凛と凛

2005年のクリスマスイヴ、神さまから大きな犬を預かりました。
クリックすると元のサイズで表示します

その犬のことを、私は今でも深く愛しています。

名は、凛。
クリックすると元のサイズで表示します

私の心の中で凛は、ずっと無垢な瞳を向けてくれています。
クリックすると元のサイズで表示します

亡くなった今も。

どうしよう。この更新、最後までできるかな。
いろいろお伝えしなくてはならないことがありますが、今日は凛とのお別れをさせてください。
凛の写真を見るだけで、涙が次々にあふれてくる。凛が大好きです。

実は、凛は昨年急病によりこの世を去りました。
3年半、珠のように可愛がってくださったお父さんから電話をもらった時、私は事実を受け止められませんでした。ご家族の悲しみもはかりしれない深さだったのです。電話を切った後、そのまま一晩泣き崩れて、自分がおかしくなりそうでした。

何度かここに書こうと思いましたが、タイミングもなかったし、本音を言えば、書くことでますます凛を思い出してしまいそうで怖かったんです。

凛は奥深い犬でした。
一度会ったら忘れられない存在感です。
大らかで、まっすぐで、頭の良い犬でした。
卒業生凛は、我が家の誇りです。

ご家族にとっても、宝物でしょう。
お渡し時、既に8歳を越していたと思われる凛を大切にしてくださってありがとうございます。凛の最期の一瞬まで、共に生きてくれたことに深謝します。

凛と生前のかつ(かつの目がピカーっと光ってますが、この写真は703号室の家宝です)
クリックすると元のサイズで表示します

雪の中にたたずむ姿は、色っぽくも凛々しくて。
クリックすると元のサイズで表示します

(↑写真は里親さんに送ってもらったものです)

つい先日、凛のご家族から、数か月ぶりにメールが届きました。ご家族は、凛を失った悲しみを乗り越え、新たな犬の里親になったのです。

二代目凛ちゃんは女の子。
クリックすると元のサイズで表示します

推定8歳。最初は凛々(りり)と名づけたのですが、呼んでいるうちに、凛になってしまったとか。なので、二代目凛ちゃんなんだそうです。状態が良くなかったようですが、里親さんはためらいもなく、二代目凛ちゃんを引き取りました。

こうやってまた、一つ幸せが増えていくんですね。

このメールをいただいて、どうしても、凛のことを書きたくなりました。私の中にあったおもりが少しはずれたようです。凛のご家族の優しさと、凛への愛情が、もう一つの命を救ったんですね。

今だからぶっちゃけますが、凛を里親さんに渡した日は、それまで生きてきた中で一番泣きました。完璧な環境で、最高のお人柄の里親さんだから不安は皆無 だったけれど、私自身が凛を手放したくなくて……。凛の卒業後は、凛への情熱を抑えるのに必死こきました(笑)。何日も苦しいままでした。大きな失恋に似 た感じかな?

今でもあの時の気持ちを思い出すことがあります。

凛があまりにも素敵だから、関わった人は皆、痛みに似た感情を伴うんですね。

里親さんは、雪ちゃん&二代目凛ちゃんと生きる道を、
クリックすると元のサイズで表示します

私は、凛のような犬猫のご縁探しを。

胸の痛みと共存しながら、それぞれ、一歩一歩前へ進んでいきます。

かつくん「ぼくは凛くんが大大大好きでした。毎日凛くんのしっぽを猫じゃらしにして遊んでいました。凛くん、凛くんは亡くなった後もこうして残るんだね。 ご家族とハハの心の中に。ご家族はよく、“凛くん通信”を送ってくれました。これからは、二代目凛ちゃんの通信をハハに送ってくれるそうです。二代目凛 ちゃんは703号室の卒業生ではないけれど、こんなに嬉しいことはないよね。本当にありがとうございます。

次回はシェルシェ譲渡会のこと、麦ちゃのこと、くまぐすのこと、物資、プレゼント、フリマ品のことを。書かなければならない記事が多すぎるから、1日2回更新するかもって。ハハにできるかな?

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





3 スマイル

昨日の続きです。

里親が決まりかけた頃に判明した、前の飼い主とクーちゃんの詳細には、私もチチもとても戸惑いました。何よりも一番ネックになったのは「年齢」「病気」。 病気については、判明するたびに里親様に連絡し、ご理解を頂いたのですが、里親掲示板に「4歳過ぎ」と載せていた為、それより上回る年齢と知って、どう伝 えればいいのか分かりませんでした。チチと話し合った末、「何もかも話そう」ということになり、クーを連れて里親様のお宅を訪ねました。里親様は「(リン)」という素敵なお名前を用意し、ケージやグッズを準備してくださっていました。だから余計に申し訳ない気持ちでいっぱいでした。でも断られたら、我が家で引き取るつもりだったので、迷いは全然ありませんでした。

