いた頃の空気


今日の東京はえらい寒さでした。

 

 

身体の症状が気になるものの、通院を控えているこの頃。皆さまもお元気でいてくださいね。

 

 

こんな大変なときに卒業生楽家よりプレゼントが贈られてきました。

IMG_1745

 

 

気にかけていただき、なんとお礼を言ったらいいか。本当にありがとうございます。

 

 

さて、相変わらずさぶは糊で貼りつけたみたいに私にベッタリです。

IMG_1723

 

 

お風呂とトイレの時間以外、常にくっついているかもしれません。

IMG_1731

 

 

肉体的にはさぶの体重分の負荷がかかる。

IMG_1751

 

 

だけどあたたかさ、心強さは無限大です。

IMG_1749

 

 

自分を含め、世間が必死に在宅を貫いている今、犬猫たちのぬくもりはいっそうありがたい。

IMG_1750

 

 

浮こうが沈もうが、運命共同体は常に膝上にいます。

 

 

さぶはどこにも行かず(行けず)に、私のそばに居つづけます。

 

 

膝上の運命共同体の存在に励まされ、ああ、沈んでなるものか、沈ませてなるものかと歯を食いしばっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

 

最近、私はやたらに、べべ、ナナ、ほほ、高菜……私より早く天国へ旅立ったお子たちを強く思い出します。彼らが突然、私の意識の中にはっきりと現れるのです。

 

 

しかし目の前にその姿はありません。

 

 

会いたいのに会えない、もうどこにもいないという悲劇が、なんかこう、わけのわからない内側の葛藤に発展して、大きなフラストレーションを生むのです。

 

 

すると肩から崩れ落ちていく感覚がして、息すらも苦しい。

 

 

解決策を模索中ですが、(自分比で)まあまあ効果的なのは「発散」。

 

 

大声で会いたいお子の名前を順番に叫ぶようにしています。

 

 

ほほ!!

IMG_9647

 

 

さんざん呼んだその名を改めて呼んでみる。そこにいるかのように。

 

 

すると少しだけほほがいた頃の空気が家の中に漂うのです。

 

 

やり場がなく、どうしようもないことを我慢……いや、受容してこそ「一人前の大人」でしょう。それなら私は、一生一人前の大人にはなれない気がします。

 

 

でも、緩和をめざしていかないとね。

 

 

好きだ!

IMG_9653

 

 

毎日お母さんの心の中に生きていてくれてありがとう。いつか会いたいです。

 

 

LOVE

 

 

ペットシッター「にくきゅうのおせわ屋」をはじめました

お留守番をがんばるかわいい家族が「お帰り!」と目を輝かせて出迎えてくれるよう、安心・安全に最優先で心を込めてお世話します。

にくきゅうのおせわ屋

足立区・荒川区・文京区を中心に活動するペットシッターです。

足立区・荒川区・文京区を中心に活動してますが地域のご相談やお世話内容など、

にくきゅうのおせわ屋HPをご覧ください!

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*