ローズとのリレー 1挫折と直感


突然ですが、4月19日に話は遡ります。

 

 

この日私はニッコリでした。

IMG_1457

 

 

 

保護猫ローズの退院日だったのです。

 

 

ローズはもともと外猫時代、人からもい猫からもいじめに遭っていました。

 

 

しょうがない。生きるためにみんな必死で、グチャグチャの世界ですから。

 

 

私はもつれた糸を丁寧にほどくのをライフワークにしています。

 

 

(※ローズを保護したときのブログはこちら

 

 

今読んでも私にとって実に感動的で、保護したときの喜びははかり知れません。そのローズがようやく家になじみはじめたのに、今度は目の上にできた大きな腫瘍を取る一環で片目が潰れてしまいました。もし目の病気なら迷いなく私は片目を潰すでしょう。しかしローズは目の病気じゃないのです。

 

 

皆さまには説明しづらいのですが、ここが自分の中の非常に重要なポイントになりました。目の病気で目を潰すのか、目の病気じゃないのに目を潰すのか。

 

 

ぜんぜんちがうのです。

 

 

中島先生と病院で話し合っているとき、私はあまりにも簡単に片目を取るようお願いしました。

 

 

時短、合理性、根治、長い目で見た場合の犬猫のQOL、近年目指している私の生き方が投影されていたのかもしれません。

 

 

( ※その日のブログ記事はこちら

 

 

当時も書いたのですが、ローズを入院させた帰りの車内で私は自分の発言シーンを思い出し狼狽しました。片目を潰していいと、私は即言い切った。冷たく、醜い顔をしていたにちがいありません。

 

 

その時点でローズは私の中で、別次元へ移動したのです。

 

 

ちゃんとパチッと両目があったんだよね。

IMG_1232

 

 

 

かわいいこのままのローズで

IMG_1226

 

 

 

いろんなことを乗り越えてきたんだもんね。がんばったんだもんね。

IMG_1227

 

 

 

なのにローズ、ごめんなさい。

 

 

あんな簡単に言うべきじゃなかった。もっと人間らしく、泥臭く、悩んで迷ってあがくべきだった。私はなにかたいせつなものが欠如してしまったのかな?

 

 

以後さまざまな葛藤を経て、予定通り行われた手術をローズは乗り越えてくれました。麻酔から無事にさめてくれてほんとうにホッとしたものです。

 

 

 

そんなローズを自宅に連れて帰れるとあって私はウキウキモード。

 

 

 

しかも、卒業生ちゃた幸の里親肉球きらりさんもいっしょです。

IMG_1447

 

 

 

「きらりさんちゅーるくれてありがと」

IMG_1471

 

 

 

きらりさんは病院におみやげを手渡していました。emi-goは恐縮モードです。

IMG_1459

 

 

 

中島先生ともごあいさつ

IMG_1449

 

 

 

きらりさんとローズを車に乗せ703号室に戻りました。

 

 

 

きらりさんが持ってきてくれた大福と私が用意したお茶菓子でお茶会

IMG_1463

 

 

 

そう。この日はローズのお見合いを兼ねていたのです。

 

 

ローズをきらりさんに紹介したのは、ローズがまだ両目ぱっちりの頃。きらりさんは保護猫3匹までなら引き取れるキャパシティーがあるのを私はきらりさんに聞いていました。私が出したちゃた幸と、マイ太郎さんが出した結ちゃんがきらりさんのお宅にいるので「もう1席」空いています。そこに私がローズを紹介したのです。ローズの腫瘍が判明する前の話ね。

 

 

きらりさんはローズが片目になったのも当然知っていましたし、前向きに検討するためにローズに会いに来てくれました。心から感謝しています。

 

 

あまぱんもなでなでしてもらったね♪

IMG_1465

 

 

 

何時間話したでしょうか……

IMG_1464

 

 

 

とにかく私の思いを伝えました。きらりさんにローズをアピール。きらりさんも真剣に「お持ち帰り」してくれたと思います。正直私は胸中でガッツポーズをしていました。

 

 

ローズときらりさんのご縁が決まった、と。

 

 

あとはいつ皆さまにご報告しようかな? みたいな鼻歌テンションだったのです。

 

 

ところが、ローズに会ったことで、きらりさんは改めてキャパシティを熟考するようになり、当面はちゃた幸と結ちゃんのペアでいきたいと言われました。

 

 

すがすがしい気持ちでした。きらりさんの筋も通っています。

 

 

彼女は決してローズが片目とか両目とか関係ないのです。私はきらりさんという女性の猫への思いをわかっているし、そんな方じゃないからこそわざわざローズに会いに来てくれたわけですから。だけど本音はショックでした。

 

 

 

私はローズもきらりさんも大好きです。どっちがどうということではなく、ただ縁を期待していたことと、期待していた縁を結べなかったことが悲しかったです。

 

 

でも逆にきちんとした考えを持っているきらりさんをより尊敬したのです。

 

 

きらりさんからお断りされたあと、私は卒業生楽の里親福田さんに打診。

 

 

できればローズは信頼できる方に預けたいんですよね。

 

 

もちろんネットでの募集も考えていたのですが、その前にだれかいないかなと。

 

 

 

福田さん夫妻はローズをかなり気にかけてくれていて、ローズの家族になりたいと仰ってくれました。しかし、福田さんの分譲マンションの規約では猫は2匹までしか飼えません。深夜まで福田さん夫妻と電話で話をして、結局振り出しに戻りました。私はベコベコです。私を凹ませた正体はきらりさんでも福田さんでもありません。私自身のおごりと、ローズへの一種説明しがたい執着です。

 

 

 

ハッキリとは覚えていませんが、1週間くらいは「負」のオーラから自分を立て直すのがキツかった記憶があります。辛くてたまりませんでした。どうしてだろう。理由は分析しきれていません。

 

 

 

けれど、保護猫たちに運命の赤い糸を結ぶために私は彼らを保護したのです。その責任から逃げるわけにはいきません。よし、ローズはネットで一般募集をしよう。

 

 

気力を振り絞ってやってみよう。

 

 

できるできる!!

