土手からリビングへ1


~支えて下さった方たちに感謝を~

昨日はちょっとハハ妹と買い物へ出かけ、夜は豪勢にご飯を作ってみたりして、その後は読みかけの小説の続きがどうしても気になって、更新を断念しました。楽しみにして下さった皆様、ごめんなさい(笑)。

今日は卒業したタロウの事を。

既にご存じの通り、タロウは4年半以上、土手で過酷な毎日を強いられて来ました。タロウにとっての悪夢は、私にとっての悪夢でもありました。誰だって、自 分が気に掛けて大事に思っている子には幸せでいてもらいたい。だから保護できた時は、心底喜びました。ただ、予想外の出来事だったので、保護する場所がな くて困りました。ほほをうちの子にしてからは、犬の保護に少し躊躇を覚えます。ほほは、犬が来るとストレスで下痢になる。下痢位ならそんなには心配しない のですが、持病の水頭症の発作が起きてしまったら?と思うと怖くてたまりません。水頭症の発作は命に関わります。つまり、犬を保護してほほを死なせてしま う可能性があるということ。家には保護猫和宮も居たし、タロウを隔離する部屋がなく、ちょっと途方に暮れていました。それにその時点では、まさかタロウが こんなに猫に優しく、誰とでも仲良くできる性格だという事を知りませんでした。

でも、そんなのは私の事情。命懸けで土手から逃れたタロウには関係ありません。

そこで、Kさんに相談すると、Kさんはまたいつも通り、全力で私をサポートしてくれました。タロウの医療ケア等も一緒にやってくれて、いつもタロウを気に掛けてくれて、私が孤独を味わう暇すら与えてくれないほど、親身になって動いてくれました。

まずはKさんに心から感謝します。
タロウを助けてくださって、ありがとうございます。

土手の頃のタロウ


土手から出たタロウは、しばらく動物病院に預けられました。Kさんがその間に、タロウの一時保護の場所を探してくださって、山本さんに辿り着きました。

タロウの話を聞いた山本さんは、一時保護を快諾。

私よりずっと若くて、可愛らしい女性。動物病院で勤務する彼女は、朝から晩まで犬猫の世話に明け暮れて、やっと家路に着くと、今度は10頭以上居る自分の子のお世話をしなくてはなりません。どの子も元捨て犬捨て猫。全て室内で、家族同様に暮らしています。

山本さんの名をKさんから聞いた時、私はピンときませんでした。でも、Kさんが信頼する女性なら間違いないだろうと思い、託すことに決めました。

2.3日後、タロウを連れてKさんと共に山本さんのお宅へ。

出てきた彼女を見て、思わず涙が溢れそうでした。

彼女は、地元で腕が良いと評判の動物病院で働く女性でした。そしてその病院は、亡きかつが散々お世話になった素敵な病院で、山本さんは、いつも私とかつに 温かい眼差しを向けてくれた人でした。院長先生にかつとの出会いを話し、もうすぐ死んでいくであろうかつを前に涙が止まらなかった時も、彼女はかつを撫 で、私と一緒に泣いてくれました。

私はその時、彼女の涙を意外に思いましたが、今、ようやく分かりました。

「山本さんって、あの方だったんですか…。」
「そうよ。あの方よ。どうして?何か不安があるの?」
「いいえ。タロウは最高の預かりさんと出会えましたね。」
「でしょ?私もそう思うわ。だから安心ね。」

帰りの車の中で、Kさんとそんな会話を交わし、胸を撫で下ろしました。
大変なのはこれから。でも、その夜は妙に精神状態が良く、希望が溢れてくるようでした。

タロウを預かってくれて、家族同様に可愛がってくれた山本さんに、心から感謝します。
タロウに温かい家庭を提供してくれて、ありがとうございます。

山本さんのお宅に居た頃のタロウ。


タロウの里親探しをどのようにすれば良いのか、頭の中でシュミレーションする日々が続きました。私はいつだって、簡単に出来ません。本当は、里親探しが苦 手で(笑)向いていないと思います。ただ、苦手だと感じるからこそ、人の倍の努力が必要だと考えています。タロウの魅力は無限です。そしてその魅力を知っ ているのは、ごく僅かな人間だけ。だからその魅力をどう表現し、ご縁を結ぶか、私にかかってると言っても過言ではない。
私は真剣です。全神経をタロウの里親探しに集中させました。

