迷子猫の捜索願い、他


yokoさんの お家から巣立った菊ちゃん(猫♂、1歳)が、里親宅から脱走し、行方不明になりました。もっと早く、捜索のお願いを更新しようと思っていましたが、パソコ ンに向かう時間がなかなか取れず、UPが遅くなりました。水分を摂取する精神的な余裕が菊ちゃんにあるのか、心配です。きっとパニックを起こしているで しょうし……。そのため、この炎天下ですから、脱水なども懸念されます。どうか1秒も早く、無事に保護されますように。
クリックすると元のサイズで表示します

脱走日時:7月19日(月)

脱走場所:千葉県流山市三輪野山1丁目付近(JR武蔵野線南流山から車で約10分)

お近くにお住まいの方、またはこの近辺にお知り合いのいる方、どうぞお力をお貸し下さい! どんな些細な情報でも構いませんので、お気づきの点がありましたらご連絡をお願い致します。

連絡先:ドイ洋子さん(代理)
PCメール:yokohayashi20★yahoo.co.jp
携帯メール:yo-kodoi★ezweb.ne.jp
お手数ですが★を@に変えて、ご連絡お願いします。

HP、ブログ等お持ちの方は、お手数ですが転載をして頂けますでしょうか?
どうぞ、よろしくお願いします!

大勢でゾロゾロ見物客のように、さがし歩くと、経験から言って、猫はもっと隠れます。 猫は今、命がけで隠れています。こういう場合は、一軒一軒、近所をまわって、情報を集めるためにご協力いただくのが一番です。さがしまわるのは、最低限の 人数で行い、残りは、ポスティングや、情報収集にあたった方が良いでしょう。見つかったとしても、無理に刺激せず、捕獲箱を設置してそっと見守った方が保 護できる可能性が上がります!

どうか見つかりますように!!

そして、犬猫と暮らす方へ、老婆心を剥き出してお願いです。

犬猫への愛が強ければこそ、彼らを信用しないでくださいね。私は、ベベナナリルはもちろんのこと、ほほやあまたんも、今までやってきた200頭近くの保護犬猫たちの、いずれも全然信じていません。彼らは犬猫であって、人間ではないからです。

「うちの子に限って外に出ない」とか、

「うちの子は外へ出てもすぐ戻ってくるとか」とか、

あるいは、「お外でも楽しく生きていけるだろう」、「誰かが見つけてくれるだろう」などなど。

……本当に本当? 本当の本当? 絶対? そう言い切る具体的根拠は?

この車社会で、私はそんな風に思いません。もっというなら、私は網戸も信じていません。

網戸なんか、猫の爪や力にかかったら、あんなもろいものは、ないと思っています。うちの先代のかつくんは、ドアノブも開けるし、横開きのドアも開けるし、 網戸も爪で割いてしまう猫でした。昨日までやらなかったようなことを、急にやりだしたり、実に猫らしい子でした。かつのおかげで、私は慎重な心を培ったの だと思います。

数年前から、うちは窓を開けるとき、猫を別室に移動させています。
そこまでやるか? と思われるでしょうが、私は今の生活スタイルに満足しています。

犬猫を脱走させたくてさせる方はいないでしょう。でも少しの気の緩みが、彼らの苦に繋がるのだとしたら、今一度、環境を見直してみませんか? まだ間に合います。

703号室の里親さま方、大丈夫ですか?

ここをご覧の皆さま、大丈夫ですか?

私は犬猫と暮らす者として、また、保護主として、常に彼らの安全に配慮する立場でなくてはならないと考えています。すべての犬猫が安全に暮らせますように……。

かつくん「ハハ、ぼくの過去を暴露したな! でもこれを読んで、“かつくんは特別よ! うちの猫はやらないもの”って思われたら、ぼくは悲しいです。ぼく もね、小さい頃からずっといたずらし放題だったんじゃなくて、網戸を裂きだしたのは、2歳を過ぎてからだったし。なんの前ぶれもなく、突然に……。

ハハが言いたいのは、犬猫を過信せず、また、慎重に接して損はないってことです。昔、トレーニングを受けていて、完璧に呼び戻しができるはず? の犬を、 ノーリードで散歩している知人がいて、ハハもハハ妹ちゃんも、“あぶないよ、紐で繋ぎなよ”って会うたびに注意していたんだけど、全然聞いてくれなかった らしい。

ある日、ノーリードのその犬は車に突っ込んでいって、そのまま轢かれたんだよ。左側の衝撃がすごくて、犬の左の顔が潰れ、左の目玉が飛び出して、道路にび ちゃっという音を立てて落ちたの。ハハはそれを見て、一瞬何が起きたのか分からなかったらしい。“過信”が不幸を生んでしまったんだね。ぼくはそう思いま す。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





コメントを残す




*