引き 取って預かっておきますが」

「お手数でなければ、助かります」

「ぜひ一度、お仕事帰りにでもララちゃんに会いに我が家へ遊びに来てください」

「ええ。そのつもりです。仕事の合間を縫って、ララちゃんを迎える準備をすすめておきますので、それまでの間、預かってもらえますか?」

「もっちろん!!」

次の夜、女とその夫は友人宅へララを迎えに行った。

数か月前、センターへ送られたララは、運良く殺処分を免れてシェルターに入った。はじめて会う“シェルターのララちゃん”は、幸多より遥かに小さく、シャ イな女の子だった。こちらを見上げる眼差しはどことなく幸多に似ている。しかし、実物のララは幸多とさほどそっくりではない。“酷似”や“瓜二つ”といっ た表現ではないのだ。けれど、そんなことはもうどうでも良かった。確かに夫妻は幸多に似たララの写真に目を留めた。が、それは一つのきっかけにすぎない、 と女は考えた。夫妻は走り出すためのピストル音を求めていただけなのだ。

“位置に着いて! ヨーイ! バーン!”

~~~~~

若く健康的に見えるララには一つだけ問題があった。
血液検査の結果、フィラリア“強陽性”。
女は、ララの姿に目を細める夫妻にその疾患を説明し、横に並んで返答を待った。

「全然。この子が病気なのは不憫ですが、そんなこと、私たちは全く気にしません。フィラリアについて、もっと勉強を重ね、この子に適した治療を受けさせます」

奥さんは毅然とこう述べた後、そんなことよりも、実はララの名づけをめぐって夫妻間に歩み寄りがたい対立感情が芽生えていることを明かした。そして、対立 しているのは名前だけではなく、食事管理の問題(ご主人はおやつアゲアゲ派、奥さんは慎重派)、首輪の種類、迷子札のデザインにまで及んでいることをもら した。

夫妻の主張を交互に聞いたお調子女は、どちらにもひたすらいい顔を繰り返し、両方の味方になってみたりした。それを見抜いた女の夫は、二人が帰った後、強い口調で女に言い放った。

「なにあれ? ってか、お前にはうんざり」

先代幸多
クリックすると元のサイズで表示します

もめにもめた結果、ララちゃんは“らん”に落ち着いた。
クリックすると元のサイズで表示します

天真爛漫に生きて欲しい、そう願ってつけられた名前。
クリックすると元のサイズで表示します

『らんちゃん、良かったね。家族っていいよー♪』

らんに祝福のコメントを送る女の傍らには、三頭の犬と二匹の猫が寄り添っている。

かつくん「らんちゃんの引き渡しはぼくの命日に行われました。幸多のパパさんがぼくのお骨に手を合わせてくれたよ。ぼく、嬉しかったな。ハハもぼく同様、嬉しそうだった。いい一日だった。

Ⅹ133らんちゃん、おめでとう。ご家族から送られて来たらんちゃんのきゃわゆい写真は次回のお楽しみにします。トリミング後のらんちゃんは生きる天使のように可愛いよ。家族写真もあるし! 皆さま楽しみに待っていてね~♪

幸ちゃんが縁でまた素晴らしい出会いを果たすことができました。幸ちゃんやシェルターの皆さまに感謝します。ありがとう!

ハハは今日、泥酔してます。更新するのもやっとだったみたい。衆院選に立候補する友人らと渋谷で飲んだんだって。選挙、頑張れ~♪ そして日本を変えてくれー!

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





幸せになった犬の幸多と里親 

こんばんは、今回はチチからの投稿です。

情けない話、幸多が旅立ってから、ご両親へ電話の一本もかけられず少し現実逃避していましたが、先日の日曜日、幸多くんの家に行って参りました。

そこで、幸ちゃんパパママの口から幸ちゃんからどれだけ幸せを貰ったかを教えて頂きました。そして、約1年の間に撮られた無数の写真から、幸多の名前の通りどれだけ一緒に素晴らしい時間を過ごしたのかを改めて感じました。

パパとのお昼寝。

クリックすると元のサイズで表示します

パパは読書、幸ちゃんは引き続き。。。

クリックすると元のサイズで表示します

「相手にしてよー」
クリックすると元のサイズで表示します

幸ちゃんが旅立ったのは悲しく寂しいことですが、パパママがそれぞれ、その事実を受け入れている様子をお聞きし、何故か幸せな気分になりました。
過去に感謝し、辛いことを消化し、これからを生きる。私もこのようにありたいものです。

幸ちゃんは可愛い子でしたが、パパママも素晴らしい方です。

