ゴンタの叫び


羽毛、まだちらちらと舞ってます(汗)。あれだけ掃除したのに……。

羽毛の片づけが終わり、吐きそうになりながらスーパーへ行くと、リルの好物、お米のパンが売られていました。タイムセールだったので、いつもよりお買い得。つい、手が伸びて、思わず買ってしまいました。どこの母親も同じなんですかね ̄ー ̄

「わ~い。あたちお米のパンが大好きなの♪」
クリックすると元のサイズで表示します

「おいしっ」
クリックすると元のサイズで表示します

こういう顔に騙されちゃうのが、私自身のイタイところです。
クリックすると元のサイズで表示します

リル、ちょっとは反省してくれたのかなぁ……。

私のランチはもっぱらコストコピザ。
クリックすると元のサイズで表示します

ほぼ毎日同じメニュー^^; 食べても食べても終わらないよー!

熟睡中のゴンタ。耳を覆うと、比較的寝つきがいいことが判明しました。
クリックすると元のサイズで表示します

耳を覆っている毛布もスヌーピーです♪ ゴンタのお世話、ここ最近、楽になったなあ^^
クリックすると元のサイズで表示します

相変わらず、人のぬくもりには敏感で、ゴンタに構っていないと、大声で吠えつづけるんですが(笑)。最初の数日間は、ゴンタの騒々しい声を、どうすればい いのか、そればかり考えていました。近隣に迷惑をかけているのも忍びないし、うちのメンバー全員がガタガタ震えるほどだったので、うちのお子たちにも、申 しわけない気持ちでいっぱいでした。病み上がりのチチは、仕事がすごく大変な時期なので、ちょっと気づかってみたり(エヘ)。

でも、今はゴンタの吠える声が、ただの騒音には聞こえません。脳腫瘍や痴呆の影響とも思えない時があります。まるで、ゴンタが叫んでいるように感じるのです。

ゴンタの不平不満、ゴンタの文句、たまっていたうっぷんや心の膿を、ゴンタは今、吐きだしてる。擬人化がすぎるでしょうか?

ゴンタはこれまで、言いたいことのすべてを我慢してきました。捨てられた後、土手で13年も暮らしてきたのです。土手の片隅の藪の茂みに繋がれていたゴンタは、飼い主との散歩を楽しむ他の犬たちを、どんな思いで眺めたでしょうか?

「他の子たちは、どこからきて、どこへ帰るの?」

「ぼくとは、なにが違うの?」

荒れ狂う天候にも、いたずらに火を放つ人間にも、まったく手をかけてもらえない自分の境遇にも、ゴンタは逆らわず、ただひたすら、四肢をふんばり、耐えてきました。ゴンタの壮絶な過去を、私ごときが語りつくすことはできません。

シャンプーだってドライブだって、いや、ちゃんとしたお散歩だって、一度も経験したことがない。

去年の夏、ゴンタは、超がつくほどの猛暑に苦しみ、熱中症で倒れ、病院に運ばれました。たまたま、久々に土手に行ったKさんがみつけたのです。ゴンタは意 識が混濁し、けいれんを起こし、生死の境を、さまよいました。ゴンタの味わった灼熱地獄が、どれだけのものか、話を聞いただけでも、身震いがとまりません でした。

私は自分が体験したことや、見聞きしたことのすべてを、ここに書いているわけではありません。このブログは、私の一部であって、全部ではないのです。だから、極端な悲しみやむなしさを、自分の心の中だけに抱えこんでしまう時があります。

