ローズ、戻っておいで


昔私といっしょに譲渡活動をしていたルルさんよりナナに美しいブリザーブドフラワーが届きました。ルルさんはよくうちに来てナナを撫でてくれた方です。

seylar (13)

 

 

 

ナナからルルさんへありがとう。

seylar (1)

 

 

 

703号室卒業生ごま家からもナナへ可憐なブリザーブドフラワーが……

seylar (14)

 

 

 

ナナからごま家へありがとう!

seylar (15)

 

 

 

ほかにもいろいろ届いていますが、ゆっくり自慢させていただきます。

 

 

 

「鏡よ鏡 世界でいちばんかわいいのはだあれ?」

seylar (4)

 

 

 

保護猫ローズの写真を撮っていた私は、ローズの急激な異変に気づいたのです。

 

 

ローズはひさびさの登場なので、知りたい方はぜひ保護経緯をお読みください。

 

 

「ローズ/幸せの703号室」

 

 

ご一読いただければローズのすさまじい苦労の道のりがほんのり伝わるでしょう。人から疎まれ、猫からいじめられ、小さくなりながら生きてきた子です。

 

 

 

そのローズが最近すっかり家猫らしくなってきました。

seylar (2)

 

 

 

手からちゅーるを舐め、撫でるとゴロゴロ喉を鳴らすまでに進化

seylar (3)

 

 

 

近々うちの大スターとしてバーンとアピールするつもりでした。

 

 

短い手足、お肉が詰まったボディ、ちまっとした感じがローズの魅力です。

 

 

 

けれど数日前から目の上のあたりの「できもの」が心に引っ掛かり、チチもローズは食欲にムラがあると話していたので、病院へ連れていくことにしたのです。

seylar (5)

 

 

 

中島先生に依頼したのは、検温、血液検査(→異常が出た場合にはエコーやレントゲンなど臨機応変に自由にやってもらう)、肛門絞り、体重測定(3.8kg)、聴診、触診、口内のチェック、爪切り、耳掃除のフルコース。エステも兼ねていますね。

seylar (11)

 

 

 

病院への絶対的な信頼感がある私は、ローズにつき添わず時短のため銀行へ行き雑務を済ませ、検査を終えた頃を見計らい、ローズを迎えに行きました。

 

 

「ローズ、検査終わった?」

 

 

軽い口調でemi-goにたずねた私に対し、emi-goの顔が若干ひきつっています。

 

 

私「ん? なんか(悪い病気)あった?」

 

emi-go「いや……目の上のあれ、細胞診の結果おそらく肥満細胞腫ですね」

 

私「え? じゃ取らないと。良性かな? 悪性(ガン)かな?」

 

emi-go「いや~ 大きいんですよ……」

 

私「急激に大きくなったから悪性の可能性が高いね。そっちで考えておいたほうが無難かも。悪性ならすぐオペしないと。中島先生と話すわ」

 

emi-go「はい。そうしてください」

 

 

ローズ、肥満細胞腫なら早く取りたいね。腫瘍なんか要らないもんね。

seylar (10)

 

 

 

「ゆううつな気分」

seylar (9)

 

 

 

口内炎もあったようです。痛くて食欲が出ない日もあったんだね。

seylar (6)

 

 

 

いきなりこんなに巨大化するなんて……

seylar (8)

 

 

 

位置は左目の上。左目との距離が狭い。どうしよう。

seylar (7)

 

 

 

中島先生とパパっと会話を交わしました。

 

 

私「先生これ、腫瘍の雰囲気からして悪性(ガン)っぽいね。まあ良性ならそれに越したことはないけど……。私は早めのオペを希望したいので今日からローズを入院させます。なにとぞみなさんローズを姫待遇で接してあげてください」

 

 

中島先生「はいわかりました。今週中に手術します。ただ問題なのは、できた部位が目に近く、あまる皮膚も少なく、マージンを広くとれるかどうか……」

 

 

私「悪性ならマージンを広くとらないことには心配が残ります。マージンを広くとってください。たとえ片目がつぶれても構いません。命優先でお願いします

 

 

中島先生「……あ、はい……でももし良性なら……。では、二度オペするのはどうでしょう? 一度目のオペで取った腫瘍を外注(病理検査)に出し、戻ってきた結果を見て、仮に良性ならそのまま据え置き。悪性(ガン)なら浸潤していると思われる病変部を再オペ、でいきますか?」

 

 

私「いいね。それでいきます」

 

 

会話を読んでいただければ二度オペする意味がわかりますよね? つまり今の時点ではガンの可能性が高い。けれど良性の線も捨てきれない。

 

