ぼくたち わたしたちの週末(くつろぎ編)


さて週が開けました。我が家は母子家庭状態です。

 

 

そしてカオス。うーむ・・・・・・混沌・・・・・・というよりはむしろめちゃくちゃかも(汗)。

baby (13)

 

 

 

べべの半介護がはじまりました。

baby (10)

 

 

 

べべを転ばせたりぶつけたりしてはいけないそうです。寝室の大きなマットレスをリビングへ移動。ソイルのケージも持ってきました。9頭の犬猫たちとここで私、ワンルーム生活をします。遊びに来てくださるお客さま方、うちほんとうに見苦しいです。ごめんなさい。

baby (9)

 

 

 

あんまりにも汚いからさっきちょっと掃除してみた^^;

wan

 

 

 

酔っぱらいとくつろぎ中

baby (23)

 

 

 

さぶ、あったかそうだね。

baby (17)

 

 

 

いつもみんなの面倒を見てくれてありがとう。さぶは末っ子なのに気をつかわせてごめんね。

baby (20)

 

 

 

保護猫かえにも保母さんをおねがいしてみました。

baby (12)

 

 

 

かえちゃん、ソイルと遊んであげてね。

baby (5)

 

 

 

女の子同士、仲よくしてください。

baby (3)

 

 

 

保護猫満天も元気です。保護猫ソイルの登場で満天はじゃっかん引き気味に。満天はがまん強い子ですが内心は戸惑っているし少しさびしいんじゃないかなと思うのです。満天が我が家を卒業するまでこれ以上犬猫の数を増やさないことを満天に約束しました。

 

 

満天は今回もみいさんの写真を載せます。

IMG_0084

 

 

 

あいかわらず食べるの大好き! おねだりしまくりの満天です。

IMG_0031

 

 

 

茶トラって光を浴びると全身がキラッと光るんですよね。

IMG_0049

 

 

 

ハンサムなのはもちろんのこと性格のよさも滲み出ています。柔らかい表情の満天かわいい。

IMG_0053

 

 

 

家族が決まる日まで満天の写真を放出しつづけますね。私もがんばって撮らないと!

 

 

 

ご心配をおかけしているべべですが、動きづらそうなものの苦しんでいるそぶりはありません。

baby (6)

 

 

 

スヤスヤ眠っています。

baby (8)

 

 

 

まだ自力で立ってごはんを食べています。

baby (21)

 

 

 

遠方にべべの猫ちゅーるをうらやましそうに見つめるかえの姿発見

baby (18)

 

 

 

よだれを流しそうな勢いのかえ。控えめにちょこんと佇んでいます。

 

 

たまらなく愛おしくなり、みんなにちゅーるをお配りしました。

 

 

じゃっかん甘いお母さんでじゃっかん甘い保護主かもしれません。

 

 

けど、いいのです。

 

 

みんな目の中に入れても痛くない存在ですもん。

 

 

次回は通院の様子をUPします~!

 

 

あまり辛気くさくならないよう気をつけますので懲りずに遊びにきてくださいね。

 

 

LOVE!

 

 

 

 

スポンサーリンク





5件のコメント

  • ぶうこ

    ハハ様 
    ↑ごめんなさい、急にPCが固まり色々押していたら勝手に送信されてしまいました…。
    べべちゃん心配ですね。でも苦しんでいないのが救いですよね。ハハ様も精神的に辛いでしょうが、どうぞご無理をしないようにしてくださいね。
    先月猫の腎不全でアドバイスを頂きまして、うちもセミントラを投与始めました。
    1本終わる頃、どうしてもシリンジで吸いきれない分が残り、このまま捨てるのはもったいなさ過ぎる!と容器をカッターで切断してシリンジで吸い取ると、4メモリ位取れました。でももしかして、本当はもっといい方法があるでんしょうかね?ハハ様はどうしていますか?私の通っている病院は良心的な値段で1本3500円+税ですが、ケチな主婦としては無駄にできないのです…。
    うちの子も食べなくなったりで闘病を支えるのは精神的に辛いですが、共に悔いなくしましょうね。またコメントさせて下さいね。

    • anny703

      ぶうこさま
      遅くなってごめんなさい。セミントラの蓋を開けられるって知ってましたか?
      あれ空くんですよ? そうすると無駄がでませんのでぜひやってみてくださいね。
      それにしてもだいぶ安いですね。うちの方より1000円安い気がします。良心的ですね。
      でも一滴も無駄にしたくないお気持ち、よーくわかります!!
      私も同じです。

  • ぶうこ

    ハハ様
    べべちゃんの突然の介護で

  • あまり参考にならないかもしれませんが、
    私は後悔している事があります。
    私の場合は多頭に少し振り回され、病身の子の介護でお薬を飲ませたり、少しでもあの子が楽なようにとばかりに気をとられてしまいました。
    本当は、もっとあの子とお話ししたり、あの子に出来る範囲で楽しい事をしたり、抱きしめたり、一緒にいられる幸せをあの子に言葉で伝えたり、世界一可愛く思っていてどんなに大切な存在なのかを毎日話しかければよかったと思っています。
    時間に追われ何とか食べさせなければとか、
    お薬を飲ませなければとか、手足をマッサージしなければとか、○○しなければに比重を
    置き過ぎたかなと思っています。
    もっとあの子と手を合わせたりすれば良かった。、あの子が辛い時に楽にさせようと体勢をかえたりする事に熱心になってばかりいたけれど、本当はもっと「私はここにいるよ、大丈夫だよ」と伝えれば良かった。
    ハハ様とベベちゃんには、まだ時間があります。
    ハハ様がベベちゃんとできる範囲で、一緒にしたい事・ぬくもりを分かち合う事・一緒にいる事が出来て幸せな事を言葉で伝える事を
    実行すると良いかもと思います。
    犬は大好きな人の言葉を理解して心を読み取れると思います。
    私はあの子を失って2カ月経ちましたが、時間が経つほど辛くなってきています。
    現実にあの子と同じ犬種の子を見るのは、平気で可愛いと思うのに、画像や雑誌で直視する事が出来ません。
    ネットで同じ犬種の子を見かけるとすぐに、閉じてしまいます。
    人間は追いつめられると、その事を考えないようにすると何かで読みましたが、今、体感しています。
    16年以上一緒にいて、後悔している事を考えると心が壊れそうになるので、考えないようにしています。
    してあげられなかった事より、これからしてあげられる事を考えて、一緒にいられる幸せを心に刻んで下さい。
    私のように後悔をしないで下さい。

    • anny703

      豆様
      メッセージを拝読したあと、すぐさま思い当たる節から改善しています。
      本当にありがとうございます。そうなんですよ。そのとおりなのです。
      ●●しなくっちゃ、とか●●の時間だ・・・・・・とまるでノルマのようになってしまい、気づくと顔から笑みが消え余裕が失われることがあります。
      たいせつに思うあまりに薬を飲ませたりケアしたりに比重を置いてしまいますが、べべからしてみれば本末転倒ですよね。
      私はもっとシンプルにべべへの愛を伝えるべきだと豆様のメッセージで痛感しました。
      そして以後より気をつけて実践しています。
      私自身もその方が楽しいし^^
      ハルちゃんへの豆様の深い愛情はハルちゃんに届いていると思います。絶対届いています。
      それでもなにかしら後悔をしてしまうのが人間ですよね。
      私も後悔と懺悔だらけですが、仰ってくれたようにべべはまだ私のそばにいてくれているので
      これからは少しでも後悔を減らす接し方にもっと心を配っていきたいです。

コメントを残す




*