ゴンタの熱中症の話を知った時も、すごく落ちこみました。暑さ寒さに苦しんだのはゴンタだけではなく、他の土手犬たちもです。今なお、土手で生きている犬たちがいます。

大きな「ワンワン」が、ゴンタの13年分の愚痴や嘆きだとすれば、ゴンタの心からの叫び声だと思えば、聞いてやるのが人情。だから私は今、ちっとも辛くありません。

ただゴンタ、電話中と、ほほがそばにいる時は、少しだけ静かにしてね^^; マジで頼む……。

☆☆☆ありがとう☆☆☆

Sさまから、高級おチョコが届きました♪
クリックすると元のサイズで表示します

おいしかったです。疲れている時に甘いものを食べるのはいいですよねー。ありがとうございました。Sさまは、絵本作家スギヤマカナヨさんのご友人で、以前 猫ちゃんの保護について、私に相談メールをくださったのです。大けがを負った猫ちゃんは、Sさまのご尽力で、里親が見つかり、幸せを掴みました。私はなに もしていないのに、お礼にと、チョコをいただいてしまいました。すみませんね^^;

卒業猫フェリシアーノ(元はかせ)のママさんから、ずっとほしかったデジタルフォトフレームが!!
クリックすると元のサイズで表示します

フェリママさんー。もう、嬉しすぎです。ありがとうございます! 卒業生が多い703号室のために、なんと、4ギガのメモリーをつけてくださったのです。 ブログで紹介した卒業生167頭&ブログをはじめる前の卒業生約40頭、合計200頭以上の卒業生とうちのお子たちの写真を飾るには、デジタルフォトフ レームしかありません! 卒業猫みかん&あんずのお家にもあったし、MOMOペットクリニックにもあったから、私もひそかに狙っていたんですよー。

フェリは大切な卒業生なので、もちろん登場しています^^
クリックすると元のサイズで表示します

フェリママさん、フェリを大切にしてくださってありがとうございます♪

かつくん「703号室は次回からチロチョウの家族募集をはじめます。皆さま、応援お願いしますね。ペコリ。それから、フェリママさんのフォトフレームに、ぼくの写真もたんまり入ってます。ハハは卒業生の写真を一頭一頭、指でなで、心の中で念じています。

“末永く幸せに”

あ、そういえば昨日、ハハは、姉ちゃんとともに、ルルさんちで、ビューティレッスンを受けたらしい。ルルさん、あと2回頼んだよ!(おてやわらかに~)

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくのバナーをクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

羽毛、まだちらちらと舞ってます(汗)。あれだけ掃除したのに……。

羽毛の片づけが終わり、吐きそうになりながらスーパーへ行くと、リルの好物、お米のパンが売られていました。タイムセールだったので、いつもよりお買い得。つい、手が伸びて、思わず買ってしまいました。どこの母親も同じなんですかね ̄ー ̄

「わ~い。あたちお米のパンが大好きなの♪」
クリックすると元のサイズで表示します

「おいしっ」
クリックすると元のサイズで表示します

こういう顔に騙されちゃうのが、私自身のイタイところです。
クリックすると元のサイズで表示します

リル、ちょっとは反省してくれたのかなぁ……。

私のランチはもっぱらコストコピザ。
クリックすると元のサイズで表示します

ほぼ毎日同じメニュー^^; 食べても食べても終わらないよー!

熟睡中のゴンタ。耳を覆うと、比較的寝つきがいいことが判明しました。
クリックすると元のサイズで表示します

耳を覆っている毛布もスヌーピーです♪ ゴンタのお世話、ここ最近、楽になったなあ^^
クリックすると元のサイズで表示します

相変わらず、人のぬくもりには敏感で、ゴンタに構っていないと、大声で吠えつづけるんですが(笑)。最初の数日間は、ゴンタの騒々しい声を、どうすればい いのか、そればかり考えていました。近隣に迷惑をかけているのも忍びないし、うちのメンバー全員がガタガタ震えるほどだったので、うちのお子たちにも、申 しわけない気持ちでいっぱいでした。病み上がりのチチは、仕事がすごく大変な時期なので、ちょっと気づかってみたり(エヘ)。

でも、今はゴンタの吠える声が、ただの騒音には聞こえません。脳腫瘍や痴呆の影響とも思えない時があります。まるで、ゴンタが叫んでいるように感じるのです。

ゴンタの不平不満、ゴンタの文句、たまっていたうっぷんや心の膿を、ゴンタは今、吐きだしてる。擬人化がすぎるでしょうか?