ママは北欧のお伽の国から出て来たような、透き通るような綺麗な肌をもつ品のある美しい方。見た目だけでなく、心はとても優しく、幸ちゃんに問い合わせを くれた時は、メールのやり取りでしたがあまりにも完璧だったので、「里親詐欺?」と思ってしまったほどでした。ということを、昨日ハハが本人にそのままば らしてました。
ハハも少しは品格をおすそ分けしてもらいたいものです!

パパは、犬に対する教育方針は基本概念から細かい所まで私と少し似ていて、私よりも筋が通り、細かいことを気にせず、話が面白い方でパパの話に皆聞き入り ました。昔はヤンチャだったパパ、もし学生時代街でお会いしていたら、僕は所持金を靴下の中に隠し、目をそらしたことでしょう。そして本当に心優しい方 で、幸ちゃんへの感謝の言葉には感動しました。幸ちゃんのお届けした日は、ジャーキーをスタンバイしていました。

幸多は厳しい道のりを歩いてきたと思いますが、終盤はこんな素敵なファミリーと一緒だったのです!

人生は厳しいことの方が圧倒的に多いですが、幸せを感じる瞬間があるから捨てたものじゃないですね!

幸ちゃんありがとう!
幸多パパママありがとうございます!

おいおい、まだ寝たり無いのかい?

「まだちょっと眠いな~」

クリックすると元のサイズで表示します

「な~んてね! 僕パパママ大好き!」
クリックすると元のサイズで表示します

「ぼくの定位置」

クリックすると元のサイズで表示します

「トリミングにも挑戦! 王子みたいでしょ?」

クリックすると元のサイズで表示します

「ぼく、パパが大好き。どこへだってついていくよ」

クリックすると元のサイズで表示します

幸多パパママや他の方々から沢山の物資を頂いてしまいました。
後日ハハからアップさせて頂きます。

ハハの本、私は読み終わりましたが、ハハからの購買命令が出たため、お小遣いでアマゾンから購入いたします。(怒りの☆2つのレビュー予定・笑)

「ハハはこの前酔っ払って帰ってきて、何もしてないチチの腕に噛み付いたりして大暴れしたんだって。だから今回は、ポチッとしないでね」

かつくん なな

スポンサーリンク





多謝

皆さま、ご心配をおかけしました。幸多の父母様とは毎日のようにお話ししています。近々幸多に会いに行く約束を交わしました。沢山のメッセージ、幸多にきっと届いていると思います。ありがとうございました。

ここ数日間、更新はサボっていましたが、毎日忙しく、そして元気に過ごしていました。幸多と幸多の家族のような素晴らしい“ご縁探し”に力を入れること で、より快適な暮らしを得ることができるんです、私。そもそも、吐きそうに辛い現実と戦うには、“幸福のたて”を使うしかありませんからね。素晴らしい 方々との出会いで心身を癒し、清めるしか立ち向かう術はないのです(笑)。なんてね。

このお嬢様の暮らしがリニューアルしました。


今日お世話になったみいさんと共に送り届けました。千広はお名前が変わります。色々な問題があったので、ご家族が決まってもすぐにご報告ができなかったことをお許しください! そして、近日中に姫の暮らしぶりをお伝えしますね~♪ お楽しみに☆

本日は違う子の卒業記事を!

でもその前に、いろいろなありがとうを!

私の「それでも人を愛する犬」を買ってくださった皆さま、本当にありがとうございました。もう皆さまご存知だと思いますが、表紙はこの卒業生です。まゆさんが宣伝してくれています。まゆさんの他にも卒業生ゆず(1号)のブログでも紹介されていました。感涙です。シクシク……。みんなありがとう!

(身内に?)絶賛発売中です!

ぜひぜひ^^

うちのババ(母)なんて、地味な作戦を考えて、本屋まわりをしています。1つの本屋で1冊。何箇所かで買ってくれたそうです(笑)。出版業界が冷え込んでいるとの噂を聞きつけ、やっきになっています。そこまでしてくれてありがとう♪

ブログをはじめて3年以上が経ちました。
オンライン化してからの生活&活動はそれまでとは比べ物にならないほど潤っています。前は誰に悩みを打ち明けたらよいのか、どこへ行けば自分と同じことを 考えている人に出会えるのか、全然分かりませんでした。「便利な世の中」と一言で括ってしまうことができないほど、感謝の気持ちでいっぱいです。遠くの 方、近くの方、ここで繋がってくださってありがとうございます。心強く思います!

そしてありがとうは続きます!

ももママちゃんありがとう♪ 紅茶の容器が最高に可愛い^^


