育児


育児ノイローゼです(笑)。

いや、私がではなく、リルが(爆)。

ご心配頂いている忠太の兄妹達ですが、何とかあともう1頭だけ保護できるかもしれません。まだ確定ではないのでこれ以上は書きませんが、Nと喧嘩するとい う手段以外のあらゆる手段をKさんと話し合い、何とかもう1頭保護する突破口が見えてきました。え?あと1頭だけ?と思われるかもしれませんが、実際問 題、それも叶うか分からないほど、難問なんです。その為に色んな小道具を用意して、キャストも揃えました。あと1頭で満足という訳ではないのですが、ここ まで来るのに、ない頭をフル回転させて絞った知恵。だからあと1頭の子を保護できるだけでも、正直少しほっとしています。相手はかなり手ごわいですか ら・・・。忠太も喜んでくれるといいな。

703号室の忠太は、日に日に大きくなっています。でも、まだ驚くほど小さいです。下手したらペットショップに並ぶ仔犬達より小さい。だからチチが必要以上に心配して、洗面室に忠太を隔離しました。何かあったら怖い、その何かが「リル」です(笑)。

リルは育てたいのか、それとも子犬を食べてしまいたいのか?とにかくしつこい。

でも女同士だから私にはリルの気持ちが何となく分かります。チチはリルが脅威だと言いますが、私はリルは本当は忠太を育てたいのでは?と密かに思っていました。

だからチチが出稼ぎに行っている間に忠太をリビングに出してみました。

ナナとリル、忠太を追いまくります(汗)。


小さい忠太は逃げ惑う。(※追ってるだけですからね、意地悪はしてませんよ)


挟み撃ち?(笑)


べべは興味なし。ナナも少し追うと飽きちゃいます(笑)


白いのだけがいつまでも小さい子にくっついています^^;


「くんくん」  「なんでつか?」


「エヘヘ♪」


「美味しそう~」  「・・・・・・・・・・。え?(汗)」


「りるこ あぶないいぬでちね。」 家政婦は見た風のほほ(笑)


「白い犬がやだ。」


「ぼくにしつこくしまつ。」


「ぼくをたつけて!」


忠太にお願いされては仕方がないので、みいさんに貰った小さなバックに入れて


バルコニーへ連れて行きました。


忠太は結構暴れん坊ですが、高い場所に置くと固まります(笑)。


べべもそうなんですよね。慎重っていうんですかね。びびりとは違うんですよね。小さいくせにとにかく甘えん坊。リルに追われても、最後の方は自分から追い 回して、リルの足をガジガジ噛んでいました(笑)。足を齧られてもリルは怒りません。やっぱり育てて一緒に遊びたいだけだったんですね♪リル子先生、なか なかいい子です♪

と言っても、目を離すのはまだ心配なので、私が見ていない時は、洗面室に隔離しています。母犬とも兄弟とも離れているから、うちのメンバーでよければいっぱい甘えて欲しいな。忠太は淋しがりやさんだから、一人ぼっちが長いのは可哀想だし。

子犬とか子猫とかがやってくると、妙に張り切るリル子先生。
その根底にある優しさを、私は見逃したりはしませんよ!!

優しくておせっかいで情熱的なリルが大好き。

これからは様子を見ながら、二人三脚でリルと一緒に忠太のお母さん役をやっていけたらいいなと思います。チチ、見たかー?!リルはちゃんと育ててるぞ!(笑)

「リル子が張り切る季節がやって来たね。リル子はちょっとしつこいから忠太が気の毒だよ。ぼくは卒業生に好かれて、皆ぼくと遊びたくってじゃれて来てくれ たけど、リルは自分から猛アピールしてひかれるんだよね。ぼくとは違うやり方だけど、リル子、頑張って小さい子を育ててね。明日はリル子とハハの他に臨時 で2人のお母さんが来てくれるそうです。忠太は沢山お母さんが居ていいね。

ランキングに参加しています。もし良かったらぼくの写真に愛のポチを押してね。ペコリ。 かつくんより」

703号室かつくん&なな

スポンサーリンク





コメントを残す




*