気になるお年頃2(全3話)


今日はとってもいいお天気でベベとかつくんは朝から仲良く日向ぼっこ。

そんな中、一人(犬)だけがまだ何やら悩んでいる様子・・・

チチは、二日酔いで腫れた顔をして、パジャマのままで、ダラダラと優しくなだめていますが・・・

チチ『可愛いナナちゃん。日向ぼっこしないの?』

ナナ『ふん

チチ『昨日のこと、まだ気にしてるの?』

ナナ『だってあたしはただの雑種でしょ?』

ハハ『違うよ。ナナ。 ナナは雑種だけどただの雑種ではないよ。とっても可愛くて、価値ある世界に一頭しか居ない愛しい犬だよ

ナナ『でも・・・』

―しばし沈黙ののち・・・

チチ『ち、違うよ!! ナナは実は・・・実は・・・そう!オーストリアン・ピンシャーなんだよ!!』

ナナ『オーストリアン・ピンシャー??』

チチ『そうだよ。来てごらん。ほら・・・』
↓↓↓    ↓↓↓    ↓↓↓

ナナ『あ! ホントだ

ハハ『チチ、嘘はやめなさい!』

かつ『チチ、嘘はよくない』

べべ『チチ、嘘を言うもんじゃない。ごはん、もらえなくなるよ。』

チチ『ご、ご、ごめんなさい・・・』

ナナ『チチ大嫌い!!』

何でもまねしたがるナナは、まだ少し納得いっていない様子。
このドタバタは明日まで続きますが、とりあえずチチはリンチしておきました。             ハハ

最終話へつづく→

スポンサーリンク





コメントを残す




*