ももママちゃんの存在に助けられたり奮起したり。同志っていいね!

いやーん♪ コロンJありがとう!


コロンJ&ご家族からこんなに美しいお花を頂きました♪ 玄関に飾っています!


meguさん、いつもコロンJを大切にしてくださって感謝です!

武次郎の家族からはいきなりアイスが届きました。ナゼ?(笑)。


美味しかったー! 特に黒ゴマ味が最高でした! ありがとうございます!

もう何も要らないよって100回以上言っているのに何かしら持ってくるYさん(困)。


ありがとう。コロのためにちょくちょく替えています。でも次何かしら持ってきたら倍返しして困らせるからね! 保護子猫が多数いるんだからお金は全部そっちに使ってちょ。

遅れましたがひのさん&たみさんさん、ありがとう♪


子猫フードは婿入り道具にしたり子猫達に食べさせています。レギュラーサイズのペットシーツはコロには小さかったので、べべやリルに使わせて頂きました。ペコリ。

次は黒澤(クロサワ)のハッピーライフを!

黒澤? 分からなくて当然です(笑)。

でも少し前に黒くて小さいのがちょろっとでていました。知ってる方はコアですね。
今日この後更新したいんですが、チチが突如かかって来た麻雀へのお誘いの電話で、ぱっと消えてしまった為、お子たちの世話をひとりで全部やる羽目になりました(汗)。

遅くても明日中にはUPしますね♪

かつくん「たくさんの応援に感謝ですね。ぼくの章を改めてハハと共に読んだけれど、やっぱりぼくは可愛い猫さんだったな……。皆さま、ぜひよろしくお願いします!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





幸多が大好きです

今日はKさんにつき合ってもらって慌ただしく子猫のお届けに行きました。遠方だったので、少々疲れました。素敵な里親さんと子猫の紹介はまた今度にさせて頂きます。

卒業生幸多が逝きました。

辛くてたまりません。

ご家族の心を思うと、胸が張り裂けてしまいそう。ご家族の思いを知っていただけに、もうどうしたらよいのか……。これ以上ないほどの力を、愛を、何もかも を、幸多という一頭の犬に注いでくださいました。幸多にお別れを告げる前に、まずはご家族に感謝の気持ちを伝えたいです。

幸多をたくさんの幸せで包んでくださって、ありがとうございました。

幸多はおよそ幸せからかけ離れた日々を送ってきました。ここに詳しく書くことは控えますが、幸多を里子に出した後、幸多らしき犬を飼っていた家を知りまし た。もしかすると違う犬だったのかも……。幸多だったかどうか、確かめてはいません。確かめたくなくなるほどの環境だったからです。それが幸多だったのか どうか、どうでもいいんです。

私はただ、ご家族には遠く及びませんが、幸多が好きです。
チチも私も、幸多と幸多のご家族が大好きです。
幸多を思うだけで元気になるし、幸多を思うだけで胸がぎゅっと締めつけられる。
そもそも幸多を思わない日が、一日としてあったでしょうか。
幸多は周りに多くの幸せを与えてくれました。

べべが胃癌と闘っている時期に偶然通りかかったコンビニ前でチチが保護した幸多。
前日に降った大雪が、裸足の肉球を覆っていました。

保護したばかりの頃は、途方に暮れました。
その頃のべべは今にも壊れそうだったので、幸多を家に招くことができなかったのです。仕方なく元土手犬コロン、ゴクウのテントに置かせてもらいながら家族募集を開始しました。


チチが土手へ通って毎日お散歩してくれました。


べべの体調が落ち着いてきたので、今度は703号室で保護することにしました。


お届けまでのたった数日間ですが、家族として共に暮らしました。

新しいお家へ旅立った幸多(写真はお届けから数ヶ月後に会いに行った時のもの)


幸多


幸多き子になりますようにとご家族が名づけてくれたこの名を呼ぶ度、


幸多、幸多、幸多、幸多、幸多……。


涙が止まりません。


幸多はたくさんの病気と闘ったけれど、いつも笑顔でした。


幸多に出会えて幸せです。


今までも、そしてこれからも、幸多が大好き。

幸ちゃん、聞こえてる?

私たちは幸多が大好き。

絶対に。

永遠に。


申し訳ありませんが、ちょっとだけこちらを数日間休みますね! コメント返しやメールも少し遅れます! 2、3日ですぐに戻ってきますから。
かつくん「幸ちゃん、お疲れさま。家族と共に過ごした1年3か月は、素晴らしいものだったね」

かつくん なな

スポンサーリンク