やりがい


皆さまこんばんは。今日は仕事のあとリルと高菜の16歳のお誕生日を祝いました。

yarigai (7)

 

 

うれしかったことをいくつか♡

 

 

長期で伺っているお宅のお嬢がイヤイヤせずにブラッシングさせてくれたこと

yarigai (8)

 

 

長毛ゆえ気になってトライするのですが、ご機嫌斜めになるのが目下の悩みだったのです。

 

 

ふふ。小さな抜け毛玉に大満足。明日もやらせてくれますように!

 

 

 

帰りに乗った電車にて……

 

 

前方の男性の手にふと目をやるとなんとハート型のつり革にぶら下がっているではありませんか!

 

 

衝撃がほとばしるとはこのこと。自分の目を疑いました。

yarigai (9)

 

 

よく乗る電車なのにぜんぜん知らなかった気づかなかった。いったいいつから?

 

 

見まわすとほかのつり革はすべて黒。ピンクのハートはひとつだけです。

yarigai (1)

 

 

ええー

 

 

あまりにもハートのつり革を凝視する私を冷ややかな横目で見やる男性。そしてついにはスッと手を引き、私にハートのつり革を譲ってくれたのです。やったあ!

yarigai (10)

 

 

お手を荷物棚へ追いやる形にしてしまい申し訳ありません。でもありがとうございます。つかまってみたい衝動をどうしても抑えられないのです。お許しください。

 

 

と心の中で念じていました。

 

 

人生、悪いばかりじゃないのですね。

 

 

うれしかったことの3つ目は外猫ふうちゃんが保護猫ふうちゃんに昇格した件♪

 

 

シッターの仕事でお世話させてもらっている外猫ふうちゃん(去勢手術済)。ふうちゃんが少し前に体調不良になり、依頼主さんより「通院代行」の依頼を受けたのです。

 

 

いろいろな検査をした結果、ふうちゃんはまだ若く、重い病気や感染症なども否定されました。また、体質的に慢性的な便秘を患っているほか、手を痛めていることもあり、総合的に考えて家猫として生きていくほうがいいという結論に。依頼主さんはふうちゃんのご縁探しをするそうです。

 

 

ふうちゃんよかったね! 運命の赤い糸が結ばれますように。

yarigai (4)

 

 

変な言い方ですが、ふうちゃんはレベルの高い外暮らしだったと思います。

 

 

しかし危険がないとはいえません。

 

 

だからできれば庇護を存分に受けられる室内で生きるのがいいですよね。

yarigai (5)

 

 

シッター(お世話屋)のやりがいを感じた瞬間でした。

yarigai (3)

 

 

ふうちゃん、依頼主さん、ありがとう!

yarigai (2)

 

 

ふうちゃんのために新調されたケージを前にウルウルと感動に浸った夜でした。

yarigai (6)

 

 

 

最近また体調不良に悩まされていますが、日常の小さな幸せが胸に沁みます。

 

 

すっかり寒くなっていますが、心まで風邪をひかぬよう心の栄養をたっぷりと摂りたいです。皆さまもうれしいがたくさんのステキな日々を送りますように。

 

 

LOVE

 

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*