べべの心


※ブログを連続更新中

 

 

比べても仕方がないことなんですけど、世の中には困っている犬猫がごまんといます。

 

 

家がないどころか、食べものにすらありつけない子たちがいます。

 

 

丈夫な体があるのに、不要の烙印を押され、理不尽に殺処分される子たちがいます。

 

 

そういう子がいるいっぽうで、家族に誕生日を祝ってもらう子たちもいます。

 

 

私は両方知っています。常に両者の狭間にいます。

 

 

うぬぼれかもしれないけれど、ときどき、べべはいいほうかもしれない、と思ったり。

 

 

このブログを読んでいる方がどう感じるか、私にはわかりません。

 

 

わかるような気もするし、わからないような気もします。

 

 

当然、いろんな見方があるでしょう。人それぞれちがうんですもの。

 

 

でも、ひとつだけ皆さまにお話ししたいです。べべの心を私は理解していました。

 

 

ようやく私が帰ると、さんざん留守番をしたべべは、千切れんばかりにしっぽを振ります。

 

 

「お帰りお帰り」

 

 

だけど私は、べべを一瞥もせず、捕獲箱を手に速攻家を出たことがありました。何回も何十回も。そうじゃなくても、たとえ家の中にいても、メール、ブログ、ほかの子のお世話、保護動物たち、卒業生たちのことに没頭し、活動し、仕事し、勝手気ままに遊んだり。

 

 

べべはいつも私を目で追うばかり。ストーカーの視線が痛かったです。

 

 

べべは私を責めませんでした。私がつぎつぎ連れて帰る子たちを拒絶しませんでした。

 

 

その子たちが我が家を巣立つまで、べべはオモチャや寝床をシェアしました。

 

 

べべがナナ以降の子たちを受け入れてくれたからこそ、マンション住まいの我が家でも、こんな私でも、微々たる保護活動が成立したんです。その点私はべべに頭があがらず、ただひたすらにべべに感謝しています。べべは立派なお姉さん。べべこそが私の根幹です。

IMG_5161

 

 

 

 

10年近く闘病しているのに、未だ生きていて、犬の寿命から考えたら16歳半のべべはむしろ長生きの部類でしょう。しかしそれがなんだっていうのでしょう。どうしたって割り切れないものが自分の中にねっちょりとこびりついているんです。私は未練がましい人間ですから。

 

 

 

おとといあたりからべべは奇行が目立つようになりました。

IMG_5166

 

 

 

どした? 隙間に入っちゃったの?

IMG_5168

 

 

 

抱いて救出するも、すぐちがう隙間に・・・・・・

IMG_5170

 

 

 

ふふ。お尻がおしっこで汚れているのはスルーでお願いします。

IMG_5169

 

 

 

昨日は玄関ホールでひたすらグルグル回っていました。何時間もですよ?

 

 

認知症か、脳に腫瘍があり、その腫瘍がわるさをしているのか、あるいはコメントでいただいたように視力の低下が起因しているのか。いずれにせよ、べべはグルグル回っていました。

 

 

見ている私も目が回りそうなほどです。

 

 

明らかな異常行動。これまでになかった症状。

 

 

けれど私は、どこかで歩けるべべに感動すらおぼえていました。輸血前はほとんど歩けなかったから。抱っこしてベッドに連れて行くと、そのまま眠りこけたりします。

 

 

 

電気が切れたみたいに

FullSizeRender

 

 

 

 

あまりにも穏やかな表情なので、思わず胸の音を聞いてしまうのです。

 

 

生きているかな?

 

 

薬をできるだけ減らし、ごはんも最低限に。水をがぶ飲みすると、強い制吐剤を服用していても吐くので取りあげました。ごはんの中に必要な水分を含めているので脱水にはなりません。

FullSizeRender (1)

 

 

 

べべが回るのが怖いようで、ナナがべべを威嚇し噛みつこうとします。

 

 

 

だから生活空間をわけました。べべはポテチと十香ちんの保護部屋にいるか、寝室にいるか。

IMG_5176

 

 

 

全員分の写真はありませんが、みんな元気にしています。

IMG_5180

 

 

 

昨日のナナ。こちょこちょくすぐったら

FullSizeRender (2)

 

 

 

はにかんでくれました。ナナ、大好きだよ。怒っているナナも笑っているナナも!

FullSizeRender (3)

 

 

 

保護猫サクの写真を1枚。ラブラブ抱っこ中♪

IMG_5183

 

 

 

サクが卒業するまで、更新時には登場させる約束だもんね。

 

 

 

サクはこれを書いている私の1メートル先で、顔を隠しながらお昼寝の真っ最中。たいへんなときを共に過ごしてくれているサクが愛おしいです。サクを保護して良かった。

 

 

 

べべ、ナナ、リル、ほほ、あまぱん、さぶ。

 

 

サク、ポテチ、十香の9頭でドタバタしています。

 

 

近々、十香ちんの娘エリーゼ改めリリの卒業記事を書きたいな。リリの快活な成長をツイッターで眺めるのが目下の楽しみ。ゴミ置き場から素敵なお家に一気にレベルアップですよ。

 

 

リリにゴミ置き場は似合わない。お姫さまの暮らしがピッタリです。

 

 

この状況でリリたちを保護したことは、苦しいのですが、同時に私の希望になっています。

 

 

リリの里親さんに感謝。そして、リリのきょうだい2匹(チャイ&ラテ)を引き受けてくれたマイ太郎さんにも。近い将来、母猫十香、父猫であろうポテチにも幸せになってもらいますね。必ず。

 

 

 

まとまりのない文章、お読みくださりありがとうございます。

 

 

 

皆さまにいいことがたくさん起きますように!

0kawahe (8)

 

 

 

 

LOVE

 

 

 

 

スポンサーリンク





4件のコメント

  • まどっぺ

    アンニィさんこんにちは。べべちゃんかわいいですね。隙間に入ってしまうと、後ろ歩きが出来なくなっているので、出てこれないんですよね。
    実家にいた柴犬(19歳11ヶ月)もくるくる回る、隙間に入る、ヨタヨタするからぶつける、でしたので、特大ビニールプールに入れてプールの壁に沿って歩かせていました。
    …というのを思い出しました。

    • anny703

      まどっぺさま
      これは1日程度でおさまり、その後は歩行が困難になりました。
      私もプールに沿って歩かせるのはいいと思います。

  • みけにゃん

    ハハさん
    こんばんは☆ べべちゃん、本当によい子ですね。
    明日は、できるだけべべちゃんと一緒に過ごせるとよいな。
    書くべきか迷いましたが、うちの先代ミケさんは、夜からふらつきながらグルグル回り続け、翌朝、バタッと倒れました。
    病院に行くとおしっこを絞ってもらい、「家の布団で死なせてあげてください」と言われ、家に帰って15分くらいして亡くなりました。
    死期を感じていたので、回り始めたときは病院に行かず、ずっと見ていました。
    声をかけても、止めようとしてもダメで、素人判断で、尿毒症の症状なのかな? と思っています。
    失礼をお許しください。
    ハハさんが「腕に抱いて。。。」と書かれていたので、ついコメントしてしまいました。

    • anny703

      みけにゃんさん
      うちはおしっこは最後の最後まで出ていたし腎臓の数値は正常だったので尿毒症による症状ではなかったんです。
      べべの場合は脳の萎縮か、脳腫瘍か、脳の一時的な異常かと言われています。
      でもそれも長くは続かず、最後の2日ほどはぐるぐるはしませんでした。
      最後の最後まで、最後の一滴まで絞るように生きて生き抜いてくれたんです。かわいくて仕方ないです。

コメントを残す




*