着いて、年齢や経緯を伝えると、里親様は一瞬、驚いたようでした。
やっぱりダメか……と思った矢先、奥様から出た言葉は

「あ、じゃあ、フードを用意したんだけど、すぐにシニア用に変えますね」

「ええ? いいんですか? 色々病気もあって、若くないのに……」

「ええ。いいんですよ。だって私たちは凛ちゃんが好きだから」

この家以外に凛を幸せにできるお宅はない。そう確信しました。その日はいったん連れて帰ることにして、去勢後の抜糸を済ませて改めてお届けすることに。

最後の日、一緒に居た2ヶ月間を思い出し、涙が止まりませんでした。いつもは、足元に居た凛が、この日はなぜか目覚めるとベッドで寝ていました。私の横で寝息を立てる姿は、大きな赤ちゃんのようでした。

「ありがとうね。ずっと永く生きるのよ」

★ここからは、新しいお家でのⅩ30凛君です★
スヤスヤ寝ていて可愛いね

凛と同時期に里親様のお宅に引き取られた、雪ちゃんと(黒柴♀)

雪ちゃんは多頭飼育崩壊現場より救い出され、ボランティアを介して新潟より、大雪の中埼玉県(里親様のお宅)にやってきたんです。最初はちょっと臆病でしたが、里親様の懐ですぐにいきいきと暮らすようになりました。凛、雪ちゃんの後ろで満面の笑み♪

キッチンに立つお父さんにおねだりをする食いしん坊達^^

美しい散歩道にて

お庭の花々に囲まれて

私の大好きな一枚。幸せそうに笑っています。

そして、もっと大好きな一枚。なんて笑顔!!

凛ちゃんが里親様と暮らすようになって半年が過ぎましたが、里親様のお宅がチチの実家と近いこ ともあって、何度かお邪魔して一緒にお散歩をしました。里親様ご夫妻&凛&雪ちゃん&チチ&私で行くのですが、いつも一時間以上は歩き続けるコースです。 凛と雪はへっちゃら。どんどん先へ進みます。でも、チチと私は次の日必ず筋肉痛になり、自分達が日頃いかに運動不足であるかを思い知って反省するはめに (汗)……。

{おまけ}

手作りのお弁当を持参し、先日泊まりに来てくれたときの一枚

煮干でだしをとった野菜が美味しそうで、チチが羨ましがっていました(笑)。チチ、「君、いつもこんなにいい物を食べてるの? 少し食べていい?」って。とっても楽しい一日でした。里親様ありがとうございました♪

あと、凛は色々と病気が発覚したのですが、お渡しする前に、精密検査をした結果「癌」ではありませんでした。

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





2 明日を見つめる優しい瞳

昨日ブログの調子が悪く、丸一日見れない状態が続きました。せっかく見に来ていただいた皆様にはご不便をおかけして申し訳なく思っています。良かったらまた遊びに来てください!

イヴに保護したクーちゃん(仮名)の続きです。
翌朝、動物病院へ行きました。歩行がおかしかったんです。原因はすぐに判明しました。親指の爪が伸びすぎてCの字に曲がり、それが手首に刺さっていたので す。患部から大量に膿や血を出していて驚きました。クーは激痛を感じていた為、変な歩き方だったんです。爪を切った後、抗生物質を処方されました。外見が ボロボロだったため、血液検査、尿検査、フィラリア検査……と、とにかくあらゆる検査をしていただきました。年齢は推定4歳~6歳とのこと。体重は16キ ロ。普通のシェルティの2倍の大きさです。

その後トリミングへ連れて行きましたが、バリカンでかる以外の選択肢はないといわれお願いすることに……。いったい夏はどう過ごしていたのだろうと思うほ どの分厚く汚れた毛の塊にトリマーさんたちは悪戦苦闘。午前中に出して、クーが戻ってきたのは、次の日の夕方でした。3人掛かりで徹夜したそうです。迎え に行ったとき、「史上最悪でしたよ~」と笑顔で言われるほどでした(笑)。

クーは来た初日から、ごく普通に生活をしていました。
どこの部屋にも着いてきて、パクパク食べて、スヤスヤ寝る犬でした。
703のメンバーとも仲良くしてくれました。トイレの失敗もなく、いたずらもなしの優等生。そして何より可愛かったのは、私を見つめるまなざしでした。クーに見つめられると心の底がくすぐったくなって抱きしめずにはいられなくなるのです。

過去を許した目でしょうか……

それとも未来を見つめる目でしょうか……

深いまなざしでした。

愛を乞うの?

