感情の宝庫


ロッソに優しい手を差し伸べて下さる方に出会える日まで頑張ります。少しでも気になった方はメールください。大丈夫ですよ。私、気合入っているからってロッソを無理に押しつけたりしないので。

私の気迫に負けて引き取る羽目になったりしないですからね^^; こういうのはご縁の問題ですから、その部分は大切に考えています。だから気楽にお問い合わせくださいね♪ 心よりお待ちしています。

~~~~~~~~~~

今日はうちの子ネタです。ロッソが気になって遊びに来てくださっている方は(いるのか?)一つ下↓の記事からお楽しみください^^

▼いぬのこと

「喜」
クリックすると元のサイズで表示します

「怒」
クリックすると元のサイズで表示します

「哀」
クリックすると元のサイズで表示します

「楽」
クリックすると元のサイズで表示します

最近、私に「のの太くん」というあだ名をつけられ困惑気味のナナ。

こうやってみると、犬は本当に表情豊かですね。
感情を持つ動物が、人間だけだなんて本気で思っている方が可哀そうになってしまう。きっとその類の人は、こっちの世界がこんなにも豊かであることに気がつかないんでしょうね。

ね、のの太くん♪

▼ねこのこと

今日、ワクチン接種のため、ほほを連れてMOMOペットクリニックへ行きました。本当はなるべくほほをいじりたくないので、ワクチンを打ちたくないんですが、我が家はいつ他の猫がやってくるかわかりません。迷いに迷った挙句、やっぱりちゃんと打つことに。

ほほにとって、久しぶりの通院。
その車内で突如ほほの身に異変が起きました。

あまりにも激しい息づかいが聞こえたため、キャリーから出したんですが、ほほの様子を見て、私は顔面蒼白。

眼球が飛び出してしまいそうなほど目を見開き、口を異常なほど大きく開け、舌を垂直に突き出してる。全身ガタガタ震え、呼びかけに応じない。とにかく、苦しそう。

まさか、発作?

水頭症のほほにとって、発作は命取り。
もう焦りすぎてどうしたらよいかわかりませんでした。
ワクチンどころの話じゃない。
ほほを失ってしまうかもしれない。
死んでしまうかもしれない。

どうしようどうしようどうしよう……。

ようやく病院に担ぎ込んで、先生にキャリーを渡して待合室で待っている間は地獄。ほほを失ってしまうかもしれない恐怖に支配され、手に汗を握りました。

「大丈夫。ほほくん、落ち着いてきましたよ」

大巻先生の声を聞いて安堵。

良かったー!

ほほ、生きてる!!

その後、先生と相談した結果、体調が落ち着いているからワクチンを打っても大丈夫とのことでしたので、お願いすることに。病院では落ち着いていたほほです が、帰りの車内でまた、同じ状態になりました。どうやら車が激しくダメみたいです。来年からは往診にします。それにしても焦ったー。あんな状態の猫、見た ことなかったから。

「ぼき 5.3きろ わきちん おわりまちて おみみそーじも おわりまちた」
クリックすると元のサイズで表示します

本当によく頑張ったね。偉かった。
辛い思いをさせてごめんね。
次からは先生に来てもらおうね、ほほ。

帰宅後は、絶対に隠れると予想していたんですが、ほほはキャリーから出てくると、布団の上で寝ていたあまたんの横に直行し、思いっきりあまたんに抱きつき ました。そして、グルーミングしてもらって満足げでした。怖い思いをしたから、早くあまたんに会いたかったのかな? あまたんが大好きでしょうがないんで しょうね、ほほ。

感情豊かなのは人間や犬だけではないんですね。

ぬ子もまた、感情の宝庫。

かつくん「ほほ、1年以上ずっと車に乗っていなかったから怖かったのかもね。それにしてもほほのあの顔、すごかったです。無事で良かった。本当に良かった。

次回からはまたロッソ中心の記事に戻ります。飽きたなんて言わないでね。里親さんが見つかるまではロッソが主役ですから! 応援よろしくお願いします。ペコリ。

ハハの本、それでも人を愛する犬をよろしく!

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから」

かつくん なな

スポンサーリンク





コメントを残す




*