#1 Ⅹ35セーラの場合


セーラとの出会いは、今から2年半以上前。当時、飼育崩壊の約30頭のヨークシャーテリアを、 ある動物病院の2階に保護し、ケアを続けながら里親探しに参加していたことがありました。病院は院長一人だけでやっているため、2階部分は医療器械や院長 の研究材料などが置かれている以外は広いスペースが空いていたのです。それを知っていた私は、頭を下げて頼み込み、どうにか30頭を保護する場所を確保し たのです。来る日も来る日もヨーキーたちの世話に追われましたが、ある日ふと猫の存在に気がつきました。ヨーキーたちの横にキャリーバックほどの小さな ケージがあったのですが、猫はその中にいたんです。あまりにもおとなしかった為、気がつきませんでした。ケージ内はトイレと寝床を分けるスペースがなく、 新聞紙一枚が敷いてあるだけでした。だからいつも悪臭が漂っていたのです。

「この猫何? どこか悪くて長期入院しているのかしら?」
一緒に活動していたボランティアさんが口々を揃えて言いました。でも、その猫はどう見ても具合が悪そうには見えません。猫ってこんなに人が大好きなの?  ってくらい、目が合っただけでゴロゴロ……スリスリ……。撫でなくても、人間が傍にいるだけで楽しそうでした。猫が不得意なボランティアさんをも虜にし ちゃうほど、人が大好きな猫でした。

ある日、私は思いきって院長に尋ねてみました。そして、事情を知ったのです。
この子は、もう、こうして2年もの長い間、この小さくて無機質な檻の中で一人ぼっちで過ごしているそう。名前もなく、誰にも知られることはありませんでし た。医療機器があるので、放して飼う事も出来ず、また、他の大きめなケージは入院する犬猫が使うので、この子には使えないそうです。だから、こういう状態 なんだとか。もともと人懐っこい子で、ある日近所の女性が「先生、この野良猫を不妊手術して。迎えに来て外へ放すから」と言って連れてきたのがそもそもの始まりでした。手術を終えて、女性を待って2年以上。迎えに来ることはありませんでした。かといって、先生が立場上、外へ放すことは難しい。そういう理由でこの子はここに居るのだと知りました。

何と哀れな……。
身動きをするのがやっとの檻に閉じ込められていますが、果たしてこの子の罪名は何でしょう? どんな罪を犯して、ここに居るのでしょう。こんなことがあってなるものかといつものように熱くなり、里親探しを開始しました(笑)。

写真写りがあまりよくないことと、すでに成猫だったということで、里親探しは難航すると思いましたが、この子のありのままの性格と状況を載せたら、何と3 件ものお問い合わせを頂いたのです。その中から私がお見合いを申し込んだのは、Iさんという女性。相方さんと一緒に暮らしています。外見は可愛らしいの に、余計なことはあまりしゃべらないタイプのかっこいい女性で、すぐに心から信用することが出来ました。セーラと名づけてくれて、大切にしてくださってい ます。セーラを渡して2年半がすぎましたが、その愛情は全然変わっていません。

セーラ良かったね。あなたは本当に人が大好きな猫だから、パパママに甘えられて嬉しいね。もうすぐ帰ってくるから一緒に待っていようね^^

昨日セーラを連れて実家に泊まりに行きました。

運動させてあげたかったし

何よりベタベタと過ごしたかったので^^

もう、100回くらいスリスリしてくるから、たまらん!

ナナ「セーラと二人で寝たの? ずるいな……」

ごめんね。ナナ、今日は一緒に寝ようね^^

……。猫と言えば。。。


ハハ妹とこの方もちゃっかり一緒に居ました。

~お知らせ~
我が家の可愛い卒業生


ゆずのブログです。是非覗いてくださいね^^

スポンサーリンク





コメントを残す




*