ゴンタはこれまで、言いたいことのすべてを我慢してきました。捨てられた後、土手で13年も暮らしてきたのです。土手の片隅の藪の茂みに繋がれていたゴンタは、飼い主との散歩を楽しむ他の犬たちを、どんな思いで眺めたでしょうか?

「他の子たちは、どこからきて、どこへ帰るの?」

「ぼくとは、なにが違うの?」

荒れ狂う天候にも、いたずらに火を放つ人間にも、まったく手をかけてもらえない自分の境遇にも、ゴンタは逆らわず、ただひたすら、四肢をふんばり、耐えてきました。ゴンタの壮絶な過去を、私ごときが語りつくすことはできません。

シャンプーだってドライブだって、いや、ちゃんとしたお散歩だって、一度も経験したことがない。

去年の夏、ゴンタは、超がつくほどの猛暑に苦しみ、熱中症で倒れ、病院に運ばれました。たまたま、久々に土手に行ったKさんがみつけたのです。ゴンタは意 識が混濁し、けいれんを起こし、生死の境を、さまよいました。ゴンタの味わった灼熱地獄が、どれだけのものか、話を聞いただけでも、身震いがとまりません でした。

私は自分が体験したことや、見聞きしたことのすべてを、ここに書いているわけではありません。このブログは、私の一部であって、全部ではないのです。だから、極端な悲しみやむなしさを、自分の心の中だけに抱えこんでしまう時があります。

ゴンタの熱中症の話を知った時も、すごく落ちこみました。暑さ寒さに苦しんだのはゴンタだけではなく、他の土手犬たちもです。今なお、土手で生きている犬たちがいます。

大きな「ワンワン」が、ゴンタの13年分の愚痴や嘆きだとすれば、ゴンタの心からの叫び声だと思えば、聞いてやるのが人情。だから私は今、ちっとも辛くありません。

ただゴンタ、電話中と、ほほがそばにいる時は、少しだけ静かにしてね^^; マジで頼む……。

☆☆☆ありがとう☆☆☆

Sさまから、高級おチョコが届きました♪
クリックすると元のサイズで表示します

おいしかったです。疲れている時に甘いものを食べるのはいいですよねー。ありがとうございました。Sさまは、絵本作家スギヤマカナヨさんのご友人で、以前 猫ちゃんの保護について、私に相談メールをくださったのです。大けがを負った猫ちゃんは、Sさまのご尽力で、里親が見つかり、幸せを掴みました。私はなに もしていないのに、お礼にと、チョコをいただいてしまいました。すみませんね^^;

卒業猫フェリシアーノ(元はかせ)のママさんから、ずっとほしかったデジタルフォトフレームが!!
クリックすると元のサイズで表示します

フェリママさんー。もう、嬉しすぎです。ありがとうございます! 卒業生が多い703号室のために、なんと、4ギガのメモリーをつけてくださったのです。 ブログで紹介した卒業生167頭&ブログをはじめる前の卒業生約40頭、合計200頭以上の卒業生とうちのお子たちの写真を飾るには、デジタルフォトフ レームしかありません! 卒業猫みかん&あんずのお家にもあったし、MOMOペットクリニックにもあったから、私もひそかに狙っていたんですよー。

フェリは大切な卒業生なので、もちろん登場しています^^
クリックすると元のサイズで表示します

フェリママさん、フェリを大切にしてくださってありがとうございます♪

かつくん「703号室は次回からチロチョウの家族募集をはじめます。皆さま、応援お願いしますね。ペコリ。それから、フェリママさんのフォトフレームに、ぼくの写真もたんまり入ってます。ハハは卒業生の写真を一頭一頭、指でなで、心の中で念じています。

“末永く幸せに”

あ、そういえば昨日、ハハは、姉ちゃんとともに、ルルさんちで、ビューティレッスンを受けたらしい。ルルさん、あと2回頼んだよ!(おてやわらかに~)

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくのバナーをクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す