寝心地


題名でバレバレですね。
そう、今日は、お台場で買ったミニーちゃんベッドをかつくんが使ってくれるか、についてです。 (ん? ミニーベッド? と思った方は一つ下の記事をご覧ください)

こんなに可愛いベッドなので^^

絶対に使わせたい! と思い、置く場所を工夫しました。かつくんは、最近業者さんに取り付けてもらった、ケージの屋根部分が大のお気に入りです。ゆずは不満そうですが、かつくんは高い場所が大好き♪

こうやって、くつろいでいます。

[

……。お腹がかなりぷっくりしていますね(汗)。

私の読みどおり、ほら!


ほら!


入ってる!! お座りもしちゃってますよ。


あ、かじるな! 壊れちゃいますよ(涙)。


後姿もさまになってます。素敵~♪ ウットリ。


お気に入りのピンクの毛布を入れたら。。。寝ちゃった^^


可愛いのでもう一枚


今、この瞬間もミニーちゃんベッドで気持ち良さそうにぐうぐう寝ちゃってるかつくんを眺めながら、ああ、ダイエットさせようかしら? と考え込みました。

皆様も知っての通り、かつくんは猫エイズキャリアです。こういう猫を特別視はしていません。室内でのびのびと暮らせば、外で過酷に生きる猫達より発症する 可能性が低いとされていますし、かつくんは現在、極めて元気です。けれど事実として、猫エイズや猫白血病は、不治の病とされています。私は怖くはありませ ん。かつくんを心から愛していますから、かつくんと一緒に乗り越える自信があります。くよくよと悩んだことも一度もありません。ただ、もしいつか発症して しまったら、ご飯を食べることが難しくなる。口内炎が、小さくて可愛いお口の中を支配して、痛くて食べることを諦めてしまうでしょう。食べれない猫は、生 きることができません。だからかつくん、もうちょっと太ってもいいよ。いっぱい食べなさい。

可愛い寝顔を見て、甘やかすいい訳を沢山並べてしまいましたが、かつくんが歩くたび、頑丈とされるケージの天井部分のアクリル板が、ミシミシ言っちゃってます(汗)。崩れないかとても心配で、見張ってないといられません(涙)。

昔は、こんなに儚げだったのに。。。

注)猫エイズは、100%人間にはうつりません。犬にもうつりません。猫以外の動物にはうつりません ので、誤解のないようにお願いしますね。また、猫同士においても、簡単に感染する病気ではありません。猫エイズは、発症すると「死」にいたる病気ですが、 無発症キャリアであれば、健常猫と同じように15年生きることも珍しくありません。猫エイズの猫を飼うのは難しいことではありません。大切なのは、ストレ スをかけないことと、愛情をかけること、それだけです。

スポンサーリンク





コメントを残す




*