とにかく信じて道を歩いています


ご無沙汰しております。
チチです。
最近多くのコメント頂いており、全て読ませてもらっています。
ハハがブログで発信している言葉を読んでくれている殆どの方は、今不遇でどうしようもない犬や猫の現状に心を痛めている方だと思います。

色々な意見がありますが、皆さまの暖かい心に身が引き締まる思いを感じると同時に、妻の行動や言葉が改めて色々な意味で影響があるということを痛感いたしました。
中にはカリスマとコメントしている方もいますが、もちろんそんな大それたものじゃないということは言うまでもありません。

とにもかくにも、ハハは今までもそしてこれからも自分の信じた道を歩続けます。
社会人としてどうかと言うと誉められない点も多々あります。
今頷いている人も多いでしょう、私も時々心を傷つけられますが、それがハハなのです。
しかし、所謂”良い人”ではないハハはこれからも犬や猫の幸せを求めて行動をつづけていきます。

その時その時で「これがベストの選択か?」と悩みながらですが、犬や猫の言葉はわからないので、とにかく信じるしかありません。
後悔もあるかもしれません。
誉めていただいても、批判されても信じた道を歩くだけです。
里親様に求めること(室内飼育などごく当然のことですが)も変えません。
今はまだまだ歩み始めたばかりでこの行動の結果などわかりませんが、信じた点が線につながることを信じています。

「一家に一頭が犬の幸せ、一頭に十分に愛を注げるから、飼いすぎ良くない」というコメントもありましたが、それはそうでしょう、でもそれは無責任に数を増やし続ける人を捕まえて言ってください。
我が子に悪いと思いつつ、ボロボロの子を迎え入れ里親探しをし続ける人に対しては極めて失礼な言葉になります。
当然、それぞれが保護活動をしている方々には自分たちの生活があり、生活とのバランスをとらなければなりませんが。

最後にもう一度、時々お休みすることもありますが、ハハは自分の信じた道しか歩いてきませんでしたし、これからも自分の信じた道だけを歩きつづけますので、どうぞよろしくお願いいたします。

スポンサーリンク





コメントを残す




*