すもも丸


腰痛に効くというマットをチチがもらってきて、それに寝てみています。

1taka (11)

 

 

 

1枚しかパジャマを持っていないわけじゃないのですが、ついつい着てしまう紺のボーダー。

 

 

 

1週間に2回は洗ってますからね! と言い訳してみる。いや、ほんとうっ!!

 

 

 

「あやしいな」

1taka (12)

 

 

 

「保温時ってあったかいんだよな 炊飯時は熱気が出てやたら熱いけど」

1taka (13)

 

 

 

炊飯器を保温にしているときは必ずそこにいるよね。猫は「快適」を知る賢者です。

 

 

 

昨日私はemi-goの病院にいるさび猫に会いに行ったのです。

1taka (2)

 

 

 

私のツイッター(@703_anny)ではおなじみですよね。

 

 

 

彼女の存在を知ったのは、少し前。別件で病院にいたときにemi-goに紹介されました。

 

 

 

emi-go 「あの~! タナベさーん、このさび猫、かわいくないっすか?」

 

 

私 「え? なに? (譲渡をやれって?)」

 

 

emi-go 「だれかいませんかね?」

 

 

私 「・・・・・・」

 

 

 

聞けば(聞かなきゃいいんだけど)病院の患者さんがTNR対象としてさび猫を連れてきたのですが、手術前に3匹の子猫を出産してしまったとのこと。今後の予定としてはある程度子猫たちを育て上げたあと、母猫は手術して外へリリースするらしい。

1taka (3)

 

 

 

うーん・・・・・・。そっか。まあ一般的にはわからなくもない。

 

 

 

しかし離乳を待ったあとにリリースするとしたら「月単位」じゃないですか。

 

 

通常の(私の考える)TNRは、猫が外での生活に適応しやすくするために、あえて術後数日以内に迅速におこなうもの。1カ月以上も病院で子育てをするこのケースには当てはまりません。

 

 

病院で家猫化がすすんだら、外暮らしが保護前よりいっそう苦しいものになるのではないでしょうか? テリトリーの状況も変わるだろうし、外猫としての「勘」も鈍ってしまいます。

 

 

子猫は保護し、親猫を放すのはそもそも「子猫は里親が決まりやすい」けれど「親猫はむずかしい」とされている節があるからだと思うのです。それは必ずしも不正解ではないですし、(リリースを含めた)TNRの重要性を私は毛頭否定しません。

 

 

けれど、病院内で生まれてきた子猫たちに比べ、母猫が今までに生きる上で味わったであろう苦労を鑑みると、順番からして私は母猫こそが真っ先に幸せになるべきだと思うのです。そして私の考えもまた、まちがいではないと信じています。

 

 

 

休止モードを宣言しながらもなかなか止められないものですね(笑)。

 

 

 

「わたしもいいんですか? わたしにも希望があるのですか?」

1taka (4)

 

 

 

「タナベさん 見て見て~ わたしの子たちが 日に日に大きくなっていますよ」

1taka (5)

 

 

 

 

「みなさんの思惑どおりにいかなくてごめんなさい こんなにたくさん産んでごめんなさい でも わたしはいい子たちのお母さんになれました 重いおなかを引きずって 命がけでいきんで 1が4になりました わたしは 生き物としての性をまっとうしたこと ぜんぜん後悔していません わたしにできる限りの すべての力をこのお乳にこめ わたしの栄養を 血や肉をも わたしの子たちにわけたいです」

1taka (6)

 

 

 

「わたしの分身みたいでしょ?」

1taka (7)

 

 

 

 

ふふ。そうだね。ママに似て、芸術的な美しさだね。

 

 

 

さび猫を見たとき、私は「船だ」と思いました。あなたはまるで一艘の船です。

1taka (10)

 

 

 

だからあなたを「すもも」と名づけてくれた人を駅まで送ったあと、あなたの写真を眺めながら私は小さい声であなたを「すもも丸♪」と呼んでみました。

1taka (9)

 

 

 

あなたのたいせつな者たちを降ろしたあと、いよいよあなたが未来に向かう番になります。

1taka (8)

 

 

 

私が責任を持って、あなたを終の棲家へ案内します。

 

 

私もあなたの船「タナベ丸」となって、あなたを未来に運びますね。

 

 

それ位の余力は私にも充分残っています。

 

 

 

立派なお母さん、大らかでやさしいお母さんへ

 

 

 

つづく

 

 

LOVE!

 

 

スポンサーリンク

4件のコメント

  • シェリー

    次々に助けを求める動物があらわれるのですね!本当にお疲れ様です。
    私たち里子を迎えた者としては、保護主さんはたいへんに尊くありがたい存在です。
    手放さないといけない動物たちに、愛情をかけてお世話をし、笑顔で見送る。その恩恵をうけて私たち里親は新たな家族と出会えるわけで…
    本当にありがとうございます。べべちゃんたちとの時間も大切にしたいときだとお察しします。お忙しいなか、頑張っておられるハハさんには頭が下がります。
    ぜひともすもも丸さんを良い人のもとへ橋渡ししてあげてください。
    遠くからですが、応援しています!

    • anny703

      シェリーさま
      死ぬ死ぬ詐欺中のべべ公は今コンコンと咳をしています。24時間世話をしても足りないほど手がかかる時期なのでできればべべたちのことだけを考えていたいのですが、なかなかそうもいきません。でも、自分にできる分しかやっていないので、一歩一歩ゆっくりたのしくすすんでいます。
      つづきを書いたのですが、さびママさんは早々に善いご縁が決まりました。
      応援してくださってありがとうございます♪

  • 高田

    泣きました。
    最近、娘を産んだばかりなので余計に、すもも丸ちゃんが健気で強くて立派な母親ぶりに涙が出ました。
    そしてハハ様の寛容な愛と行動力にも。

    環境的にムリなのですが、可能だったらすもも丸ちゃんと子猫ちゃんたちを引き取って幸せにしたい、そう感じてしまいました。陰ながら(いつもそうなってしまって申し訳ないです)応援しています。

    • anny703

      高田さま
      ご出産おめでとうございます。母は強し、ですね。
      きっとたいへんなこともたくさんおありかと思いますが、お身体をたいせつにしてくださいね。
      母猫さんは幸せになれそうです。
      気にかけてくださりありがとうございます♪

コメントを残す




*