共生の道


犬猫は平和の象徴のような存在だと思います。

有事の際には真っ先に置いていかれる、切り捨てられる。
人間だけがわれ先にと逃げ道をひたすすむ。

人命優先社会に於いては仕方のないことかもしれません。

けれどあとでふと振り返ったときに気づくのではないでしょうか?


鎖に繋がれたままの彼らが

家の中に閉じ込めてきてしまった彼らが

とうに私たちを赦し、つぶらの瞳で

「行ってらっしゃい。ぼくに気兼ねなく」

 

と言っていたことに。

 

後悔はそこからはじまるかもしれません。

有事の際こそ冷静沈着に。

そして心を寛大に!

 

家族として暮らしてきた犬猫を同行避難させましょう。

共生の道を模索しましょう。
いろいろな事情があれど、弱きを守るのは人間のつとめだと思います。

 

思うだけでなく、私は絶対実践します。

b1

 

 

すべてのコメントにお返事を書きました。遅くなって申し訳ありませんでした。

 

 

スポンサーリンク





2件のコメント

  • 言の葉

    「いってらっしゃい…」
    に涙が溢れてしまった。
    あの子たちはそうだと思います。
    Facebookなどで、酷い目にあった子の投稿、その加害者に対し「同じ目にあえ!」や「やった奴の七代先まで祟れ!」だの。
    そんなことは思っていない。
    あの子たちは。
    だからこそ、守らなければなりません。
    私も実行しますよ!
    20匹、そしてお外の子たち。

    SALAちゃんの命日、私の命日だらけの手帳に加えました。
    毎年思い出します。

    • anny703

      言の葉様
      20匹……すごいですね。私には到底まねできないです。キャパがないです^^;
      SALAの命日も書いてくださったのですね。
      ありがとうございます。
      どこに行ってもSALAに会えないという現実がたまに本当にきついです。
      会おうと思えばいつだって会えたので。

コメントを残す




*