ルースの通院と手術


皆さまこんばんは。今日は一種の達成感の中にいます。

 

 

私の仕事には重い責任が伴うので絶えず緊張しますが、五体満足で働けることに感謝しています。そしてお客さまがたの信頼を裏切ることのないよう、これからも細心の注意でがんばります。

 

 

さて、先月、卒業犬ルースの通院送迎のご依頼を、里親の豆さんよりいただきました。

rusu1z (6)

 

 

急に立ち上がることができなくなり、二次病院でMRIを撮ることになったのです。

 

 

ルースはもともとうちにいた保護犬なので、病気になれば当然心配です。私は、仕事云々関係なしに、豆さんとルースをお手伝いするのは筋だと考え、その旨をお伝えしました。

 

 

すると、「あなたはプロでしょう? プロなら公私混同はしないです。私はプロのあなたを信頼してあなたのHPから仕事として依頼をしたんです。私とルースといっしょに病院へ行ってくれると心強いから、ぜひお願いします」と返ってきて、ああ、豆さんはやっぱり豆さんだ……と思いました。

 

 

いつもありがとうございます。

 

 

名はよく耳にしますが、はじめて通う、日本動物高度医療センター

rusu1z (4)

 

 

ルース、おりこうに待っていてえらいねえ♡

rusu1z (2)

 

 

身体がしんどくても、明るくて、笑顔が標準仕様のルースです。

rusu1z (3)

 

 

豆さんが私とルースをパチッと撮って送ってくれました。

rusu1z (7)

 

 

カートに敷かれた猫ちゃんの毛布が愛らしい(ルースは猫好き♪)

rusu1z (8)

 

 

MRIを含む諸検査の結果、ルースは手術が可能のとのこと。ただ、手術をしても、100%歩けるようになるかはわかりません。麻酔のリスク等も説明されました。

rusu1z (5)

 

でも、豆さんは手術を希望していて、ルースの年齢ならやったほうがいいと、私も同感です。

 

 

後日、ルースは入院し、手術を無事に終えることができました。

rusu1z (14)

 

 

お見舞いに行った日のルース

rusu1z (9)

 

 

ふふ。誰よりも元気に自己主張していると看護師さんが教えてくれたという^^;

rusu1z (10)

 

 

傷口がキレイでさすがですね。

rusu1z (11)

 

 

ルースおめでとう!

rusu1z (12)

 

 

安心したし、うれしいよ!

rusu1z (13)

 

 

退院後のルース

rusu1z (1)

 

 

ルースの足腰に負担をかけないよう、床にタイルマットを敷き詰めそうです。

 

 

ほんの気持ちのお見舞いをルースに渡しただけなのに、本日豆さんから律儀にも快気祝いが届きました。中身は大好きな「クルミっこ」。すでに2個が胃の中へスルリ……

IMG_5113

 

 

卒業生たちが幸せに暮らしているのは素敵なことですね。病気に打ち勝っていく姿、各々の未来……たとえ、どんなに老いても、どんな病におかされても、ご家族のあたたかい手に懐かれる犬猫たちは、それ自体がプラスのオーラに満ち溢れている気がします。

 

 

私も自分の守るべきお子たちと1日でも長く、そしてお互いが安楽に過ごせるよう、心を込めて丁寧に生きていきたいです。ルース、豆さん、まずはお疲れさまでした。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





1件のコメント

  • 先日は、ご同行頂きありがとうございました。
    流石と思ったのは、私が不安に思っていた事などを獣医師に適格に聞いて頂けた事です。手術で治るかもしれないと舞い上がって上手く獣医に聞けなかった、麻酔等の危険や入院日数、術後のケアなどを適格に質問して答えを導き出してくれた様子に同行して頂いて本当によかったと思いました。私は少し落ち着きを失くしていて、聞き漏らしや入院日数を勘違いしていたところ、ハハ様はそれらを即座に訂正してくれました。手術で完全に治るかもしれないとか全く結果が出なかったら、これからどうしようとか希望と不安で行ったり来たりしている私と一緒に喜んだり心配しながらも、フォローとアドバイスの依頼を流石の責任感で感情的になり過ぎず突き放さずにその都度都度適格な対応をしていただけました。703号室卒業生だからと言って甘やかさずに、ルースは体重が重くて負担がかかっているから退院後は真剣に体重管理をする責任がある事を上からではなく、私の状況や目線に合わせた言葉で言って頂けました。術後にリハビリがあった場合のアドバイスも心強かったです。譲渡主と里親の立場に甘える事のない清々しいプロの態度をとって頂けて、一緒にいて本当に安心して落ち着けました。獣医師に麻酔で亡くなる場合もあるし手術しても絶対に成功するとは言えないですが、やりますかと聞かれると、当事者だとやると決めていても一瞬迷いが生じて口ごもる場面がありますが、横にハハ様にいて頂き迷わず、ダメでも今より悪くなる事はないと手術をお願い出来ました。本当にありがとうございました。
    まだ抜糸前でサークルの中で安静にする時期なのですが、ルースはとても元気でサークルから出たくて病気になる前のルースのまま歩いています。

コメントを残す