和宮のお届けを済ませ、掲載文をやっとの思いで仕上げた頃、生憎ちょうどお盆に差し掛かりました。お盆の前後はいつもよりアクセスが少ない、タロウのお問い合わせが少ない中、次の手を考えていると、あまたの保護主で、和宮の保護主でもあるぷくぷくさんから、以下の内容で電話がかかって来ました。

「私の知っている方で、とてもいい方が居るんですが、タロウ君の話、してみましょうか?」

誰かの紹介で犬猫のご縁に至るケースは、実は少ないのです。大体、うまくいきません。お話を伺って、相手の方がとても素敵な方だと確信しましたが、タロウを気に入ってくれるか分かりません。でも、何処にご縁があるか分からないので、ぷくぷくさんに間に入って貰い、お話を進めてくださるようお願いしました。

1日も経たないうちにぷくぷくさんから再度連絡を頂きました。

相手の方が是非、タロウと会いたいと言ってくださっている、タロウの生い立ちを知って、心を痛めてくださっている、そう聞いて私は直接、相手の方とお話しすることにしました。

その方が、今タロウの新しいご家族です。

ご縁を結んでくださったぷくぷくさん、土手の犬の連載記事を書いてくださった作家の森絵都さん、忙しい中バーナーを作ってくださったこちび日記のちぃこさん、バーナーを貼ってくださった皆さま、応援して下さった皆さまに心から感謝します。
皆さまのお陰で、タロウはご縁に至りました。ありがとうございます。

タロウのお見合いには、ぷくぷくさんも同席してくださいました。
703号室まで来て頂き、その後一緒に車で向かいました。
タロウの他にナナも連れて行きました。タロウはオスにしては珍しいのですが、本当に犬や猫が大好きなのです。タロウに優しいナナも一緒だと、その心が安定すると思い、ナナも一緒に連れて行くことにしました。

うちから車を走らせること約20分。
意外と近いのですが、うちとは違って、里親さんのお宅は高級住宅地でした(笑)。
お家の前まで来て、え?本当にここ?とぷくぷくさんと顔を見合わせ、恐る恐る近づくと、中から優しくて気さくそうなご家族が出迎えてくださいました。

ご家族の姿を見て、一瞬でタロウはここの子になるべきだと確信した私。
リビングへ通して頂き、着席しようとしたその時、うちのナナちゃんがなんとリビングのラグマットの上でウンチしてしまいました(涙)。もう!!何でナナがここでウンチするのよ!!失礼じゃないよ!!と慌てましたが、里親さんはにこにこ笑って

「気にしないでください。」って。

寛容なご家族でホッとしましたが、タロウのお見合いの席でナナがウンチとは^^;

ナナのウンチで一旦切りますが、ここまで読んで、何となく里親さん像が見えて来ました?
とっても素敵な里親さんのお話は、この後に続きます。

タロウのお届けまでの事、一度ちゃんと書きたいと思っていました。
長くなるので2分割にしますが、続きを読みに来て頂けたら嬉しいです。

これまで応援して下さった皆さま、本当にありがとうございます。
皆さまのお陰で、タロウは幸せを掴むことが出来ました!
この場でお礼させて頂く事をお許しください。

「タロウの事、応援してくれた皆さま、本当にありがとう!お陰さまでタロウは良縁に恵まれました。長いので2分割だということですので皆さま続きを楽しみにしててくださいね。

703号室はランキングに参加しているので、ぼくとナナちゃんのの写真をクリックして応援してね。沢山の人に読んで欲しいから。かつくんより」

かつくん なな

スポンサーリンク





コメントを残す




*