あさひの家族を募集します


にゃん太さんのプレゼントの「イカキッカー」をおろしてみました。中にたんまりマタタビ粉が入っています。さて、わが家の男性のうち、だれがいちばんに気づくでしょうか? ヒヒヒ♡

 

 

「あー! 前方右45度に なんかカラフルなおもちゃ発見です」

ikaomotya (16)

 

 

 

「お? (クンクン)なんだこれ?」

ikaomotya (2)

 

 

 

「新遊具か?」

ikaomotya (4)

 

 

 

「噛みごこちも……」

ikaomotya (17)

 

 

 

「抱きごこちもいいな」

ikaomotya (19)

 

 

 

うらやましいあさひ

ikaomotya (21)

 

 

 

先輩さぶがご執心ゆえ、なかなか譲ってもらえません。

ikaomotya (20)

 

 

 

「おれ 酔いそう」

ikaomotya (18)

 

 

 

「たまには遊ぶのもいいもんだな」

ikaomotya (3)

 

 

 

「もう今夜は離さないぞ」

ikaomotya (1)

 

 

 

イカとさぶが動くたびに、あさひは遠くで手をちょいちょい出して交じっているフリをします。あさひのエアプレイ? がかわいくてちょっと切ない(笑)。

ikaomotya (22)

 

 

 

15分後……

 

 

 

「酔うとおれ腹が減るんだよね」  「あ! さぶ兄イカをリリースしました」

ikaomotya (5)

 

 

 

のび~ &あくびのセット後、あさひが何食わぬ顔でイカに近づき、パクっと咥えました。

ikaomotya (7)

 

 

 

「やったぼくの番~」

ikaomotya (6)

 

 

 

だいぶ夢中のようです。

ikaomotya (8)

 

 

 

「かぶ~~~ もう離さないぞ~~~」

ikaomotya (9)

 

 

 

あさひ、おまいよかったね?

ikaomotya (10)

 

 

 

「かぶっ こら待て待てイカさん どこへゆく!」

ikaomotya (11)

 

 

 

イカがあさひの手に渡ってから30分、宴はつづきました。

 

 

子どもはみんな素直で単純です。

ikaomotya (12)

 

 

 

「ぼく ハハがモタモタしていたせいで青春を703号室に費やしたのです」

ikaomotya (15)

 

 

 

そうだね。ごめんね。いよいよあさひのあたらしい扉を開けるときが来たね。

 

 

 

「ハハ ぼくをどこかに連れていく気ですか?」

ikaomotya (14)

 

 

 

「どういうところですか? まさか売り飛ばしてしまうわけじゃないでしょうね」

ikaomotya (13)

 

 

 

あさひはたいせつなお子ですので、そんなことはしません。

 

 

あさひの家族募集にあたり、あさひに会いに来てくださった方にお話があります。

 

 

よかったらぜひ聞いてください。私があさひを保護したのはまだ寒い頃でした。もともとあさひは灰色に汚れ、みすぼらしく痩せ飢えていた外猫です。

 

 

私があさひという仮名をつけました。

 

 

由来は燦々と輝く未来をイメージしてのこと。

 

 

昇りゆく太陽になれるよう、私なりに願いを込めたのです。

 

 

そして“家族”という単位の世界を、明るく、あたたかく照らす存在になってほしいと。

 

 

あさひは少し臆病ですが、凶暴性はいっさいなく、とぼけた様子の男の子です。ふだんはおっとりしていますが、爆音が轟くなど有事の際は逃げ足が非常に速いタイプ。

 

 

こぼれ落ちそうに大きな瞳と小さなお顔がイケてます。

 

 

見てのとおり、正統派のハンサムですよ。

 

 

健康状態も含め、なんら問題のないあさひのご縁探しが遅れた件については、あさひに申し訳なくてじゃっかん心が痛みます。ほんとうは春ごろにあさひを「家族募集掲載サイト」へ載せるつもりでした。しかしできませんでした。

 

 

理由を自己分析しているのですが、実はよくわかりません。

 

 

いちばん大きなものは愛犬ナナの死かも。

 

 

あさひをスカウトしたとき、ヨボヨボではありましたが、ナナは私の隣で確実に生きていました。振り返ればあの頃はナナの介護が私の生き甲斐で、ナナの明日が私の明日だったんです。ナナは老いと病が深刻ゆえ手がかかったのは確かでしたが、それでもナナが私の生きる活力でした。

 

 

べべもナナも私の娘なんです。

 

 

ナナを失ってから「やる気スイッチ」の在処が見つからなくて困っています。

 

 

いっぽうで、保護猫あさひの貴重な一日一日が、ステイ中の703号室で過ぎ去っていくことに罪悪感を感じます。あさひは家族募集が難航する類の猫ではありません。あさひに家族が見つからないとすれば、理由はひとえに私の努力不足です。

 

 

私はあさひを本来向かうべき場所に連れていってやりたいです。

 

 

今ようやく、残りカスみたいな余力をかき集めました。

 

 

あさひをステージに立たせ、運命の赤い糸を繋ぎたい一心です。

 

 

あさひは快活でやさしい猫です。私が忙しくてあさひを相手にできない日もありましたが、部屋の隅で地味にひとり遊びをしてさびしさを紛らわせていました。

 

 

けなげで愛おしくなるよね。

 

 

保護猫を迎える検討をしている方は、どうかどうか、あさひに目を留めてやってください。あさひは一頭飼育でも先住犬猫のいるお宅でもやっていけます。

 

 

保護猫あさひ

性別:男性

推定年齢:1歳半

医療ケア:不妊手術済み、ワクチン、駆虫、ウイルス検査(結果マイナス)など基礎的なものはすべて終えています。健康優良児です。

♡30歳以上のおひとり暮らしの方(申し訳ありませんが女性限定とさせていただきます)、お留守番のある方、はじめて猫と暮らす方にも安心してご紹介できます♡

 

 

あさひが善き方の目に留まりますように!

 

 

でっかいLOVE♡

 

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*