リュウという刻印


私の本の表紙のリュウが、闘病の末、天国へ旅立ちました。

IMG_3665

 

 

 

 

冥福を祈るとともに、たいせつに育ててくれた里親さんご夫妻に心から感謝します。

 

 

 

リュウは特別な犬でした。

 

 

 

子犬リュウと出会って、私は保護活動をはじめたのです。

 

 

 

リュウの住環境を改善したかった。保護したかった。もうリュウを心配したくなかった。

 

 

なにも持たない若き日の私は、その思いだけが原動力だった気がします。

 

 

離婚して実家のそばでひとり暮らしをはじめたのも、リュウの存在が大きかった。リュウが手に届く範囲で暮らしたかった。いつでもリュウのもとに駆けつけられるように。いつでもリュウを迎えに行けるように。これまでの人生を振り返っても、リュウほど夢中になった男はいません。

 

 

リュウを紹介するのに、過去記事を探しましたが、こんな淡泊なものじゃない。

 

 

リュウは私の中にオリジナルの深い刻印を残しています。

 

 

 

それでも、ひとつだけ・・・・・・

 

 

「ずぶ濡れの犬/幸せの703号室」

 

 

 

リュウは我が家のナナの兄弟で、リルの伯父にあたります。

 

 

 

703号室時代のリュウ(2008年)。真ん中に写っている体格の立派なのがリュウです。

D8 (2)

 

 

 

 

保護まで実に6年かかったんです。ナナを私の子として迎えたあとも、リルを私の子として迎えたあとも、いちばんはじめに出会ったリュウを、私はまだ保護できていませんでした。

 

 

 

リュウを土手から出すことこそが私の悲願で、達成した瞬間は「人ってこんなに震えるんだ」と自分の体に感心するほど、ガクガクと震えていたのをおぼえています。その時代の1枚

ryukeisai

 

 

 

 

保護後、リュウを譲渡する。

 

 

 

簡単なようで、実はとてもむずかしかったです。

 

 

 

リュウへの気持ちが「好き」を通り越して、リュウはまちがいなく私の心のシンボルで、私が生きる理由の多くのウエイトをリュウが占めていて、だから一筋縄にはいきませんでした。

 

 

 

しかし反面、里親さんご夫妻にリュウの命のバトンを渡したとき、私は溢れてくる充足感と新たな希望に胸が躍ったのです。

 

 

 

「ほんのりと痛い胸が躍る」という、不思議な体験をリュウとご家族にさせてもらいました。

 

 

 

リュウは里親さんの溺愛のもと、土手でふんばった6年をはるかにうわまわり、9年生きました。

 

 

 

15歳のリュウ。私たちの出会った5月に、リュウは家庭犬として、旅立ったのですね。

 

 

 

ご家族とともに、闘病がんばったね。

 

 

 

あなたはすばらしい犬です。

 

 

 

リュウありがとう。ご家族の中で、私の中で、あなたいつまでも生きつづけます。

D9 (5)

 

 

 

 

 

リュウへの万感を込めて

 

 

 

 

スポンサーリンク





6件のコメント

  • パルママ

    リュウ君の事はとても良く覚えています。
    小屋が焼かれ、必死にヒモを噛み切り川へ…
    どんなに怖かったでしょう。
    生きたい、その一身で咄嗟の判断が出来るリュウ君の頭の良さに感動しました。
    また優しいハハさんに会いたい!って思っていたかもしれませんね。
    まゆさんのブログで穏やかに暮らすリュウ君を見るたび、温かい気持ちになりました。
    リュウ君がまゆさんちの子になったばかりの頃、リュウ君の写真を頂いた事があって、私の会社のデスクに貼ってあるんですよ!
    優しい笑顔でこっちを見てるので、仕事中、癒されていました。
    リュウ君、優しい笑顔をありがとう。
    ずっと忘れないよ。
    心よりご冥福をお祈りします。
    合掌

    • anny703

      パルママさま
      リュウは私の中で特別な存在です。里親さんにかわいがられて本当にいい一生だったと思います。
      早かれ遅かれ生きているのですからいつかこういう悲しいお知らせが来るとはわかっていましたが、リュウがこの世にいないのがとても不思議で悲しいです。
      でも15歳。リュウのような体格の大きな子にしては決して短い命ではなかったので、長くに渡って里親さんに愛され
      愛の中で旅立ったことは素直に安堵しています。
      里親さんのお心を思うと切ないのですが・・・・・・

  • タロパパ

    ご冥福をお祈りいたします。

    • anny703

      タロパパさん
      ありがとうございます。

  • wasako

    リュウくん亡くなってしまったのですね。
    まゆさんのブログを楽しみに拝見していました。最近も更新されてないか覗きに行ったばかりでした。
    ブログに出てくるリュウくんが本当に可愛くて、デスクトップの待ち受けにしていたこともある位リュウくんの大ファンでした。
    本当に悲しいです。でも溺愛されていてとっても幸せな9年間だったと思います。
    ご冥福をお祈りします。

    • anny703

      wasakoさま
      そうですね。ブログはお休みしていたと思いますが、リュウのために手作りのポタージュを作ってシリンジで与えたり、抱っこして散歩へ出かけたり、最後までとても手をかけてもらえて幸せだったと思います。リュウが本当に立派な犬なので、私もいつも胸の中にリュウの存在があって、リュウと出会ったことで、以後の卒業生たちの活路を生み出す努力をはじめました。そういう意味でもリュウにはとても感謝しています。すばらしい子です。

コメントを残す




*