耳の後ろの毛のにおい


2014年春ごろのべべとお母さん

1111syaka (3)

 

 

チチが撮ってくれました。この日は姑ちゃんたちとごはんを食べに行く約束だったのでパジャマじゃなかったんですよね。べべは命が詰まっていてぎっしりと重かったです。

 

7キロ近くあったかも。片手で抱っこすると疲れちゃうレベル^^;

 

 

2014年春ごろのリルとお母さん

1111syaka (1)

 

 

リルにチュウの自撮りです。MOMOペットクリニックに狂犬病予防注射を受けに行く途中の車内にて。もちろんきちんとパーキングに停めて撮ってますから!

 

 

2014年ごろのナナとリル

1111syaka (2)

 

 

病気と闘いながらべべは16歳半、ナナは16歳までがんばって生きてくれました。

 

 

気づけば末娘リルも15歳のおばあちゃんです。

 

 

ナナは常にお母さんを見る女の子だったのでいつもカメラ目線。

 

 

ナナの耳の後ろの毛のにおいを嗅ぎたい衝動を抑えられません。

 

 

おでこを軽く噛みたい。チュウしたい。

 

 

べべ、ナナ、と呼んで振り向く子がもういない。悲しみが胸にこびりついてしまいました。

 

 

703号室は当初のレギュラーメンバーべべ、ナナ、猫のかつが住みやすいように未完成物件を契約し私が内装を考えたんです。間取りも家具もべべ、ナナ、かつ仕様になっているところがいっぱい。チチが今使っている寝室のベッドもそう。

 

目黒のタイムアンドスタイルの定番の形をセミオーダー。特別に脚を10㎝切ってもらったんです。

 

小型犬のべべが軽々とジャンプしてあがって来れるように。

 

この家はあの子たちの痕跡ばかり。会いたい気持ちは募るいっぽう。

 

ああしておけばよかった、こうしておけばよかった、後悔で心が押しつぶされてしまわぬよう、家族を一生けんめいかわいがりたいですね。皆さま今日はお父さんお母さんとして何点でしたか?

 

 

私は毎日80点以上をめざしています♡

 

 

LOVE

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*