海子1


私にとって怒涛の20時間でした。願掛けの意味を込め詳細を書けずにいたのです。

 

ツイッターを追っている方は概要をご存じですね。

 

 

本日新たに猫を保護しました。これまで仮名すらなかった猫です。

 

 

「海子(うみこ)」と名づけてみましたがいかがですか?

 

 

凛として品のいい女性です。

 

 

殺処分間一髪のいきさつなど海子の紹介をしたいのですが、保護と餌をあげていた方との話し合いでエネルギーをほとんど使い果たしてしまったので、頭を整理する時間をください。

 

 

私は餌をあげていた方との約束を破って昼に海子を連れ帰りました。

 

 

精神的に限界でした。

 

 

昨日の夕方事情を知ったのです。

 

 

そのときは餌をあげている方の目があり連れて帰れませんでした。

 

 

夜、ブログを書く前にもう一度海子に会いに行きました。確認したいことがあったから。

 

 

案の定、海子はその場にいました。

 

 

再会後こっそり保護しようかとも考えましたが、しがらみがあってできませんでした。

 

 

海子が私の足元から離れなかったのに、私は海子を振り払って帰ったのです。

 

 

 

昨夜は苦しくて眠れませんでした。

 

 

正直私にとって、「保護」以外はどうでもいいです。

 

 

あの人の気持ち、この人の思い、を汲んでいるあいだに亡くなった子をたくさん見てきました。

 

 

私はそうしたくないです。

 

 

目的を果たすために頭をぺこぺこ下げるのは得意ですし、必要ならウソもつく気でした。結局、ウソをつくのは最終手段にしていたので「誠実な話し合い」で和解できましたが、とにかくなんでもやる気でした。

 

 

 

しかし保護が至難で・・・・・・

 

 

海子は長年外で生きてきた賢くたくましい猫です。

 

 

キャリー、洗濯ネット、捕獲箱、海子はどれにも強い警戒感を示しました。

 

 

お腹は減っていないようだったので、捕獲箱は壊滅的に無意味。見向きもしない。

 

 

素手でいくしかなかったのですが、勢い余って呼吸が合わず、一度失敗。

 

 

失敗後、超距離を取られながらも、二度目のチャンスを逃したら海子はガス室送りになるだろうと腹を括り、また「おいで~♪」「怖がらないで~♪」からゆっくりはじめることに。

 

 

脇の下に変な汗をかきながら何度も深呼吸。

 

 

一瞬私のもとに戻ってきてくれた隙に海子を撫で、海子の両肩を私の両膝で支え、軽く固定。

 

 

震える手で海子の首根っこを掴んでネットをかぶせました。海子は首根っこをつかまれても決して脱力はしまいと肩に力を入れ抵抗。ほんとうにむずかしかったです。

 

 

0.1秒でも早くどうにかしなければならなかったので、敢えてチャックを閉める時間を省き、手でネットの出口を塞ぎ、そばに(わざと)縦の形で置いていた捕獲箱に海子を落としました。

 

 

すぐ蓋。

 

 

保護の際、海子は訳がわからず暴れました。その暴れぶりに私はひるみそうになりました。

 

 

でも、もう保護をしないと自分の心がもたないのでやるしかなかったのです。

 

 

私はメンタル的に弱虫の部類だと自覚しています。

 

 

弱いからこそ火事場のクソ力を出せたのかなと。

 

 

人間追い詰められるとなんでもできますね(笑)。

 

 

 

「なあなあ 明日のセミナーだいじょうぶか?」

IMG_2537

 

 

 

「まったく準備してないんだってな」

IMG_2539

 

 

 

はい^^;

 

 

今から準備するにはもう遅すぎます。気力もありません。

IMG_2540

 

 

 

今日はね、ひさびさに自分をほめてもいい気がした。甘いかもだけど、もうなんもやりたくない。

 

 

 

さぶくんと熱々しながらまぶたが閉じるのを待つ所存です。

IMG_2541

 

 

 

おやすみなさい。

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す




*