天音ありがとう


※ブログを連続更新中

 

 

5年前の今頃に保護したとき、天音はおそらく15歳を超えていました。

aaa (2)

 

 

改めて振り返っても、15歳を過ぎたはちわれの女の子に里親さんを見つけるのは、たやすいことではなかったです。しかし、天音にはだれにもない天音だけのストーリーがありました。だから私は、適切に伝えれば天音は必ずご縁に恵まれると確信していたのです。天音は大きな大きな猫です。身体の大きさではない、オーラの大きさで周りを圧倒する猫です。派手さはないけれど、内なる強さを秘めた女の子です。猫としてもちろんかわいいけれど、天音はそれだけじゃない。

 

 

ノラ猫あがりのスターたち」を書こうと決意したとき、私の中で第一章目のキャストは天音以外には考えられませんでした。私は天音を尊敬しています。そして、本当に好きです。

aaa (1)

 

 

この先、一生かけても天音と同じような猫には出会えないでしょう。

 

 

今でも私は保護譲渡活動の講義をするときは、必ず天音のことを話します。

 

 

「15歳を超えていても良縁に恵まれる」

 

 

話す私だけではなく、聴いてくれた方々にとっても天音は希望の塊でした。

aaa (3)

 

 

それはこれからも変わりません。

 

 

天音は希望の塊でありつづけてくれるでしょう。

 

 

天音の家族とはずっと仲よくさせてもらっています。

 

 

我が家からは全盲のほたるも嫁に出しているので、私は天音とほたるを堪能しに数えきれないほどお邪魔しています。天音はいつも家族の中心にいて、これでもかというほど寵愛されていました。

 

 

彼女にふさわしい「愛され方」でした。

 

 

天音を深く深く、広く広く、ただひたすらに擁いてくれた里親さん夫妻に心からの感謝を伝えたいです。天音と家族を結ぶ手伝いができたことが私の誇りです。

 

 

マイ太郎さん、マイ太郎さんのお母さまにもお世話になりました。

 

 

天音に関する記事は山のようにあるので、どうかこのブログ内の検索機能で「天音」と打ってお読みください。703号室の自慢の卒業生です。私は「忠ねこ天音」だけはりつけておきますね。

 

 

あまちゃんありがとう。生まれてきてくれてありがとう。おやすみなさい。

 

 

合掌

 

 

I LOVE 天音

 

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*