 

 

ずっとやってきたことだからできる!!

 

 

ある日リビングの猫トイレの周囲に掃除機をかけながら自分を鼓舞していたとき、突如パチッと降りてきました。アイコンがチラチラチラチラ。

 

 

 

自分でも想像すらしていなかった場所からだったのです。

IMG_2692

 

 

 

ん???

IMG_2692

 

 

 

え、なんで?

IMG_2692

 

 

 

掃除機を放り出した私は即座に自分の直感のままにiPhoneを握りしめ電話をかけました。

 

 

 

ローズの家族になってもらうのはにゃん太さんがいいかもしれない!

IMG_2692

 

 

 

つづく

 

 

 

スポンサーリンク





8件のコメント

  • ハハ様、8週齢規制などの活動お疲れ様です。
    私も出来る限りいろいろな人に話しています。5年前に逃しているから今回こそはと願っています。
    それと私が最近気になっているドラッグストアなどにあるペットフード売り場について、お客様アンケートにガンガン書き込んでいるのですが、なかなか改善されません。
    多くのドラッグストアで、ペットフードの売り場に向かい合っているのが、何故か殺虫剤や防虫剤などの陳列棚です。
    その匂いが気持ち悪くなるほど漂うスペースに向かい合ってペットフードがズラッと並んでいます。
    人の食べ物じゃないからかなと・・・悲しくなりました。
    「上等だよ」絶対にそんなところでは、何も買わない。ペット用品だけじゃなく人間用のも買わない。アンケートに書き続けてやる。
    と、一人で怒っています。
    暑くなってきたので、言葉も悪くなっていますが、「重箱の隅をつつくようなウダウダ話は、うっせぇよ」てな事が多いです。
    あっ、日ごろはね丁寧に話していますよ、糞野郎にもね。

    • anny703

      豆様
      いつもありがとうございます。電話でもいろいろ聞いてくださり豆さまの存在がとてもとても大きいです。
      おかげさまで少し気力があがり、最近はあさひの家族募集に精を出すようになりました。
      それとジャイアンはトライアル先でうまくいっているので確実に「1」に繋がると信じています。
      微々たる数ですが、私は一頭一頭をたいせつにして一緒に学びながら赤い糸を結んでいきたいです。
      世の中を見渡せば理不尽なことばかりでしゅんとなってしまうことも多いですが、自分がこれまでに出してきた結果、出会ってきた善き方に目を向け自分の一歩を歩んでいきたいです。社会は必ずいつか変わる、変えられると信じて。

  • momo

    私の依頼がお気に触ったようで失礼しました。私が拝見している愛護活動系のブログで、動物にブサイクという表現をしている方はおられません。よって、他の誰よりも愛を持って接しておられるように見えたアンニイさんの言葉に驚いた次第です。人間であれば、子どもであろうと別人格ですから親が子をブサイクとSNSに表現することは子を傷つけると思います。お母さんは冗談で書いたんだ、と言ったらますますですね。

    私は人間に言わないことは我が家の猫さんにも言いませんし、書きません。人と動物は、命という点では対等だと思うからです。

    見解の相違ですね。失礼しました。

    • anny703

      momoさま
      はい。それを貫いてください。
      立派なことだと思います。
      私にはまねできません。人から見て私が保護動物に対して愛を持っているかどうかはわかりません。
      でも私は愛しています。
      私は愛を体現しています。それがわからないようで表現うんぬんなんちゃらかんちゃらとか、私には理解不能の範疇です。
      momoさんはご自身の愛猫さん、愛すべきすべての者に、素晴らしい表現をなさってください。
      私は今時間がないのでこれにてこの件は失礼します。

  • momo

    ツイッターをしていないのでこちらをお借りします。

    猫に「ブサイク」とかいう説明書き?を
    つけるのはお止め下さい。のどかな時代ならともかく、虐待大国になりつつある日本では笑えません。

    よろしくお願い致します。

    • anny703

      momoさま
      仰っている意味がよくわかりません。
      私の表現の自由の範疇でやっています。
      momoさまはご自身の表現でもって猫の姿を伝えてください。
      冗談も通じない世界なほど私は虐待大国だとは思いません。

  • チャトミラブ

    ハハさん、すみません。
    インスタの方にメッセージを送らせていただきました。
    お時間のある時(ないでしょうが…)もしあったら見ていただけたら有り難いです。
    お忙しいのに、本当にすみません。お忙しいのは分かっているので、本当に後で結構です。

    • anny703

      チャトミちゃん
      がんばってトライしてくださいね。遠い地ですのでこちらからひっそりと応援しています。
      ゼロより1の精神でいいんです。

コメントを残す




*