 

ガンと断定し、マージンを広く取ってしまうとローズの顔が変形してしまう。

 

 

万が一視力を奪わなければならない場合などはローズの未来のQOLが下がる。

 

 

なら一度目のオペで可能の限り腫瘍を取り、腫瘍の分析を待ってから再度オペするかを決める流れです。腫瘍が良性なら、二度目のオペは必要ない。ローズの顔も大きく変化しない。

 

 

よし。折り合いがつきました。

 

 

一度目のオペは金曜日に行います。腎臓や肝臓の数値は悪くないので麻酔に耐えられるはず。ローズの生命力を私は信じてやりたい。先生、お願いします。

seylar (12)

 

 

 

帰りの車内で我に返った私は自分の口から出た言葉にひどく狼狽しました。

 

 

たとえ片目がつぶれても構いません。命優先でお願いします。

 

 

なんじゃこれ?

 

 

だれが決めていいのそんなこと。ローズがいいって言ったの?

 

 

命を優先し、犬猫たちの内臓をいじったり、足を切ったり、しっぽを切ったりするたびに、同じ感覚に陥ります。私はいったい、何様なの?

 

 

自分が哀れにさえ思えました。

 

 

彼らの生死の岐路に立たされるたびに私はより独断的になり、より速い判断力で即決してしまう。

 

 

むろんそうすることで助けられた命は多いからこその行動ですが、ローズの澄んだ目を軽く潰すと口走った自分に辟易しました。

 

 

この活動はときどき、うんざりしますよ。

 

 

ローズ、私のもとへ戻っておいで。

 

 

無事に一度目のオペが成功することを祈ります。そして病理検査の結果が出て、悪性(ガン)だったとしても、ローズが生きるために再度トライしよう。2回分の手間とお金がかかるけれど、私はそれが最善の道だと考えています。

 

 

ローズ、あなたはまだこれからなんだよ。

 

 

あなたがあなたを謳歌するのはこれからなんだよ。

 

 

だからぜったいに戻っておいで。

 

 

 

スポンサーリンク





2件のコメント

  • 私は自分自身が悪性腫瘍の可能性があると言われたら、可能な限りの治療をすると思います。
    その際に見た目が大事よと言われたら、言った人の人格を疑います。
    癌抑制遺伝子に生まれつき異常があり高確率で癌になると判明した外国の女優さんが、全摘手術をした時に、1つしかない命は何よりも大切だと思いました。悪い結果になってから天に運命を任せるより、出来る限りのことをするハハ様の判断は素晴らしいと思います。
    信頼できる医師に、つべこべ言わず命を最優先でとお願いしたら、医師は絶対に全力で可能な限りの治療をしてくれると思います。
    医師は病気のプロだと私は思っています。
    どんな分野でも、プロは素人の知識や考えでは遠く及ばない力や判断力を持っています。
    信頼できない医師なら最初からお願いしないと思います。中島先生は信頼できる医師だからハハ様は、お願いしたのだと思います。
    ハハ様がご自身を独断的だと責めるなら、
    保護者が保護されるべき存在の命を守らなくて、だれが守ってくれるのでしょうか。
    ローズちゃんの保護者はハハ様です。
    世界中で誰よりも、ローズちゃんを愛し憂い守っているのはハハ様です。
    ハハ様は、どんな事になってもローズちゃんの生涯の責任を持つ方だと思います。
    そこに迷いや曖昧さや自己保身のかけらも無い方だと知っています。保護した子に剥き出しの真心と飾らない愛情を持った方だと知っています。保護した子に対しては、ハハ様自身を守る術を全部捨てても守る方だと思っています。剥き出しの真心だから傷だらけになって、血を流して激痛を起こしていると思います。
    でも、こんなに強い真心は見たことないくらい、ハハ様の真心は強く、精神的に大きなダメージを受けても、保護した子に対する真心は壊れないと思います。
    命と引き換えに、何かを失わせるかも知れない決断は、心に重くのしかかると思います。
    私がもし誰かに、同じような判断を委ねるとしたら、その判断に憂鬱になったり悩んだり、この判断でいいのだろうかと自問自答してくれる方がいいなと思います。

    • anny703

      豆様
      豆さまのお言葉はいつも深いですね。そしてわかりやすいです。ありがとうございます。ローズを必ず幸せにします。
      私にできることはそれだけですから。近々あの件でメールします。返信は私の携帯のアドレスを貼り付けておきますのでそちらにお願いしたいです。

anny703 にコメントする コメントをキャンセル




*