お帰り、べべ


手術を覚悟していたのに、事前になって、やっぱりどうしても怖くて、泣きそうでした。へたれな私を察して、大巻先生から提案が。

「開腹手術の前に、内視鏡でベベちゃんの十二指腸をみてみます。今飲んでるお薬が効いていれば、腫瘍が多少縮んでいるはずですから、そしたら手術は見合わせましょう。引き続き、投薬し、再来月あたりにもう一度内視鏡で、腫瘍の大きさを確認してから考えましょう」

「では、腫瘍が小さくなっていなかったら?」

「そしたら、今日、開腹手術します」

「先生、そうしてください。腫瘍が少しでも縮んでいたら、手術はやめたいです」

「はい。では、まず内視鏡で腫瘍の大きさを確認してみます。手術をするかどうかはその時に判断します。薬が効いて小さくなっていればいいですが……」

内視鏡にせよ、手術にせよ、麻酔のリスクはある。けれど、内視鏡だけで終われば、ベベはすぐに帰れる。痛みも、絶食の苦しみもなく。どうか腫瘍が縮んでいますように。祈る思いで待つこと4時間。

MOMOペットクリニックからようやく電話がかかってきました。

「先生、どうでしたか?」

「腫瘍が大きくなっていたのを確認したので、手術、しました」

「え……。では、今まで飲んでいた薬は効いていなかったってことですか?」

「はい。そうですね。薬についてはまた考えましょう。手術は無事に終わったので、あとでお見舞いへ来られますか?」

「行きます」

手術の成功は喜ぶべきですが、続けてきた薬が効いていないのが現実です。これからどうするべきでしょうか? べべの年齢を考えると、この先、もう何度も手 術できない。受けさせたくない。術後、病室でうずくまるベベを見ていたら、べべを抱きしめた時のあの感覚が、ぬくもりが、私の腕にじわじわ浮かんで困りま した。

べべ、お腹にまたひとつ、傷が増えてしまったね。
クリックすると元のサイズで表示します

こんなに愛しい存在をいつか失うくらいなら、いっそ出会わなければよかった。

そんな風に考えてしまうお母さんは、弱虫だよね。

ベベが頑張ってくれて嬉しい。お母さんはもっともっと強くなるから、ベベを守る盾になるから、ベベはもうしばらく、いやずっと、お母さんと同じ世界にいてください。

ベベの中の悪い細胞たちは、ベベから出て行ってください。
ベベの中で増えないで。

★★★おまけ★★★

くまぐすは、よく遊び、
クリックすると元のサイズで表示します

よく笑うけれど、
クリックすると元のサイズで表示します

家限定(笑)。

お外では石のように固まってます^^;
クリックすると元のサイズで表示します

かつくん「大巻先生、さすがだね。ベベちゃんの命を何回も助けてくれた先生には、感謝してもしきれません。ハハ、先生にすっごーく強いプレッシャーをかけ たから、先生きっと大変だったでしょう。手術の成功を、とりあえずはみんなで喜んでいます。今、闘病中の卒業生がいるから、今度はその子の健康を祈りま す。全身全霊、愛を込めて。

今後はくまぐすの大冒険、フリマ品、その他もろもろを随時更新していきますね。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





コメントを残す




*