愛なら、いっぱいあげるよ。

こうして私たちとクーの日々が過ぎていきました。手伝うと約束したチチは、里親探しと平行して迷子の届け出の有無も調べました。迷子なら家に返したい。それは「いい家」の場合のみですが、クーはいい家族に恵まれていたとは考えにくい状態でした。

チチの努力が実ってか? 里親が決まりかけた頃、クーの家が分かったのです。クーは、私たちと出会ったビデオ屋のすぐ傍の豪邸の庭で飼われていた犬でした。それが、2年前に脱走し(又は盗難され)行方不明になっていたのです。インターネットの迷子犬捜索掲示板でクーに関するページを見つけました。クーの昔の写真と、昔の名前、そして見つけたいと真剣に訴える文章を読み、チチは念のため、飼い主に連絡を取りました。

2年の月日は残酷ですね。
それとも人の心が残酷なのでしょうか……。
飼い主はもうクーを探してはいませんでした。もう要らないと言いました。

「2年間、どこで何をしていたの? どうして俺たちにクリスマスの夜出会った? お前の家を見つけたよ。でも、お前にはもう、帰る場所はないけど……」

チチを見つめるクー。
クーは言葉を発しません。けれど私は確かにクーの意思を感じました。

クーは過去のことなど考えていません。
クーの目に映るのは「今」と「未来」。
クーの目は曇りがなくて、小さな太陽のようでした。

「絶対に幸せにするからね。絶対に」
私はクーに約束しました。

クーの体を色々な病気が支配していました。癌の疑い、膀胱炎、尿道結石、アレルギー性皮膚炎。年齢も、2年前の迷子犬捜索掲示板に「6歳」と書かれていた ので獣医さんの見解より上です。普通であれば、里親探しは難しい。でも、それら全てを理解してくれたご夫婦のもとで、今、幸せに暮らしています。その様子 は明日UPします。楽しみに待っていてください。

さて、お待たせしました。
クーが寝ながら、体に乗せていたのは。。。

これです↓

703号室のかつくんでした^^

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





クリスマス プレゼント1

昨年の暮れ、以前ゆきみの時にも書いたように、私は働きながら野良猫たちの不妊手術や里親探しに追われていて、精神的に追い詰められた状態の毎日を過ごしていました。愛者と出会ったのもその頃で、自分の時間が全く持てない状態でした。

猫の里親探しを終えたのは、ちょうどクリスマスイヴの夜。
その地域で保護した最後の子は、鈍器か何かで? 歯をメチャクチャに折られた生後半年過ぎの男の子でした。歯がない状態では、野良猫として生きるのは難し い。体も小さめだったので保護したのですが、いくら探しても貰い手がない。だから叔父に頼み込んで引き取ってもらいました。(ピースといいます。叔父との 幸せライフを送っているので今度紹介します)

ピースを届けたイヴ。体の中から疲れがマグマのように噴き出て、もう立っているのがやっとの状態でした。帰りの車内で「ビデオでも観ますか?」そうチチに言われ、「そうだね、ビデオなんて久しぶりね!」と二人でレンタルビデオショップへ寄ることに。

店内へ入ろうとしてまず、悪臭に気がつきました。
ふと見ると、入り口に大きな汚い犬が座っています。

「何? お前」
チチが犬に話しかけました。犬はノーリードでした。犬はとても穏やかな顔で、チチを見上げ、互いに見つめ合っています。

「やめて。話しかけないで。もういいじゃない。きっと飼い犬だよ。店に入ろう。もう、疲れているの。お願い……」
たまらずそう言いました。

「おい、どこから来たの? なんでこんなに汚いの? お前……」
とまらないチチ。

チチと犬を無視して、店内に入って行きました。ビデオを選んで店を出ると、チチは犬と仲よさそうに並んで座っていたのです。

「いい加減にしてよ! いったいどういうつもり? 連れて帰るの? クリスマスくらい休ませてよ。せめて3日でいいから休みたいの。お願い!」
気がつくとイライラがとまらず、大泣きしながら店先でチチと大喧嘩になっていました。

「これが飼い犬に見えるか? お前の経験を聞かせてくれよ。放置するの? このままここに置いて帰るの?」

私はもう一度、犬を見ました。
とても汚くて、何かが腐ったような臭いがします。手足についた葉っぱや枝やチロルチョコの包装紙が長い放浪を物語っているようでした。けれど、どこか気高く上品な犬でした。

あああ、また忙しい毎日が始まるわ、と、心の中でめいいっぱい嘆いて、ジープの扉を開けました。

「そこの汚い子、乗りますか?」
そう聞くと、犬は迷わず自分から後部座席に乗り込んだのです。満面の笑顔で運転席につくチチ。助手席で泣き笑いの私。犬が乗り込んだとたん、車内はものすごい悪臭に包まれました。窓を全開にして震えながらのドライブ。

「とんだクリスマスプレゼントだわね……」
「俺、頑張って世話するから」

無論犬には、その日はバルコニーに泊まって貰いました。

次の日病院にて撮影した写真

これ、分かります? 凄いんですよ。本当に。

コリーと間違うような、大きなシェットランドシープドック

仮に「クーちゃん」と名づけ、703で里親を募集することに。

これがまた、嫌なくらい可愛い犬でして……。

卒業まで長いので今日はこの辺で。続きは明日にします。中途半端でごめんなさい。

長文、読んでくださってありがとうございます。さぞ、目が疲れちゃったことでしょう。どうかゆっくり休んでください。そして良かったらまた続きを読みに遊びに来てくださいね^^ 明日は可愛い写真満載でいこうと思っています! いつも応援ありがとうございます。

<予告>

凄いものを体に乗せて、このお方、ぐうぐう寝ちゃってます。さて、何でしょう^^

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク